« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010/12/31

New year's eve.

New year's eve.
New year's eve.
朝、目覚めると、外は雪だった。

この分だと、米原辺りは豪雪…。もっとも、今日は東京の実家に帰るだけだったから、呑気なものである。

ホテルで朝食を済ませてから荷物を発送し、残りの荷物を引き摺って雪の四日市をとぼとぼと駅まで歩く。濡れることに変わりはないが、雨よりは気が楽だ。


近鉄特急で名古屋へ。

昨日の事故現場の辺りで、心の中で合掌する。

名古屋駅に着くと、帰省ラッシュの人でごった返していた。新幹線は案の定、5分遅れだった。


2010年最後の一日。


今年もいろいろあった。

1月。静岡校舎での最後の授業。通い慣れた校舎、通い慣れた店や宿、何よりお世話になったスタッフの皆さんとのお別れが悲しかった。

2月。四日市校舎デビュー。比較的小さな校舎だけれど、活気があって和気藹々としている、というのが第一印象だった。それから、高知での坂元昭二さんのライブ。帰りにチリ地震の津波警報で交通機関が止まり、危うく名古屋校舎での授業に穴を開けるところであった。
((((;゜д゜)))
ガクガクブルブル

3月。岐阜校舎デビュー。と言っても、BBSの体験授業だったけれど、帰りに古文の“魂”I先生と飛騨牛のすき焼きを堪能(笑)。

4月。新学期開講。長男の中学入学。ついこの前までよちよち歩きの子どもだったのに…時が経つのは早いなぁと実感。

5月。See Ya!ライブin岡山(Image)。初めてのハコだったけれど、映像の設備が充実していて良かった。宮崎では口蹄疫が発生。まさかこれが自分の講演にも影響するとは…。民主党の対応の酷さに怒りが爆発した(怒)。

6月。アルス工房主催「講師-園」ファイナリストとして選ばれ、決勝用の動画を収録しに上京。決勝用のメルマガも配信開始。残念ながら3位に終わったが、今の自分の在り方を反省し、今後の自分の方向性を考えるきっかけを頂けたという点で、非常に貴重な体験だった。

7月。口蹄疫のために宮崎産業経営大学での講演中止。その後、9月に延期して行われたが、2コマ→1コマに規模を縮小したため、収入も減少(泣)。ブログ「英語力補完計画」開設(※現在、絶賛放置中(泣))。

8月。愛知学院大学での小論文対策講演。夏期講習会。浜松では毎日「祭」(笑)。酷暑。

9月。宮崎産業経営大学での講演。二学期は毎週が「祭」(爆)。

10月。愛知学院大学での秋の講演。

11月。40歳、惑い続けながらも「不惑」に。

12月。ガナライブで初のアニソン弾き語り(笑)。冬期講習会第1タームでは毎晩「祭」(爆)。村上啓介さんのライブでの前座という大役…。


あっと言う間の一年もあと3時間と少しで幕を閉じる。

来年は、仕事の上で大きな変化が待ちかまえている。新たな試みにも挑戦することになる。


皆様、2010年は本当にお世話になりました。

2011年もよろしくお願い申しあげます。

来る年が皆様にとって素晴らしき一年になりますように、心からお祈り致します。

2010/12/30

At last...

At last...
At last...
いよいよ今日で四日市校舎での冬期講習会の僕の授業も終了。そしてこれが仕事納めでもある。

受講生並びにスタッフの皆様、ありがとうございました!!


今日は近鉄名古屋線で人身事故があったため、遅れてくる生徒さんや休む生徒さんもいた。何でも、踏切を待っていた自転車に後から自動車が突っ込み、自転車の2名が線路に押し出されて轢死したとのことだ。何とも遣る瀬ない気持ちになる。

昨日は「ちゃん」でとんてき定食。今日の昼は天下一品。

今宵はこれから荷造りだ…(泣)。

2010/12/29

An actor

An actor
四日市校舎での冬期講習会、四日目が終了!!

昨夜は魚祭り&ホルモン祭りだったが、写真を取り忘れた…(泣)。
orz

何もないのも寂しいから、一昨日、スナック「役者」で食べた料理を…(笑)。近くにある中華料理店からとった出前だが、この唐揚げが実に絶品!!激しく美味し!!

いよいよ四日目での授業も後一日。

さあ、元気出していかねば!

2010/12/28

Here come the saint young men!!

Here come the saint young men!!
Here come the saint young men!!
四日市校舎での冬期講習会も、いよいよ折り返しを過ぎた。

ゆうべ、コンビニで『聖☆おにいさん』の第6巻を購入。夜中にホテルの部屋で大爆笑www


今日はなかなか起きられず、ギリギリまで部屋で寝ていた(泣)。ちょいとお疲れモードか。


17:00〜18:20の授業の間に雷が鳴って夕立が降った。冬の稲妻(笑)。


さて、あと1コマ。次は高校2年生の『英文読解力補完計画〈序〉』だ。この講座にはご覧のように大勢の受講生が参加している。3年生は当然ながら皆、必死だが、2年生もこうして早くから努力を始めている。

英語に限らずどの科目でも、残念ながらすぐにできるようになることは有り得ない。とにかく早くから正しく読み解く習慣を身につけて、一つでも多くの問題を解くしかないのだ。

さあ、頑張ろう!

2010/12/27

Still I hate them.

http://news.nifty.com/cs/world/worldalldetail/ng-20101224-20101224003/1.htm

==========
“太陽光発電”するスズメバチ

2010年12月24日(金)18時42分配信 ナショナルジオグラフィック 

 最新の研究によると、スズメバチの一種オリエントスズメバチ(学名:Vespa orientalis)には、太陽光から電気を生成する“ソーラーセル”が組み込まれているという。初めて動物界で“太陽光発電”が確認された。

 研究チームのリーダーでイスラエルにあるテルアビブ大学のマリアン・プロトキン氏は、「オリエントスズメバチは外骨格の内部で電気を生成する。しかしその仕組みは謎だった」と話す。

 オリエントスズメバチの発電現象を発見したのはプロトキン氏の師に当たる故ヤコブ・イシャイ氏。太陽が最も強く照らす時間帯に活発に行動する生態から、この事実にたどり着いていた。ほかのスズメバチにはこのような習性はないという。プロトキン氏の研究チームはこの発見からさらに一歩進み、ハチの外骨格の構造を解析し、電気がどのように生成されるのかを解明した。

 まず表面の茶色の組織が光を捕獲し、黄色の組織が光から電気を生成する。「ただし、この電気を何に利用しているのかよくわからない」とプロトキン氏は述べる。「それでも、研究を始める際に周りから“うまくいくはずない”といわれていたので、まずは十分な成果だと思っている」。

 人間が作る太陽電池の発電効率は通常10~11%程度だが、オリエントスズメバチはわずか0.335%しかないという。したがって、エネルギーの大部分は依然としてエサから得ていることになる。

「しかし、この点はそれほど重要ではない」とプロトキン氏は話す。「なぜなら、植物や微生物の間で太陽の光を捕獲する集光性がみられることは珍しくないが、動物界ではいままで確認されたことはなかったのだ」。

 研究チームはオリエントスズメバチの茶色の組織の多くにメラニンを発見した。人間の肌では有害な紫外線を吸収して熱に変換し、肌の細胞を保護している色素だ。光を捕獲する溝も組織にある。太陽の光線を組織内に導きつつ、小さな光線に分割していた。プロトキン氏は、「茶色の組織は太陽光を閉じ込める“光トラップ”として機能し、受けた光のわずか1%しか反射していなかった」と話す。

 一方、黄色の組織には、キサントプテリンという色素が含まれていた。チョウの羽や哺乳類の尿を黄色にしている色素である。研究チームは、キサントプテリンを単離して液体溶液を作り、一種の導体である固体太陽電池の電極内にその溶液を配置した。そして、電極に光を放つと、溶液中のキサントプテリンが電気を生成した。

 イギリスにあるロンドン自然史博物館の昆虫学者クリス・ライアル氏は、今回の研究を受けて次のように話す。「素晴らしい研究だ。発電しないスズメバチとの外骨格構造の比較研究が望まれる。今回の研究が正しければ互いに全然違うはずだ」。

 また、ライアル氏によると、“発電能力”を持つ昆虫はほかにもいる可能性があるという。「例えば、フランスとスペインの国境にあるピレネー山脈で出会ったアポロウスバ(学名:Parnassius apollo)は、羽ばたく前に太陽の光を十分に浴びる習性を持っていた。おそらく、太陽放射を吸収していたのだろう。両者を比べてみるとおもしろいだろうね」。

 今回の研究成果は、「Naturwissenschaften」誌の2010年12月号に掲載されている。

Matt Kaplan for National Geographic News
==========

確か大学3年生の時。気仙沼でのフィールドワークに参加していた時のこと。

唐桑半島の国民宿舎に宿泊していたのだが、昼間に洗濯をして、洗濯物を干そうと思い、自室の部屋の窓を開けてベランダに物干しロープを張っていた。

その時、左手に「バチン!」と〈何か〉が当たった。

「痛っ!」と思い、反射的に〈何か〉が飛んできた方向(左斜め後ろ)を見ると…


ガ━━━(゚Д゚;)━( ゚Д)━(  ゚)━(   )━(゚;  )━(Д゚; )━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!


すぐ目の前にスズメバチの巣が…

(((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガクブルブルガタガタブルガタガクガク

「うわあああああああああああぁぁぁぁぁぁぁ!」

ヽ(`Д´)ノウワァァン!!
ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!
゚・(ノД`)人(´Д`)人(Д` )・゚。
ヽ(`(`(`(`ヽ(`Д´)ノ ウワ・ウワ・ウワ・ウワ・ウワアァァァン!!

と叫びながら、慌てて部屋の中に逃げ込んだ。だが、奴らは僕を追いかけてきた。

とにかく身をかがめねばと思い、匍匐前進で部屋の出入り口まで這いつくばって逃げた。

匍匐前進がオリンピックの種目だとしたら、きっとその時の僕は間違いなく金メダルが取れたであろう。それほど大慌てだった。

部屋の外に出ると、もう奴らは追いかけてはこなかった。

だが、刺された左手は見事なまでに腫れあがった。

幸い、救急車で病院に…という事態にまでは至らず、宿で「キンカン」を借りて塗るという程度の応急処置だけで済んだが、アナフィラキシーショック(又はこちら)によって死ぬ、という話も知っていたので、とにかくそれ以来、スズメバチにだけは刺されないようにしないとと気をつけている(もっとも、刺されたのはもう20年近く前の話だが)。

その時期は営巣活動の真っ最中だったようで、部屋の窓の軒下に巣を作っているところらしかった。宿に頼んで巣ごと駆除してもらったが、生きた心地がしなかった。

だから、いくら発電しても、僕はスズメバチが大嫌いだ(泣)。

2010/12/26

It's no use getting impatient.

It's no use getting impatient.
It's no use getting impatient.
今日から四日市校舎にて冬期講習会。受講生並びにスタッフの皆様、よろしくお願い致します。
<(_ _)>

今日からは80分×4コマ連続だが、内容的には前のタームとほとんど重なっているため、予習についてはあまり苦労はしない。もっとも、生徒さんの様子を見て臨機応変に対応し、必要に応じて副教材も急遽準備しなければならなくなる可能性もあるし、今回はセンター英語もあるから、その補充問題の準備もしなければならないのだが。

また、文法では毎回小テストを行い、希望者を対象に英作文の添削も行うので、慌ただしいことに変わりはない。某社の原稿もあるし、来年度に向けてテキストの準備もしなければ。

仕事の前に校舎隣の「なごみ食堂」の豚の生姜焼き定食で腹ごしらえ。今日は無料の食べるラー油が無かったのが残念(泣)。

さあ、2010年の締め括りとなる5日間の始まりだ!!

2010/12/25

Thanks a lot!!

Thanks a lot!!
Thanks a lot!!
Thanks a lot!!
昨日で浜松校舎での冬期講習会の僕の授業は終了。

受講生並びにスタッフの皆様、お世話になりました!!

毎年、12月24日はこんな格好で授業をしているのだが、今年は浜松校舎だった。去年は静岡校舎(おまけにその格好でクシゾーに飲みに行ったwww)。

今年も大量にプレゼントを買い込み(笑)、準備万端で校舎へ。

また、いつもの如く、担当のADさんにはトナカイ役をお願いした(汗)。もっとも、トナカイのカチューシャが無かったので、『ONE PIECE』のチョッパーの帽子になってしまったが(笑)。

更に、ツリー形の帽子も用意したところ、わざわざ某I先生がかぶってくださり、教室まで来て下さった(笑)。

クリスマスだからサンタ…陳腐で馬鹿馬鹿しいことかもしれないけれど、生徒さんが喜んでくれればそれに勝る幸せはない。

明日からは四日市校舎で講習会だ。

さあ、頑張ろう!

四日市の皆様、よろしくお願いします!

2010/12/24

Joyeux Noel!!

Joyeux Noel!!
なぁにがメリークリスマスだってぇんだ。ざけんなゴラァ!!www

やさぐれサンタ(笑)。

What are you making preparation for? (^_^;)

What are you making preparation for? (^_^;)
What are you making preparation for? (^_^;)
What are you making preparation for? (^_^;)
4日目終了。

授業の後、宿に戻り、荷物を置いてから外出。

遠鉄のガード下では光のイベント。

人づてに聞いた「三太」というラーメン店で夕食。昼間の口直し…というわけじゃないけれど(笑)。

美味し!!

その後、ドン・キホーテに向かう。これで仕込みは完了(爆)。

今から原稿だ…(泣)。

2010/12/23

Can't help complaining.

Can't help complaining.
Can't help complaining.
Can't help complaining.
昨日でいよいよこのタームも折り返しを過ぎた。

今日、浜松のまちは、クリスマス前の祝日でにぎわっている。

宿の清掃の間に、前から気になっていたラーメン店で昼食。

極厚のチャーシューが名物とのことだったので、注文。

ご覧のように確かにチャーシューのボリュームはあるが、ちょっと彩りが寂しい。

そして、驚いたことに、チャーシューにほとんど味がついていない。柔らかく煮込まれているから食感は良いが、味は非常に物足りなく感じた。「ひょっとして、俺は味覚障害になったのか!?」と思ってしまったほどだ。
((((;゜д゜)))
ガクガクブルブル

テレビや新聞、雑誌などで紹介されている店のようで、年輩の店主が僕のすぐ後で客と大声で立ち話をしていたが(おかげで頭の上から声が降ってくるようだったので、それもどうかと思う)、その時も「今度の●曜日にテレビに出る。△△△△が取材に来た」と話していた。

そして、カウンターには…

( ゜д゜)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゜д゜)

(つд⊂)ゴシゴシ
  _,._
(;゜ Д゜)ホォォーー…?!

「是非、当店のことを一人でよいから口コミで広めて下さい」とわざわざ書いたシールが貼ってあった。

こんな注意書きは初めて見た。

取材を受けたり口コミを広める努力をするのも良いが、他にやることもあるだろうに…。企業努力が明後日の方向を向いている。

せめてチャーシューの味ぐらいチェックしてくれ…。
orz

祝日の昼時なのに、道理で比較的客が少ないわけだと納得してしまった。

口直しに、近所の店でティラミスとコーヒー。

さて、授業に行こうか。
(^_^;)

2010/12/22

A source of energy

A source of energy
A source of energy
A source of energy
昨日は午前中は宿で原稿、昼から部屋の清掃を頼んで外出して昼飯。近場の台湾料理店のランチ。安くて美味し!!

その後、喫茶店で予習・添削・原稿書きの後、宿に戻りシャワーを浴びてから授業へ。

終わった後はホルモン祭り(爆)。

今日も日中は全く同じ行動パターン(笑)。

夜は未定(汗)。

2010/12/21

24 hours after the dream...

24 hours after the dream...
24 hours after the dream...
24 hours after the dream...
昨日は原爆ドームを見た後、路面電車で広島駅へ。

駅に着いたのが11時頃だったので、昼飯を食べようと思って駅ビルを散策。

さすがは広島。駅ビルの中にお好み焼き屋が軒を連ねていた。その中の一軒で、牡蠣の入ったお好み焼きを食す。美味し!!

その後、新幹線で浜松に移動し、ホテルにチェックインして準備をしてから校舎へ。

昨日からは、高3文法(応用)、高3文法(標準)、そして高2対象の「山添の英文読解力補完計画〈序〉」の3コマ連続。

授業のあとは繁華街にある店でつけ麺を食べて宿に戻った。

今日も今から授業の準備と原稿、その後、授業だ。

2010/12/20

Hiroshima mon amour (3)

Hiroshima mon amour (3)
Hiroshima mon amour (3)
Hiroshima mon amour (3)
祈りを捧げずにはいられない光景だ。

2010/12/19

Let's go to the front!!

Let's go to the front!!
Let's go to the front!!
Let's go to the front!!
さあ、本番だ!!

Just arrived!!

Just arrived!!
本日のライブ会場である「楽座」に到着。これからセッティング&リハ。

...as you like!?

...as you like!?
...as you like!?
...as you like!?
お好み村・水軍なう。

Hiroshima mon amour (2)

Hiroshima mon amour (2)
宿の近くにある袋町小学校。今は改築されて近代的な建物になっているけれど、この一角だけは保存され、平和資料館として使われている。

爆心地から500m。当時、疎開せずに残っていた生徒を含め、約300人がここで犠牲になったそうだ。

その後、救護所として使用され、避難してきた人々が消息を壁に書き込んだ跡が残っている。そのため、この一角だけ保存されたのだ。

今回は荷物が多かったので立ち寄らなかったが、以前、ここを訪れて、壁にある生々しい伝言を見たことがある。

二度とこんなことがあってはならない。つくづくそう思う。

It won't be long before...

It won't be long before...
It won't be long before...
It won't be long before...
昨夜はあれからメンバーのNARU、ゲーチャと合流して居酒屋で宴会。CHAGEさんのコンサートに行ったファンの皆さんと一緒に飲んで喰って騒ぐw

二次会は、Googleで「流川 ギター」と検索して見つけた(笑)ショットバー「7th Chord」(広島市中区流川町4-15 パワービル4F)。

ここにはギターが置かれていて、マスターが弾いてくれたり、ちょっとお借りして弾かせてもらったりして、ついでに今日のライブの練習(笑)。

その後、ひとりふらふらと「広島つけ麺」の看板に惹かれて(笑)、つけ麺(中・1.5玉)を食す。辛いのが苦手なので0辛にしたが、寒かったから1辛ぐらいにしてもよかったかも。
(-_-;)

今からホテルを出て、広島のまちを少し散策してから練習、そしてライブハウス入りだ。

2010/12/18

Hiroshima mon amour

Hiroshima mon amour
夕方過ぎに新幹線で広島入り。

今夜はCHAGEさんのコンサートが行われていて、See Ya!のメンバーはそれを観に行っているが、僕はそれには間に合わないので、飲み会で合流。

ホテルには大浴場があるから、それまでにひとっ風呂浴びて疲れを取るとするか…と思ったがあまり時間がなかったのでシャワーで我慢(泣)。

さて、そろそろ現地かな。

An incident.

先週、名古屋校舎での出来事。

授業の前に校舎裏で煙草を吸っていたら(不良みたいだw)、某ADさんが慌てて飛んできた。


「先生!!四日市校から、お電話です!!」


特に用件に心当たりはなかったので、何事かと思い、電話に出ると…


四日市校舎のADさんが「●●さん(生徒さんの名前)が先生にお話ししたいことがあるそうなので、替わります!」とのこと。


この生徒さんは、某医療系大学の推薦入試を受けるために小論文が必要で、後期に数回に渡って僕が添削をしていた。

「先生…」

「はい…」
(^^;)ドキドキ

「大学…」

「うんうん…」
(-_-;)ハラハラ


ファイナルアンサー?(*_*)


「受かりました!」
( ´∀`)


…実際にはこんなタメはなかったけれど(笑)、気持ちの上ではこんな感じだった。

講師室だったから叫びはせず(笑)、落ち着いてしみじみと「おめでとう」と伝えたが、心の中では、「よっしゃあああああぁぁぁぁぁ!!おめでとう!!」と絶叫していた(笑)。

倍率は5倍近く。なかなかの狭き門である。


この生徒さんには何度も小論文の書き直しを要求し、時には書けずに涙を流してしまうこともあった(無理矢理書かせたり責めたりしたわけではないので、悪しからず)。
<(_ _)>


僕が小論文の添削をする場合、まず、一つの問題について、合格の水準に達している完成度の高い答案を書けるまで何度も徹底的に書き直しを要求する。

これは、「この水準で書かなければならないんだ」ということを、受験生本人が実感して体に染み込ませるためだ。

小論文は、自分では良し悪しがなかなか判断できない。これは、「何が良いのか」という基準がわかっていないためである。だからこそ、合格ラインに達する高い完成度を持った答案を何としても一度は作り上げておかねばならないのだ。


そして、いつも講演で話していることだが、小論文における「説得力」とは、自らの意見を支える「根拠(=客観的知識)次第であり、それを探すために様々なものを調べるというプロセスが欠かせない。これを僕は「持ちネタを増やす」と呼んでいる(笑)。

小論文は、知識(持ちネタ)がなければ書けない。語弊を恐れずに言えば、小論文こそ知識の詰め込みを必要とする「暗記科目」なのだ。

先ほどの生徒さんも、持ちネタを必死に集めた。それが合格に繋がったのであろう。もちろん、知識を羅列しただけでは小論文にはならない。知識を活用する「知恵」が必要だし、この生徒さんはその「知恵」を備えていたからこそ合格できたのだ。


もうすぐセンター試験。受験生の皆さんは、いまはセンター試験の勉強で手一杯だと思うが、二次で小論文が必要ならば、センターの勉強の気分転換として、小論文の「持ちネタ」を増やすことも、少しずつおこなって欲しいと思う。

2010/12/17

Irrational

今朝起きたら、取手で通り魔事件が発生したと報じられていた。

死者は出なかったが、多数の負傷者が出て、顔や頭を切りつけられた女の子もいたという。心の傷も残ることになるであろう。

動機について犯人は「自分の人生を終わりにしたかった」と語っているそうだ。

だったら、他人を巻き込まずに独りでひっそりと生を閉じれば良い。残酷な言い方かもしれないが、こんな馬鹿げたことや、自殺をするだけのエネルギーがあるならば、いくらでも他に選択の余地があるのではないだろうか。

犯人がどのような意図で「人生を終える」と述べたのかはわからないが、この罪では、まず死刑にはならないであろうし、刑に服して出所してからも慰謝料や賠償金の支払いに追われることになるはずだから(支払い能力は無さそうだが…)、いずれにしても、人生がある意味で「終わった」ことにはなるのだが。


人は根本的に非合理的な存在であり、誰しもが内なる凶暴性を秘めていて、自棄を起こしたくなる気持ちはわからなくはない。

僕自身、とても短気だし、煩悩と欲望の塊だから、満たされぬ自分が、いつなんとき爆発するかもわからないし、自棄になって何もかも捨ててしまいたいと思うこともある。

だが、思うこととそれを実行することとの間には高い壁があり、容易に越えることはできない。越えるためには、莫大な負のエネルギーが必要である。

残念ながら、いつの時代にもこうした強い負のエネルギーを持って壁を越えてしまう者があとを絶たない。いくら法を改正しようとも、厳罰化しようとも、命の大切さを訴えても。

2010/12/16

Authority & Justification.

「大阪名物がまた一つ消えた」とミヤネヤでは感傷的なキャッチコピーをつけて報じていた。

道頓堀のたこ焼き店のことである。


店長は「権力を使って一方的にやられた」「大阪市から、裁判をおこしてくれたら和解して土地を売ると言われたので裁判をおこしたら、逆に不法占拠で訴えられた」と自らの立場を正当化していた。

インタビューされた市民からは、「放置してきた大阪市が悪い」という意見も見られたし、大阪市も観光PRのパンフレットだか何かでこの店を紹介していた。

確かに、行政の怠慢は問題ではあるし、行政の曖昧な態度のせいで問題がこじれたことは否めないが、今回の件に関しては(テレビやネットの書き込みなどから判断する限り)、不法占拠で開店したたこ焼き店側に、そもそもの問題があると思う。

公道で屋台を営む以上、行政の許可をとらねばならないし、ましてや最高の立地条件である道頓堀の繁華街なのだから、高い賃料を払って真っ当に営業している他の店からすると図々しいにもほどがあると言えよう。

「やったもの勝ち」であってはならないのだ。

僕は食べるのが好きだからこそ、不正で稼ぐ店では食べたくないし、真っ当な営業をしている店にこそ栄えて欲しいと思うのだ。

2010/12/15

The first impact!!

The first impact!!
The first impact!!
今シーズン初の焼き牡蛎食べ放題@稲荷丸。


美味し!!
美味し!!
美味し!!


以前はポン酢とマヨネーズしか置いていなかったが、今回はこの他にレモン汁、ケチャップ、そして何と粉チーズまで置かれていた。

意外だったのがこの粉チーズ。

焼き牡蛎にふりかけて食すと…


でぇれぇ美味し!!

牡蛎のクセが中和されて実にマイルドな味になる。

お試しあれ。
( ´∀`)

2010/12/14

Over the rainbow.

Over the rainbow.
微かに虹が見えた。

2010/12/13

Grand Slam...!?(^_^;)

Grand Slam...!?(^_^;)
Grand Slam...!?(^_^;)
Grand Slam...!?(^_^;)
名古屋校舎での冬期講習会が終了。

受講生並びにスタッフの皆様、ありがとうございました!!


この講習会中は初日から定例会(笑)。

(1)寿司⇒(2)ふぐ⇒(3)蟹&牛⇒(4)中華⇒(5)モツ鍋…

グランドスラム達成(爆)。

お付き合いいただいた皆様、ありがとうございました!!
<(_ _)>

写真はモツ鍋と、テールスープ、そして某先生がチャレンジした「野菜の王様サワー」。色が何とも凄まじい(笑)。


今は岡山に戻る途中。今週はSESのレギュラー授業。

週末は広島で、日曜日にはいよいよ村上啓介さんのライブでの前座である。ギターの練習しなきゃ…(汗)。

2010/12/12

It's too hot!!

It's too hot!!
It's too hot!!
It's too hot!!
昨日の「四次会」(爆)は、日本史の某先生オススメの中華料理店へ。


美味し!!
( ´∀`)

しかし…
(^_^;)

辛い!!辛い!!辛い〜!!
o(>_<)o

全身から汗が噴き出す(文字通り)辛さ。

この豆腐の四川風炒めに至っては、もう罰ゲーム(泣)。


当然、今日は尻が…(泣)。

2010/12/11

A "crab" mound!?

A "crab" mound!?
A "crab" mound!?
A "crab" mound!?
「貝塚」ってのは知ってるが、「蟹塚」ってのは初めてだな(笑)。

昨夜の「三次会」は、「蟹&牛食べ放題」のしゃぶしゃぶ屋。

値段が4,000円だったので、実はあまり期待していなかったが…、ところがどっこい、蟹は見事なズワイガニで、5人でひたすら食べて食べて食べて食べて、「蟹塚」を築いた(笑)。


これだけの蟹の旨味が詰まった鍋の出汁は、それだけで立派なご馳走になる。

〆はうどんだったが、皆、何かにとり憑かれたかのようにむさぼり食い、出汁を飲んだ。
(^_^;)

今宵の四次会は、某先生オススメの店で中華料理とのこと。楽しみである(笑)。

2010/12/10

The turning point.

The turning point.
名古屋校舎での講習会が始まり、今日で早くも3日目。折り返し地点である。

連日、食い物のことばかり書いているので、ちゃんと仕事をしているのか?と思われた方々もおられるであろうが、授業はきちんと行っているのでご安心を(笑)。


この時期になると、さすがに受験生にも焦りの顔がうかがえるが、だからといってこちらまで焦っても始まらない。こんな時だからこそ、威風堂々と構えなければならないと思う。


今回の講習会の初日に、僕はこう話した。

「冬期講習会だからといって、特別なことをするわけでも、新しいことをするわけでもありません。これまで培ってきたことの確認をして、ひたすら正しく読み解き考えることを徹底するだけです。」

冬期講習会だから特別なことをする、というのは、これまでやってきたことを否定することになる。だいいち、レギュラー授業を受けてきた生徒さんに失礼である。

受験生の皆さんには、この5日間「だけ」でどうにかなるほど甘いものではないのだということを肝に銘じ、現実から逃げることなく闘って欲しいと思う。

このタームでは、毎晩、定例会忘年会と称して飲み歩いているが(笑)、その飲み仲間の某先生も同じようなことを話しているそうだ(もっとも、僕よりもかなり厳しい話をしているようだが(笑)。それが彼の優しさなのだと思う)。

というわけで、今日もこれから授業に臨む。その前に、千種駅の地下街で腹ごしらえ。今日は「鶏なんばきしめんセット」。

ちなみに授業後の忘年会三次会(爆)は、「蟹&牛食べ放題」の予定(笑)。

Globefish!!

Globefish!!
Globefish!!
今日は忘年会二次会(笑)。


ふぐ!!

2010/12/09

Like a fighter!?

Like a fighter!?
ギターで痛くなった手に湿布をして、剥がれないようにサポーターをつけたら…

何かの格闘家のようだ(笑)。

今なら熊と戦っても勝てそうな気が…

するわけない(泣)。
orz

2010/12/08

Shrimp!!

Shrimp!!
大エビ塩焼き!!

Winter Seminar in Nagoya.

Winter Seminar in Nagoya.
今日から名古屋校舎で冬期講習会。

17:00-18:20 ファイナル難関大長文読解
18:35-19:55 ファイナル長文読解
20:10-21:30 高2英文読解力補完計画〈序〉

という3コマ連続の授業。

そして、今はなぜか移動中(爆)。

2010/12/07

How spineless...orz

How spineless...orz
How spineless...orz
昨夜はあれからメンバーと合流して練習。

12月19日の村上啓介さんのライブの前座を務めさせていただくという大役なので、いつも以上に緊張する。

演奏する曲目のうち、1曲だけ決まっていなかったのだが、その場でどうにか決まり、練習開始。

ところが、この曲はバレーコードを多用する上にコードの移動が頻繁で、普段あまり使っていない筋肉を酷使したため、練習している内に左腕が痛くなり、力が入らなくなってしまった。なんとひ弱な(泣)。

おまけに、右腕の肘のあたりと肩も痛むようになった(泣)。

これは毎日弾き込んで筋トレをせねば。腱鞘炎にならないように気をつけながら…。


練習のあとは某居酒屋で飲み会。練習風景の写真が撮れなかったので、「もちチーズ焼き」と「海鮮丼」の写真でご勘弁を(笑)。

その後、某スナックにて二次会。カラオケで熱唱(笑)。

…って、いったい何が目的で津山まで行ったんだ!?(苦笑)

…もちろん、飲み会…


いやいやいやいや、練習である(爆)。

2010/12/06

My favorite spa!!

My favorite spa!!
My favorite spa!!
岡山と津山のほぼ中間に位置する建部温泉。

この温泉会館の風呂が好きで、津山を訪れるときに時間があると立ち寄る。

木造で、モダンな造りだけれどレトロな雰囲気も醸し出している浴室の建物。河原に面した露天風呂(ちょっとぬるかったが…)。

汗と疲れを流して、津山までもう一息。

An eccentric man...

An eccentric man...
An eccentric man...
昨日は名古屋校舎で高校2年生対象の体験授業。浜松校舎にも遠隔ライブで発信した。

遠隔ライブは久しぶりだったので、最初は若干、戸惑ったが、何とか無事に終了した。

その後は、今池のライブスペース「源」に駆け付けて、坂元昭二さんのギターソロライブを鑑賞。残念ながら後半しか聴けなかったが、素晴らしいギターの演奏を堪能した。

その後、坂元さんや源のマスター、ライブのお客さんたちと一緒に四川料理店で打ち上げ。辛いけれど美味し料理を味わう。もっとも、今日、トイレに入ったら尻が辛かったが…(泣)。

昨日の授業はご覧のようにピンクのスーツ。ライブにも打ち上げにもこの格好のまま行ったので、最初は皆さんドン引き(笑)。

坂元さんが「僕のダチで山添君」と紹介してくれなかったら、「怪しい男がいます!」と警察に通報されていたかもしれない(笑)。

もう一枚の写真は、遠隔ライブの授業で教卓の脇にあるモニター画面を授業後に撮影したもの。向かって左側が(見切れてしまっているけれど)浜松校舎の様子。こうして配信先の生徒さんの様子も把握しながら授業を進めているのだ。


坂元さんのライブ打ち上げの後は、臨時定例会(爆)。いつもの面子で、校舎近くの某居酒屋にて美味し酒と魚料理を堪能した。
( ´∀`)

昨夜は名古屋に泊まり、先ほど岡山に戻ってきた。

今宵はこれから津山でSee Ya!の練習+飲み会である(爆)。

土曜日も日曜日もギターと酒。さらに今夜も…
(^_^;)

まあ、滅多にないことなので、これもたまには良いか…。

2010/12/05

His performance was so impressive that...

His performance was so impressive that...
His performance was so impressive that...
昨夜は、みほりょうすけさんのライブのあと、引き続きガナリーズで打ち上げ。気付いたら4時半(笑)。

かなり飲んだので、帰宅した時の記憶が途切れ途切れ(汗)。


あ、灰皿でテキーラを飲ませたり、髪を掴んで介抱したり、血まみれで非常階段を転げ落ちるように下りるということはなかったかと(笑)。


みほりょうすけさんは非常に澄んだハイトーンの持ち主で、ギターやピアノの弾き語りを聴かせてくれた。打ち上げでいろいろお話しさせていただいたが、音楽の趣味もよく似ていて、特にさだまさしさんの話などで盛り上がった。今後の活躍が楽しみなミュージシャンだ。演奏も良かったし、酔った勢いもあり(笑)、みほさんのピックとCDをまとめて購入した。


今日は、名古屋校舎と浜松校舎で、高校2年生対象の体験授業。

そして、非常に奇遇なことに、今日はギタリストの坂元昭二さんが今池のライブハウスでライブとのことなので、授業の後、顔を出す予定(笑)。昨日飲み過ぎたので今日は自重せねば…。


明日は津山でSee Ya!の練習。これは12月19日の広島ライブに向けての練習で、アンプラグドのバージョン。バックは僕のギター1本だけなので、非常にプレッシャーがかかる。
(-_-;)

そう言えば、このところ、楽器に触れる機会やライブが立て込んでいるなぁ…。
(^_^;)

2010/12/04

He's singing and playing the...

He's singing and playing the...
He's singing and playing the...
ただいまガナリーズで「みほりょうすけ」ライブの真っ最中。
( ´∀`)

A calendar.

A calendar.
A calendar.
A calendar.
久しぶりに天一に行った。

会計を済ませたら、レジで来年のカレンダーを渡してくれた。

毎月、県別に中四国・九州地方の各店舗の紹介をしたカレンダーで、天一食べ歩きにチャレンジしている人にピッタリのアイテムである(笑)。


明日は名古屋校舎で、高校2年生対象の冬期講習会デモンストレーション講義だ。

その名も…


山添の英文読解力補完計画〈仮設零号機・起動!!〉


( ´∀`)


17:00〜18:10の70分授業で、浜松校舎にも遠隔ライブとして生中継される。

遠隔ライブは昨年、静岡校舎で担当したので1年ぶりである。勘を取り戻せるかな…?
(^_^;)

2010/12/03

Carnival!?

Carnival!?
Carnival!?
Carnival!?
carnivalの語源は、ラテン語で「肉よ、さらば!!」というものらしい。

うむ。


どう考えてもこれは「肉よ、こんにちは」である(爆)。

2010/12/02

A recipe: noodles stewed with meat, seafood, and vegetables.

A recipe: noodles stewed with meat, seafood, and vegetables.
A recipe: noodles stewed with meat, seafood, and vegetables.
昨夜の晩と今日の昼は、長崎名物のちゃんぽん。

麺とスープは市販のものを使用。キャベツとタマネギはざく切り。もやしも用意しておく。

豚肉を細切れにして、冷凍のシーフードと一緒に炒める。野菜も炒めて、スープを加える。

あらかじめ茹でて水洗いし、水をよく切ったちゃんぽん麺を加えてひと煮立ちさせたら出来上がり。


昨日は、保存用にミートソースも大量に作った。

合い挽き肉、タマネギのみじん切り、ニンニクのみじん切り、ピーマンのみじん切り、椎茸のみじん切りをオリーブ油で炒めて、赤ワインとトマトの水煮を加えて煮込み、コンソメの素、砂糖、塩、胡椒、ケチャップ、ウスターソース、バターで味を調える。

赤ワイン720mlを1本まるまる使ったために少し酸味がまさり、砂糖も多目に使わざるを得なかったが、まずまずの出来上がり。

タッパーに小分けにして、冷凍庫へ。

この月曜日からの三日間は、原稿を書く以外はほとんどずっと厨房にいて料理を作っていたような気がする(笑)。

2010/12/01

A recipe: Steamed scallop, bacon and Chinese cabbage.

A recipe: Steamed scallop, bacon and Chinese cabbage.
A recipe: Steamed scallop, bacon and Chinese cabbage.
A recipe: Steamed scallop, bacon and Chinese cabbage.
白菜を見ると、亡き祖母が作ってくれたこの料理を思い出す。


丼に、ざく切りの白菜、ベーコン、帆立貝を縦に並べ、蒸し器で蒸すだけ。確か、祖母は千切りの人参も入れていたが、今日はうっかり忘れてしまった。

蒸しあがったら、ポン酢につけて食す。

シンプルだが、純粋に素材の旨味を味わえる。底に残ったスープがこれまたしみじみ美味し。

お試しあれ。
( ´∀`)

I got my hair done.

I got my hair done.
I got my hair done.
いよいよ師走。


昨日(30日)は久しぶりに散髪に行った。

どおくまんの『なにわ遊侠伝』に出てくる「開門快道」のようになった…(爆)。


昨日の昼飯は、これまた久しぶりに岡山市今にある天ぷらの「鎧」で、大海老穴子丼を食した。


美味し!!
( ´∀`)

それにしてもこのデカさ…見事にはみ出してる(汗)。


夕方は、近所のファミレスでひたすらプリントの作成。
(^_^;)

今日もひたすらプリント作成か…(汗)。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »