« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013/05/15

He only puts it into practice...

Dsc_4110

だいぶ前に買った本(奥付には「平成17年」とある)だが…。

なるほど、彼はこれを実践しているだけなんだなw

2013/05/14

Today's recipe...

中間試験の時期であることと、河合塾のリフレッシュ休暇が重なり、珍しく今日から三連休。

…とくれば、当然…。

( ̄ー ̄)ニヤリ

(ΦωΦ)フフフ…

ヾ(´▽`;)ゝアハハ

…原稿書きであるwww
( ゚Д゚)ヒョエー

ということで、昼過ぎから事務所にこもって原稿。

もっとも、今日はせっかく食材の買出しをしたので、気晴らしに料理もしたが。

一度、作ってみたかった岡山名物の「鳥酢」。

Dsc_4106

まあ、別に手の込んだ料理ではない。

①マロニーを茹で、水洗いして水を切る。
②鶏もも肉の皮を取り、茹でる。
③沸騰した湯に生姜をひとかけら入れて、鶏の皮と身を茹でる。
④茹であがったらまな板の上で冷まし、冷めたら身を細かく切る。皮もついでに千切りに。
⑤器にマロニー入れ、その上に細かく切った鶏肉をのせ、ポン酢をかけ、青ねぎを散らして出来上がり。(※皮は別途、ポン酢をかけて食べる。)

この「鳥酢」、17年前に岡山に来て、「成田屋」という居酒屋で初めて出会った。成田屋の名物料理で、成田屋では多分、マロニーではなく、春雨だと思うけれど、マロニーだとかなり食べごたえがある。

というわけで、今夜の晩飯は以上w

ただ、普通は小鉢で食べるものなんだけど、丼いっぱいマロニーを食べたらさすがに胃にもたれるなぁ…
(;´д`)トホホ…

あ、もう一品忘れてたw

先ほど茹でた汁は良いダシが出ているので、アクを取り、以前、呉で買った「アゴ出汁」をその茹で汁で割って、ネギをちらしたらそれだけで激ウマのスープになった。
(*´∀`*)

2013/05/13

Thanks a lot!!

Dsc_4102

今朝、自宅のポストに、ゆうパックが届いていた。

差出人は伊藤賀一さん。秀英予備校でご一緒させていただいた、貴重な「畏友」の一人である。新刊が出たからとわざわざ送って下さったのだ。

いつも、新刊を上梓されるたびに送って下さるのだが、今回は『日本史B早わかり一問一答』(中経出版)と、関正生さんとの共著『これまで誰も教えてくれなかった受験勉強をしなければならない本当の理由』(秀英予備校)を送って下さった。前者は賀一さんから、後者は賀一さんと関さんお二人からの献本ということで、ありがたく頂戴し、拝読する。

『日本史B早わかり一問一答』は、左側に問題、右側に解答と解説という従来からある一問一答形式の問題集のスタイルを踏襲しながらも、解説は「賀一節」炸裂のキレのいい解説である。

大塩平八郎の乱の説明では…。

「1837年には、大坂奉行所のもと与力、”知行合一”の陽明学者大塩平八郎が反乱する。この人、わずか半日で大阪の5分の1を焼いた難波のボ○バーマン。」(p.195)

日韓併合の説明では…。

「日本がどう思うかは別として、東アジアの伝統的な世界観においては、①中国を親分、②朝鮮を兄貴分、③日本を弟分としてきたからね。秀吉の侵略という反抗期〔中2病?〕の後、”鎖国”で引きこもり気味になった息子(弟)が何を考えているのかイマイチ解らないうちに、『突然強大化して暴れてる!』っていう感覚なんだろうね。」(p.259)

という調子で、歴史の専門家からすると「バカバカしい説明だ」と思われるかもしれないが、じつは、賀一さん自身、そんなことはお見通しの確信犯なのである。

『これまで誰も教えてくれなかった受験勉強をしなければならない本当の理由』の「むすび」で、このように述べている。

「予備校の講師は、学問的には大学の先生(プロの格闘家)に劣り、教育者としては学校の先生(レスリング選手や柔道選手)には及びません」「しかし、入場するだけでお金を取れる、一挙手一投足でお客さんを魅きつけることができる、すなわち『見せ方』をもっともよく知っているのは、この業種のトップ講師(プロレスラー)です」

もちろん、この見解に対しても賛否両論あるであろう。

予備校講師の中には、元研究者や、現役の研究者として活躍している人もいる。そうしたアカデミックな講師からすれば「学問的に劣ることを自ら認めて正当化しているだけだ」と批判の的にはなるであろう。そうした見解も理解できるが、ぼくはそのどちらの立場も必要だと思うのだ。

予備校に集まる受験生の中には、まったく勉強に興味すらない受験生もいれば、向学心に燃え大学の学問に憧れる受験生(あるいは、マニアックな受験生)もいる。前者のタイプに学問的で専門的な話をいきなりぶつけても「なんだか難しい話ばかりしていてつまらない」と思われるであろうし、後者のタイプに面白おかしく説明すれば、白けてしまうかもしれない(もちろん、前者のタイプのなかにも、アカデミックな世界に触れて目覚めるものもいるかもしれないし、後者のタイプのなかにも面白おかしな説明に触発されてさらに勉強を好きになるものもいるかもしれない)。

予備校はあくまでも大学への「入口」にすぎず、大学そのものではない。そして、往々にして大学の研究者は予備校の講師を「チョーク芸人」と揶揄する(もっとも、ここ数年はそうした「チョーク芸人」という呼び方を聞かなくなったが)。

賀一さんは「超一流のチョーク芸人」を目指している(…と断言できるのは、以前、静岡校でご一緒したとき、授業の後、食事をしながらそういう話をしたからだ。お互い、「チョーク芸人」として立派に生きていこう、誇りを持とう、とw)。逆に、アカデミックな志向を持つ予備校講師は「チョーク芸人」という評価に猛反発するからこそ「研究者レベルの知識を身につけている」ことを証明しようとしているのではないか、とも思う。

そして、それぞれのタイプの講師に与えられた「役割」があり、予備校ではそのいずれも大切だと思うのだ。

ただし、「チョーク芸人」であっても向学心がなければそこでオシマイだ。予備校の授業の目標は「学力を上げ、志望校に合格させること」のただ一点に尽きる。パフォーマンスばかりに走って中身がスカスカでは意味がない。それでは高いお金を払って授業を受けてくださっている生徒さんに失礼極まりない。

閑話休題。

『これまで誰も教えてくれなかった受験勉強をしなければならない本当の理由』は、受験生からよく寄せられるであろう49の質問に対して、二人からの「ガチンコ」の回答が書かれている。基本的にはぼくじしんが授業で生徒さんに話していることと重なることではあるが、本書で書かれている内容はさらに密度が濃く、ときに辛辣でもある。ぼくはどちらかというとまだ遠慮がちなので(笑)、もっとお二人を見習わねば、とも思うw

また、本書の中にも書かれているが、親御さんや学校の先生方にも是非、『これまで誰も教えてくれなかった受験勉強をしなければならない本当の理由』を読んで欲しい。

2013/05/12

A haze is hanging over the town...

仮眠をとりながら原稿を書いていて、気がつけば午前4時半。

そろそろ外は明るくなってくるころだろうとカーテンを開けた。

しばらくしてから顔を上げると…。

( ゚Д゚)ポカーン

(つд⊂)ゴシゴシ

えええええ!
(;゚Д゚)!

真っ白!
∑( ̄□ ̄;)ナント!!

Dsc_4100

朝靄がすごい!

Dsc_4094

ここはいったいどこの天空の城だよwww

これを書いている今もまだ視界ほぼゼロwww

そういえば、以前、「霧が出るのは土が肥沃な証拠だ」って聞いたことがあるけれど、岡山はやはり肥沃な大地なのかw

自然ってすげー!
:(;゙゚'ω゚'):

2013/05/11

An escape from the reality...

今日はようやく事務所に冷蔵庫が届いた。

月曜日に〆切の大物の原稿があるので、今日は昼から事務所に缶詰め…のはずだったが、いざ冷蔵庫が届いてみると、その中に入れる品物のための買い物をしたくもなり、途中で離脱して食材やら調理器具やら食器やらの買い出しへw

これを現実逃避というwww

もっとも、コーヒーメーカーを既に買っていたにもかかわらず、まだコーヒー豆(の粉)すら買っていなかったので、それも含めてホームセンターとスーパーへ。

どうにか最低限必要なものも揃ったので、ようやく現実に舞い戻って原稿へ…
φ(`д´)カキカキ

2013/05/10

Things to be bought...

連休明けの怒濤の一週間が終わった。

先週は河合塾の授業だけだったが、今週は能開予備校と創志学園高校の授業も復活し、おまけに原稿の〆切も重なっておおわらわの週だった。

来週は、たまたま河合塾と能開予備校の岡山校が休みなので、火曜日から木曜日が三連休になる。どこかに旅行でも行ければいいのだが、水曜日には事務所にデスクが届く予定だし、どのみち書かなきゃいけない原稿は腐るほどあるのでw、事務所に缶詰の予定www
(;´д`)

明日は事務所に冷蔵庫が届き、水曜日にデスクも届いたらひとまずは落ち着いたことになる。

あとは、調理器具と食材と調味料を調達せねばw

2013/05/09

In what respect is this particular?

In what respect is this particular?
火曜日に呉の喫茶店で食べたオムライス。

「旧海軍の復刻メニュー・戦艦大和のオムライス」という謳い文句に惹かれたが、普通のオムライスだったw
(;´д`)

せめて日章旗でも立ってればwww
(・・;)

あ、味は普通に美味かったので。
(^ー^)

2013/05/08

Struggling...

昨夜は広島のホテルに宿泊。今日の授業の準備で、先週に引き続き、結局、睡眠時間は4時間ほどw

今日も午前中に浪人生の授業が2コマと、夕方から高校生の授業が2コマ。その合間にも必死で授業の準備(+昼寝w)。

座右の銘は「自転車操業」www

で、授業のあとは新幹線で岡山へ。

明後日〆切の原稿と、土曜日に〆切の原稿と、週明けに〆切の原稿と格闘すべく、今宵は事務所のマンション泊…
(;´Д`)

あ、まだ他にも書かなきゃならん原稿思い出した…。

このぶんだと今度の土日も事務所に缶詰か。でもまあ、気兼ねなく仕事をするために借りたんだし、精一杯活用せねば。
(*´∀`*)

なにしろこれまではネットカフェとファミレスとガナリーズで仕事してたからなぁw

あ、もちろんガナリーズには行きますがw
(`・∀・´)キリッ

2013/05/07

Barely in time...

呉の河合塾現役館で授業をしてから広島のホテルに戻り、夢中で明日の授業の準備をしていたら、こんな時間に…。
(;´д`)トホホ…

もう少しかかるかな…。

2013/05/06

If only I had more time...

朝から事務所でひたすら原稿。

気がつきゃもうこんな時間か…。

とりあえず明後日〆切の赤本は終わったが、10日と13日〆切の原稿があるし、別件の企画書と原稿見本も書かなきゃならぬし、授業の準備もせにゃならぬ。
(;´д`)

あー!!時間がほしい!!
・・・(;´Д`)

でも、きっと、時間が無制限にあったらあったでだらだらしちまうんだろうな…。
(T^T)

2013/05/05

A live report: Keiske Murakami @ Atarashi-Ya

A live report: Keiske Murakami @ Atarashi-Ya
昨日は村上啓介さんのライブで、See Ya!アンプラグドバージョン(おっさんキャンディーズ)が前座として出演させていただいた。

ぼくは昼間のうちに事務所で原稿を書いたりして、ライブに必要な品物の買い物にも行き、16時に会場の「あたらし屋」さんに入った。

セッティングのあと、啓介さんのリハ。今回はぼくがPAを担当することとなり、緊張しながらPA卓を操作した。
(;´д`)

その後、ぼくらのリハ。

18時に開場し、19時に開演。まずはぼくらの演奏から。今回は以下の5曲。

1. Hang Up the Phone
2. 涙Boy
3. Red Hill
4. エピローグ
5. Say Yes

30分程度…のはずだったが、いつものごとくフロントの二人が喋りまくって10分近く延び…すみません…。
(;´д`)

19:45から啓介さんの演奏スタート。

「とっても(演奏が)やりやすかばい!」

と絶賛していたのは、ぼくのPA操作の賜物…ではなく、機材が良いからw
( ̄▽ ̄;)

昨日の啓介さんは、ガナリーズのマスター・中平さんのMartin D-28を借りての演奏。結局、エレキギターは全く使わなかったw
(;゜∇゜)

「これで手ぶらツアーができるね。」

二部構成+アンコールで約2時間。22時少し前に終演。

終わってから、そのまま「あたらし屋」さんで打ち上げ。24:30解散まで飲んで食べて弾いて歌って…の楽しい打ち上げだった。

ご来場の皆様、ありがとうございました!!
♪ヽ(´▽`)/

2013/05/04

Having a good time!!

村上啓介さんと打ち合わせをかねて飲み会。
ヽ( ̄▽ ̄)ノ

2013/05/02

They were delivered...

They were delivered...
They were delivered...
火曜日は呉の河合塾現役館で授業のあと、広島のホテルに戻って授業の準備。結局、寝たのは朝の4時半…。
(;´д`)

水曜日は7時半に起きて、朝から河合塾広島校で授業。

新調した革靴を履いたらひどい靴擦れができて痛いの何の…。
(T_T)

薬局で靴擦れ用絆創膏を買ったが、途中でずれてしまい(ずれにくい、と書いてあったのに…(T_T))、帰宅して確認したら見事に赤くズル剥けになっていた。

もっとも、授業中、無我夢中でしゃべっている間は痛みを忘れられたが。

授業のあと、新幹線で岡山に戻り、帰宅。事務所で仕事を、とも思ったが、睡魔と疲労には勝てなかった…。駅からは車だったのだが、自宅の駐車場に着いて車のなかでブログを更新しようと携帯をいじっているうちに、寝てしまったwww

今日は事務所のマンションに本棚が届いたので、ようやく段ボールを開封して整理できるようになった。

まだ自宅からも本を大量にもってこなけりゃならないが、ひとまずこれで本格的に仕事に取りかかれそうだ。
ヽ( ̄▽ ̄)ノ

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »