2012/08/14

How fast time flies...

Dsc_2136

広島2日目。

今日は西日本を中心に豪雨だったようで(午前中はホテルでカーテンを閉めて過ごしていたので気づかなかった)、地域によってはかなりの被害が出ているようだった。新幹線も在来線も大幅にダイヤが乱れて、Twitterで移動する友人・知人の様子を見ると、かなり大変だった様子だ。

練習用サイレント・ギターの弦をどうにか張り替えることができたので、10月のライブに向けての練習も少しできた。

Dsc_2126

夕方からは授業。

6時限目の授業で、たまたま隣の教室の先生がぼくの教室のマイクを間違えて持って行ったため、授業が始まってから教室に隣のクラスの授業の様子が中継されるというハプニングもあったが(笑)、無事に2日目の授業が終わった。

明日でいよいよ折り返し。同時に、8月も半分が過ぎる。

早いなあ。

2009/09/23

ライブ写真

さすがに自分では自分の演奏しているところは撮れないので、ご来場くださったお客様から頂戴した写真を張らせていただくことに。とりあえずここに張るのは自分だけが写っているもの。お友達のJACKさんから頂戴した写真。
38197473_2211739816_2

38197473_1824146883

2009/05/11

坂元昭二ライブin津山「たる」のお知らせ

Image001

■□■□■□■□■□■□■□■□
坂元 昭二ギター・ソロ・ツアー 2009
  ~おだやかな朝、風の午後~
□■□■□■□■□■□■□■□■

〈日時〉2009年5月22日
開場19:00/開演20:00

〈場所〉フォーク酒場「たる」
 岡山県津山市戸川町46-1
 TEL 0868-32-9322

▼たるのブログは↓
 http://acoustic.blog.ocn.ne.jp/taru/

〈料金〉前売3,000円 当日3,500円
 (いずれもドリンク別)

〈Opening Act〉See Ya!(CHAGE&ASKAコピーバンド)

恒例となりました「たる」でのソロライブ!今回で3回目となります。

フォーク好きなマスターとかわいらしい奥様の経営する、
小ぢんまりとしたアットホームな雰囲気のフォーク酒場「たる」で、
坂元さんのギターの音色をご堪能ください!

ご予約・お問い合わせは「たる」まで(0868-32-9322)。
==========

…というわけで、我々See Ya!も前座として乗らせていただきます!
今回はVo×2とG×1の最小編成ですが、お近くの方も遠方の方も是非お越しください!

2009/01/09

ギターの【神】

僕がよくライブのお手伝いをさせていただいている、
ギタリスト・坂元昭二さんの演奏。

中でも、この『ミストラル』はギター小僧に一番人気の曲。
坂元さんのテクニックがギッシリと凝縮された1曲である。

2008/04/15

See Ya!ライブポスター

See Ya!ライブポスター

今回のライブポスターを作った。
モデルは対バンのGanary'sの皆さん。


2008/04/03

てりーずてりー

Ca380428

ジョン・レノン、ポール・サイモン、坂元昭二、角松敏生、さだまさし、坂崎幸之助、高見沢俊彦、CHAGE&ASKA、斉藤和義、村下孝蔵、長渕剛、石川鷹彦、陣内大蔵、山木康世、松山千春、岡林信康、井上陽水、伊勢正三、吉田拓郎…

この錚々たる顔ぶれのミュージシャンの共通点は何か?

実は、皆、日本を代表する、あるギター職人の手によって作られたアコースティック・ギターを使っているのだ。

その職人の名は、テリー中本(中本輝美)。

元々、YAMAHAでギターの開発を行い、FG、LA、LL、APXなどの有名なシリーズを開発したことでも知られている。

そのテリーさんの経営するパブ・レストラン「てりーずてりー」という店に、昨夜、初めて足を運ぶことができた。

浜松校舎での春期講習会も無事に終わり、数学のS先生と今回のタームで授業では初の顔合わせだったので、最終日の昨夜、一緒に飲みに行った。

「授業では」というのは、実は、S先生は、僕が秀英予備校の採用試験を受けた時、面接で一緒だった…

…とS先生から伺ったからである(苦笑)。すみません…全然覚えていませんでした…。

で、どこに行こうかと思っていた時、「てりーずてりー」のことをふと思い出し、ネットで検索をして電話番号を調べておいた。

この店は、昨年末の冬期講習会の時に前を通りかかって「もしや」と思っていたのだが、やはり、テリーさんの店ということで、是非一度足を運んでみたいと思っていたのだ。


テリーさんのことを知ったのは、さかのぼること20年以上前、僕が中学生の頃だ。

YAMAHAのギターのパンフレットを見ていたら、「テリー中本製作オーダーメイドギター」が載っていた。実は、コンサートでさださんが「僕のギターはYAMAHAのテリーさんが作っている」という話をしていたのと、当時、さださんのバックでギターを弾いていた坂元さんの本(『明日風が吹いたなら』)にも、坂元さんがテリーカスタムのギターを持っている、という話が書かれていたので、興味を持ってはいたのだが、如何せん、当時中学生の僕がそんなものを買えるわけもなく(最低50万円~だった)、ジャックスクレジットのCMの少年のようにただ指をくわえて見ているだけだった(「だった」というのは不正確である。なぜならば、今でも買うことができずにただ指をくわえてみているだけなのだから。何しろ、今はオーダー1本100万円からである…)。

そんなわけで、テリーさんの名前は頭の中にしっかりインプットされていた。

残念ながら、テリーさんご本人にはお目にかかれなかったが、奥様とお話ができた。

てりーずてりーは、今年の5月12日に開店21周年を迎える。これまでに様々なミュージシャンが来たそうだ。

そして、店の片隅には「テリーズテリーギター」が置かれている。



Ca380425

実はこのギター、テリーさんが一時期、伊勢正三さんに貸していて、伊勢さんが弾いていたことがあるとのこと。もしかしたら、この年季の入った傷跡の中に、伊勢さんがつけた傷跡もあるかもしれない。


Ca380426

弾かせていただいたが、実にいい音がした。

浜松に来る楽しみが増えた…と思いきや、定休日が月曜日…。

orz

まあ、今度は夏期講習のときだな(苦笑)。

2007/05/11

坂元昭二ライブ in 岡山(岡山・津山・倉敷 3 days)

僕のギターの師匠(と勝手に呼んでいるだけですが[笑])、坂元昭二さんのライブが6月1日~3日にかけて、岡山県内3ヶ所で行われることになりました。

坂元さんは、さだまさしさんのバックバンドで長年ギタリストとして活躍し、『北の国から』や『関白宣言』などの数々の名曲のギターを弾いています。ドラマ『北の国から』で流れるギターの音色は坂元さんの演奏です。

とにかく、無茶苦茶ギターが上手い!なるほど、これがプロの演奏か!とつくづく思ってしまいます。時には繊細で、時には超絶技巧を駆使し、世界各地の様々な風景を音で表現する『ギターの風景画家』なのです。技術だけではなく、その「音色」はどうやっても真似できません。

以前、ライブの打ち上げのあと、坂元さんが僕のギターを使って一緒に演奏してくださったことがありました。さださんの『飛梅』を僕が弾き語りで歌い、坂元さんがバッキングをするという、なんとまあ贅沢な話です。だって、さださんのバックで弾いていたのと全く同じギターですよ!野球に例えて言うならば、草野球チームにイチローが入ってきたようなものです。

坂元さんのギターを聴いていると…

 「?…」
 「!?…」
 「!!!」
 「どうしてこのギターでそんな音色が出せるのか?さださんのバックで弾いている時と同じあの音色が…」

と思い、あとで坂元さんにそう尋ねると、

「これがプロなんだよ」

とあっさり(笑)。僕にはどう逆立ちしてもあの音は出せません…。プロの凄さを思いっきり知らされました。

そんな凄いギターを是非ご堪能下さい!

▼6月1日(金) 岡山 ライブバー Orion
        18時開場・19時開演
        チケット前売3,000円/当日3,500円
        ※当日、1ドリンクを別途ご注文下さい。

▼6月2日(土) 津山 フォーク酒場 たる
        18時開場・19時半開演
        チケット前売3,000円/当日3,500円
        ※当日、1ドリンクを別途ご注文下さい。

▼6月3日(日) 倉敷 和風茶房 かたつむり
        18時開場・18時半開演
        チケット前売3,000円/当日3,500円
        ※1ドリンク付き        
        
3日間とも、地元のミュージシャンが前座を務めます。ちなみに僕は2日の津山でSee Ya!のアコースティック・バージョンでギターを弾きます。また、3日間とも僕は随行しています。是非足をお運びいただければ幸いです。

このライブについて、詳しくはこちらをご覧下さい!(PDFファイルです。)

チケットのご予約も僕のほうで承ります。メールでどうぞ!なお、どの会場も比較的小さな所なので、人数が限られます。お早めにお申し込み下さい。

ちなみに、坂元さんのホームページはこちらで、詳しいプロフィールはこちらをご覧下さい。