« The moon tonight looks brighter and larger than usual, | トップページ | This isn't routine work. »

2012/05/06

He criticizes us, so do we him.

明日提出の赤本の原稿があったので、今日もひたすら原稿三昧の一日w

結局、ゴールデン・ウィークはどこにもいかず、仕事に追われる毎日だった(あとは坂元さんのライブのお手伝いと部屋の掃除ぐらいか)。

まあ、ぼくは仕事中毒だし、綾波レイの言葉を借りれば「私には、ほかに何もないもの」という感じなので、これはこれで満足ではあったし、逆に、他にやりたい仕事ができなかったことが心残りでもあるのだがw

今朝、Twitterで脳科学の茂木健一郎さんのツイートを誰かがリツイートしてきた。

==========
@kenichiromogi ほんと、予備校の出す「偏差値」ごときで、大学の「序列」が決まると思い込んでいる日本人の学力観は、くだらないと思うよ。あのさ、予備校さ、お前ら、悪の産業なんだからな、それを自覚しろよ! やっていることがマッチポンプなんだよ。あたまの中身、江戸時代か?
==========

まあ、見事な罵詈雑言w

「悪の産業」ってのはいいね。なんだかじぶんがショッカーか何かの一味みたいだw

最後の「あたまの中身、江戸時代か?」というのがぼくのような凡人にはいまひとつ理解できなかったが、これはどう解釈するのが正しいのだろうか。きっと、脳科学者の頭の中には、ぼくのような凡人には理解できない超論理が渦巻いておられるのであろう。

さて、問題はこの文章の論理である。

「日本人の学力観はくだらない」と書かれているが、その原因が「予備校(の出す偏差値)」なのだそうだ。

確かに、予備校をはじめとする教育産業各社は、模試のデータと合格者の追跡データとを分析して、その結果、各大学の「偏差値」を公表している。だが、それはあくまでも、机上の数値であり、統計的な確率の問題である。だから、「受験生の偏差値が70であっても、必ず70の大学に受かる」という保証もなければ、「受験生の偏差値が50だから、70の大学には絶対落ちる」とも言えないのである。そして、予備校は「この大学はこの偏差値です。『だから』日本人の皆さんは、この序列で大学を判断してください」などとは一言も言っていないのである。

ついでに言えば、偏差値によるこうした大学の序列化が始まったのは、実は共通一次導入後のことであって、要するに、文部省(現在の文部科学省)と一部の大学(旧帝大)の思惑(一次試験を共通試験にして足切りすれば、出題ミス/採点ミスのリスクが回避できる)で始まった共通一次試験のデータを各予備校が分析するようになってからのことなのだ。

だから、マッチポンプはほかでもない、文部省と旧帝大なのである。じぶんたちで共通一次という火をつけておいて、まずくなったらあわてて消して回る。滑稽以外のなにものでもない。ましてや、大学入試センターが文科省の天下り先であるのだから、何をかいわんや、である。

確かに、予備校や塾や学習産業は営利企業であり、金儲けのためにデータを処理・提供している側面はある。だが、それもお上が始めた「共通一次」などというバカバカしい制度の弊害であることを、茂木さんは自覚しておられるのであろうか。

そもそも、共通一次にしても、受験生は自己採点するだけで点数は公表されなかった。センター試験が導入されても、しばらくは得点は開示されず、開示されるようになっても、国公立二次試験の出願にはとうてい間に合わないのだから、いったい何のための開示なのかと小一時間問い詰めたくなる。

ついでに言えば、この発言は、「だから予備校が悪い!」という昔ながらのステレオタイプである。わかりやすいスケープゴートを仕立てあげ、大衆を先導する手法。これこそ、ポピュリズムの最たるものだ。大学の序列化は、予備校だけに責任があるわけではない。いやむしろ、いまの予備校は序列化に否定的ですらある。受験生一人一人の将来を考え、それぞれに応じた進路を考えることが予備校の務めだとすれば、偏差値による序列化は邪魔になる。「偏差値では決して高くはないけれど、優れた指導をしてくれる大学がある」というように進路指導をせざるを得ないからだ。

むしろ、大学の序列化の責任は「出口」の側にあるのではないだろうか。

そう、就職である。

いまでこそ、学校名にこだわらないという企業は増えたものの、大学の名前で就職希望者を選別する企業もいまだにあるはずだ。だとしたら、序列化の元凶は、予備校ではなく、社会構造そのものにあると考えるべきなのだ。

まさか、東京大学で理学博士号を取得された茂木さんが、そうしたことを念頭に置いていないはずはなかろう。だから、予備校を悪の元凶として発現されたことには、ぼくのような凡人には思いも浮かばないような深遠な発想があるに違いない…www

« The moon tonight looks brighter and larger than usual, | トップページ | This isn't routine work. »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Twitterで拝見しましたrock

確かに、なんで学力観の可笑しさ(くだらなさ)が予備校の偏差値に“全て”起因するのかな…なんでそう決めつけるのかなぁ…Tweetの矛盾をご説明いただき、スッキリしましたsign01

> ざおうたろうさん

どういうわけか、ざおうたろうさんのコメントはいつも「スパム」扱いになってしまって、通知が届かないのです…
。゚(゚´Д`゚)゚。

先程ようやく気がつきました。遅くなって申し訳ありません。

「スケープゴート」ということばがありますが、あらゆることの原因を何かひとつの特定のものに押し付けてしまえば、大衆は「わかったつもり」になり、それを責めていればとりあえず溜飲が下がる、ということをこの方はよくご存知なのでしょう。

本来、科学とは、複合的な雑多な原因を一つ一つ読み解いていくことなのだと思いますが、そう考えると、この方のツイートはちっとも「科学的」ではありませんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« The moon tonight looks brighter and larger than usual, | トップページ | This isn't routine work. »