« I don't feel like saying "Congratulations." | トップページ | It won't work... »

2013/09/09

We can no more believe in him...

さっそくこれかよ…
(´・ω・`)

==========

東電:汚染水、首相の「完全にブロック」発言を事実上否定

毎日新聞 2013年09月09日 21時07分(最終更新 09月09日 21時56分)

 福島第1原発の汚染水問題をめぐり、安倍晋三首相が五輪招致のプレゼンテーションで「完全にブロックされている」「コントロール下にある」と発言したことについて、東京電力は9日の記者会見で、「一日も早く安定させたい」と述べ、首相発言を事実上否定した。政府に真意を照会しているといい、政府と東電の認識の違いが出たと言えそうだ。

 防波堤に囲まれた港湾内(0.3平方キロ)には、汚染水が海側に流出するのを防ぐための海側遮水壁が建設されているほか、湾内に広がるのを防ぐために「シルトフェンス」という水中カーテンが設置されている。

 東電によると、フェンス内の海水からは、これまでに最大でストロンチウムなどベータ線を出す放射性物質が1リットル当たり1100ベクレル、トリチウム(三重水素)が同4700ベクレル検出されている。東電は「フェンス外の放射性物質濃度は内部に比べ最大5分の1までに抑えられている」と説明したが、フェンスは水の出入りまで遮断できない。また、フェンス内と港湾内、外海の海水が1日に50%ずつ入れ替わっていることが知られており、トリチウムは水と似た性質を持つため通過する。

 現在、外海とつながる港湾口や沖合3キロの海水の放射性物質濃度は検出できないほど低いが、専門家は「海水で薄まって拡散しているため」とみる。

 また、汚染水は1日400トンの地下水が壊れた原子炉建屋に流れ込み、溶けた核燃料に接触して増え続けている。水あめ状の薬剤「水ガラス」で壁のように土壌を固める改良工事を実施したが、壁の上を越えて海洋流出している事態も収束していない。地上タンクから漏れた汚染水約300トンの一部は、海に直接つながる排水溝に到達したとみられ、東電は港湾外に流出した可能性を否定していない。「何をコントロールというかは難しいが、技術的に『完全にブロック』とは言えないのは確かだ」(経済産業省幹部)との声も出ている。

( http://mainichi.jp/select/news/20130910k0000m040073000c.html )
==========

この記事の「事実上否定」というのは記者の憶測かもしれないが、東電側からすれば首相が「大丈夫」と高らかに宣言したのを聞いて「こりゃまずい」と思ったのは間違いないのだろうな、と思う。

そもそも、放射能による人体への影響はまだ未知数のことが多い。

たとえば、昨年、広島の原爆で被爆した人々の子ども、つまり「被爆二世」と呼ばれる人々の中に白血病の発症率が高いことが判明した。原爆投下から67年も経過してようやく判明したことなのだ。

いま、海に徐々に放出されている放射性物質が、今後、魚介類にどう影響し、それが人体にどう影響するのかもまったくわかっていない。土壌に降り注いだものについてもしかり。いくら「除染」しても、完璧ということはあり得ないであろうし、そもそも、放射能は目に見えない以上、濃度が高いかどうかをいちいち測定しなければわからないのだから、気づかぬうちに高濃度の放射能を浴びている人もいるかもしれない。しかし、それが人体にどう影響するのかはわからないし、たとえば癌や白血病になったとしても、それが福島第一原発のまき散らした放射性物質によるものであるかどうか、その因果関係はわからない。

そんな「わからぬこと」づくめの現状なのだ。専門家ですら意見が分かれる。まして、素人ならなおさらのこと。

恐怖心をあおることは避けるべきだが、「安全だ」「安心だ」「大丈夫だ」などといわれても到底、信じることはできまい。

7年後の東京オリンピックの時点までに事態が終息するかどうかもわからない。いや、恐ろしいのは、時間の経過とともにうやむやにされてしまうことだ。

そのころには首相も交替している可能性が高い。「私が全責任を取ります」などと軽々しく発言したが、仮に「大丈夫」でなかったらどう責任を取るつもりなのか。そうしたことが具体的に示されていない以上、安倍首相の発言を信じることはできないし、そんな発言をしたことで、少なくとも、安倍首相に対する信頼は全くなくなったと言える。

« I don't feel like saying "Congratulations." | トップページ | It won't work... »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。