« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013/07/31

To my embarrassment...

広島校での講習、3日目が終了。折り返しを過ぎた。

…が、ぼちぼち疲れがたまってきたのか、ちょいとやらかした…。
(;´д`)

4時間目の授業。配布物があったので、少し早めに講師室を出てエレベーターに一人で乗った。

で、エレベーターを降りて普通に教室に入ったら、いつもと雰囲気が違う気がしたのだが、あまり気にも留めず堂々と教壇に立ち…

「はい、それでは始めま…。…あ、あれ!?」

Σ( ̄□ ̄;)!!

「ここ、ひょっとして、5階!?」

( ̄▽ ̄;)

「すみません、教室間違えました…」
orz

教室を出た途端に中からざわめきが聞こえたwww

4時間目は6階に行かねばならないのに無意識に5階のボタンを押していたのであった。じつは、6時間目が5階なので、それが頭にあったのであろう。

お恥ずかしいったらありゃしない。
(T_T)

明日は間違えないようにせねば…。
(;´д`)

2013/07/30

By chance...

By chance...
広島での講習会、2日目が終了。

終わってホテルに戻ったら、友人の"ナマグサ牧師"ことしんちゃんが広島に来ていることが判明www

で、フォーク酒場「置時計」に行くというので、せっかくだからとお付き合いw

今夜は「松山千春ナイト」だったが、さだまさしファンのぼくらはその空気をぶち壊すようにさださんの曲を熱唱w
( ̄▽ ̄;)

あ、今日はフードファイトは無いのでwww

2013/07/29

Wow!!

今日から河合塾広島校で夏期講習会。

ぼくの授業は長文読解総合英語[高3/卒](15:30-17:00)と高2入試頻出英語演習(19:10-20:40)。2コマだけではあるけれど、移動の時間ももったいないので広島泊。

3週間ぶりの河合塾での授業。夏期講習会で普段とは雰囲気も違っていて、少し浮き足立っているような感じもしたかな。

食事をして宿に戻り、明日以降の準備やら原稿やら。

で、気分転換にふと、マキシマムザホルモンの新曲のMVがリリースされていたことを思い出してYoutubeで観る。


うは…。
Σ(゚д゚lll)


すげぇ…。
Σ(・Д・ノ)ノアウッ

http://www.youtube.com/watch?v=beN5ep5MrdY

2013/07/28

What I'm looking forward to is...

明日からは河合塾広島校での夏期講習会。

広島の皆さん、よろしくお願いいたします!!
♪ヽ(´▽`)/

久しぶりの広島焼きも楽しみだwww
( ̄▽ ̄;)

2013/07/27

Nobody helps me...

火曜日からの福山での夏期講習+センター対策のイベント授業が終了し、久しぶりに帰宅。
(・_・;

また月曜日からは広島に泊まりがけなので、今日明日中に洗濯して荷造りをせねば…。
(;´д`)

誰か手伝って…とも言えず、一人で黙々と作業する…。
(T^T)

てなわけで、いまからコインランドリーだ…
(^_^;)

2013/07/26

It's impossible...

能開福山校での夏期講習終了!といっても、明日、センター対策のイベント授業があるけれど。

今日は英単語のイベント授業もあったから、80分×4コマ連続。

80分4コマ連続の授業で2kg痩せたwww
( ̄▽ ̄;)

ってことは、8コマ連続で4kg、12コマ連続で6kg…

んなわきゃあるか!!
(*`Д´)ノ!!!

2013/07/25

The supreme fight...!?

The supreme fight...!?
最強の〈ゆるキャラ〉対決!!(からだのユルいキャラがフードファイトwww)

「ナマグサ牧師 対 極道講師」

いや、楽しいwww

2013/07/24

A whale is no more a fish than a horse is...

さすがに鯨にゃ食べる量も口の大きさも負けるな…w

http://www.narinari.com/Nd/20130722392.html
「鯨に丸呑みピンチの恐怖映像、水面下から突然浮上の迫力に大反響。」

2013/07/23

A fool has just been discovered!!

先ほど、「元」塾のアドレスに届いたメール。

「ホームページを拝見しました」という題名で、差出人は「防災事業部」となっている。

「家庭用防災シェルター」の売り込み(というか、「販売代理店になって稼ぎませんか」という案内)で、要するにスパム(迷惑メール)なのだが、以下の冒頭文面だけでいかにいい加減な会社かがよくわかるw

==========
SES 御中

インターネットで貴社のホームページを拝見させていただき、
失礼ながらメールさせていただきました。
≪また、一社でも多くの企業様へご案内を差し上げたい思いで
ネット上に公開されております情報を参考にお送りしております。
システムの都合上、万が一貴社名とメールアドレスに相違がある
場合もございますので、この場を借りてお詫び申し上げます。≫
  【 配信解除は最後にございます。】
==========

うちのホームページには既に塾を閉鎖した挨拶があるだけで、そこにはアドレスなど一切載せていない。また、以前は短縮URLを使っていたが今は使っていないので、元となるURLを知らなければアクセスすらままならない。「SES」とググっても出てくることもない。

だとしたら、このいい加減なメールは、おそらく違法なメールアドレス収集業者からアドレスを買ったか何かして送られてきたのであろう。

あるいは、わざわざ宛名に「SES 御中」と書いてあるのに、既に塾が4ヶ月も前に閉鎖されていることすら確認せずに送りつけてきたのだから、「ホームページを見て云々」などというのは嘘だとすぐにわかる。

そんなろくでもない業者の言うことなど、微塵も信じることはできない(もっとも、そもそもスパムを送りつけてくる連中のことははなから信じていないがw)。

Twitterを「馬鹿発見器」と言うことがあるが、この手のスパムメールもいわば「馬鹿発見器」の一つだと言えよう。

ゆめゆめ、ご注意を。

2013/07/22

御礼

御礼
御礼
御礼
昨日の宮崎産業経営大学オープンキャンパスでの講演にご来場くださり、ありがとうございました!!
(o^−^o)

あの場でお話ししたことが、志望校合格のために少しでも役に立てば幸いです。

頑張ろうね!!
♪ヽ(´▽`)/

2013/07/20

A night in Miyazaki...

