« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013/11/29

(V)o¥o(v)

(V)o¥o(v)
ふぉっふぉっふぉっ。

2013/11/28

I can't thank you too much!!

Kimg0523


昨夜は河合塾広島校での授業の後、他の先生方と食事へ。その席で年齢の話になり、「明日、43になります」と言ったら「それは祝わねば!」ということで店長さんに頼んでシャンパンを開けていただいたw

Kimg0524


そこは中華料理店だったので、ケーキの代わりに胡麻団子に蝋燭を指して吹き消すという荒業で、43歳の誕生日を目出度く迎えることができたwww

Kimg0525


今日は昼過ぎに広島を出て岡山へ。買い物やら何やら用事を済ませ、夕方から能開予備校岡山校で授業。終わってからファミレスで食事をしつつ、明日〆切の原稿に向かうw

mixi、Facebook、Twitter、LINE、メールでたくさんのお祝いコメントを頂戴した。これだけ多くの方々に祝福していただけると、ちょっと気恥ずかしくもあるが、本当にうれしく、ありがたいことだなあ、と思う。

ギタリストの坂元昭二さんが書いた『明日風が吹いたなら』という本の中で、誕生日は、じぶんをこれまで支えてくれた人にお礼を言う日なんだ、だから歳の数だけお礼を言うんだよ、と書いてあったのを思い出した。

さすがに43回も「ありがとう」と書くのはくどいので省略するが(笑)、これまで支えてくださった方々には、「ありがとう」43回では足りないくらいだ。いくら感謝してもし足りない。

これまで本当にありがとうございました。

どうか、これからも見守ってください。

2013/11/27

Good-bye, 42!!

Good-bye, 42!!
42歳最後の夜。

2013/11/26

What does snow melt into?

先日、高1の生徒さんに「〈寝る〉を"go to (  )"と表現するとき、空所に入るのは?」と訊ねた。

度忘れか緊張でなかなか答えが出てこなかったので、「寝るときどこに行くの?」と聞いたら、「夢」という答えが返ってきたw
ヽ( ̄▽ ̄)ノ

もちろん、ふざけて答えたわけではなく、真面目に答えたのだが、なるほど、おもしろい答だと思った。

有名な英語のなぞなぞで、

"What does snow melt into?"
「雪がとけたら何になる?」

"Spring!"
「春!」
(雪がとけたら、本来は「水」になる。)

というのがあるが、それを思い出した。

2013/11/25

After a long interval...

先日、ネットのニュースで「中国で結婚式の記念に鳩を100羽放ったら、人々が食用にするために我先にと捕まえてしまった」という記事があったが、それを読んでふと思い出した本がある。

それは、小学生のころ、たしか父方の親戚からもらったように記憶しているが、パリを舞台にしたある物語の本だ。

その本は、ナタリー・カールソン作・『橋の下のこどもたち』。
http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4894322714/ref=mp_s_a_1_1?qid=1385385418&sr=8-1&pi=AC_SX110_SY165_QL70

セーヌ川にかかる橋の下をねぐらとするホームレスの老人と、そこに転がり込んで一緒に暮らすことになった母子の交流を描いた心暖まる物語である。

このなかで、ロマ(いわゆる「ジプシー」と呼ばれる人々)のテントを訪れた主人公たちが、公園で捕まえた鳩のシチューをおそるおそる食べる場面があって、それを思い出したのだ。

ふと読み返したくなってAmazonで検索したら古本だが売っていたので早速注文し、今日、届いていたので読んでみようと思う。

もう30年以上も前に読んだ本。いま読み返したらどんな印象を受けるのだろうか。なんだか、タイムカプセルを掘り起こすみたいな気分だ。
(*´ω`*)

2013/11/24

It has turned out...

今日は河合塾呉現役生教室のイベントで呉へ。昨夜のうちに広島入りしていたので、初めて往路で高速バスを使った。

駅から少し離れたバスセンターからの出発なので少し不便ではあるが、乗ってしまえば快適だ。

途中に「柞木」というバス停があった。

おそらく、広島の人にはお馴染みの地名なのだろうが、ぼくには何と読むのか皆目見当がつかなかった。
(;´_ゝ`)

バスのアナウンスを聞いて、「ほうそぎ」と読むのだと知った。おもしろい地名だと思いググってみたら、地名について解説したブログやホームページがいくつか見つかった。

http://d.hatena.ne.jp/kanototori/touch/20100214/1266153549

http://masuda901.web.fc2.com/page5ahx01.htm

次のブログ「広島の植物ノート 別冊」には、以下のような言及があった。
http://forests.world.coocan.jp/fnote/?p=679

〈広島市で育った人に「柞木」を読ませたら、「ほうそぎ」というはず。南区の地名、黄金山が島であった頃の仁保七浦のひとつだ。(中略)「ほうそ」とは、ハハソの音便、すなわちコナラ(類)のことである。近畿の地名で、柞原をホソハラ、ホソワラというのはこれ。〉

「ははそぎ」が転じて「ほうそぎ」になったとのこと。なるほど。

そして、そのあたりがかつては島で、浜があったのだともわかり、なかなか興味深い。

呉に向かう道路は山間を抜ける高速道路なので、鉄道の呉線とは異なり海からは離れているが、時折、車窓から海が見える。

これまで呉からの帰りにバスで広島まで向かったことはあったが、それは夜9時過ぎなので外は真っ暗で景色は楽しめなかった。明るい時間だとこんな風景なんだな、と思いながら呉に向かった。

How beautiful!!

How beautiful!!
How beautiful!!
晩秋だなあ…(*´ω`*)

2013/11/22

What am I doing?

今日は朝から創志学園高校の授業。いつもは50分×7コマだが、明日のオープンスクールの準備のため4時間目で終了。

夜は能開予備校岡山校で授業。

これで今週の授業は終わり。これから来週の授業に向けての準備だ。冬期講習会の教材準備もせねば。
(^_^;)

ぼちぼち来年度の予定についても決まり始める頃か。さて、どうなるやら。

2013/11/21

A complaint...

仕事のあと、職場近くの三井のりパークの駐車場で料金を支払おうとしたら、千円札が入らない。他の千円札で試してもダメ。センサーがまったく反応しないのだ。手持ちの金ではその駐車場料金をすべて硬貨で支払うことはできない。

仕方なく、そこに書かれていた緊急用の番号に連絡したら、「近くの自販機で崩して下さい」だと。
┐( ̄ヘ ̄)┌

自販機は両替機じゃないんだよ!
(# ゜Д゜)

「それって、何か買えってことですよね?」
「ええ、まあ…」

明らかに先方の不手際なのに、なぜそこでこちらが余計な出費をせにゃならんのか。

修理に来るのも15分ほどかかるという。その分の料金だって当然かかるはすだ。こちらから聞きはしなかったが、当然その超過分はこちらの支払いになるに違いない。せめて「お時間が許すのでしたら、超過分はお支払いしますから、そこでお待ちください」ぐらいの気の利いた対応はできないもんかね。
(#`皿´)

明日の朝飯の支度やら今夜の夕食の片付けやらあるから、早く戻りたかったのて、結局、自販機でお茶を2本買った(1本だけでは必要な金額の硬貨が得られなかったので)。

腹立たしいことこの上ない。せめて両替機ぐらい完備しておけよ、と思う。言い方は悪いが、駐車場に設置された自販機かまるで小判鮫かハイエナのように見えた。

2013/11/20

Beyond the sorrow...

