« What are you up to? | トップページ | Looking forward to seeing you!! »

2011/07/14

Pay before complaining.

制度が理不尽であっても、その制度の内側にいる限り、制度に従わねばならない。制度に従わずに文句だけを言っても、制度に従っている人々からの賛同は得られない。

たとえば、ある組合に所属している人々に対して、その組合に所属することを拒否している人が組合の在り方に文句を言ったとしても、その組合に所属している人々は聞く耳を持たない。仮に、組合の外にいる人の言い分が正しいとしても。

では、その組合に所属している人々が組合の不備を是正するにはどうすれば良いか。

一つは、組合の内部の規律に従って合議し、是正することである。

もう一つは、組合から全員が脱退して、組合そのものを消滅させてしまうことである。

だが、組合に加入が義務づけられているとしたらどうすべきなのか。また、一斉に脱退することが現実的に不可能な場合(組合に加盟し続けることで利益を得られる人々がいるはずだから)、どうすれば良いのか?

==========
<国民年金>未納率40.7%…最悪を更新
(7/14 0:50 毎日新聞)

厚生労働省は13日、10年度の国民年金保険料の未納率が40.7%(09年度40.02%)となり、過去最悪を更新したと発表した。2年連続で4割を超え、5年連続の悪化となった。要因として、比較的未納率が低い55~59歳の加入者割合の減少や、所得が低く、保険料(10年度1万5100円)負担が難しい非正規雇用労働者の増加などを挙げている。

未納率を年代別にみると、25~29歳が53.4%で最も高く、20~24歳も50.8%と5割を超えた。30歳以上は年代が上がるにつれて低くなり、55~59歳は27.4%。ただし、各年齢層ともほぼ毎年悪化している。

保険料を徴収する日本年金機構は、未納率悪化の要因について、近年は「年金記録問題への対応に人手が割かれたこと」を挙げていたが、10年度に関しては「大きな影響はない」と説明。それでも、10年度の悪質未納者に対する財産差し押さえ件数は3379件(前年度比287件増)にとどまり、07年度の1万1387件に及ばなかった。11年度は納付率の低い全国の29年金事務所を指定し、収納対策を強めるとしている。

国民年金保険料の未納率は92年度の14.3%を底に年々上昇し、02年度に当時過去最悪の37.2%となった。一時は回復に向かったものの、06年度から再び悪化が続いている。【山田夢留】
==========

国民年金という制度は、高度経済成長期の初頭(1961年)に生まれた。つまり、社会が右肩上がりで子どもがたくさん生まれてくることが前提の制度であった。

第一次ベビーブームが1947年。その子どもたちにあたる団塊ジュニアが生まれた第二次ベビーブームが1972年。

このまま行けば1990年代後半には第三次ベビーブームが起こって、社会は安泰、国民年金制度も維持される…


…はずだった。
(・_・;)


1990年代から、日本では急速に「少子化/高齢化」が進展した。

さらに、バブル経済崩壊とともにじわじわと景気が悪化し、小泉純一郎内閣による構造改革で「痛み」はすべて庶民に押し付けられた(この時点で、戦後日本のベル・エポックは終了)。

経済格差が広がり(正確には、それまで「一億総中流」という言葉に目くらましをされ、見て見ぬ振りをしていた経済格差が顕在化した)、終身雇用制は崩壊し、非正規雇用労働者が増えた。

もうそうなると、〈職が不安定で金が払えない〉+〈制度自体の存続も怪しい〉+〈社保庁の不正と怠慢に不信感募る〉のコンボで支払いが滞るのも無理はない話である。

昔から日本には「無尽」とか「頼母子講」と呼ばれる共済制度があった。講に参加した者が金を出し合って積み立てを行い、くじ引きないしは順番にその金を使える権利を得るというもので、一種の助け合い、互助制度であった。

国民年金が果たしてこうした「講」と呼べるかどうかはわからないが、信頼に基づく助け合いの精神でもなければ維持することはできないであろうし、今更「国民年金は互助的な講なのです」と言い出したところで誰も信頼など置けはしまい。

かく言うぼく自身は、自営業・自由業であるから、当然、国民年金である。で、当然、納めてはいる。もっとも、一時期、引き落としをやめて毎月振り込みにしていたために、うっかり忘れて2ヶ月ほど未納になっている期間がある。

あとから払いたくても払い込みの期間が過ぎたから払えないというのも実に馬鹿げていて理不尽な話だが、一応はこうしてきちんと納めてきたのだから、これ位、文句を言わせてもらっても差し支えは無かろう。だいいち、嬉々として「未納三兄弟」発言をしたくせに自分も未納が発覚したような輩が総理大臣になっている国なのだから。

« What are you up to? | トップページ | Looking forward to seeing you!! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« What are you up to? | トップページ | Looking forward to seeing you!! »