« Just read!! | トップページ | So busy... »

2014/05/27

時折、強い自己嫌悪に陥ったり、酷い焦燥感に駆られたりする。もっともそれは幸いにも日常生活に支障が出るほどではないし、どこかで問題を先送りにしているだけなのかもしれないけれど、とりあえずそうした感情に蓋をしてやり過ごしてはいる。

こうした「公」の場ではあまり心情を吐露することはしないし、仕事以外では、もう何年もじぶんを押し殺したような生き方しかせず、ひたすら淡々と生きているから、どこかで心が麻痺しているようにも思える。何かに心底感動することなんて滅多に無いし、大声をあげて泣くこともできない。

じぶんの欲望すらじぶんではよくわからない。ぼくはいったい何を求めているのだろうかと、ふと疑問に思うこともたびたびある。

だから、感情を素直に表現できる人を羨ましく思うことがよくある。ひょっとしたら若い頃はぼくじしんそうだったのかもしれないが、ぼくはもう、そうやって感情を素直に表現する術を無くしてしまったようだ。

あるいは、何かにすがり、それに身を委ねてしまえば楽になるのかもしれないが、今のところぼくには仕事しかすがるものがない。だから、仕事以外では本当にぼくは空っぽの人間なのだと思う。

こんなことを書くと「心を病んでいるのでは?」と心配されてしまうかもしれないけれど、多分、そんなわけでもない。ただ単に、仕事しか能がない自分を嘆き、仕事以外に誇るべきものを持たないじぶんに嫌気がさしていだけなのだ。

仕事しか能がない、などと言うと傲慢に聞こえるかもしれないし、それで十分ではないか、と言われてしまうかもしれないが、仕事が出来なくなったときにじぶんに何も残らなくなることがぼくにはとても怖いし、かといって、それ以外のことに時間やコストを割く勇気もない。

先日、CHAGE&ASKAのASKAさんが覚醒剤所持で逮捕された。勿論、許されざることではあるし、ぼくじしんが薬物に手を出すことは絶対にないけれど、何かにすがって生きたいという気持ちそのものはわからなくはない。彼も、ぼくも、弱い人間なのだ。

村上春樹さんの小説『羊をめぐる冒険』の中で、主人公の〈僕〉が親友の〈鼠〉という男(正確には既に自殺した〈鼠〉の幻影)と対話する場面がある。そこで〈鼠〉が「俺は、俺の弱さが好きなんだよ」と言っていたのが頭にこびりついている。もっとも彼はその弱さを守るために死を選んだのだが。

弱さから逃れるためにASKAさんは薬に走り、弱さを守るために〈鼠〉は死を選んだ。ぼくはきっと、じぶんの弱さを隠すために、あるいは自分の弱さから逃げるために仕事をしているのかもしれない。それがぼくの、弱さと対峙する方法なのだろう。

ふと思うところがあってあれこれ書いたけれど、これでもかなり抑制した文章だし、本当の本音はきっと他のところにあるかもしれない、と思う。

« Just read!! | トップページ | So busy... »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。