« A large serving of rice. | トップページ | Today is always the last day of my life. »

2011/07/04

How arrogant he is!!

松本復興大臣が宮城県庁を訪問し、宮城県の村井知事と会談した。

その時の様子がこれ。

http://www.youtube.com/watch?v=VtUqWdbjnTk&sns=em


宮城県知事が出迎えなかったことに腹を立てて、と報じられていたが、仮にそれが事実として、「礼を失した」と腹を立てたとしても、いやしくも一国の大臣たる者の振る舞いとしては何と稚拙なことかと呆れかえる。

また、常に「自分の方が立場が上だ」というアピールが語尾の端々に現れる。


「先にいるのが筋だよな。」

「(水産特区は)県でコンセンサスを得ろよ。そうしないと我々、何にもしないぞ。ちゃんとやれ。」

コンセンサスを得ても国が今のままで速やかにその通りに動くとは到底思えないのだが。

「いま、後から自分は入ってきたけど、お客さんが来るときは自分が入ってからお客さんを呼べ。いいか、長幼の序がわかっている自衛隊ならそんなことやるぞ。わかった?しっかりやれよ。」

これは村井知事が自衛隊出身者であることを踏まえた発言のようだ。

仮にも県の最高権限を握っている相手に対して、しかも宮城県の被災者の代表であるわけで、その相手に対して「しっかりやれよ」とは何様のつもりか。

どうせここは自分の選挙区ではないから、と思い上がっているのか?

一 体 何 様 だ?

挙げ句の果てに…

「いまの最後の言葉はオフレコです。いいですか、皆さん。書いたらその社はもう終わりだから。」


( ゜д゜)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゜д゜)

(つд⊂)ゴシゴシ
  _,._
(;゜ Д゜)ホォォーー…?!

「書いたらその社はもう終わり」
「書いたらその社はもう終わり」
「書いたらその社はもう終わり」

言 論 弾 圧 を 公 言 www


いや、もうこれは自らの政治生命が終わりだろう。

彼は7月1日の閣議後記者会見で「私は政局的なことは好まないタイプで、被災者に寄り添うことが使命ということを言いたかった」と述べたそうだが、3日の達増岩手県知事との会見では「九州の人間だから東北の何市がどこの県か分からん」と語っている。

いったい、どこの復興をしようとしているのであろうか。

彼の祖父(正しくは養祖父)は部落解放運動の父と謳われた松本治一郎であり、権力や言論弾圧と闘い続けた反骨の士であったはずだ。

それがいまや、自ら言論弾圧を公言するとは…。もっとも、「人権擁護法案」なる言論弾圧法案を推進しているのだから、ある意味では筋が通っていると言えなくはない(苦笑)。

おまけに、震災時に防災大臣としても全く役に立たず、かえって足を引っ張るだけだという報道もある。こんな人間を大臣に選んだ菅首相は、復興など本気で考えていないとしか思えない。

さて、この発言が国会をどう動かし、今度はどう言い訳をするのであろうか。

« A large serving of rice. | トップページ | Today is always the last day of my life. »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« A large serving of rice. | トップページ | Today is always the last day of my life. »