今日の昼に福岡空港から飛行機で宮崎へ。

34℃

南国やぁ…あぢぃ。
(;´д`)

ホテルで原稿書いて、夜は代理店さんたちと打ち合わせをかねた飲み会。

嗚呼、宮崎の夜は更けて…
(^_^;)

明日は朝から宮崎産業経営大学オープンキャンパスで講演。

今年はどんな生徒さんに会えるかな。
(*^^*)

2013/07/19

A night in Hakata...

今年度の赤本の執筆、担当分終了!今年度は国公立二次の小論文が4つ。

「英語の講師なのに小論文?」という人もいると思うけれど、小論文は「国語」の下位科目ではない。

複数の科目を横断する総合問題とも言えるし、英文や自由英作文が出題される小論文もあるのでw

昨夜は博多で生物の和田先生、現代文の土井先生と臨時定例会w

土井先生オススメのお店で美味し魚をたらふく喰らい、二次会は「白いギター」というフォーク喫茶(「喫茶」とあるけれど、むしろ「酒場」かな…)へ。念願だった土井先生との合奏も実現した。

白いギターのマスターは大のチャゲアスファンで、See Ya!の話をして、お店のパソコンでYoutubeにアップした動画を見せたら、「見たことあります!」とのこと。世界は狭いw

〆は長浜の屋台へ。本場の長浜ラーメンを堪能。

今日はホテルで今年度最後の赤本の原稿を執筆。どうにか〆切に間に合ったw

さて、今からホテルを出て昼飯と別の原稿だ…。

2013/07/17

"A nameless couple in heaven and hell"

Dsc_4283

ぼくの大切な友人である、作家・小手鞠るいさんの『美しい心臓』(新潮社)読了。この5月に出た、小手鞠さんの最新刊。書き下ろし小説だ。

「願っていたのは、死だった。
 死を願いながら、わたしはあの、短い日々を生きた。」

という書き出しで始まる物語。いわゆる「不倫」を扱った小説である。

主人公は三十代の女性。夫のDVから逃れようとしていた矢先に出会ったのは四十代の妻子ある男(安達)。彼に惹かれ、アパートを借りて半同棲生活が始まる。逢瀬のたびに激しく求めあい、欲望の虜となる「わたし」。

「死んでしまえばいいと思えるほど、好きだった。」
「好きな人の死を願うという感情は、果たして、愛情と呼べるのだろうか。
 呼べはしない、と今のわたしには、わかっている。そんなものは、愛情ではない。」

こんな風に思い込んでしまうほど、「安達」という男にのめりこむ「わたし」。

じつは、読み始めたとき、この「安達」という男がとても軽薄に見えて(男のセリフが関西弁だからというのもあるかもしれないが)、「なぜこんな男にハマったのか?」と不思議に思わざるをえなかった。そこまで「わたし」がのめりこめるほど魅力的な男には見えなかったのだ。

もちろんそれも、小手鞠さんの計算のうちなのであろう。

少なくとも、同世代の男であるぼくの目から見て、正直なところ「安達」という男には魅力を感じられなかった。途中、南米の小国に二人で行く場面があり、そこでテキパキと仕事をこなす「安達」の描写を読むと、少しは「デキる男」なのだなあ、という印象を受けるが、せいぜいそんな程度でしかない。

だが、「わたし」はそんな男にすらドロドロにハマってしまうほど思い込みが激しく、情が深く、欲望が深く、かつ、逃げる場所を探していたのであろう、と思わされる。つまりは、そういうことなのであろう。これが逆に、絵に書いたような、非の打ちどころのないとても魅力的な男であれば、こうは思わされないはずだ。

「わたし」の想いは、やがて狂気を孕みつつ、終息へと向かっていく。この物語の結末をハッピーエンドととらえるべきなのか、バッドエンドととらえるべきなのかはわからない。ただ、「わたし」が何かしらの強さを手に入れたのではないか、と感じたのは確かであった。それはいわば「達観」とでも呼べるかもしれない。

物語は最初から最後まで一貫して「わたし」の視点から展開されている。「わたし」の濃密な感情描写は、時として息苦しさすら感じさせるほどだ。そして、この物語は、小説というよりむしろ、まるで詩のような美しいことばで紡がれている。いかにも小手鞠さんらしい、繊細だけれど力強い、美しいことばで。

小手鞠さんの購読者層はおそらく大半が女性だと思うが、男性にもぜひ読んで欲しいと思う。きっと、いろいろ考えさせられるはずだ。

2013/07/16

Before getting started...

昨日は福山から広島に移動し、今日は朝から広島で仕事。終わってから岡山に戻り、駅から事務所に直行して原稿w

〆切が迫っているものがいくつかあるのだが、さらに今日の昼に別の仕事の依頼も舞い込んだw
ヽ(;´Д`)ノ

貧乏暇なし。人生は自転車操業w
(;´д`)トホホ…

明後日から福岡→宮崎→大阪→岡山と移動の日々が始まるので、なるべく移動前に済ませられることは済ませておきたい。

おまけに23日からは能開予備校福山校で夏期講習が始まるので、その準備もある。

いよいよ、夏の陣が本格的に始まるわけだ。
(;゚д゚)ゴクリ…


あ!
|゚Д゚)))

参院選の不在者投票に行かねば!
ヽ(`Д´)ノヌオオオオォォォォォォ

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »