2013/07/17

"A nameless couple in heaven and hell"

Dsc_4283

ぼくの大切な友人である、作家・小手鞠るいさんの『美しい心臓』(新潮社)読了。この5月に出た、小手鞠さんの最新刊。書き下ろし小説だ。

「願っていたのは、死だった。
 死を願いながら、わたしはあの、短い日々を生きた。」

という書き出しで始まる物語。いわゆる「不倫」を扱った小説である。

主人公は三十代の女性。夫のDVから逃れようとしていた矢先に出会ったのは四十代の妻子ある男(安達)。彼に惹かれ、アパートを借りて半同棲生活が始まる。逢瀬のたびに激しく求めあい、欲望の虜となる「わたし」。

「死んでしまえばいいと思えるほど、好きだった。」
「好きな人の死を願うという感情は、果たして、愛情と呼べるのだろうか。
 呼べはしない、と今のわたしには、わかっている。そんなものは、愛情ではない。」

こんな風に思い込んでしまうほど、「安達」という男にのめりこむ「わたし」。

じつは、読み始めたとき、この「安達」という男がとても軽薄に見えて(男のセリフが関西弁だからというのもあるかもしれないが)、「なぜこんな男にハマったのか?」と不思議に思わざるをえなかった。そこまで「わたし」がのめりこめるほど魅力的な男には見えなかったのだ。

もちろんそれも、小手鞠さんの計算のうちなのであろう。

少なくとも、同世代の男であるぼくの目から見て、正直なところ「安達」という男には魅力を感じられなかった。途中、南米の小国に二人で行く場面があり、そこでテキパキと仕事をこなす「安達」の描写を読むと、少しは「デキる男」なのだなあ、という印象を受けるが、せいぜいそんな程度でしかない。

だが、「わたし」はそんな男にすらドロドロにハマってしまうほど思い込みが激しく、情が深く、欲望が深く、かつ、逃げる場所を探していたのであろう、と思わされる。つまりは、そういうことなのであろう。これが逆に、絵に書いたような、非の打ちどころのないとても魅力的な男であれば、こうは思わされないはずだ。

「わたし」の想いは、やがて狂気を孕みつつ、終息へと向かっていく。この物語の結末をハッピーエンドととらえるべきなのか、バッドエンドととらえるべきなのかはわからない。ただ、「わたし」が何かしらの強さを手に入れたのではないか、と感じたのは確かであった。それはいわば「達観」とでも呼べるかもしれない。

物語は最初から最後まで一貫して「わたし」の視点から展開されている。「わたし」の濃密な感情描写は、時として息苦しさすら感じさせるほどだ。そして、この物語は、小説というよりむしろ、まるで詩のような美しいことばで紡がれている。いかにも小手鞠さんらしい、繊細だけれど力強い、美しいことばで。

小手鞠さんの購読者層はおそらく大半が女性だと思うが、男性にもぜひ読んで欲しいと思う。きっと、いろいろ考えさせられるはずだ。

2012/02/27

Step by step!!

Ca3h0112

今日は創志学園高校のレギュラー授業最終日。

とても楽しく、あっという間の1年だった。

今度は3月12日から17日に行われる創志学園の春期講習会(あ、教材まだ作ってない…w)。

おっと、その前に9日には期末試験がある(あ、これもまだ問題作ってない…www)。

今日はその後、仕事関係の話をしながらグランヴィアで会食。また忙しくなりそうで楽しみだw


写真は、先日、TSUTAYAの音楽関係の書籍コーナーで見かけた本。

ぼくの好きなギタリストの一人、梶原順さんの書いた『1年後、目指すギタリストになれる練習法 一生、音楽と向き合っていくために』(リットーミュージック・2012年1月31日初版発行)。

ふつう、ギターの教則本と言えば楽譜がたくさんついているが、この本は文章が大半で楽譜はほとんどない。

かといって、ただ単に精神論だけを語っているわけではなく、日常生活においてどんなことに注意して練習すれば良いかが具体的に書かれていて、とても刺激的だ。

「これを読めばすぐに弾けるようになる」という安直な本ではなく(そんな方法があるならば誰も苦労はしない)、「音楽と一生付き合っていくための本」というコンセプトも素敵だと思う。

これは勉強にも言えることで、「すぐに英語が読めるようになる」とか「すぐに問題が解けるようになる」なんて言うのはまやかしだ。

入試でどんな英文が出されても読めるようになる、そして、どんな問題が出されても合格点をとれるようになるためには、残念ながら、毎日コツコツと継続的に勉強していくしかない。


ぼくも、この本を読んで、少しでもギターが上達できるように練習してみようと思う。

2006/04/26

『あなたとわたしの物語』

060425_162001_1

静岡校舎から藤沢校舎に移動して、藤沢駅前の書店に立ち寄ったら、小手鞠るいさんの新刊『あなたとわたしの物語』(徳間書店)が出ていることに気付き、早速購入しました。

これまで『問題小説』に掲載した短編5本と書下しが1本の6本から成る短編集です。

授業が終わったら読もうと思います。

2006/04/01

エンキョリレンアイ

左の「オススメ書籍」にもありますが、作家の小手鞠るいさんの新刊・Enkyori
『エンキョリレンアイ』の表紙写真を撮影した方のブログHPを発見しました。

ちなみに、帯には上戸彩さんの推薦文がついています。

「一気に読みました。
しばらく、涙が止まりませんでした。
私もこんな一途な恋愛を
してみたいです。」

まだお買い求めで無い方は、こちらから購入できます。

「運命の人」との出会い。
東京⇔ニューヨークの遠距離恋愛。

人を愛するってどういうことなのか。
知っている人も、まだ知らない人も。

そういえば、僕も昔、遠距離恋愛したことがあるんですよね…。