今日は朝だけ河合塾広島校で授業。今日で2学期の「完成シリーズ」が終わり、来週からは2週に渡ってテストゼミ形式の「突破シリーズ」になる。

完成シリーズの終了日ということで、生徒さんから「何かパフォーマンスを期待してます!」と前回の出席カードに書かれていたので(笑)、期待に応えねばとギター弾き語りを強行w
(;゜∇゜)

「河合塾広島校のジャイアン」の地位を不動のものにしつつあるようだwww

本来ならば、突破シリーズの最終日に行えば良いのだが、テストゼミだと説明時間が短くてそんな余裕もないので、完成シリーズ終了の今日、決行した。

ちなみに今日の曲はエレファントカシマシの「悲しみの果て」。つい先日、たまたまテレビでエレファントカシマシの特集を見かけて、ふと挑戦してみようと思いたった。きちんと通して練習ができていなかったから、ぶっつけ本番になってしまったが、出席カードの感想を見たら好評だったようでひと安心。
(;´д`)

若い頃に比べてこうしたパフォーマンスをするのが気恥ずかしくも思えるようになったし、当たり前だが、授業を真っ当に行っているからこそのパフォーマンスである。

そんなわけで、完成シリーズの終了というひとつの区切りと、生徒さんへのささやかな激励をこめて。

2013/11/18

(^_^;)

今日は創志学園高校の授業のあと、能開予備校福山校で授業。

昨日の強行軍の影響が膝に来ている…(゜ロ゜;

2013/11/17

Fulfillment...

実に濃い土日だったw

高校の大先輩で、高校教員のTさんが岡山に立ち寄られることが決まったのが半年以上前の4月の頭のこと。Tさんは部活の7つ上の先輩で、なおかつ教育実習で教えにいらしたときにぼくも教わったので、頭が上がらないw(何しろその当時、ぼくはまったくといっていいほど勉強していなかったのでなおさらだwww)

…で、昨日、25年ぶりに再会。

既にずっとFacebookでやりとりしていたおかげであまり時間の隔たりは感じなかったし、旧知の知人というよりもむしろ、同業の先輩という感覚の方が強いような気がする。

昨夜は岡山駅でおちあったあと、「黒ひげ」で会食。今朝はTさんの宿まで迎えに行き、車で岡山の史跡巡り。Tさんのたってのリクエストで「熊山遺跡」に向かった。

ものすごく狭い、曲がりくねった山道を車でどんどん上がっていき、「熊山登山道入口」のところで車を止めて徒歩で遺跡を目指す。普段、まったく運動をしていないぼくにとっては拷問以外の何物でもないwww

…が、行けども行けども遺跡が見当たらない。
(;´Д`)

途中、あずまやがあったので、ぼくはそこで休憩し、Tさんには申し訳ないけれど、とりあえず一人で進んでもらったw

ところが、そこでグーグルマップを調べなおすと、どうやら遺跡のあるのはかなり先らしい。さらに、あずまやで休憩していた方に聞いてみると、「遺跡の近くに駐車場があって、そこからだとすぐに行ける」とのこと。

慌ててTさんに戻ってくるよう連絡を取り、ぼくはとりあえずいったん車に引き返した。で、先ほど車を止めたところからさらに10分ほど先まで進んでみると、確かに駐車場があって、そこからだと割とすぐに遺跡に向かえることがわかった。

駐車場でTさんから連絡が入り、先ほど止めていた駐車場で待っている、とのこと。すぐにそこまで戻り、Tさんと合流して遺跡近くの駐車場まで向かった。もし、あのまま歩いていたら2時間ぐらいかかったのではないだろうかw

そしてどうにか遺跡にたどり着いた…。
(;´Д`)

熊山遺跡を見て車に戻るともう昼過ぎ。どこかで食事を、と思ったが手ごろな店が思いつかず、かなりのロスタイムもあったため、その先の行程を考えるとあまりゆっくりもしていられない。

また、当初は牛窓のお寺にも行くつもりでもあったのだが、天候が崩れそうで、その後、吉備路にも行くことになっており、「明るいうちに造山古墳を写真におさめたい」とのご希望であったので、今回は牛窓は断念し、和気ICから高速に乗った。

倉敷ICで高速を降りて総社方面へ。雨がぽつりぽつりと降り始めた。Tさんは「雨男」だそうで、「晴れの国に勝った!」と喜んでいたwww

まずは作山(つくりやま)古墳(http://www.city.soja.okayama.jp/kyoiku_bunka/bunka/shitei-bunkazai/shitei_bunkazai_kobetu/kuni_07.jsp)を訪れ、次に、造山(つくりやま)古墳(http://www.city.okayama.jp/museum/okayama-history/07tsukuriyama-kofun.htm)へ。どちらも「つくりやま」なので、前者を「さくざん」、後者を「ぞうざん」と呼んで区別することが多い。

このあたりはとにかく古墳がたくさんあって、歴史的に非常に面白い場所なのだが、どの古墳も誰が埋葬されているのかはまったくわかっていない。これだけの古墳があるのだから、かつては強大な権力を持ったくにが存在していたと思われるのだが、大和の豪族(朝廷)が覇権を有した結果、「敗者」となり、その歴史が葬られてしまったのではないかと思われる。

造山古墳に着いたころには日も差してきて、晴れの国の力が雨男の神通力に逆転した模様w

造山古墳に上ると、祠の前には石棺らしきものが置かれている。これも、いつ、だれが、何のために置いたのかまったくわかっていない。とにかく謎だらけなのだ。

Tさんが「珍しいものが見えるよ」と言っていたので、その方向を見ると、千足古墳(第5号古墳 http://bell.jp/pancho/travel/kibiji/tukuriyama-a.htm )のてっぺんにテントが張られていた。Tさんによると、発掘作業中とのこと。少しでも謎が解明できれば面白いのだが。

ちなみに、造山古墳じたいは発掘調査がなされていない。これは以前、ボランティアガイドの方に伺った話だが、「造山古墳は、ひょっとしたら畿内の豪族、天皇家とのかかわりを示すものかもしれないので、造山古墳の発掘をしたら古代史が大きく変わってしまう可能性がある。だから、許可が下りないのではないか」とのこと。

何しろ、造山古墳前方後円墳としては日本4番目の規模で、上位3つは天皇陵。だとすると、当時(5世紀前半ごろ、と推測されている)、このあたりには大和の天皇に匹敵する力の豪族がいたか、あるいは、ひょっとしたら天皇とつながりの深い人物が葬られた可能性もある。

その当時について残っている資料としては『古事記』『日本書紀』しかなく、あとは朝鮮半島などの資料しかない。ましてや先に述べたように、吉備は「敗者」である。敗れ去り、失われた歴史を掘り起こすことがいかに難しいか…。

造山古墳を訪れた時点で午後4時近く。空腹も絶頂を通り越したw(ちなみにぼくは朝から何も食べていないw)

とりあえず岡山に戻って早めに夕食をとることになった。

ここからは、「吉備津彦と温羅(うら)」のかかわりを巡る。

まず、鯉喰神社に立ち寄る。小さな神社だが、次のようないわれがある。

〈吉備の国平定のため吉備津彦の命が来られたとき、この地方の賊、温羅(うら)が村人達を苦しめていた。戦を行ったがなかなか勝負がつかない。その時天より声がし、命がそれに従うと、温羅はついに矢尽き、刀折れて、自分の血で染まった川へ鯉となって逃れた。すぐ命は鵜となり、鯉に姿を変えた温羅をこの場所で捕食した。それを祭るため村人達はここに鯉喰神社を建立した。〉
「倉敷観光WEB」(http://www.kurashiki-tabi.jp/see/205/)より。

ちなみに、温羅は「百済の国の王子」とされている。
(http://www.kibitujinja.com/kibituhiko/index.html PCのみ)

次に、吉備津神社(http://www.kibitujinja.com/)へ。ちょうど七五三の時期で、家族連れがお参りに来ていた。

ここは吉備津彦の命(きびつひこのみこと)が温羅を倒すために使った矢を置いた岩や、吉備津彦によってはねられた温羅の首がその後何年にもわたって吠え続けたため、それを埋めた「お釜殿」もある。

つまり、吉備津神社は、温羅を鎮めるためにつくられた神社であるとも言える。

最後に向かったのは吉備津彦神社(http://www.kibitsuhiko.or.jp/)。

この2つは2kmほどしか離れていないため、どのような違いがあるのかが疑問なのだが、吉備津彦神社のホームページには以下のような説明がある。

〈同じ一宮でもあり距離も約2キロと近く‘彦’の違いだけですので、とても多い質問です。古くは二社とも「大社 吉備津宮」といわれていたようです。大化の改新(645年)以後、吉備の国が備前、備中、備後、美作の国に別けられて以来、吉備津彦神社は備前の一宮(岡山市一宮)、吉備津神社は備中の一宮(岡山市吉備津)として現在にいたっています。〉
(http://www.kibitsuhiko.or.jp/faq.html)

また、「教えて!Goo」にも同様の質問への回答があった。
==========
 律令体制以前の備前・備中・備後、それに美作は、「吉備」という1つの国でした(国名に上総・下総や筑前・筑後のように上下、前中後と付く国は、一つの国が律令体制で分かれたものです)。

 吉備中山に鎮座する吉備津神社は吉備氏一族の神を祀る神社ですが、吉備が4カ国に分かれた際に前述の吉備津神社が備中の「吉備津神社(岡山市吉備津)」に。そして備前には「吉備津彦神社(岡山市一宮)」が、備後には「吉備津神社(広島県福山市新宮町)」が建立されます。
 ですから備前の吉備津彦神社と備後の吉備津神社は、備中の吉備津神社(元は吉備の吉備津神社)から、国が分かれた際に分社され、それぞれの国の守り神、一宮とされたのです。

『国史大辞典』(吉川弘文館)
(http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2523448.html)
==========

地域の違い、単なる分社だと言ってしまえばそれまでかもしれないが、吉備津神社には温羅の首が祀られていることを考えると、吉備津神社は温羅の怨念を鎮める役割が主ではないか、とも思うのだ。

吉備津彦神社を後にして、岡山に戻る。

晩飯は焼肉だw

時間は17時。その時間だと「だるま」は開いていないはずなので、今日は「焼肉 東風(こち)」の本店へ。

何しろ朝から何も食べていなかったので、ひたすら食いまくるw

生センマイ、ユッケ(!)、特選厚切り牛タン、壺漬けカルビ、ホルモン、キムチ…。珍しかったのは「トマトのキムチ」。もっとも、漬け込んだものではないようで、湯むきしたトマトにキムチソースを合わせたシンプルなものだったが、美味しかった。

ユッケは店で加工したものではなく、業者が加工したものを仕入れているようで、ご覧の通りパックに入って出てきたw

主に教育についてあれこれ話しながら2時間ほど飲み食いした。といってもぼくはノンアルコールだから、代わりに肉と米を「呑んだ」のだがw

Tさんは複数の高校で地歴公民を教えていて、さらに韓国語も教えている。何年か前にたまたま韓国に興味を持ち、そこから勉強を始めたそうだ。常に新しいことを模索し、毎日が勉強の日々。ぼくも見習わねば、と刺激を頂いた。

食事の後、Tさんを宿まで送って別れた。

ということで、実に濃い2日間であった。

Tさん、またお会いできる日を楽しみにしています。

…ただ、山登りはご勘弁をwww
(;´Д`)

2013/11/16

Σ(・ω・ノ)ノ!

高校の部活の先輩であり、教育実習でも教わった大先輩と25年ぶりの再会。

Facebookでいつもやりとりしているから、あまり意識の隔たりは感じなかった。

岡山駅まで迎えに行って、改札口で会うなり「写真よりまともだね」と言われたがwww
Σ( ̄ロ ̄lll)

この先輩、高校で歴史や公民や韓国語まで教えているマルチぶりで、めちゃくちゃ勉強家なので、その博学さにはいつも驚くばかり。

明日は吉備路の史跡巡りの予定だが、きっと地元のぼくよりもいろんなことをご存じなのだろうなぁw
(;゜∇゜)

2013/11/15

(^_^)

今日は朝から創志学園高校の授業。夕方から能開予備校岡山校校で授業。

高校はいつもは50分×7コマだが、今日は2年生が修学旅行のため4コマのみ。

明日と明後日は高校の先輩と再開の予定。歴史談義に花が咲きそうだ。
(*´ω`*)

2013/11/14

For the first time in 25 years...

今日は昼過ぎに広島から岡山に戻り、夕方まで原稿を書いて、夕方から能開予備校岡山校で授業。

11月も明日で半分が終わる。早いなあ。

まだまだやり切れていないことがいっぱいあって、でも、その前に〆切やら何やら、やらねばならないことが山積み。本当は部屋の大掃除もしたいのだけれど、この調子で行くと11月いっぱいは難しそうな気配だ…。

そういえば、今週末は高校の先輩が岡山に来ることになっていて、25年ぶりの再会となる。部活の先輩であり、かつ、先輩が教育実習で高校に教えに来た時にぼくは教わってもいるので、全く頭の上がらない相手なのだがw

ふだん、Facebookでのやりとりをしているからあまり時間や意識の隔たりは感じられないが、実際に会って話せばきっと、お互いに年を取ったと実感することであろうwww

2013/11/13

(*´ω`*)

今日は朝から河合塾広島校で授業。

いまは定例会の真っ最中。

アカデミックな話題で盛り上がる。
(;゜∇゜)

2013/11/12

My favorite...

My favorite...
今日は河合塾呉現役生教室で授業。

今日から創志学園高校の2年生は修学旅行。Twitterで生徒さんたちの楽しげな様子が伝わってくる。

広島に向かうとき、岡山駅のスーパーで「焼き鯖寿司」を買って車内で昼飯。この焼き鯖寿司は安くて美味い(398円)のでお気に入り。こんがり焼いてあるから香ばしくて、ゴマや大葉も入っているので臭みもない。

今日はいつもより身が薄いような気もしたが、まあ満足。
\(^o^)/

さて、いまから宿でもうひと仕事だ。

2013/11/11

My routine...

今日は昼から創志学園高校の授業。終わったら福山に移動して能開予備校の授業。月曜日のルーティン。もっとも、それもあと3ヶ月ほどだが。

そろそろ新年度の予定を決める時期になった。来年からは赤本で小論文に加えて英語の解答例も書くことになるかもしれず、さらに原稿と格闘する日々が増えそうだ。
(^_^;)

新年度はどんな動きになるのやら…

2013/11/10

After all...

結局、原稿と雑事に終われた一日だった…。
(;・ω・)

まだまだ終わらない…。
(´;ω;`)

2013/11/09

Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

Ψ( ̄∇ ̄)Ψ
Ψ( ̄∇ ̄)Ψ
振り返ってみると、今週は食べ物の写真ばかりだなw
(;゜∇゜)

まあ、他に撮るものもないから、仕方無いがw

今日も一日原稿と格闘。で、いまは畏友と「漢の肉祭り」である。
Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

2013/11/08

Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

Ψ( ̄∇ ̄)Ψ
寿司ー!
(*´ω`*)

2013/11/07



今日は広島から昼過ぎに戻り、夕方から能開予備校岡山校で授業。

校舎に向かう途中、岡山駅前に建設中のイオンモール、骨組みがだいぶ組み上がってきた様子が見えた。

完成すれば、しばらくの間、駅前は間違いなく大渋滞になるであろうし、そのあとも人の流れはかなり変わるであろう。

2013/11/06

(^_^)/□☆□\(^_^)

(^_^)/□☆□\(^_^)
美味し!Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

2013/11/05

(◎_◎;)

今日は本来ならば呉で授業だったのだが、休みのため、岡山の事務所でひたすら原稿書き。ゆうべも福山から戻って泊まり込みで、途中意識を失いながらも(苦笑)、どうにか1本は書き上げた。もっとも、まだ1本残っていて、他の〆切も金曜日に控えているし、作らなければならない教材が山ほどあるので休まる暇もないのだがw

夜は広島に移動。本当は広島駅に着いてからお好み焼きでも、と思っていたが、岡山駅のスーパーで惣菜を買って車内で食べたらお腹いっぱいになってしまった…。
(´Д`)

いまは明日の授業の準備中。

明日は朝から河合塾広島校で授業。合間に原稿だwww
\(゜ロ\)(/ロ゜)/

2013/11/04

An irrational movement...

今日は午前中に広島のホテルを出て、昼まで駅の喫茶店で原稿w

新幹線で岡山に戻り、いったん帰宅してあれこれ用事を済ませてから事務所へ。仕事をしてまた新幹線で福山へ。で、授業をして岡山に戻る、と。

つまり…

広島………福山……岡山
○→→→→→→→→→○
□□□□□○←←←←○
□□□□□○→→→→○

というなんとも非合理的な移動…orz

まあ、ここまで想定して荷造りをしておけばよかったのだが、昨日はギリギリだったので…。
(´Д`)

で、今夜はこれからまだ事務所で原稿。

今週も〆切ラッシュ…
(◎_◎;)

2013/11/03

Completed...

Completed...
会議終了…(-。-)y-゜゜゜

11時からの11時間…さすがに疲れた。
(=_=)

今夜は広島泊まり。
(;゜∇゜)

文化祭はうまくいったのかな…
(;・ω・)

2013/11/02

All I can do...

All I can do...
All I can do...
今日は創志学園高校の文化祭一日目。今日は校内発表会だけで、外部参加は明日。ただ、明日は朝から広島で会議があるため、ぼくは今日しか見に行けない。

で、軽音部の演奏があるということで、ついでにそのお手伝い。本当は演奏もしたかったが(笑)、それは今後の課題ということで。

ぼくは非常勤講師だから、行事を手伝う義務も権利もない。あるいは、部活のコーチとして正式にギャラをもらって働くことも考えられるが、そこまで定期的に部活に顔を出せる時間的余裕もない。

だが、去年、軽音部が本格的に活動を開始したのを聞き、顧問の先生に許可を得て様子を見に行ったとき、機材も何もかもが不足していてそのままでは到底活動ができないことがわかり、じぶんが持っている知識やスキルや機材が役に立てれば、と思って自主的に支援を始めた。

軽音が好きで楽器をやりたいのにどうしていいかわからず困っている生徒さんが目の前にいて、ぼくがもっているものが確実に役に立つとわかっているのに、素通りすることはできなかった。ただ、それだけのことだ。

こんな物好きな大人がいたっていいじゃないか(笑)。

だから、こうした支援は部活が軌道に乗るまでのつもりだし、今日の様子を見ていたら、そろそろ大丈夫かな、と思うようになった。

学校でライブをやる上でいちばんの問題は、PA機材のセッティングと操作方法だが、それも明日に備えて必要なことは伝えたので、あとは彼らがそれを実践して、今後はじぶんたちだけできちんとライブを運営できるようになるのをじっと見守るだけだ。もちろん、わからないことは相談に乗るつもりだが。

明日で3年生は引退。2年生がいないので、あとは1年生だけだが、新しい部長は楽器に詳しいし、かなりの大所帯だから、きっと盛り上がっていくんじゃないかな。
(*´ω`*)

2013/11/01

(;゜∇゜)

今日は高校の文化祭の準備の手伝い。セッティングだけで所定の時間が終わってしまったが…(^_^;)

明日は本番。PA操作、大丈夫かなぁ…
(;・ω・)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »