« Are customers the God!? | トップページ | Out of gratitude... »

2011/06/16

Can I make myself understood?

この2週間で、03から始まる同じ番号での着信が6回。番号でググるとポータルサイトの会社。いつもタイミングの悪いときにばかり電話が来る。素性がわかっているからかけ直すのも馬鹿馬鹿しい。先ほど6回目にしてようやく取れたが、それも新幹線の中だった。


電話の主はやはりその会社。「学習塾専門のポータルサイトを立ち上げたので…」と切り出したので、「申し訳ありませんが、そうしたお申し出は一切お断りしております」と告げた。

すると…


「とりあえず見ていただくだけでも…お近くにパソコンはございますか?」と食い下がる。

( ゜д゜)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゜д゜)

(つд⊂)ゴシゴシ
  _,._
(;゜ Д゜)ホォォーー…?!


広告料収入を得たいのはわかるが、

「お 断 り し て
 お り ま す」

という日本語が理解できなかったのか?

そんな理解力の無い会社には鐚一文払うつもりもないし、岡山駅に到着する寸前でもあったので、再度「申し訳ありませんが、そうしたお申し出は全てお断りしておりますので」と繰り返したところようやく引き下がり、電話を切った。


塾の情報をネットやタウンページに載せていると、様々な業者からこうした電話がかかってきたり、DMやメールが送られてきたりする。

中でも多いのがこうしたポータルサイトへの勧誘とSEO対策だ。

先ほどの業者のポータルサイトは以前に確認した時にチェック済みだが、何の魅力もないただのリンク集である。「ポータルサイト」などという横文字でカッコつければ、どこかしらの世間知らずが引っかかるであろうという魂胆が見え隠れする気がした。

そもそも、塾向けのポータルサイトなんてとっくに飽和状態で、今更新しいポータルサイトを開設したところで、よほど魅力的なコンテンツでもない限りうまくいくわけがない。そんな甘い見通しの会社に誰が金など払うものか(怒)。

それに、仮にぼくがそのポータルサイトを見て「これはスゴい!!こんなにスゴいのは初めてだ!!」と感動すれば、とっくの昔にこちらから電話して参加を申し込んでいたはずだ(笑)。

ネットに限らずどんな仕事でも、「先駆者」というのは評価されてしかるべきだと思う。だが、既存のシステムに乗っかるだけで何も新しい物を生み出していなければ、評価には値しない。もちろん、全面的に新しいものを作るということではなく、たとえわずかでもオリジナリティがあればそれで良いのだが。

« Are customers the God!? | トップページ | Out of gratitude... »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Are customers the God!? | トップページ | Out of gratitude... »