« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011/02/28

Sightseeing in Okayama (3)

Sightseeing in Okayama (3)
Sightseeing in Okayama (3)
Sightseeing in Okayama (3)
途中、稲荷山健康ランドで罰ゲームのような励明薬湯www

その後、倉敷を周って岡山へ。

そして今は「聖地」で肉祭りwww

Sightseeing in Okayama (2)

Sightseeing in Okayama (2)
Sightseeing in Okayama (2)
Sightseeing in Okayama (2)
昼食は一宮の「えびめしや」。

その後、吉備津神社→造山古墳→備中国分寺へ。

The festival!!www

The festival!!www
肉祭り、スタート!!(爆)

Sightseeing in Okayama (1)

Sightseeing in Okayama (1)
Sightseeing in Okayama (1)
Sightseeing in Okayama (1)
岡山観光www

まずは鉄板・後楽園+烏城。あいにくの雨だが、梅は綺麗だった。

Guitar―(°∀°)―!!

Guitar―(°∀°)―!!
Guitar―(°∀°)―!!
先日ライブを行った福山東教会の牧師さんから紹介していただいたギター譜、『ブラウン管からギター(°∀°)―!!!!』がAmazonから届いた。

テレビでお馴染みのCMソングやテーマソングをギター一本で演奏したり弾き語りをするための楽譜だ。

扱っている曲のおもしろさもさることながら、意外な人が作詞・作曲に携わっていたり、「へぇ〜!!この曲もあの人が作ったんだ!!」といったことを知ることが出来た。

たとえば…


問1.『ハトヤの唄』の作詞者は?


問2.『あなたとコンビにファミリーマート』『新三共胃腸薬』『この木なんの木』『酒は大関こころいき』に共通する作曲家は?


問3.『ミスタードーナツ』の作詞はある会社によるもの。それはどこ?


問4.『クェッ・クェッ・チョコボール』は「横山準 作詞/作曲研究所 作曲」となっているが、「作曲研究所」とはある有名なミュージシャンの別名である。このミュージシャンとは誰か?


【正解】
問1.野坂昭如。ちなみに作曲は、いずみ たく。

問2.小林亜星。この本に収録されている曲としては他にも『パッとサイデリア』『メガネドラッグの歌』『おいしい顔ってどんな顔』『にんげんっていいな』『明治チェルシーの唄』『サントリーオールド』が小林亜星作曲。

問3.電通関西支社。ちなみに『きのこの唄』(ホクト)は博報堂作詞。広告代理店って、CMソングの作詞もするんだ…と改めて驚いた。

問4.近田春夫。「作曲研究所」でググったら、Wikipediaに以下のような記述があった。

===引用開始===
近田 春夫(ちかだ はるお、1951年2月25日 - )は、日本のミュージシャン、作曲家、音楽プロデューサー、音楽評論家、タレントである。別名は、近尾 春親(ちかお はるちか)、デューク柏淵(-かしわぶち)、President BPM(プレジデント ビーピーエム)、作詞センター(さくし-)、作曲研究所(さっきょくけんきゅうじょ)、東京アレンジサービス (とうきょう-)、SCSI-TR(スカジーティーアール)、NO CHILL OUT(ノーチルアウト)、Rice(ライス)等多数。

(中略)

おもなCM音楽
資生堂「レディバスボン」 - 近田春夫&BEEF『ああ、レディハリケーン』
レナウン - ビブラトーンズ『AOR大歓迎』
チョコボール
爽健美茶
リカルデント
なっちゃん
エメロン
タカラ本みりん - 宮崎美子
ライオン「ナテラ」 - 『ヤシからナテラ』
内外薬品「ケロリン」
ちなみに、近田はCM楽曲を1,000曲以上作曲しており、日本のCM界では3位にあたる(1位は小林亜星で6,000曲以上、2位はキダ・タローで3,000曲以上)。
===引用終了===


ギターの練習の際に、指使いのいいトレーニングになりそうだ(笑)。

もう1枚の写真は『碇シンジ育成計画』第11巻。待ち遠しかったよwww
(´д`)

2011/02/27

Practice makes perfect.

Practice makes perfect.
Practice makes perfect.
今日は午後からSee Ya!の練習。二日酔いでボケてはいたが何とか指は動いてくれた。
(・_・;)

今日は3曲を重点的に練習。まだ完璧にはほど遠いから、指が自然に動くようになるまで何度も繰り返さなければ。

2011/02/26

The festival!!

The festival!!
The festival!!
The festival!!
祭りじゃ!!(笑)

2011/02/25

How to write an essay.

今日はSESのレギュラー授業。前半は高校2年生が受講している長文βで、後半は受験生(高校3年生・浪人生)向けの長文α。

SESでは、受験生は1月末までの授業料を支払っていただいたら、あとは3月半ばまで自由に出席してもらうことになっている。当然ながら2月は入試の時期だから試験の関係で出られなくなる日もあるわけで、それに対応するためにこのようなシステムにしたのだ。

…と言っても、さすがに今日は国公立入試の当日だからどうかな…と思っていたら、神戸大と岡山大を受けた生徒さんが顔を出してくれた。
(*^-^)b

国公立の後期試験で小論文が必要とのことなので、今日は小論文についての講義をした。

これまでにも、授業中やその前後に、折に触れて小論文の話をしてはきたし、高校でも一応添削指導をしてもらってはいるそうだが、やはり前期試験が終わるまでは本腰も入れられなかったようだ。

もちろん、付け焼き刃でどうにかなるものではないし、本人たちもそれを承知で残り2週間ほどの間に準備をすることになる。

もっとも、前期で合格が決まれば、小論文は必要なくなるのだが…。

2011/02/24

Write!! Write!! Write!!

明日からいよいよ国公立大学の前期日程。全てマーク式のセンター試験や、記号選択式中心の私大とは異なり、自らの手で解答を記さねば前に進めない記述・論述式問題が中心の試験だ。


マーク式・選択式では、とにかく(当てずっぽうでも)選ばなければ点数にはならなかったが、記述・論述式だと「とにかく書かねば点数にはならない」のだから、答案用紙を全てきちんと自分の言葉で埋め尽くしてくること。


記述・論述式問題に対する心構えとして、これまでに話してきたことをまとめておく。各自、確認して欲しい。


[1] 日本語の記述は「一読して理解できる」文章を書くこと。
→英語は「訳して理解する」ものではない。「理解できているから適切な訳語を選べる」のだ。「自分はこの英文の内容をきちんと理解できている。だからこう訳した」ということが採点官に伝わるような答案を書こう!!


[2] 記述・論述式は"all or nothing"。部分点など期待せず、確実に最後まで書き上げること。
→原則として、最後まできちんと書かれている答案しか採点の対象にはならない。たとえば"John bought me a lovely sweater."(ジョンが私に素敵なセーターを買ってくれた。)という英文を訳すときに「ジョンが」と書いただけでは点数にはならないのだ。また、たとえ単語の意味が分からなくても絶対に、「ジョンが私に____を買ってくれた」などと空白を作ってはいけない。これでは文として成立していないのだから、やはり採点の対象外である。単語の意味が分からない場合、言い換えを探したり、前後関係から類推するなどして、必ず何らかの訳語を書き、日本語として完成した文を書こう!!


[3] 字数制限は必ず守り、その字数に極力近付けること。
→「100字以内で」と指示された場合、「90字書けばいいや」と考えるのではなく、極力100字に近付けること。また、授業で話したように、「多めに書いて圧縮する」ことを心掛け、下書きの時点で答案を完成させよう。清書はあくまでも「写すだけ」。清書の時点であれこれ迷ってはいけない。


[4] カタカナ語は「新聞記事」「NHKのニュース」を目安に。
→先ほどの"John bought me a lovely sweater."を訳すときに、「ジョンはラブリーなセーターをボートした」などと書いてはいけない(これではルー語だw)。試験で許容されるカタカナ語は「新聞記事」や「NHKのニュース」で用いられているものが原則であると覚えておこう!!


[5] 和文英訳は「意味を伝える」ことに重点を置く。
→和文英訳で出題される日本語には、〈[1]元々が英文だったものを和訳した文〉と、〈[2]元々がこなれた日本語である和文〉の2種類がある。
→[1]の場合、どこか日本語として不自然さや堅苦しさが残り、元の英文の構造が透けて見えるため、それがヒントになってどのような構造の英文を求められているかがわかることが多い。
→他方、[2]の場合、直訳せざるを得ないものは語彙力が無いとどうにもならないが、日本語の原文を英語の構造に合うように大幅に言い換えて書くことが許される。
→いずれにしても、まずは「言いたいこと/意味」を適切にとらえて、その意味を伝えることに重点を置くように心掛けよう。
→また、読解問題など他の大問に含まれている英文がヒントになる時もあるので、まず和文英訳の問題をざっとチェックしてから読解問題に取りかかるのも良い。


[6] 自由英作文は「型」で書く。
→日頃、授業で説明している型・〈OREC〉を活用し、ひたすら正しい英文を書くこと。自由英作文はあくまでも英語力を測るものであって、小論文ではないのだから「本音」を書く必要はない。自分が英語で表現しやすい内容を選んで書こう!!


[7] 下手でも良いから丁寧に。
→たとえばaとo、uとvなど、似たような文字を書く時に、「読み手が勝手に解釈してくれる」などと思ってはいけない。たとえ下手でも構わないので、相手が読みやすくなるように丁寧に書こう!!


記述・論述式問題は、与えられた選択肢から選ぶものではない。自らの力で正しい選択肢を作り上げるようなものだ。

この試験で書くひと文字ひと文字が、自分の人生を切り開くのだ。


書いて、書いて、書きまくれ!!
(o^∀^o)

2011/02/23

I wonder how old I seemed to her.

他のコンビニでもそうなのかどうかはわからないが、ローソンでは、レジのカウンターに「20代」「30代以上」と書かれたシールが張ってあり、煙草や酒を買うときに客が自分の年齢に該当する年代を指さして年齢確認を行うことになっている。


…と言っても、僕は今まで一度もそれを指さすように言われたことはなかったし、この外見だからどこをどう見ても「未成年者」とは言えない(笑)。


先ほど、あるローソンで煙草を買った。


年配の女性店員さんが一言、「指差し確認で結構ですので」と、カウンターのシールで年齢確認をするように促した。

( ゜д゜)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゜д゜)

(つд⊂)ゴシゴシ
  _,._
(;゜ Д゜)ホォォーー…?!


初めて言われた(爆)。
”(ノ><)ノ


一瞬、戸惑ったが、なんとか間違えずに「30代以上」を指差した(笑)。


いやはや、こんなこともあるのかと苦笑してしまった。

もちろん、その店員さんは何一つ悪くはない。むしろ、職務をきちんと遂行しているのだし「この人には年齢確認を求めて、あの人には求めない」というのでは公平性に欠け、失礼にあたる可能性があるから、これは至極当然のことである。

…ただ、だからと言って今後、どの店でも自分から率先して「30代以上」を指差すのも何だか気恥ずかしいのだが(笑)。

That's quite unreasonable.

That's quite unreasonable.
3月12日から九州新幹線が山陽新幹線に乗り入れる。

これで大阪までは「みずほ」や「さくら」に乗れる!!と思ったが、今日届いたエクスプレスカードの通知によると、エクスプレスカードでは九州新幹線の予約はできないとのこと。
orz

せめて山陽新幹線の区間内だけでも予約できれば、と思ったのだが…(怒)。

自由席ならエクスプレスカードで取った特急券でも乗れるとのことだが、指定席もグリーン車もダメとのこと。

時間が経てばいずれは調整されるかもしれないが、残念だ。
(-_-;)

2011/02/22

Christchurch.

数年前、エフエムくらしきのレポーターを務めていた時のこと。

倉敷ジュニアフィルハーモニーオーケストラの合宿先まで取材に行ったことがある。

いつもは取材現場を僕が決めたのだが、その時はたまたま、その合宿にお客さんが来ており、そのお客さんにインタビューをすることになったので行って欲しいと、珍しく局側から告げられた。場所は確か、美星町の「星の郷ふれあいセンター」だったはずだ。

そのお客さんとは、倉敷市が姉妹都市の提携を結んでいるニュージーランドのクライストチャーチ市から来た使節団のことで、そのうち二人がこのオケの合宿に同行していた。

当然ながら、インタビューは英語。生放送で12分位だったが、いつもと勝手が違うので非常に緊張したのを覚えている。


今朝のニュースで、そのクライストチャーチ市が大きな地震に襲われて甚大な被害が出ていると報じられた。富山の専門学校の学生も生き埋めになったと先ほどニュースで報じていた。

心からお見舞い申し上げるとともに、これ以上被害が拡大しないことを切に願うばかりだ。

2011/02/21

Otolaryngology.

Otolaryngology.
Otolaryngology.
鼻の奥に詰まった鼻水…というより膿を取ってもらうために耳鼻科に行った。

昔からお世話になっているところで、歯に衣着せぬ女医さんなのだが、僕の鼻の中に吸引の管を突っ込んで…

「うわぁ〜!!こりゃぁきったねぇなぁ!!」


orz


待合室まで響くほどの大声で叫ばれてしまった(泣)。
(ノ△T)


細い管で吸うのだが、かなりドロドロでなかなか吸い出せず、痛くて痛くて涙目(泣)。


それでもかなり楽になり、薬をもらってきた。

その後、急ぎの仕事を出し終えてからテキスト作成。

夜は、前に買った白菜がしなびかけていたので、八宝菜もどきを作った(笑)。

飯にかければ中華丼。麺にかければあんかけ焼きそばだ。

調子はだいぶ良くなったが、まだ咳が止まらない。修復率65%位か。

2011/02/20

The ultimate form of culture...

The ultimate form of culture...
The ultimate form of culture...
昨日、某社の編集さんから急ぎ(明日〆切(泣))の仕事が入り、急遽、作業へ。

体調は、昨日よりいくぶんマシになった程度。まだ完治せず(泣)。それでも呼吸音はだいぶ静かになった(咳と痰と鼻づまりはまだ続いている)。

ふと『魂のルフラン』が聴きたくなり(笑)、CDを購入www

歌はいいねぇ。

リリンの生み出した文化の極みだよwww

2011/02/19

Absurdity.

Absurdity.
歳のせいか、治りが遅くなっているように思う。薬はきちんと飲んでいるのに…。


さて、Amazonで『野望の王国』を全巻コンプ。もう何年も前から欲しかったのだが、ようやく入手できた。

この荒唐無稽な物語がどこにどう着地するかを知りたかった(笑)。

なるほど…
(-_-;)

2011/02/18

メルマガ発刊のお知らせ

いよいよ2月22日より、メールマガジン「英語力補完計画~正誤判別問題攻略法~」の配信を開始します。

当初は週1回発行予定で、毎回、3問ほどの問題を通じて、正誤判別問題ではどのようなことに注意しなければならないのかを解説していきます。

登録・購読は無料ですので、是非ご購読下さい!

英語力補完計画~正誤判別問題攻略法~


空メール登録は
こちら

2011/02/17

Why do I have to suffer?

体質、と言ってしまえばそれまでだし、不摂生だから、と言われたらそりゃあ返す言葉もないが、喘息や鼻炎ってのは実に理不尽だ。

今朝はまだ昨日よりマシになったが、それでも息苦しいのは完治しない。僕は2歳頃から小児喘息を患っていて、幼稚園なんてひょっとしたら半分くらい休んだんじゃないかって思うくらいしょっちゅう発作に苦しんでいた。

その頃は発作の度に祖母や母が背負って病院まで連れて行ってくれた。入院にも慣れっこだったし、注射も点滴も平気だった。むしろ、今の方が注射は怖いかもしれない(笑)。

かかりつけの先生は白髪頭の気難しい人(気難しい、というのは後から聞いたことだったが)だったが、子どもにはとても優しかったし、指導も的確だった。

「発作の時にはとにかくスポーツ飲料をたくさん飲みなさい。あれは点滴と同じだから。水分をたくさんとれば痰が薄まって出やすくなるから」と教えてくれたのもその先生である。

だから、普段は飲まないが、発作が起きるとポカリスエットを買い込んでガバガバ飲んでいる。

小学5年生から6年生にかけて、体質改善のために減感作療法を行った。アレルギーを引き起こす物質(アレルゲン)を何万倍にも薄めたものを毎週少しずつ注射して、徐々に抵抗力をつけるというものだ。

剣道をやっていたり、成長期でもあったりしたのも効を奏したのか、おかげで症状はかなり緩和されたが、これは完治するものではないので、その後も折に触れて発作が起こった。


ここ数年はここまでひどい発作が起きた覚えがないのだが、このところ、大人の喘息が増えているという。流行りには鈍感なのに、こうした流行りにだけは敏感なのか!?(怒)

実は、大人になってからの方が喘息は重いと聞いたことがある。実際、僕が小学5年生か6年生の頃、実家の向かいにあった小さなブティックの店員さん(多分、二十代の男性)が発作を起こし、座ったまま担架に乗せられて救急車で病院に運ばれたことがあった。

全く動けなくなるのだ。

昨日、点滴を受けた後、お医者さんからも「もっと酷い人になると、点滴も横になれず座ったまま受けて、眠ることも出来ないですよ」と聞いた。僕は幸い横になれたが、少しウトウトしてはすぐに目覚める、の繰り返しだった。


とにかく、薬とスポーツ飲料に頼って、発作が過ぎるのをじっと待つしかない。


あ、煙草も控えて←


とりあえず、先ほど原稿を書き終えて提出したので、今からひと風呂浴びてSESの授業だ!

The deadline is approaching.

今朝(16日の朝)は動くのも辛いほど(気管支炎だと呼吸量が激減するため、少しでも歩いただけで100mを全力疾走したのと同じくらいハァハァしてしまう)だったが、点滴と薬でどうにか楽になった。

昨夜は鼻づまりでCPAPも使えず、ただでさえ寝苦しいのに気管支炎で余計にしんどかったから今日は寝不足だが、体調管理は自己責任なのだから、体調を崩して〆切を延ばしてもらうなどというのは言語道断、プロ失格である。無論、体調が悪いから手を抜くなどというのももってのほか。こんな時だからこそ逆に良いものを作らねばならない。


とりあえず、病状が落ち着いたので(完治はしていないが)、子どもの夕食(すき焼き)を作り一緒に食べてから、近くのファミレスにこもって原稿と格闘。

パソコンの電池が切れ、ついでに自分の電池も切れた(泣)。

「活動限界です!!」
「完全に沈黙!!」


orz


17日に〆切の原稿は、某社のセンター対策問題集に載せるもので、英文で600語×1本、300語×4本を書かねばならない。もちろん、これに設問もつけるわけだが、センター英語の意図を正確に把握した上でそれを模倣し、センターの出題者の観点からオリジナルの設問を作らねばならないのだから骨が折れる。

すぐにバレるようなものはダメ、判別がきわどすぎて解答が複数出る可能性があってもダメ。

だから、素材となる英文を書くにも、ただ好きなように書くのではなくて、あとから設問をつけやすくするように工夫しなければならないし、いざ書いてみたらうまく設問がつけられず書き直し、なんてこともある。

また、英文は現実に即した内容にしなければならない上に、他の問題やら何やらとテーマが重複してもダメなので、テーマ選びから苦労するのだ。

流れとしては…

▼(1)テーマ決め
→(2)英文執筆+問題作成
→(3)ネイティブチェック
→(4)チェック吸収
→(5)校正
→(6)校正吸収

…となり、この(1)〜(2)が2週間、(3)〜(6)が1週間という恐ろしくタイトなスケジュールである。

幸い、今回はテーマを決める段階で差し戻しはなかったが、制約が多いため、テーマが出ずに苦労することもたびたびある。

テーマが決まったらあれこれ調べて資料をまとめてから英文の執筆。同時に和訳文も作成し、平行して(又は英文を書き終えてから)設問をつけていく。

内容を具体的に明らかにすることは出来ないけれど、今回選んだ5つのテーマは、センターでまだ出されていないけれど、いつ出されてもおかしくないものばかりである(実際、僕は2008年度に出題されたテーマを、前年度の秀英予備校のセンター英語のテキストに収録して当てたことがある)。

とは言え、どのテーマにしても、これまで僕自身「何となく知ってはいたけれど、実際にはそこまで詳しくはない」というテーマばかりだから(もちろん、そのテーマにすると自分で言い出したのだがw)、内容に誤りがあってはいけないので、資料とにらめっこしてファクトチェックもしなければならない。おかげで知らなかったいろいろな雑学を身につけることも出来たwww

現時点で、600語×1は完成、300語×4のうち、2本は英文・設問ともに完成。残る2本のうち1本は英文のみ完成したので、あとは設問をつけるだけ。もう1本は明日(もう「今日」だけど)、午前〜午後にかけて一気呵成に作り上げる予定。

咳をすると、喉の奥から、血生臭いような痰の匂いがこみ上げてくる。きっと、気管支が炎症でボロボロになっているのだろうな…。

さて、ボチボチ寝るか…(泣)。

2011/02/16

I got a fit of asthma and was put on a drip.

I got a fit of asthma and was put on a drip.
珍しく喘息の発作…気管支炎になった。このところ鼻風邪をひいたようで、昨日は一日中鼻水が止まらなかったが、それに次いで気管支がヒューヒュー言い出した。


病院で点滴を受けて気道を広げたら少し楽になった。

これからは喘息用の吸入器も持ち歩かねば…。

原稿はあとひといき。明日の〆切に間に合わせねば…。

2011/02/15

A collection...

A collection...
A collection...
A collection...
昨日は近鉄電車が雪で大幅に遅れていたが、それでもどうにか23:00に名古屋駅に到着。

特急券の払い戻しについて窓口で尋ねたら、手数料210円も口座に払い戻されるとのこと。とりあえず待つしかないか…。

その後、荷物を宿に置いて着替えてから錦3丁目にある焼き肉屋へ。今期最後の定例会。散々飲んで食って宿に戻り、爆睡。

今朝はチェックアウトぎりぎりまで宿で原稿書き。
(^_^;)

17日〆切なのでかなりイッパイイッパイだが、なんとかしてみせよう(爆)。

2011/02/14

70 minutes late...

四日市校舎での体験授業も無事終了!!

これで僕の体験授業は全て終了した。

受講者並びにスタッフの皆様、ありがとうございました!!


…さて。


体験授業は無事に済んだが…

雪のため近鉄が大幅に遅れていて、名古屋に着けるのが何時になるか全く予想できない(泣)。

まあ、授業のあとだからまだ良かったが…。

名古屋に戻って、今期最後の定例会があるから、とりあえず来た列車に飛び乗った。

70分遅れの急行(泣)。

座れたから良かったが、結局、特急券払い戻しで手数料210円を損してしまった(泣)。

はぁ…
orz
orz
orz

White Valentine Day

White Valentine Day
White Valentine Day
White Valentine Day
昨夜は名古屋に戻ってからいつもの寿司屋で定例会。今日は朝からひたすらホテルにこもって原稿書き。

朝からカーテンを閉め切っていたので全く気付かなかったが、午後、何気なくカーテンを開けたら…

( ゜д゜)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゜д゜)

(つд⊂)ゴシゴシ
  _,._
(;゜ Д゜)ホォォーー…?!


吹雪!!
吹雪!!
氷の世界!!www

今日は四日市校舎で20:10〜21:30に体験授業なのだが、万が一電車が遅れるといけないので、早めに名古屋駅を出た。

近鉄電車もこの通り雪化粧。

とりあえずほぼ順調に走っているので、この分だと校舎に着いてから2時間近く、仕事の続きができそうだ。

2011/02/13

Just finished!!

Just finished!!
浜松校舎での体験授業も終了!!

今から名古屋へ。
ε=ε=┏( ・_・)┛

Just arrived!!

Just arrived!!
Just arrived!!
浜松校舎に無事到着!!

寒くて顔が切れそうだった…(泣)。

さあ、頑張ろう!!

To satisfy my hunger...

To satisfy my hunger...
To satisfy my hunger...
美味し!!

@Nagoya station

幸い、雪の影響もなく、新幹線は定時運行のようだ。

やれやれ。
(^_^;)

In a hurry...

In a hurry...
名古屋校舎での授業終了!!

今から浜松にダッシュ!!
ε=ε=┏( ・_・)┛



昼過ぎの新幹線で岡山を出て名古屋に向かう。

山口県内の雪の影響とやらで、3分ほど遅れての発車。名古屋着は定時。関ヶ原あたりは写真のように晴れていたが、問題はこれからである。


今はホテルにチェックインしてシャワーを浴び、校舎に向かう途中。今日はこのあとの予定を考慮して、名古屋駅に近い宿を取った。

さて、これから体験授業になるわけで、どんな生徒さんが来るか楽しみである。おそらく、大半の生徒さんはこれまでに冬期講習会『山添の英文読解力補完計画』などでお目にかかったことがあるかもしれないが、初めての生徒さんもいることと思う。

今日(名古屋・浜松)と明日(四日市)は、"otherwise"という単語を軸に、単語・熟語の学び方や、文法・読解の学び方についてあれこれ説明する予定である。

さあ、頑張ろう!!

Tomorrow is another day.

先ほど倉敷の塾に寄って、原稿を書くのに必要な資料を取ってから帰宅。


明日(既に今日だが)は秀英予備校の体験授業。

17:00-18:20 名古屋校舎
20:10-21:30 浜松校舎


…ということは、名古屋→浜松を1コマ分+30分で移動しなければならない。


千種18:35→18:47名古屋18:58→19:45浜松

…しか選択肢がない…
orz


雪でも降って遅れた日にゃ目も当てられない(泣)。


雪 降 る な !!
(;`皿´)

CHAGE&アスカ

CHAGE&アスカ
…正確には「ゲーチャ&惣流・アスカ・ラングレーのTシャツを着た超一流の肥満児www」。

今回はこのような格好で参戦。

2011/02/12

ライブの御礼

福山東教会でのSaturday Church Liveへの出演が無事に終了。今は岡山に戻る途中。本竜牧師を始め、出演者・スタッフの皆様、ご来場の皆様、お疲れさまでした&ありがとうございました!!
<(_ _)>

今回はゲーチャと僕の二人だけという初の組み合わせでしたが、これはこれで非常に新鮮で、面白い組み合わせだったと思います。
(*^-^)b

またいつか、今度はトリオで演らせていただければ幸いです。

残念ながら、遠方で、かつ明日のこともあり、打ち上げを中座せざるを得ず、ゆっくりお話しできなかった方もおられました。今度は最後までお付き合いさせていただきますので。
<(_ _)>

では、またいつの日か

See Ya!

Our performance has ended!!

Our performance has ended!!
我々の演奏は終わり、ラストは「みわ姫社中」さん。

The live has started!!

The live has started!!
まず、ヒミレレのひらさんから。

僕らは二番目。
(*^-^)b

Our rehearsal has finished!!

Our rehearsal has finished!!
Our rehearsal has finished!!
Our rehearsal has finished!!
カラオケボックスを出て、ゲーチャが一目惚れした定食屋・稲田食堂で軽く食事w

昭和の雰囲気がそのまま残る造りの食堂で、昭和マニアのゲーチャがハァハァ言っていたwww

(;´Д`)ハァハァ

(*´Д`)ハァハァ

(*´Д`)ハァハァ/lァ/ヽァ

(;´Д`)l\ァl\ァ

(;´Д`)Д`)Д`)Д゜)
 ハァハァ ハァハァ ハァハァ ハァ?
  ┏━━━┓
  ┃ ハァハァ ┃
  ┗━┳━┛
(*´Д`)ノ

(*´ρ`*)/ヽア/\ア

(;゜∀゜)=3ハァハァ

(*゜∀゜)=3ハァハァ
その後、教会に戻ってセッティング&リハ。

What a fantastic room!

What a fantastic room!
What a fantastic room!
朝、岡山を出た時は小雨だったが、倉敷に入ったら吹雪になった(泣)。

高速道路で降りしきる雪を切り裂いて福山に到着。

ラーメン屋に入って、食べて外に出たら晴れ間が覗いた。


ライブ会場の福山東教会に到着。本竜牧師と挨拶してからゲーチャの到着を待つ。

ゲーチャと合流し、近くのカラオケボックスで練習。


部屋に入ったら…

( ゜д゜)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゜д゜)

(つд⊂)ゴシゴシ
  _,._
(;゜ Д゜)ホォォーー…?!

壁紙がエヴァンゲリオン(爆)。

( ´∀`)
うっひょー!!

ここに住みたい(爆)。

Analogy

Analogy
今日は福山東教会でのライブ。13時にゲーチャと福山で待ち合わせ→練習→リハ→本番。


しかし、今は午前3時…SESで原稿と格闘していたらこんな時間に(泣)。今から岡山に戻らねば。
orz
orz


位置関係で言えば、

←西    東→
福山…倉敷…岡山

だから、よくよく考えたら、金曜日の夜に倉敷を出て、福山に宿を取って泊まれば良かった…。
orz

ま、済んだことは仕方ない。
(´д`)≡3

とりあえず、すき家の牛まぶし食ってから帰って寝るか(爆)。

しかし、すき家もよく考えるよな…「ひつまぶし」からの類推なのだろうが、こうした飽くなきメニュー開発が業界売り上げシェアNO.1の秘訣の一つであることは間違い無さそうだ。

2011/02/11

A conversation with Mom...

昨日(10日)の夕方、母からメールがあり、今日からアメリカに旅行に行くとのこと。そこで、昨夜10時半ごろ、母に電話をした。


僕「それじゃあ、気をつけて行ってきてね!!」

母「それがねぇ…、出発が明日(11日)じゃなくて、今日(10日)だったのよ。」


( ゜д゜)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゜д゜)

(つд⊂)ゴシゴシ

  _,._
(;゜ Д゜)ホォォーー…?!


(°□°;)

「え゛。」

オ、オ、 オワターオワオワオワター♪
\ オオオワターオワオオワオワタ/
    ♪\(^o^) ♪
  キュッキュ __) >_
    /◎。◎。/|
\(^o^)ノ「 ̄ ̄ ̄ ̄| |
  ) ) |    |/
(( > ̄> )) \(^o^)ノ
       ノ ノ
 \(^o^)ノ ((< ̄< ))
   ) )
((( < ̄< )))

僕「だ…ダメじゃん!!」

母「実はね、11日の0時5分出発なんだって。一緒に行くお友だちから電話がかかってきて、その人も新横浜からタクシー飛ばしてきたの。」

時計は22時40分。

僕「え!?間に合ったの?」

母「お母さんも荷造りしてなかったから慌てちゃったわよ〜。何とか間に合って、お父さんに車で送ってもらったのよ。」

僕「成田に!?」

母「違う違う、羽田よ〜。」

僕「羽田でよかったねェ…」

…てなやりとりがあった。

ちなみに母の武勇伝は結構あって…

[1] 僕が小学生の頃、母と電車に乗っていたら、祖母と話し込んでいた母は無意識に手に持った切符を小さく千切っていた。降りた駅の改札で、粉々になったその切符を駅員に渡したw

[2] 知人の某有名指揮者(故人)の指揮するオケのコンサートを家族で聴きに行った時、母が持ってくるはずのチケットを忘れ、「席の番号は覚えているから」とその指揮者のマネージャーに無理矢理頼んで中に入れてもらったww

[3] 両親がフランスに行った時、全くフランス語がわからない母は、市場に行き、「ねえ、これ、甘いの?甘い?あ、そう、甘いのね。」と【日本語】で強引に市場の人に尋ねて、見事に甘い果物を買ってきたwww


オバタリアンの鑑としか言い様がないwww

今頃は飛行機で太平洋を渡っていることであろう。今度はアメリカでどんな武勇伝を創ってくれるか楽しみだwww

2011/02/10

メルマガ発刊のお知らせ

既にお知らせしているとおり、メルマガ「英語力補完計画〜正誤判別問題攻略法〜」を発刊いたします。

その第一回目は、2月22日と決定しました。

以後、3月1日、3月8日…と、当面は週に一回の発行となります。

皆様のご購読をお待ちしております。

http://merumo.ne.jp/00588656.html

携帯・パソコン共に受信可能です。
(*^-^)b

2011/02/09

Today's recipe.

Today's recipe.
Today's recipe.
Today's recipe.
昨日の夕食は親子煮、キャベツのミートソース和え、チキンガーリックステーキ。ミートソースは以前作って冷凍してあったものを使った。


今日は、あんかけ大根、鱈のムニエル、茹でたメークイン、人参のグラッセ。あんかけ大根以外は写真を撮り忘れてしまった。
orz

午後に散髪に行き、今はファミレスで原稿と格闘中(泣)。

2011/02/08

It's the cover.

どうにか確定申告が終了。

これで心置きなく原稿に取り組める。

今日はとりあえず、2月13日・14日の秀英予備校での体験授業用の教材を完成させ、メールで送信。

表紙はこんな感じに。

Image002

少し暗いかとも思ったけれど、白と黒、光と影のコントラストを生かしたかった。この写真は名古屋の定宿の部屋で撮影したもの。

黄昏時の柔らかな光。「黄昏」というと、ふと、ミネルヴァの梟の話を思い出してしまう。

2011/02/07

All I have to do is...

とりあえず、明日の確定申告提出を目指して、今日はひたすら書類作り。

どうにかこうにかようやく書類が一そろい完成。

さあ、これで明日、書類を提出すればとりあえずひと段落だ。

次は原稿だな(泣)。

2011/02/06

Never ending...

今日は半日、確定申告の準備(泣)。なかなか終わらない…あとひと息だけど…。
(-_-;)

合間の気分転換にメルマガの原稿作り。今月末からの発刊を目指していて、既にメルマガスタンドに登録もした。


パソコンの充電も切れたし、自分のエネルギーも切れた(泣)。

「活動限界です!」


…ひと風呂浴びるとするか…。
(-_-;)

2011/02/05

Honesty...

Honesty...
Honesty...
Honesty...
…と言ってもビリージョエルの歌ではなく。

SESの授業のあと、帰宅するために駐車場に向かったら、ワイパーのところにメモが挟まっていた。

何かと思ったら…

「車あててしまいました。すみません。お手数ですがお電話ください。」


orz
orz
orz

いったいどこにあてられたのかと思って探したが、暗くてよくわからない。

とりあえず先方に電話して話を聞いた。ぶつけたのは駐車場で隣に止めている人だった。傷の箇所を聞いたら、右のバンパー、ライトの下あたりだという。

確かめたら、確かに隣の車の色の傷がついていた。
orz

これが新車なら怒髪天を突くことであろうが、何しろ車体価格36万円の中古車(笑)。既に10万km以上走っているし、おまけに後部には数年前にブロック塀にこすったかなりの傷も付いたまま。

ついでに言えば、ぶつけた隣の車は、多分、ピカピカの新車www


今朝になって明るいところで改めて見たら、銀色のバンパーに赤い傷跡が結構目立つ。まるでワイシャツに口紅でもつけられたような感じだwww

とりあえず修理工場に持って行って幾らかかるか尋ねてみてから結論を出そうかと思ったが、走れないわけではないし、このくらいの傷ならホームセンターで傷隠しの塗料か何かで補修できればそれでも良いと思うし、何よりも、せっかくこうして正直に申し出てくれたのだから、事を荒立てるつもりもない。

むしろ、この世知辛い世の中で、正直に申し出てくれたことに感動すら覚えたくらいなのだから。


…で、試しにリンレイ「スリキズ キズ消しコンパウンド」をホームセンターで購入し、洗車したあとで試してみた…

Honesty...(2)

Honesty...(2)
Honesty...(2)
Honesty...(2)


( ゜д゜)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゜д゜)

(つд⊂)ゴシゴシ
  _,._
(;゜ Д゜)ホォォーー…?!

見事に修復。

若干の凹みは残ったけれど、口紅のようにくっついていた相手方の塗料は綺麗に落ちた。

すっげぇ!!すっげぇ!!コンパウンドすっげぇ!!

あとで先方から電話が来ることになっているが、これで良しとしたいと思う。
(^_^;)

2011/02/04

The first day of spring according to the lunar calendar.

立春。

英語だと"the first day of spring according to the lunar calendar"(太陰暦に従った春の最初の日)という回りくどい言い方になるが、ともかく、暦の上では春が来た。

「暦の上では」とは言ったものの、今日は実際、とても暖かく、過去50年間で最も暖かい立春だという。

今日の昼は久しぶりに家で自炊。と言っても、モツ鍋用のスープにキャベツ、にら、厚揚げ、舞茸を入れて煮込み、ちゃんぽん麺を入れただけの、モツ鍋もどきで済ませたが。

今月は家にいることが多くなるので、自分で作るときには出来るだけ野菜を多めにとれるようなメニューを心がけようと思う。

この週末は確定申告に向けた準備をすることになる。目標は火曜日に提出すること。
(^_^;)

あひぃ。

2011/02/03

It won't be long before I let you in a secret.

It won't be long before I let you in a secret.
It won't be long before I let you in a secret.
昨夜は授業のあと、校舎近くの店でモツ鍋祭り。
(^_^;)

今朝、名古屋を出て岡山へ。

車中で、今後発刊予定のメルマガの原稿を書く。この春から、週1〜2回のペースで出す予定。

この春からは、授業の予定がかなり大幅に変わるため、それと連動したネットの企画を考えていて、このメルマガもその一部となる。

また、しばらく放置している「英語力補完計画」のブログもその企画の中に組み込む予定である。

2月中頃から月末にかけて、その全体像を明らかにしたいと考えている。

むひひひひ(爆)。

2011/02/02

A rehearsal...

A rehearsal...
A rehearsal...
A rehearsal...
昨日に引き続き、今日もテストゼミ「難関私大英語」。

分量が多かったものの、どうにか解説は7分延長位で終了(笑)。

今日で、今年度の高3・高卒生の授業は終了。

13日・14日に高2対象のオープニング講座(無料体験授業)で、新学年の授業が幕を開ける。

この春から受験生になる方は是非受講していただきたい。

□■□■□■□■□■
秀英予備校新高3オープニング講座
「山添のHyper-Vocabulary」
▼2月13日
【名古屋校舎】17:00-18:20
【浜松校舎】20:10-21:30

▼2月14日
【四日市校舎】20:10-21:30
□■□■□■□■□■


さて、ゆうべは千種駅そばでホルモン祭り(笑)。写真は「あぶり豚レバ刺し」。ネギを巻いて食す。美味し!!

今日の昼はセブンイレブンの恵方巻き他。節分は明日だが、とりあえず恵方巻きを食べる予行演習(爆)。

うむ。まあこんなものか(笑)。

2011/02/01

So many naked men...

So many naked men...
So many naked men...
今日から2月。授業は少ないけれど、やること満載の1ヶ月。

授業がある時は時間割に従って行動すれば良いが、授業がないとどうしてもだらけてしまうため、スケジュールの自己管理が必要になる。

書かねばならない原稿や書類を、とにかくテキパキと処理していかねば…。


さて、2月と言えば、岡山ではこの時期に毎年行われる奇祭・西大寺会陽(えよう)、通称「裸祭り」がある。

先ほど、岡山駅でポスターを見かけた。

生で見たのは一度だけだが、その時は亡くなった方がおられた。

何もないときに西大寺の観音院を訪ねたことがあるが、この狭い空間によくあれだけの人数が入るものだと感心した。

写真で祭の様子を見た方はご存知かもしれないが、御堂の中では裸の男たちは皆、一様に両手を上に上げた状態になっている。宝木(しんぎ)の投下(昔は午前0時、今は22時)まで長ければ2時間近く、その状態で待っているのだ。

だが、実際に出た方に話を聞くと、「腕を下ろしてしまうと体が下に引きずり込まれて、踏みつぶされてしまう」ためにその状態になっているらしい。

亡くなった方も何かの弾みで腕を下に下ろしてしまったのかもしれない。

御堂の中でトラブルが起こると、アナウンスが流れて、救急隊が中に入っていく。ただでさえ押し合いへし合いの状態なのに、男たちはさらに詰め合って、救急隊が通る道をきちんと空けるのには驚いた。

今年の会陽は2月19日。

それを過ぎれば春はもうすぐ。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »