« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010/10/31

In excuse of a mysterious pricing.

In excuse of a mysterious pricing.
In excuse of a mysterious pricing.
はなまるうどんで「肉汁つけ麺(中)」を食す。鰹出汁にラー油が入った辛いタレ。中に甘く煮た牛肉が入っていて、重層的な味わい。美味し。

壁にふと目を遣ると、「かけうどん(小)が105円なのに、わかめうどん(小)がなぜ294円なのか?」というポスターが張られ、卓上にその回答になる掲示があった。

普通、「かけうどんが105円なら、294円もするわかめうどんはよほど良いわかめを使っているに違いない」とか「わかめの値段が高騰しているのか?」と思ってしまうが、実はそうではなく、「かけうどん」の105円という金額がサービス料金であり、特別なのだとのこと。

あまり釈然としない説明だが、多分、かけうどんとわかめうどんの値段の開きに疑問を持って問い合わせる客が多かったのを逆手にとって、かけうどんがいかにお買い得かをアピールする戦略なのだろう。

なんだか、引き合いに出されたわかめうどんがかわいそうな気もする(笑)。


ふと、昔読んだ、徳田賢二著『おまけより割引してほしい』(ちくま新書)という本を思い出した。

この本では、1000円の品物を買うとき、100円値引きしてもらうのと、100円のおまけを付けてもらうのとでは、客にとってどちらが得か?という問いに、「値ごろ感」という言葉を使って答えている。

値ごろ感=価値÷費用

という式で算出する。

だから、1000円の品物に1000円支払った場合、

1000÷1000=値ごろ感1

となるが、

1000円の品物から100円値引きしてもらった場合、

1000÷900=値ごろ感1.1111...

となる。

これに対して、100円のおまけ付きの場合、

1100÷1000=値ごろ感1.1

となるので、100円のおまけを付けるより、100円割り引いてもらった方がお得に感じることになるというのだ。

極端な例を挙げれば、

1000円の品物を、900円割り引いて100円で買った場合、

1000÷100=値ごろ感10

になるが、900円のおまけを付けてもらった場合、

1900÷1000=値ごろ感1.9

にしかならず、おまけで値ごろ感10に太刀打ちするには、9000円分のおまけを付けなければならない、ということになる。


かけうどん105円は値ごろ感がありそうだが、その陰で泣いているわかめうどんが不憫でならない…(笑)。

2010/10/30

...dementia?(^_^;)

...dementia?(^_^;)
昨夜は岡山市田町の「鉄球もつ鍋・岩や」にて今週二度目のもつ鍋祭り(笑)。

どういうわけか、キャベツとニラを大量に食べたくなったので(爆)。

この店は初めてだったが、アダムスキー型UFOを上下に割ったような鉄鍋で、薄い塩味のついたスープに野菜や肉を入れて煮込み、タレ(味噌ダレ&ポン酢)につけて食すという独特のスタイル。

だから、もつ鍋だけでなく、しゃぶしゃぶも楽しめるという欲張りな鍋だ。

鍋の縁が広いのは、煮えた野菜や肉を置いて保温するためで、機能的にできている。

やはり、温野菜を大量にとれるというのは、鍋の利点だと痛感する。

できることならホテルの部屋で一人鍋でもやりたいものだ(笑)。

今日は洗濯などのこまごましたことを終えて、病院へ。

CPAPの支払いも兼ねた月に一度の定期検診で、いつも通り、尿検査→体重測定→血圧測定→問診→採血→栄養士さんとの面談…

…のはずだったが、採血の段階で「山添さん、10月2日にされてますから、今日はありませんよ」と言われ、「あれ…?」とふと考える。
(-_-;)

毎月1回、CPAPのレンタル代金を支払うのを兼ねて、通院。

毎月末に通っているが、9月は忙しくて間に合わなかったので、10月2日に来院。その際、9月分と10月分のレンタル代金をまとめて支払う。

…つまり…

今日は通院する必要がなかった…

orz
orz
orz

11月分は11月に入らないと支払えないわけで、今日支払ったとしても、11月に検査のためまた通院せにゃならんのだから、意味がない…。


orz
orz
orz


ボケたのかな…(泣)。

2010/10/29

Laugh at me, if you like.

Laugh at me, if you like.
Laugh at me, if you like.
Laugh at me, if you like.
昨日はSESの授業のあと、某社の原稿を書き終えて、2時過ぎにSESの教室を後にした。

昨夜の夕食はコンビニで買った助六寿司とサンドイッチ。帰宅してから、3時半頃就寝。

泥のように眠り、目覚めたら午後2時だった…(汗)。

週の前半はコマ数の関係で朝から晩まで働きづめだから、その疲れが週の後半に一気に噴出しているようだ。

月曜日から木曜日までの平均睡眠時間が4時間半ほどなので、かなり堪えるが、仕事があるだけ有り難いのだから、しっかり働かねば…このご時世、いつ働けなくなるかもわからないのだから。

今日もSESで授業。

そして今から何故かもつ鍋祭り(爆)。

写真は昨日、名古屋駅で見かけた試運転の新幹線車両。写真では見えにくいが、座席には全て汚れ防止のカバーがかかっていた。

真ん中の写真は、今日の昼に久々に食べた「ちゃぁしゅうや亀王」の油そば。いつもは厚切りチャーシューのトッピングを頼むが、今日は初めて炭火焼きチャーシューのトッピングに挑戦。美味かったが、やはり厚切りチャーシューの方が食べ応えがあって良かった。

あとは…またエヴァとローソンのタイアップに負けた(泣)。
orz

だって…マリちゃんが…(爆)。

多分、この業界随一のエヴァヲタであることは自他共に認めるが(笑)、たまに生徒さんからアンケートや小テストのコメント欄の質問に「先生は、綾波派ですか?アスカ派ですか?」という質問を頂戴する。

この際だから、ここではっきり言っておこう。

昔はどちらかといえば綾波派だった。

今は間違いなく、「真希波・マリ・イラストリアス」派である!!


そんな僕を人は言う。


「あえて言おう!!カスであると!!」


「ぶざまね。」

orz
orz
orz


ああ、そうさ…笑いたくば笑えばいいさ(泣)。

2010/10/28

I was off my guard.

I was off my guard.
I was off my guard.
昨日は名古屋で授業ののち、四日市に移動して授業。

四日市に移動する途中、所用で名古屋駅前を歩いていたら、雰囲気の良さそうな居酒屋に遭遇。古い民家を改装し、レトロな雰囲気を残したまま感じの良い店舗になっていた。

この一角にはこうした店が何軒か軒を連ねていた。大名古屋ヒルヂングの裏あたりである。

「今から仕事じゃなければ立ち寄って一杯…」と後ろ髪を引かれつつ、四日市に向かった。いつか訪ねてみたいと思う。

ゆうべは四日市から名古屋に戻り、水曜深夜の定例会。昨日はもつ鍋祭りだった(笑)。

今朝はチェックアウトギリギリに宿を出て岡山に戻る。
(-_-;)

今からSESで授業、そして、明日提出の某社の原稿が…(汗)。

2010/10/27

Allow me to offer my sincere condolences.

Allow me to offer my sincere condolences.
今朝、知人の息子さんが亡くなったという訃報を知った。まだ16歳だという。

今日が告別式とのことだったので、ささやかではあるが、朝、ホテルを出る前に、ネットで弔電を送った。

突然、息子さんを失った知人の気持ちを思うと、胸が張り裂けそうになった。


ホテルで朝食を食べていたら、若い夫婦と幼い男の子が食事に来ていた。多分、3歳か4歳ぐらいの男の子だった。

小さな手で水の入ったグラスを持って、父親のあとをついてとことこ歩き、「パパのお水だよ。パパのお水持ってきたよ」と父親に向かって話しかけている微笑ましい姿を見て、不意に涙が零れ落ちた。

僕は、亡くなった息子さんとは面識が無いが、優しい息子さんだったと聞いている。きっと彼も、こんな風に、父親思いの息子さんだったのだろうな…そう思うと、切なくて涙が止まらなかった。


御冥福を、心からお祈り致します。

2010/10/26

Much colder than I expected.

Much colder than I expected.
Much colder than I expected.
Much colder than I expected.
今朝も9時からばたばたばたばたと3コマ。プリント作成と予習とテストへのコメント書きとその他諸々雑用でゆうべも睡眠4時間ほど(泣)。

雨が降るかと思って傘を岡山から持参したが、結局、今日は不要だった。

その代わり、風が強くて冷たい。授業の時は上着を着ていると暑いから脱いでTシャツだけになる(下は当然履いているが)けれど、さすがに外では上着を着ていないと寒くて辛い(泣)。

今からホテルで食事。今宵は冷凍枝豆×3袋とウーロン茶(笑)。

2010/10/25

Double standard: is this a more effective way?

先ほど、携帯の文字ニュースで知ったのだが、2016年度を目処にセンター試験が難易度別に試験を分けることになったそうだ。今の中学1年生からとのこと。


ふむ。


…ってことは、受験する大学毎に受ける試験が異なるってことか?

確かに、共通一次とは異なり、私立大学まで参入するようになると、一本の物差しだけでは不十分というのはわからなくもないが、易しい物差しと難しい物差しの二本を作ることに何のメリットがあるのだろうか?

仮に、自分の受けたい複数の大学がその両方の試験にまたがっていたら、両方受験しなければならないのか?どちらか片方だけで十分ということであれば、何も二つに分ける必要はないのではないか?

あるいは、そもそも、どの大学が易しい物差しで、どの大学が難しい物差しなのか?それはどうやって決めるのか?

現時点では具体的なことは全くわからないので、詳報を待つしかない。

2010/10/24

Sleep like a log.

昨夜は泥のように眠り、今日は洗濯、クリーニング、掃除。

部屋を片づけてかなりのゴミと、また処分する漫画が出た。

今日は試しに古本●場へ。ここでは「コンビニコミック」は買い取り不可とのことで、結局、11冊(笑)、258円也。

ま、そんなもんか…。

さて、これから予習と原稿だ(泣)。

2010/10/23

講演終了!!

愛知学院大学秋のオープンキャンパスにご来場下さり、ありがとうございました!

50分という短い時間でしたが、この講演でお話ししたことを参考に自分だけの模範解答を作成し、合格の栄冠を勝ち取って下さい!

文章を書くことは、難しくもあり、また楽しくもあります。

そして、書くことは、自分の思いを相手に伝えることもあり、自分の存在の証でもあります。

講演でお話ししたように、「なりたい、やりたいは誰でも言える」のです。その証を答案用紙にぶつけ、「これが自分の思いであり、これが存在だ!!」と言えるように、入試まで残された1ヶ月、全力で学んで下さいね。

御健闘をお祈り致します。

Overcrowded.

Overcrowded.
Overcrowded.
ゆうべはなんだかんだと遅くなり、結局寝たのは3時半過ぎ。4時を回っていたかもしれない。

今朝は6:45に目覚ましをかけて起床し、7:56発の新幹線で岡山を出て名古屋に向かった。

名古屋駅からは地下鉄で藤が丘駅へ。名古屋から栄まではかなり混んでいたが、栄を過ぎたらどんどん空いた。

今回は、帰りに寄らねばならない場所があるため、スーツは
おとなしめのグレー(笑)。


先ほど、午前の講演が終わった。大教室が満員で立ち見の方も多数おられた。

今から午後の講演。

さあ、気合い入れていこう!

2010/10/22

The books are at their disposal.

The books are at their disposal.
昨日の日記に書いた小松さんの話に触発された、というか、背中を押してもらったようなもので(笑)、今日、部屋のかなりのスペースを占めていた漫画の単行本のうち、190冊をブック●フに売ってきた。190冊で4100円。まあ、そんなものか…。
(-_-;)

以前引っ越したときにもかなり処分したが、その時も大した金額にはならなかったので、わかってはいたことだが、むしろ処分してもらえるだけ有り難いと思わねばならないのかもしれない。

ただ、疑問に思ったのが、買い取られた190冊の他に、「状態によりお買い取りできません」と言われた本がかなりあったことだ。多分、70〜80冊位はあったかと思う。

中には先週買ったばかりの本もあり、新品同様なのだが、それも買い値がつかなかった為なのか?何故なのか尋ねたが、マニュアル通りの空念仏を無機質に唱える若い男性店員から、何の回答も得られなかった。

何とも理不尽だが、持って帰ってまた処分方法を考えるのも面倒なので、引き取ってもらって処分を頼んだ。

下衆の勘ぐりだが、そうやって引き取られた本も格安コーナー等で売られているのではないか?と思ったりもした。もっとも、それが嫌なら自分で持って帰って自分で売れ、ということなのだろうが、仮に「これは買えませんが、ただなら引き取ります」と言ってロハで仕入れたものを売っているとしたら、一種の詐欺にあたるのではないか?

そんなことまでふと思い浮かんだりもした。

家から近いからこの店舗に行ったのだが、次回は他の店にでも行ってみようかな…。

英語のdisposal(処分)という名詞は、at one's disposalという表現になると「〜の好きなように処分できる/〜の意のままに使える」となる。いったん譲り受けたら、売ろうが焼こうが煮ようが、相手の意のままである、ということだ。

これらの漫画たちは、もはやat my disposalではなく、at their disposalなのだ。

2010/10/21

Today's impressive phrases.

Today's impressive phrases.
Today's impressive phrases.
Today's impressive phrases.
昨夜は錦3丁目にある「辰っちゃんのホルモン市場」にて、毎週恒例となってしまった水曜深夜の祭り(笑)。もはや「定例会」(爆)。

しこたま飲んで喰って語って、ホテルに着いてから泥のように眠った。


月曜日に買ったビジネス雑誌『THE 21』(PHP研究所)から印象的な言葉を。

日本初の「片づけ士」、小松易さんの言葉。

「片づけができないのは性格が影響しているとか、遺伝だとか、いろいろいわれてきましたが、私は『癖です』と申し上げてきました。長年の動作や行動、考え方がいまいちばん心地よい状態を生み出しているのです。」(p.14)

整理の基本動作は「出す」→「分ける」→「減らす」→「しまう」。

「散らかったまま放っておく癖を続けていくと、おそらく十年後も放っておいたままです。モノを適切な場所に置く、その一つの動作が、十年後のあなたの人生を変えていくと思います。」(p.15)

整理と整頓を間違えるな、と小松さんは説く。整理とはものを減らすことであり、整頓とはものを使いやすく並べること。片づけが下手な人は、整理をせずに整頓してしまうのだ、と。

僕も片づけが下手なので、耳の痛い言葉だ。40歳を目前に、あれこれ整理しなければ、と思った。

それから、経済アナリスト、森永卓郎さんの言葉。

「いまの時代、自分はこれしかできないというのがいちばん危険だ。こっちがダメならあっちがあるというように、自分のなかに稼げるネタを複数もつことが、最大のセーフティーネットになるのである。」(p.97)

森永さんは、どんなテーマを与えられても必ずコメントが返せる板東英二さんを引き合いに出して、こう述べていた。

一芸に秀でることも大切だが、多芸に秀でることも必要だ。昔、さだまさしさんが「自分は『器用貧乏』だから、『器用金持ち』になりたい」と話していたのを思い出した。

僕も『器用金持ち』になれたら、と思う。

Why did you betray me?

Why did you betray me?
Why did you betray me?
Why did you betray me?
昨日は朝から3コマ。その後、四日市に移動して2コマ。

昨日のTシャツは「最後のシ者」。

渚→シ者
カ→オ(1字戻す)
ヲ→ワ(1字戻す)
ル→リ(1字戻す)

の言葉遊びで有名なアレである。

カヲルに裏切られた、とシンジがカヲルを非難する。

信じているから、裏切られた時の傷も深くなる。

ならば最初から信じなければ良い。

そういうことだ。

2010/10/20

愛知学院大学オープンキャンパスでの講演のお知らせ

来る10月23日(土)に開催される、愛知学院大学秋のオープンキャンパスにて、「小論文対策講演」を行います。

(1) 11時30分〜12時20分
(2) 13時40分〜14時30分
[9号館1F 9108号室]
※(1)と(2)は同一の内容です。

入場無料で、どなたでも聴講できます。

夏のオープンキャンパスで解説した話と一部重複しますが、今回はそれに加えて、愛知学院大学の自己推薦入試Aの直前アドバイスも行う予定です。

また、この日は小論文以外にも、英語・現代文・古文・化学(文系/理系)の入試対策講演も行われます。

是非ご来場下さい!

2010/10/19

Being obsessed!?

Being obsessed!?
今日も朝から晩までバタバタバタバタ…(汗)。

浪人生の授業の後、いったん宿に戻り、質問を受けた件への回答をパソコンでまとめる。

夕方から現役生の授業。どういうわけか、今日は言い間違いが多かった…憑かれてるのかな…

( ゜д゜)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゜д゜)

(つд⊂)ゴシゴシ
  _,._
(;゜ Д゜)ホォォーー…?!


あ、違った(汗)。


疲れてるのかな…。

今夜もこれから宿で添削と予習。ブログの更新もしなきゃね。

2010/10/18

Innumerable birds.

Innumerable birds.
Innumerable birds.
innumerable:in(否定)+numer(数える→number)+able(可能を表す、形容詞を作る接尾辞)

夥しい。無数の。

鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥息鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥島鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥烏鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥…


黄昏時の浜松駅前にて。

((((;゜д゜)))
ガクガクブルブル

Let's take a bath!!

Let's take a bath!!
岡山駅でエスカレーターに乗っていたら、後にいた綺麗な女性が、僕の鞄についている愛知学院大学のマスコットグッズ・AGベアを見て、「このテディベア、可愛いですね」と話しかけてきた。


僕は…、

「あなたの方が可愛いですよ」

( ゜д゜)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゜д゜)

(つд⊂)ゴシゴシ
  _,._
(;゜ Д゜)ホォォーー…?!


…などと言う度胸もなく(苦笑)、これが愛知学院大学のマスコットグッズであることをしどろもどろになりながら説明した(笑)。


その後、岡山駅の書店にて『テルマエ・ロマエ』第2巻を購入。〈古代ローマでトラブル→日本にタイムスリップ→解決方法を発見→古代ローマに戻って解決〉という展開にはややマンネリの観もあるし(古代ローマの寂れた共同浴場の活性化のストーリーでは、タイムスリップ前から先が読めてしまった…)、日本の風呂のネタにも限界があろうが、作品そのものは相変わらず面白かったし、続きが気になった(笑)。

他にも『東大英単』(東京大学出版会)などを買って新幹線に乗り込み、浜松に向かった。

2010/10/17

Concentration

Concentration
昨日は某社の原稿やら冬期講習会のテキストやらレギュラー授業のプリント作りやらで気がついたら10時間以上パソコンに向かっていた。

今日は部屋の片付けと昨日の原稿の続きに精を出す。

おかげで尻と背中が痛くてたまらぬ…(泣)。

毎週、英文読解のレギュラー授業で「英文読解力補完計画」と題した独習用の問題と解説を配布しているのだが、昨日から今日はその作成にかなりの時間を費やした。

本来ならばこのプリントもブログ上で公開してご意見・ご感想を賜りたいのだが、機種依存文字を多用してPDFで作ってしまったことと、授業で配布してしまったので、ネット上で公開することがはばかられるというもろもろの事情があり、逡巡している。

ご意見・ご感想を賜れることを前提として、期間限定で「英語力補完計画」のブログ上からダウンロードできるようにしようかとも考えているが…。
(^_^;)

2010/10/16

An eccentric woman...

国会議員の性癖はともかくとして、公共の場でこれはマズかろう、と思うのだが…。

もちろん、日本国憲法では信教の自由が保障されているし、お経を唱えるという行為は反社会的な行為でもなければ、違法な行為でもない。

だが、少なくとも僕は1年に120回以上新幹線に乗っているが、車内で、信仰に厳格なイスラム教徒が礼拝する姿も、チベット仏教の僧侶が五体投地する姿も、そして、熱心にお経を唱える(それも、静かなグリーン車で)仏教徒も、未だに一度も目撃したことはない。

まして、国会議員がそのような宗教活動をおおっぴらに、新幹線の車内で実践している姿など一度も見たことはない。

思うに、これが真実だとすれば、きっと彼女はとっても生真面目な人間なのだろうと思う。

ご本人と何度かお会いして、言葉を交わしたことはあるが、国会議員になられる前あたりから、どうも人当たりがキツくなった(素っ気なくなった)かのような印象を受けたし、当選直後に「ぶってぶって」騒動が起こってからは、おそらく、精神的に相当病んでしまわれたのではないかとも推察する。お経にでもすがらなければ精神の安寧を保てないのであろう。

これはあくまでも、僕の印象のみであるが、民主党議員の面々を見ていると、「真っ直ぐ真面目」な方々が多いようだ。もちろん、国会議員である以上は、真面目に仕事をやってもらわないと困るのだが、その真面目さが、オウム真理教の信者たちのような、カルト宗教の信者から受ける印象と同じなのである。


よく言えばまじめで熱心。

悪く言えば盲信的で周りが見えていない。

そして、どちらかと言えばKY(意図的にKYのふりをしているのかもしれないが…)。


サリン事件のあたりで、ワイドショーは連日のごとく、「オウムからの脱会」「マインドコントロール(洗脳)を解く」といった話題でもちきりであったが、民主党の議員たちも、そうした「マインドコントロール」を受けているように思えるのだ。

そう言えば、僕が学生の頃、ある飲み会で、気まじめすぎる(今で言えばKYで、ちょっと煙たがられていた)後輩に向かって、「お前はもう少しバカになった方がいいよ」と言ったら、何を思ったのか、その男はこともあろうに、「はい!バカになります!」と言って、突然、隣にいた女の子に抱きついてしまった。

その女の子はとても純情でおとなしい子だったが、あまりに突然の出来事で何が何だかわけがわからず(おまけに煙たがられている男に抱きつかれてしまったのだから…)泣き出してしまい、我々はその男に「バカ野郎!そういう意味じゃねえよ!」と懇々と説教したが、その彼と同じような融通の利かないKYな性格が、彼女(たち)にも垣間見える。


そんなKYな状態で日本の舵を取っているのであるから、これはもう、危険極まりない、としか言いようがない。


==========
「ぶって姫」姫井由美子議員 新幹線で正座読経し乗客眠れず

2010年10月16日(土)10時0分配信 NEWSポストセブン 

 10月1日夜、東京発岡山行き新幹線のぞみのグリーン車に、白いジャケット姿の姫井由美子・参院議員が颯爽と乗り込んできた。姫井センセイはカバンの中からおもむろに経典らしきものを取り出すと、靴を脱いで座席に正座し、小声でお経を唱え始めたのだ。手には数珠も持っている。

 静かなグリーン車両に、センセイの声が朗々と響く。これが約30分間続き、車内には何ともいえぬ雰囲気が漂った。ただでさえ注目されていただけに乗客は興味津々。中腰で姫井氏の席を覗き込む人までいたが、姫井氏はまったく意に介さない。

 乗り合わせた乗客は「気になって、眠りたくても眠れなかった」と困惑顔だった。

 読経が終わると、姫井氏は満足げに経典をカバンにしまい、本を読み始めた。タイトルは『検察が危ない』(郷原信郎著)だった。

――新幹線でお経を読んでいましたよね。

「新幹線にはよく乗りますけど。そうだったかな、忘れました」

――あれは昔からやっているんですか?

「別に何もしてません」

――何を唱えていた?

「何もやってないと思うけど……。忘れました」

※週刊ポスト2010年10月22日号

(http://news.nifty.com/cs/headline/detail/postseven-20101016-3310/1.htm)
==========

2010/10/15

As you like...

As you like...
As you like...
今日はSESレギュラー授業。少し早めに倉敷に向かい、中庄の「川島ジャンボうどん」にて朝飯件昼飯件おやつ(笑)。


「お好みセット」(1200円)を注文。

セット内容には釜揚げうどんの「小」と書いてあったのだが、どうみても普通サイズ(汗)。

結局、完食には至らず、珍しくカツ丼のご飯を残してしまった…
orz
orz
orz

Drunk as a fish...

Drunk as a fish...
Drunk as a fish...
Drunk as a fish...
なぜか二夜連続の魚祭り(笑)。

マグロのカマ焼き、中トロ太巻き、鰆の西京味噌焼き…


もんげぇ美味し!!

2010/10/14

Lack of sleep...

Lack of sleep...
ゆうべは名古屋で寿司祭り(笑)。夜中まで飲んで喰ってあれこれ話しこむ。写真はその時のアンキモ。美味し。


今日は昼に名古屋を出て、岡山に戻る。車内では爆睡(泣)。

その後、SESレギュラー授業。

…うむ。


眠すぎ(泣)。

2010/10/13

What if the world were to end tomorrow?

What if the world were to end tomorrow?
What if the world were to end tomorrow?
What if the world were to end tomorrow?
昨夜の夢見たで、僕はなぜかライブハウスでギターの弾き語りをしていた。おまけに歌っていた曲が、さだまさしさんの『空蝉』(爆)。

好きな歌ではあるけれど、暗い歌(泣)。

いったいこの夢は何を暗示しているのか…(汗)。

喉の調子がまだ元に戻らないのに、何故か夢の中ではきちんと歌えていた。ただ、ギターのコードを間違えて、Amで弾くべきところをEmで弾いていた…にもかかわらず、どういうわけかAmの音になっていたが(笑)。


今日は名古屋校舎で3コマの後、四日市に移動。

昼飯を食べていなかったので、名古屋駅で豚しゃぶきしめんを食べた。ゆうべは宿の近くのラーメン屋でチャーシュー麺…。麺類が多いなぁ…。

今から四日市を出て名古屋に向かう。さあ、今宵は寿司祭りだ(爆)。

(*´Д`)ハァハァ

(*´Д`)ハァハァ
(*´Д`)ハァハァ
アスカ様あぁぁぁぁぁ!!

2010/10/12

Fly me to the moon...

Fly me to the moon...
Fly me to the moon...
Fly me to the moon...
本日は朝から名古屋校舎で授業。

3限終了後に松屋で昼飯を喰らい、ホテルに戻る。ゆうべは3時間ほどしか寝ていないので眠くてたまらず、15分ほど横になった。

その後、夕方からまた授業2コマ。


今週は第6週目なので、後期授業の折り返しである。僕は、伝えるべきことをきちんと伝えられているのだろうか。そして、あと6週間で、全てのことを伝えきれるであろうか。

伝えきれない部分をプリントで補ってはいるけれど、それでもまだまだ足りないし、文字だけで真意を伝えるのは難しい。

とにかく、全力で駆け抜けるしかない。

2010/10/11

See Ya!前座出演決定!!

12月19日・楽座(広島市)にて、我々See Ya!が、なななななななな…何と!!

( ゜д゜)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゜д゜)

(つд⊂)ゴシゴシ
  _,._
(;゜ Д゜)ホォォーー…?!

村上啓介さんのライブで前座を務めさせて頂くことと相成りました!!

 (・ )(・ ) ウヒョー!
  \\\\
 ヽ(*∀* )/


村上啓介さんと言えば、CHAGE&ASKAのサポートギタリストを務め、CHAGEさんとMULTI MAXを結成したスゴいギタリストですよ!!奥さん!!


…って…


あれ?
(^_^;)


ねぇ…
(=_=;)


もしかして…
(-_-;)

そんなCHAGE&ASKAを知り尽くしたスゴいギタリストの前でギター弾くの…

俺か!?
Σ(゜д゜lll)ガーン

俺だけなのか!?
ガ━━(゜Д゜;)━━ン!


      アウアウアー
   __ ___
(⌒/  三   丶⌒)
||(゜/⌒)゜) (゜)| |
丶  / / (__)  /
 \( 丶 |∪| /
((  \  丶ノ/ ))
   /   /
‐=≡/  /  ∧∧
-=≡(_⌒丶  ( >д)
-=≡| へ |  / つつ
=≡ ノノ `J 人 Y
=≡ ソ    (_(_)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


  __
  [+д+]/ ムリダーヨ
  /|_|
 _| |_


アキラメロン
   _工_
  /×× \
  / ××× ニヘ
 |×・∀・× ニ|
 丶 ××× _ニ/
  \××_ニ/
    ̄ ̄ ̄

…… ___
  /ノ  ( \
  /二_∞_二ニヘ
 |×・∀・× ニ|
 丶 ××× _ニ/
  \××_ニ/
    ̄ ̄ ̄

どっかーーーん!!

 ゛; ゛;・ ;"・ ;"
゛∴((^"⌒)∴⌒∴"・
',丶(⌒;从;:;ノ人・)
 (("ヾ:⌒)从⌒))ノ
;+゜丶ノ::)::ノ::ソノ
  / ××× ニヘ
 |×゜∀。× ニ|
 丶 ××× _ニ/
  \××_ニ/
    ̄ ̄ ̄


((((;゜д゜)))
ガクガクブルブル

ヽ(`Д´)ノウワァァァァァン!!

ヽ(`Д´)ノ
  (  ) ウワァァァァァン!!
  / ヽ
。。      ウワァァァン
  。  。 +
゜。・ 。 +゜ 。・゜(゜`Дフ。
      ノ( /
      / >

ヽ(`Д´)ノ
  ( . ) ウワァァァァン!!
 /ω=ωヽ フリフリフリ!!

  ヘ( `Д)ノ
≡ ( ┐ノ ウワァァァァン!!
:。; /

ウワァァァァァン!!
    ( `Д)
 ≡  (ヽ┐U
 ≡ ◎−>┘◎キコキコ

  ∩_∩
ヽ(`Д´)ノ
  (ハム ) ウワァァァァァン!!
  / ヽ

…練習するしかないか…

orz
orz
orz

Time flies.

Time flies.
今日は浜松で授業のため、新幹線で移動。

三連休の最終日なので、どこもかしこも人だらけ。不景気だの何だのと言われているけれど、これだけ人が動いてりゃぁそれなりに金は回っているのだろうな…。


23日の愛知学院大学での小論文対策講演のレジュメをメールで代理店に送った。あとは明日〆切の原稿を書かねばならない(泣)。


二学期に入ってから、あれこれ配布するプリントを増やしたので、それも作らねばならない。

読解の授業では、独習用の補充問題とその解説を。かなり詳細な解説を書いているため、毎週、それこそギリギリまで作成している。

文法の授業では、応用クラスでは毎回、英作文の課題を出して、希望者は添削をしている。解答例と解説も書いて配布するので、これも毎回、自転車操業(笑)。

文法の標準クラスでは、以前、岡山日日新聞で連載していた「楽しく学ぼう!山添のスーパー英語塾」というコラムの原稿をベースにした独習用の補充問題と解説を配布している。特に、一学期に受講していなかった生徒さんが学ばねばならない範囲について扱っているため、分量もかなりある。

さらに、毎回、英作文の添削もしなければならない。

そうこうしているうちに、一週間があっと言う間に過ぎて行く…。

まさに、光陰矢の如し。

What are you searching for so desperately?

What are you searching for so desperately?
What are you searching for so desperately?
土瓶蒸しと熱燗の日本酒は、秋の最強マストアイテムに間違いない。


液体状の酒の肴なんて、普通はそうそう在るまいw

もっとも、中の具も食すがwww

ちなみに、今日の具は、松茸、海老、鱧、三つ葉、銀杏。


要するに、具材の旨味が移った出汁、というだけなのだが、これを考えた人にはノーベル賞を与えるべきだと思う。

おまけに、この出汁に酢橘をひと垂らしすると、出汁が飲む宝石になる。

いやむしろ、酒を進める凶器と言うべきかwww

…仕事しなきゃ…。
orz

2010/10/10

To meet the deadline...

To meet the deadline...
To meet the deadline...
お好み焼きなう。

〆切がぁ…orz

2010/10/09

Japanese pot-au-feu: radish, chicken and boiled eggs

Japanese pot-au-feu: radish, chicken and boiled eggs
Japanese pot-au-feu: radish, chicken and boiled eggs
Japanese pot-au-feu: radish, chicken and boiled eggs
実は、昨日の料理には続きがある。


あの後、何故か大根と鶏肉の煮物が食べたくなったので、作ってみた。ただし、大根と鶏肉だけでは寂しかったので、綺麗に剥けた茹で卵も入れた(笑)。

まず、鶏もも肉をぶつ切りにして日本酒と塩を揉み込んで、片栗粉をまぶしてフライパンでこんがり焼く。

大根は皮を剥いて輪切りにして、味が染みやすいように両面に十字の切り目を入れる。本当は面取りすべきだが、面倒なので省略(汗)。

米をひとつまみ入れた水を火にかけて、大根を茹でる。箸がすっと通るようになったらザルにあげる。ちなみに鍋底に残ったわずかな米は、お粥のようになっているので(ただし、ドロドロではなく、米粒のかたちを残した状態)スプーンですくって食べてしまった(笑)。これがかなり美味し!!

大根と焼いた鶏肉、茹で卵を鍋に入れ、水と日本酒を入れて炊く。後から味醂、砂糖、出汁醤油を入れて味を調え、煮含める。なお、冷ました方が味がよく染みる。

今回、一つ失敗したのは、日本酒の量が少し多すぎて、ちょっと苦味が出てしまったこと(泣)。もっと日本酒を減らして、砂糖を多めにすれば良かったと反省した。


料理はとても楽しい。食べるのも好きだが、創るのも好きだし、無心で創ると良いストレス解消にもなる。

もっとも、一度に作る量が多くて、しばらくは同じものを食べ続けることになったりもするが(笑)。

2010/10/08

How to boil eggs

How to boil eggs
How to boil eggs
How to boil eggs
このところやや暴食気味だったので、今日は野菜中心の食事にしようとスーパーへ買い物に。

帰宅してから調理。


サラダ用のカット野菜に、カニかまを千切ってのせ、ドレッシングとマヨネーズをかけたサラダ。

あとは、茶そばを茹でて、ザルそばに。

ついでに、この前「ためしてガッテン」で見た「殻を剥きやすくする卵の茹で方」を実践してみたくなり(笑)、試してみた。


卵のお尻の部分に軽くヒビを入れて茹でる。


ただそれだけ。

すると…

( ゜д゜)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゜д゜)

(つд⊂)ゴシゴシ
  _,._
(;゜ Д゜)ホォォーー…?!

見事に殻が綺麗に剥けた…!


こりゃぶったまげたw

是非お試しあれ。

2010/10/07

Again, I bought them on impulse...orz

Again, I bought them on impulse...orz
Again, I bought them on impulse...orz
今日、発売開始の、ロッテリアのエヴァカレンダー2011。


思わず2つも買ってしまった…orz。

Husky Voice

Husky Voice
昨夜は四日市でホルモン祭り。コンロから立ち上る火柱と煙で身も心も清められる(爆)。

今朝、四日市を出て岡山へ。

今日はこれからSESの授業だが、それが終わったらまた原稿地獄に突入(泣)。

この前某社に提出した原稿が、クライアントからの要望でいきなり仕様変更となり、かなりタイトなスケジュールで大量に差し替えねばならなくなった(泣)。

というわけで、この週末もまたジムにも行けず…(泣)。おまけに鼻づまりと声枯れを引きずったまま過ごすことになりそうだ…。

写真は、昨日、近鉄四日市駅の蕎麦屋で食した「とろろ伊勢うどん」。本場で食べたわけではないので何とも言えないが、出汁汁がなく、甘辛い醤油ベースのたれを絡めて食べる。うどんは普通よりやや太麺だが、この店のうどんはかなりやわらかく、ちょっと想像していたのとは異なった(伊勢うどんが太いというのは聞いていたので、もっと弾力のある、腰の強いものを想像していたので)。

さて、ひと風呂浴びて仕事だ!!

2010/10/06

四日市ホルモンなう

四日市ホルモンなう
美味し!!

綾波いぃぃぃぃぃぃぃぃっ!!

綾波いぃぃぃぃぃぃぃぃっ!!
またエヴァネタで恐縮だが、今日の午前〜昼の浪人生の授業はこのTシャツ(笑)。

今から四日市に移動。

2010/10/05

Angel Attack

Angel Attack
先週買った「エヴァンゲリオン全話タイトルTシャツ」。今日は名古屋校舎の夕方からの授業で「第壱話 使徒襲来」(笑)。

午前中の浪人生の授業は先ほどアップした「アスカTシャツ」…。

このビョーキっぷり…つける薬は無さそうだな(爆)。

Aska Strikes!!

Aska Strikes!!
「あんたバカぁ?」

(-_-;)

「ホントにバカね…」

2010/10/04

Precarious day-to-day management

Precarious day-to-day management
Precarious day-to-day management
今日も慌ただしく岡山を出て浜松へ。

岡山駅のスーパーで買った生姜焼き弁当+野菜の煮物+高野豆腐+枝豆で、昼食(兼朝食兼おやつw)。

その後はひたすらプリント作成。車内からメールで校舎に送信。嗚呼、今日も自転車操業(泣)。

今日からいよいよ例のTシャツ。浜松は逆順で、明日の名古屋は正順で、明後日の四日市はTV版の逆順で行く予定。

2010/10/03

A night owl

A night owl
本来は昼間のうちにやっておかねばならなかったことを今頃、近所のファミレスでせっせとやっている。
(-_-;)

今は英作文の課題の添削中。

決して易しい課題ではないが、生徒さんはみんな、一生懸命に解答を書いて下さる。それに応えねば、とペンにも力が入る。

Reluctance

別に鬱ってわけじゃないけれど、雨のどんよりじめじめした天気のせいか、風邪のせいか、どうもやる気が起きない。

とりあえず、ルーティーン・ワークのみ済ませて、あとは怠惰に過ごす。

ジムにも行きたかったが、体が本調子ではないので、今日は控えることにした。


…ま、たまにはこんな日も必要か…。
(-_-;)

2010/10/02

ダントツラーメン

ダントツラーメン
ダントツラーメン
ダントツラーメン
畏友・モルゲン氏から勧められた、岡山市にある「ダントツラーメン」に初見参。

いわゆる「二郎インスパイア系」ラーメンとのこと。


とりあえず、中(350g)、肉増し、にんにく入り、脂多め(笑)、野菜2倍を注文。〆て850円也。

店内はカウンターのみで、10人ほどしか座れない。たまたますぐに座れたが、後からお客が次々来ていたので、昼時などは行列ができるのではなかろうか。

近くに座っていた若い男の子は、まるで洗面器のような丼にガバッと盛られた野菜の山と格闘していた(笑)。多分、これが大盛なのだろう。

食券を買う自販機の所に、「初めての方は大盛ご遠慮下さい」と書かれていたのも頷ける。


待つこと数分。


来た…
(・_・;)

チャーシューは超厚切り。所々、サイコロ状の固まりがごろごろ(笑)。柔らかくて口の中でとろけてしまう。

野菜は大半がモヤシでキャベツが少し。やや甘めで濃いめの醤油味スープ。麺は自家製麺の太麺。


食べても食べてもなかなか減らぬ(泣)。


ようやく完食。


うむ。ダントツ美味し!!

英語力補完計画・更新のお知らせ(10/02)

マダァ-? (・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

およそ1カ月ぶりになりましたが、英語力補完計画の記事を更新しました。

キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

英文読解力補完計画[004]
http://eigohokan.blog112.fc2.com/blog-entry-52.html

今回は、RVT(Repetitive Variation of a Theme)とCohesive Devicesに注目して英文を読む、ということについて解説しています。

是非ご一読ください!
⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーーーン

2010/10/01

山下清展

山下清展
とっくに始まっていたのに、なかなか行けずにいた「山下清展」をようやく今日、見に行けた。

平日の昼間だけど人はまずまず入っていて、改めて山下清の根強い人気がうかがえた。

展示は以前に見た巡回展とほぼ同様で、子どもの頃、八幡学園で描いた絵から始まり、放浪時代の絵や資料、ヨーロッパの風景を描いた絵、晩年の東海道五十三次(の一部)に至るまで、年代順に配置されている。(ただし、絵の修復プロジェクトのコーナーはまとめての展示となっている。)


今回、気になった絵があった。

1950年(昭和25年)制作の『遠足』というタイトルの貼り絵だ。

これまでにもひょっとしたら目にしたことがあったかもしれないのだが、記憶にはないし、巡回展や画集、図録などでこれまで何十回と山下清の絵を目にしてきたのだから、この絵を見たことがあるとしたら間違いなく何らかの印象が残っているはずなのに、それすらもなく、初めて見たような気がしたのだ。

そして、この『遠足』という作品には、同じ年に作られた作品および山下清の他の全ての作品と比較すると、いくつかの違和感が感じられたのだ。

第一に、人物の大きさである。

すぐそばにある同年の作品『神宮外苑』や、その他の人物を描いた作品と比べると、人物の大きさが正確すぎるのだ。

通常、山下清は人物を相対的に小さく描く傾向がある。『神宮外苑』では神宮の森の中にいる人々がおそらくは実際よりかなり小さく描かれていて、そのために木だけが異常に高く大きく見えている。

だが、『遠足』では木と人間の大きさのバランスがあまりにも整いすぎていて、まるで写真を見ているかのようなのだ。

第二に、人々の顔や洋服、姿勢などが、これもまたあまりにも写実的すぎるのだ。他の作品で描かれている人間の顔は、どちらかと言えば子どもが描く顔のような感じで、目・鼻・口をはっきり表した素朴な描かれ方をしているのだが、この作品だけは、そうした顔の描き方をしておらず、ほぼ陰影だけで顔の造りが表現されている。

洋服にしても、陰影がリアルにつけられていて、明らかに他の作品とは趣が異なる。

同年に描かれた自画像でも、顔や服に陰影がつけられているので、ひょっとしたらこの二枚に関しては、指導者からこのように描けといった
指導がなされたのかもしれないが、それでも腑に落ちない。

第三に、木の描き方が他の絵と異なり、非常に滑らかなのだ。

他の絵に描かれている木はいずれも直線的で、どちらかといえばぎこちなく枝が生えている感じがするのだが、この絵に描かれている枝は非常に滑らかで優雅な感じすらする。

画家が作風を変えることはよくあるのかもしれないし、山下清の場合、指導者の思惑が関係しているのかもしれないが、何だかとても不思議な感じがした。

贋作が横行しているとも聞いているが、今回の展示会は、贋作だらけの「山下清原画展」(※山下清公式ホームページでその旨の注意が記されている)ではなく、ご遺族も関わっている公式展だし、また、ちょっとググったら『遠足』は昔からある作品だとわかったので、真作ではあろうが、この一枚だけに大きな違和感を覚えた理由が知りたくなった。

あと、残念だったのは、今回も『草津温泉の絵』(河原の露天風呂に入る人々に混じって、立ち小便をしている人と野糞をしている人の絵を山下が書いたが、絵の先生から「これは汚いから消しなさい」と言われて、渋々、糞の上から紙を貼って塗りつぶしたが、小便の絵はそのまま残っている、というエピソードがある貼り絵)は展示されていなかった(修復中…?)し、絵の裏側にある制作日時の細かい記録も見ることは出来なかったが、ともかく、11日までの山下清展。できたらあと何度か足を運びたいものだ。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »