« 2014年6月 | トップページ | 2014年9月 »

2014/07/05

山添の英語力補完計画~大学生・社会人のための英文読解攻略法~

▼8月3日の講演で配布予定の資料から、冒頭箇所をご紹介します。

――――――――――
【1. Prologue:受験英語と実用英語】
==========
私は才能の乏しい人間だ。
こんな私にも何か正しいことが成し遂げられますように。
というのもそれは可能だからだ!そう私は信じる。
―惑わされることなく真っ直ぐでありたい!
価値あることはそこにこそ存在するのであろう。
―Ludwig Wittgenstein
==========

 「日本人は、中学・高校と6年間英語を勉強しているのに英語を話すことができない。これは読み書き重視の受験英語のせいだ」とよく言われます。そして、「受験英語は、わけのわからない文法やら難しい英文やらで、実用的ではなく、勉強しても役に立たない」という声も聞かれます。

 確かに、大学入試は読み書きが中心です。2006年度から大学入試センター試験でもリスニングが導入され、英語の4技能(Reading / Listening / Writing / Speaking)のうちSpeakingを除く3技能が問われるようにはなりましたが、今でも読み書き中心であることは否定できません。

 しかし、日常的にインターネットを使うようになった昨今においては、実際のところ、英会話よりもむしろ英語の文字情報に接する機会のほうが多くなったのではないでしょうか。

 ぼくは大学入試対策の英語の指導を生業としていますが、入試で出題される英文もインターネットの普及とともに大きく様変わりしてきました。

 第一に、かつては英語の書籍や雑誌、英字新聞からの出題だけであったのが、インターネット上の英文からの出題が年々増加している点です。かつては様々な学問分野の入門書から出題され、日常生活では欧米人でもあまり読むことがないであろう難解な英文(学者などの知識人が書いた英文)も多かったのですが、今では、大学によっては出題される英文の半分以上がインターネットから引用された英文であるというところもあります。つまり、英語圏の人々が日常的に接している英文が出題されるようになってきたのです。

 第二に、それに伴って、出題される英文の内容が多様になったという点です。書籍からの出題が中心だった時代には、出題者が入手できる範囲内の書籍で、かつ、高校の学習範囲内のものが選ばれたため、比較的似たような英文が出題されることが多く、いわゆる「頻出出典」と呼ばれる書籍からは同じ箇所が複数の大学で何度も何度も出題され続けました。

 ところが、インターネットが普及してからは、入試の素材となる英文がオンライン上に山ほど存在しているので、出題者の選択の幅も飛躍的に広がりました。また、かつては「時事英文」と呼ばれたニュース記事などからの出題も増え、「時事英文」という特別扱いをする必要がなくなったため、そのことば自体も既に死語となりました。

 その結果、受験生は、①英語圏の人々が日常的に接している、②最新のものも含めた多様なテーマの英文を読みこなす必要が生じました。これは同時に、いわゆる「受験英語」と「実用英語」との距離が縮まったことをも示しています。

 かつては一部の人々しか目にすることがなかった英字新聞や英語雑誌の内容が、いまではインターネットを通じて携帯電話でも手軽に読めるようになったのです。そして、いま、じぶんが読んでいる英文が、実はどこかの大学の入試で出題された問題文だったのかもしれないのです(もっとも、このような、「受験英語と実用英語の距離の縮減」は、インターネット普及前からある程度生じてはいました。たとえば、洋書の翻訳本のベストセラーからもかなりの数が大学入試で出題されています)。

 ところが、高校や大学を卒業してしまうと、英文の「読み方」を勉強できる場所は少なくなってしまい、結果的に大半の大学生・社会人が英文を正確に読む方法を身につけることなく、勉強しようとしてもどうすれば良いのかわからないというのが現状です。英会話学校は無数にありますが、大学生や社会人のための英文読解教室はほとんど無いに等しいためです。

 もちろん、多くの英文を読んでいくうちに「自然に」読み方を身につけられればそれに越したことはありません。しかしそれは、泳ぎ方を身につけるために我流で水の中でもがくのとよく似ています。

 今日の講演では、ぼくが普段、予備校・塾・高校で教えている英文読解の方法について説明し、それを実際の英文の中でどう活用しながら読んでいくのかを説明します。やや難しい内容もあるかもしれませんが、是非、この180分の講演の内容をマスターし、今後の英語の学習に役立てていただければと思います。

You can make it!!
君なら、できる!
――――――――――

▼お申し込みは、以下のいずれかから。
① Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/1437430453192898/?ref_dashboard_filter=upcoming

②Petix
http://peatix.com/event/40786

« 2014年6月 | トップページ | 2014年9月 »