« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010/09/30

I bought them on impulse…orz

I bought them on impulse…orz
I bought them on impulse…orz
I bought them on impulse…orz
「エヴァンゲリオン全話Tシャツ」・全28種を一気に大人買いしてしまった…。
orz


ついでに他のエヴァTシャツも…。
orz
orz


これで当分、Tシャツには困らないが、季節はもう秋…。
orz
orz
orz

どういうローテーションで着れば良いのだろうか…?
(-_-;)

彩華ラーメン

彩華ラーメン
彩華ラーメン
彩華ラーメン
酸味と辛味の効いたスープが縮れ細麺に絡みつく!

美味し!!

2010/09/29

Sore throat, hoarse voice and Dr. Yellow.

Sore throat, hoarse voice and Dr. Yellow.
Sore throat, hoarse voice and Dr. Yellow.
鼻水はだいぶおさまったが、喉は痛いし声は出ない。こんなに酷いのは久しぶりだ(泣)。

しゃべらなければ仕事にならないので、とにかく声を振り絞ってしゃべる。

鼻水はほぼおさまったが、嗅覚がまだ元に戻らない。こんな時は何を食べても美味くない(泣)。

昨日など、精をつけねばと、にんにく生搾り入りのラーメンを食べたが、食べながら、にんにくの匂いすらわからなかったのだから…。
orz

今日は卒生の授業のあと、四日市に移動。名古屋駅でドクター・イエローに遭遇。

良いことがありますように(苦笑)。

2010/09/28

At twilight

At twilight
At twilight
ホテルの部屋から見た風景。

柔らかな黄昏の日差し。

朝はだいぶ雨が降っていたけれど、昼過ぎからは良い天気になった。

さあ、あと2コマ。

喉がもってくれることを祈るしかない。

My nose is running…orz

I can't stop the loneliness〜♪
ど〜うしてな〜の〜♪

は〜なみ〜ずが〜
止〜ま〜ら〜な〜い〜♪
(T_T)


このところ急激に涼しくなったせいか、鼻風邪をひいてしまったらしい。

喉もやられて、以前からうまく出なかった声がなおさら酷いことになってしまった(泣)。

とりあえず、点鼻薬と飲み薬で誤魔化しながら授業へ…(泣)。

鼻のかみすぎで耳もおかしい(泣)。

はひぃ。
(T_T)

2010/09/27

Moe!?

Moe!?
Moe!?
…って無理矢理アルファベットで書かなくても良いんだけど…(笑)。
(^_^;)

岡山駅のスーパーでみつけた「じゅれみっくす」。

岡山県内の様々な果物を使ったゼリーの詰め合わせだ。

パッケージにある女の子のキャラは、それぞれ果物をイメージしたものとのこと。

まだ買ったことはないが、そのうち試してみよう(笑)。

2010/09/26

J's obedience allowed C to be far more arrogant.

日本が謝罪も賠償金も突っぱねたら、中国は間違いなく在中邦人を人質扱いにするであろうし、恐らくは微罪やらでっち上げやらでどんどん日本人を逮捕するであろう。

そうなる前に、すぐに在中邦人を引き揚げさせるべきだ。何しろ中国は法治国家ではなく、共産党による「党治」国家。いや、むしろ共産党幹部による「人治」国家なのだから、どんな微罪でも簡単に死刑にできるのだ。


僕らは気付いていないし、気付いているけれどわざと目を背けているのかもしれないが、これはもう、れっきとした、


戦 争


なのだ。


もちろん、日本は武力による戦争を放棄した国である。だが、中国はそんなことにはお構いなく、いや寧ろ、日本が抵抗できないとわかっているからこそ、容赦なく攻めてくるであろう。

恐らく、中国はこの機会を虎視眈々と狙い続けてきたはずだ。徳川家康が方広寺の鐘に書かれた「国家安康」「君臣豊楽」の銘文にケチをつけたことが大坂の陣のきっかけになったように。中国の工作員であった可能性が濃厚な漁船の船長を日本が逮捕したことにケチをつけて、戦争に持ち込もうとしているのである。

当然ながら、これは親米の自民党政権下では仕掛けにくい。親中・民主党政権下だからこそ起こるべくして起こったと言わざるを得ない。

『日本国大統領 桜坂満太郎』という漫画では、こうした事態が進展するとどのようなことが起こり得るかが見事に描かれている。

中国が東京のど真ん中で小型核弾頭を使用して首都機能を麻痺させ、日本に潜む中国人工作員が次々に要人を暗殺する。朝鮮、アメリカ、台湾、チベット、ロシアなど周辺諸国を巻き込み、闘いが発展する。都知事であった桜坂満太郎が指揮を執って必死に闘い、最終的にはどうにか日本の主権を守り抜くというストーリー。


だが、もちろん、今の日本には桜坂満太郎はいない。いるのは、中国にすり寄って自分の立場を守ることに汲々とする売国政治家だけである。


仮にこの漫画と同じことが起こったら、日本の領土は中国のものになることは目に見えている。江戸城が無血開城したのと同じように…。無血ならばまだマシなほうかもしれないが…。

昨年夏に政権が交代したが、その時既にこのシナリオは容易に予測できた。だが、平和惚けしきった我々日本人は、まさか主権がなくなるはずはないと安穏としている。だが、民主党政権への転換とはまさにそういう意味なのであることを今一度、肝に銘じるべきである。もっとも、今更自民党政権に戻したところで、事態が良くなるわけではないが。

そう言えば、あくまでも伝聞情報ではあるか、今回、中国で逮捕された日本人については、以下のような話もある。

旧日本軍による化学兵器の無毒化を目的として中国に渡ったとのことだが、実は麻生内閣時代にこの件は既にケリがついており、その化学兵器は必ずしも旧日本軍によるものとは限らず、中国軍や旧ソ連軍のものだったので、日本国としてはこれ以上それに対して出費しない、ということになっていた。

しかし、鳩山由紀夫元首相がそれを蒸し返して、わざわざ数十兆円単位を出費することに決め、それに乗ったゼネコンのフジタという会社が派遣した社員が今回逮捕された、というのだ。

http://m.ameba.jp/m/blogArticle.do?unm=000hime&articleId=10651653769

http://freejapan.iza.ne.jp/m/blog/entry/885407

この真偽について、僕は決定的な判断材料を持ってはいないが、仮にこれが真実だとしたら、民主党は下手な小細工などせず、国民に謝罪すべきだ。


僕の親友が僕に教えてくれた言葉がある。

「自分が悪ければ、誠心誠意謝るべきだし、自分が正しければ、とことん闘うべきだ。」

きっと、日本の政治家も、中国の政治家も、こんな単純なルールすらわからないのだ。

また、以前にも書いたかもしれないが、「自分が悪いとわかっている側ほどよくゴネる」ものである。自分を正当化する必要があるからだ。

逆に、自分が正しいとわかっている側は、あまりゴネることはない。むしろ沈黙してしまう。

だが、いま、日本がとるべき行動は、沈黙ではなく、公の場で客観的な証拠を示した上で、自らの主張を堂々と行うことではないか。

さらに、チベットなど、中国に虐げられている諸国と協力し、中国の過ちを糺す勇気を持たねばならない。

既に中国は、開発途上国でもなければ、第二次世界大戦における日本軍の被害者でもなく、国際舞台において経済大国として振る舞わねばならない立場にいる。

日本が中国を真に友人だと思うのであれば、友人だからこそその過ちを糺す勇気を持たねばならないのだ。

それこそが、真の友好関係であり、いま、日本の政治家に必要なことなのだと思う。

2010/09/25

Yield to the intimidation...

非常にデリケートな問題なので、軽率にコメントすべきでないことは承知しているが、あまりのタイミングの良さに呆れかえってしまった。


尖閣諸島沖で逮捕された中国人船長に関する問題だ。

昨日、中国で、日本人技師4名が軍事機密に関わる地区を撮影して逮捕されたと報道があった。その数時間後には、沖縄地検から、件の船長を処分保留のまま釈放する旨の発表がなされたのだ。

日本の司法は、中国からの外圧…いや、恫喝で、いとも容易くねじ曲げられた。おまけに、ここ数日は、検察官による証拠改竄のニュースが報じられ、ただでさえ検察に対する信頼が大きく損なわれているというのに、それに輪をかけてこの有様である。

もう我々国民の目には、検察官とは「弱き者には真実をねじ曲げてでも権力を振りかざし、強き者には媚びて尻尾を振る役人」としか映らないだろう。

無論、中国で逮捕された日本人の件はあくまでも無関係で、たまたまタイミングがかち合ってしまった、と主張することも出来るが、有形無形の圧力がかかったことは間違い無い。

これで中国は完璧に日本を属国扱いするであろうし、一度味をしめたら同じことを繰り返すのは目に見えている。というよりむしろ、以前、天皇との会見を強硬に実現させた「前科」があるのだから、たとえば今回にしても、中国に人質を取られる可能性ぐらい予想できたはずなのだ。

歴史を参考にして考えれば、過去においてはこれぐらいの事件があればすぐに戦争が始まったことであろうと予測できる。

外国で戦争が始まった場合、外務省は速やかに現地にいる邦人を保護し、日本に帰国させるが、今回の件とて、中国が強硬な手段に訴えることは予測できたのであるから、同様の措置を執るべきではなかったか。危機意識の甘さが招いた事態ではないのか。

「人権」という概念の欠落した中国に対して、「人権」という錦の御旗を振りかざしても全く意味はない。在中邦人の人権など保障されていないという前提で考えねばならないのだ。中国は、我々日本とは全く異なるルールで動いている国なのだから。

また、戦争を見据えて(!!)、日米安保条約がどうのと騒いではいるが、いざという時にアメリカがすぐさま動いてくれるとは到底思えない。仮にこのまま事態が膠着し、戦争になったとしても(そもそも中国側は「あらゆる手段で」と言っていたのだから、一方的に日本に宣戦布告しても何ら不思議ではない)、日本に大きな被害が出てアメリカが巻き添えでも食らわぬ限り、アメリカが率先して動くことは考えにくいのだ。

日本が力を持っていた時ならばともかく、借金まみれで金もなく、資源も乏しく、あるのはせいぜい文化と歴史だけ。いくら条約で結ばれていても、そんなしょうもない(=アメリカにとって利益にならない)国を誰がわざわざ守るというのか?

たとえていえば、日本は、金も力もないお人好しの落ちぶれたバブル親父であり、中国という若者からオヤジ狩りに遭って搾取されているわけだ。しかも、オヤジ狩りに遭いながら、無抵抗のまま、アメリカという警察官が助けに来てくれるのをただじっと祈っているだけなのだ。

もちろん、誰だって戦争は望まない。そのための苦渋の選択が今回の船長釈放であったことは理解できる。

その背後には、「いくら中国でもまさかこの核の時代に戦争など起こさないであろう」という予測が働いている。だが、過去の歴史が証明するように、軍部が暴走してそのままなし崩しに戦争を始めることだってありうるのだ。

それに、核など使わなくても、今の日本ならば赤子の手を捻るが如く簡単に制圧できるはずだ。何しろ、軍隊もなく、愛国心などなく、戦争は悪いことだと叩き込まれてきた国民なのだから。

先程のニュースで、中国は日本に謝罪と賠償金の支払いを要求してきたと報じられた。まさか小沢一郎がここで活躍して鉾を収めるなどという陳腐なシナリオではあるまいな。

伸るか反るか。

守るべき日本とは何か。

多分、いま、僕らは第二次大戦後最大の危機に直面しているのだ。

2010/09/24

It's a real masterpiece!!

It's a real masterpiece!!
It's a real masterpiece!!
昨日、SESに一冊の本が届いた。


伊藤 賀一『日本史Bで高得点を稼ぐ標準問題演習』(中経出版)


秀英予備校でご一緒させていただいている、日本史の伊藤賀一先生が、著者献本としてわざわざ贈って下さったのだ。

伊藤先生とは、一昨年、静岡校でご一緒させていただき、ほぼ毎週の如く授業のあと飲みに行った仲である(笑)。よく通ったのはお馴染み「クシゾー」と、今は無くなってしまったが「魚とよ丸」という魚の美味い店。魚とよ丸に行くと必ずマグロのカマと魚とよサラダを頼み、グラス片手に予備校業界のことや授業のことなどを熱く語り合ったものだった。

確かその頃からこの本の執筆についてのお話をされていたはずだから、本が出たという話を聞いた時には「おお!!あの時話していたことが実現されたんだ!!」とまるで自分のことのように感慨深く感じられたし、ましてやこうしてわざわざ著者献本として贈って下さったのだから、もう大感激である。

早速封を開けて読ませていただいた。伊藤先生の、誠実かつ真摯でユーモアに溢れたお人柄がそのまま反映されたような素晴らしい本である。

まず「鳥の目」で全体像を俯瞰し、問題演習の後に「虫の目」で細かいポイントをチェックし、さらに関連事項についても、とことん説明している。

「学習者の視点からわかりやすく」という方針で、日本史用語には全てルビが振られ、初学者や苦手な人にも親切な作りだ。ところどころにさりげなく散りばめられた笑える話もサービス精神豊かな伊藤先生らしい(笑)。

伊藤先生は数年前まで、日本中を住み込みで働きながら放浪して、ナマの日本と日本史に触れてきた。飲みながらその頃の思い出話をよく話して下さり、腹を抱えて笑い転げたものだった。

そうした豊富な経験も余すところなく凝縮された、まさに珠玉の名著である。

受験生の皆さん、高校生の皆さん、是非、この本を使って、日本史で高得点を挙げましょう!!
(o^∀^o)

2010/09/23

ド根性ロース

ド根性ロース
ド根性ロース
ド根性ロース
昨夜は焼肉「男の勲章」にて肉祭り。注文の度にピンク色の特効服を着たウェイトレスさんが「上等だ!!」と絶叫し、それに呼応して他の店員さんも「上等だ!!」と叫ぶという演出(笑)。

圧巻はこの「ド根性ロース」。塊のロース肉を切り分けてくれる。残念ながらこの塊が一人前ではなく(泣)、一人前が厚めに切った1スライス分だが、肉は実に柔らかく、激しく美味し。

お勘定は「集会費」、閉店は「解散」とどこまでも「族」にこだわったネーミング(爆)。

いろいろ考えるものだと感心した(笑)。

夜露死苦!!

夜露死苦!!
夜露死苦!!
夜露死苦!!
上等だ!!

2010/09/22

ツッパることが男のたった一つの勲章だってこの胸に信じて生きてきた

ツッパることが男のたった一つの勲章だってこの胸に信じて生きてきた
ツッパることが男のたった一つの勲章だってこの胸に信じて生きてきた
ツッパることが男のたった一つの勲章だってこの胸に信じて生きてきた
…と言っても、相撲取りの話ではなくて(笑)。

7月29日、名古屋市中区錦2丁目にオープンした焼肉屋・「男の勲章」。

夜露死苦!!

Make More Effort!!

Make More Effort!!
Make More Effort!!
Make More Effort!!
秀英予備校の名古屋校舎で担当している英文読解のレギュラー授業では、毎回、前回読んだ英文についてのテストを行っている。

自己採点の後、集めて目を通し、コメントを書いてくれた生徒さんにはお返事を書いているのだが、その際、点数に応じて「たいへんよくできました」「よくできました」「がんばろう」のスタンプを捺すことにしている。

ところがたまたま今週は岡山にスタンプを忘れてしまったので、名古屋校舎の近辺で急遽、探すことになった(泣)。

ちょうど校舎の近くに「はんこ広場」というお店があったので訪ねてみた。

たまたま見本で"Very Good!!"というスタンプがあったが、「がんばろう」に相当するスタンプが無い。店員さんに尋ねたら「お急ぎでしたら30分ほどで作れますが…」とのことだったので、作成をお願いした。

"Very Good!!"に対応させるために、文面は英語で"Make More Effort!!"として、イラストは店員さんが選んでくださった。

急拵えではあるが、満足のいくものを作っていただいたと思う。

今後もこのスタンプが活躍することになるだろう。

そして、このスタンプを捺して、この文字を見る度に、自分も頑張らねば、と思うだろう。

"Make More Effort!!"

Out of order

Out of order
Out of order
先ほどniftyから電話があり、19日にココログに携帯から投稿できなかった件について連絡があった。


やはり、19日の深夜から障害が発生していたとのこと。


僕が電話したのが19日の午後8時。その時点でも「障害の発生は報告されていません」と言われたのだが、だとしたら、半日以上も報告が上がっていなかったのだろうか?

おそらく、同様の問い合わせもあったはずなのだが、それも把握できていなかったのか?

オペレーターの対応は大変親切ではあったが、組織として情報の共有がいい加減ではないのか?と思いたくなってしまった。


昨日の昼飯は、日の出らーめんの剛つけめんだったが、夜は控え目に、コンビニの冷凍枝豆3袋。ホテルの部屋にあるアイスペールに移して、お湯で解凍して食す。

小さな袋だし、さやも含めての量なので、実は大したことはない…はず(笑)。

今日も朝から3コマで、終わったら「花月」で、またつけ麺(爆)。

今は四日市で、これから授業だ。

さあ、頑張ろう!!

2010/09/21

…recovered!?

…recovered!?
今日は9時から卒生の授業を3コマ。

12:30〜13:50の授業の間に、携帯に13通のメールが届いていた。

…もしや…

…案の定、滞っていたココログからの返信だった(怒)。


一昨日出したのに、自動返信が届くのにまる2日もかかった。おまけに順序もバラバラで、いったいなにをどうやったらこんなことになるのかと小一時間責め立てたくなる。

ココログは、投稿すると確認メールが送られてきて、それに返信することで投稿が完了するわけだが、最初に投稿した日時ではなく、確認メールへの返信が完了した日付と時刻がその日記のものとなるため、たとえ19日に書いていても、今日、確認メールへの返信を送れば、投稿日は今日になってしまうのだ。

幸い、記事の日時は変更できるため、とりあえず、バラバラの投稿を時系列に並べ替えたが、未だにniftyからは、なしのつぶてである(怒)。
(-_-;)

確かに、簡単に原因が究明できるものではないかもしれないが、ココログの投稿「だけ」がこの有り様なのだから、早いところ問題点を洗い出して解決してもらわないことには、おちおちブログも書けやしない(怒)。


…と腹立たしく思っていたので、腹の虫を収めるために「剛つけめん大盛・小ライス付き」を食した(爆)。


うむ。美味し。

2010/09/20

Locking myself in

昨夜は結局、坂元さんのライブに間に合わず、タクシーで会場のnandemallに着いたらアンコールの歌の最中だった(泣)。

ちなみに、niftyからはまだ連絡がない(怒)。

その後、坂元さんのライブの撤収を手伝い、ついでに坂元さんの車を運転してホテルまでお送りし、打ち上げへ(笑)。

終了後、ホテルに戻って原稿に向かったが、睡魔に勝てず爆睡(泣)。

今朝は8時に起きてひたすら原稿と添削と予習。そのホテルの会員なので、チェックアウトは15時(!!)だったが、さらに追加料金を支払って18時まで延長してもらった(笑)。

てなわけで、今日は一日中ホテルに引きこもり…。
(-_-;)

食事はゆうべ買っておいた「海猿焼きそば」のみ。まぁ、昨日まで散々飲み食いしたから、当分は控えねば…(泣)。

さて、今から授業だ!!

ココログの不具合について、niftyとのやり取り(覚書も兼ねて)

僕は普段、携帯で日記を書いてアップしているのだが、昨日の午前1:35にアップした「さだまさしファン集いの場」以降の日記が全く携帯からアップできずに非常に困惑している。

仕組みとしては、

[1] 携帯で日記を作成し、写真を添付して専用のアドレスに投稿
[2] 確認メールが届く
[3] 確認メールにそのまま返信
[4] 投稿完了メールが届く

という手順なのだが、どういうわけか、[2]の確認メールが届かない。来る時もあったが、[3]の手順を踏んでも[4]が届かない。

ちなみに、昨日は、

(a) 9:51…写真2枚(557kb + 545kb)を添付して送信
⇒確認メールが届かない。

(b) 12:26…写真3枚(492kb + 515kb + 511kb)を添付して送信
⇒確認メールが届いたので[3]を行ったものの、[4]が届かず、アップすらされていない。

(c) 13:01…写真3枚(558kb + 530kb + 483kb)を添付して送信
⇒確認メールが届かない。

(d) 13:34…写真2枚(538kb + 500kb)を添付して送信
⇒確認メールが届かない。

(e) 16:07…写真3枚(518kb + 500kb + 529kb)を添付して送信
⇒確認メールが届かない。

(f) 16:47…写真3枚(504kb + 519kb + 510kb)を添付して送信
⇒確認メールが届かない。

(g) 19:46…何も添付せず、題名に「テスト」、本文に「テスト」とだけ書いて送信。
⇒確認メールが届かない。

(h) 19:52…念のため、(a)のメールを再送信。
⇒確認メールが届いたので[3]を行ったものの、[4]が届かず、アップすらされていない。

(i) 21:08…何も添付せず、題名に「再テスト」、本文に「テスト」とだけ書いて送信。
⇒確認メールが届いたので[3]を行ったものの、[4]が届かない。パソコンから確認するとなぜかアップされていた。
(※紛らわしいので、パソコンから確認した後、削除した。)

(j) 23:21…何も添付せず、題名に「再々テスト」、本文に「テスト」とだけ書いて送信。
⇒確認メールが届かない。

(k) 9/20 8:21…何も添付せず、題名に「投稿テスト」、本文に「テスト」とだけ書いて送信。
⇒確認メールが届かない。


こちら側に原因があるかもしれない、と思ってあれこれ試してみた。

(1) 投稿アドレスが違うのか?
⇒念のため、設定ページから専用アドレスをクリックして取得してメールを送ったが、確認メールは届かない。

(2) 添付ファイルの容量が大きいせいか?
⇒添付ファイルを全くつけずに「テスト」とだけ書いた投稿をしたが、やはり確認メールは届かない。そもそも、それ以前にも同じぐらいのバイト数の添付ファイルを送って何事もなかったので、いきなり昨日になって送れなくなるのはおかしい。

(3) ココログの使用可能容量を超えたのか?
⇒確認したところ、まだ1/4ほどしか使用していない。

ゆうべ、20時頃にniftyに電話してサポートセンターとやりとりしたものの原因は不明。同様のトラブルも特に報告されておらず、現在調査中で、判明次第、連絡が来るとのことだが、釈然としない。

とりあえず、手作業で、昨日アップした日記を携帯からコピペしてアップしようかと思ったりもしたのだが、ブログというのはリアルタイムで情報を更新するからこそ生々しさが伝わるわけで、どうも気が乗らない。

そういえば、以前にも一度だけ確認メールがものすごーく遅れて到着し、日付をまたいでしまったことがあったなあ…。

ということで、若干面倒ではあるが、復旧までは写真を添付できそうにない。

2010/09/19

宮崎産業経営大学オープンキャンパス、ご来場ありがとうございました!

本日の宮崎産業経営大学オープンキャンパスへの多数のご来場、ありがとうございました!

聴講いただいた皆様、大学関係者の皆様、スタッフの皆様、お疲れさまでした!

今度宮崎にうかがうことができるのが言うつになるかはわかりませんが、またお目にかかれる日を楽しみにしております。

※※※※※※※※
実は、今朝から頻繁にこのブログを更新しているのですが、何らかの不具合により携帯からうまく記事や画像がアップできず、リアルタイムであれこれお伝えすることができなくて申し訳ありません。

ブログ、乗り換えた方がいいのかな…

食は宮崎に在り!!

食は宮崎に在り!!
食は宮崎に在り!!
食は宮崎に在り!!
宮崎空港では、宮崎滞在の〆として、いつも空港ターミナル3階の魚山亭で「冷や汁」を食すことにしている。

今回は「鶏の鉄板焼きと冷や汁セット」。本当は炭火焼きが良かったのだが、残念ながら今はこの店で炭火焼きは食べられない。

以前は店内でもうもうと煙を立てて、激しく炎をあげて炭火焼きにしていたのだが、火災報知器が反応してしまったとのことで(笑)、このようなかたちで出しているそうだ(この話は去年の日記にも書いたが…)。

きつめの塩をきかせた鶏肉を噛みしめると、脂と旨味がじゅんわりと口に広がり、実に美味し。付け合わせの目玉焼きの黄身を鶏肉につけてもまた美味し。

冷や汁は、疲れた胃に優しく、しみじみと美味し。単なる味噌汁ぶっかけご飯ではなく、味噌は一旦香ばしく炙ってから出しで溶くのが宮崎流。崩した豆腐に、大葉や胡瓜、好みで茗荷を入れても良い。

去年、ここで食事をした時には無かったが、今年はメニューに入っていて驚いたのが「肉巻きおむすび」だ。実はゆうべ、宿に帰るときに買って食べたのでここでは食べなかったが(笑)、大量の肉巻きおむすびが目の前で焼かれていた。

それにしても、宮崎の食文化は素晴らしいと思う。

肉巻きおむすび、チキン南蛮、サラダ巻きは宮崎が発祥だし、冷や汁や地鶏の炭火焼きも土産物屋で何種類も売られている名物料理として定着している。宮崎牛に至っては、美味すぎるにもほどがある(爆)。

果物では、マンゴーをはじめとする南国の植物(マンゴーの時期は終わってしまったが、空港ではドラゴンフルーツなどが売られていた)、「日向夏」と呼ばれる夏みかんなど、宮崎のイメージが定着し、ブランド化されている。

それに引き換え我が岡山県は…。

桃、マスカット、ままかり、吉備団子の繰り返しで何の進歩も無い。一時期騒いでいた鰆にしても、結局、尻すぼみで売り出しに失敗している。近頃では「津山ホルモンうどん」が有名になってきたが、残念ながらそれだけではなかなか人は集まらない。情けないことこの上ない…。

東国原知事の「どげんかせんといけん」という言葉は、まさに岡山県にこそ当てはまるのではないだろうか。

宮崎を訪れる度に、つくづくそのように感じて、情けなくなってしまうのだ。

岡山県の活性化のためにも、岡山の食文化を徹底的に掘り起こす必要があろう。

…で、今回は、宮崎牛、肉巻きおむすび、冷や汁と制覇したのだが、サラダ巻きは…

(・_・;)
あれ?


あ。

講演終了直後に大学で出していただいたお弁当で食べたんだ(爆)。


…ってことは、今日は昼飯2回食べてらぁ(爆)。

Via Shin-Yokohama

Via Shin-Yokohama
Via Shin-Yokohama
Via Shin-Yokohama
羽田空港第2ターミナルに到着。

京急で品川まで行こうかと思ったが、荷物が多かったのと、確実に座れるし時間的にも丁度良かったので、リムジンバスで新横浜に出て、そこから新幹線に乗ることにした。

連休のためか羽田空港は人が多く、預けた手荷物もなかなか出て来ずにやきもきした。

新横浜駅まで約40分の小旅行。

Delayed 10 minutes

Delayed 10 minutes
Delayed 10 minutes
東京行きSNA58便、10分遅れの予定。

タクシーのラジオから流れてきたNHKのど自慢

タクシーのラジオから流れてきたNHKのど自慢
タクシーのラジオから流れてきたNHKのど自慢
タクシーのラジオから流れてきたNHKのど自慢
今日は宮崎でNHKのど自慢なんだなぁ…。


「口蹄疫の被害が最も深刻だった川南町からお越しの…」というアナウンサーの声が聞こえた。


今日の講演の冒頭で「口蹄疫の被害に遭われた方々にお見舞いを申し上げます」とご挨拶させていたいたが、空港の垂れ幕にも「がんばろう宮崎」の文字。たとえ終息宣言は出ても、まだ本当の意味で口蹄疫は終わっていないのだ。

阪神淡路大震災もそうだった。メディアは次第に取り上げなくなり、人々も喉元過ぎれば何とやらで、次第に忘れてしまう。

不景気に加えての打撃。タクシーの運転手さんが「景気が良くならなきゃ(口蹄疫の被害から)立ち直れないよね…」と呟いた。

講演終了!!

講演終了!!
講演終了!!
講演終了!!
宮崎産業経営大学での講演が無事に終了!!

御来場の皆様、スタッフの皆様、ありがとうございました!

今年は時間がいっぱいいっぱいで(おまけに10分ほど僕が延長したので…(-_-;))、質問を受けることができず申し訳ありませんでした。

写真は小論文講演担当の山田ズーニーさんと、控え室でのツーショット。うむ。「美女と野獣」だ(笑)。


今から宮崎空港に移動して羽田空港経由で浜松へ。

また来年も宮崎に来られることを心から願って…。

Ready when you are.

Ready when you are.
Ready when you are.
@宮崎産業経営大学。

10:10~11:30まで講演だ。

さだまさしファン集いの場

さだまさしファン集いの場
さだまさしファン集いの場
さだまさしファン集いの場
宮崎市内にある、ラウンジ「かすみ」。

さだまさしファンの人ならば、「さださんのお父さんがステレオをプレゼントした店」と聞けばすぐわかるであろう。

せっかく宮崎まで来たので、スタッフさんとの肉祭りの後、思い立って一人で訪ねてみた。

明るくて気さくなママさんと、さだまさしファンの常連さん。店内にはさださんの写真やら色紙やら、とにかくさだまさしファンならば時を忘れて夢中になってしまう(笑)。

店内にはギターも置かれていたので、拙いながらもぽろぽろ弾かせていただいた。

楽しい宮崎の夜のひと時だった。

明日は朝から講演だ。

宮崎の皆さん、よろしくお願いします!!

2010/09/18

肉祭り

肉祭り
肉祭り
美味し!!

しもふり亭

しもふり亭
しもふり亭
しもふり亭
宮崎牛!!

サッポロ・クリーミーホワイトのCM

テレビから流れてきたギターの音色と、「あ〜あ〜あああああ〜あ〜」のお馴染みの歌声。

さだまさしさんの『北の国から』。

そのギターを弾いているのが、坂元昭二さんだ。

先週、総社のライブでその収録についてお話ししていたが、つい今し方、ホテルのテレビで実際のCMを見ることができた。

坂元さんの弾くGのコードのアルペジオが聞こえてきたのて、原稿を書く手を止めて思わず見入ってしまった。

坂元さん!!

ギター、ばっちり入ってましたよ!!

重乃井

重乃井
重乃井
重乃井
ホテルに荷物を置いてから、宮崎の釜揚げうどんの名店・重乃井へ。

宮崎県出身のギタリスト・坂元昭二さんから「宮崎に行ったら、ここのうどんを食べなきゃ」と前々から勧められてはいたのだが、今回ようやく念願が叶った(泣)。

ここは長嶋監督をはじめ、スポーツ選手やら芸能人やら著名人がたくさん来店していて、店内には記念写真がずらりと並んでいる。

あ、こうして日記を書いていたら、なぜか流れてきたBGMは僕が大好きな角松敏生さんの『TOKYO TOWER』(笑)。

とりあえず「魚すし」(200円)を食べながら、釜揚げうどんが茹であがるのを待つ。

Boarding

Boarding
Boarding
今から福岡空港を出て宮崎に向かう。

それにしても、バス移動とは…。これまで何度か福岡空港から宮崎空港まで飛行機に乗ったけれど、バス移動は初めてだ。
(-_-;)

やっぱり、僕はどうも飛行機が好きになれない。手荷物を預けるときも、ゲートをくぐるときも、悪いことは何もしていないのに、あれこれ調べられるし、ポケットの中のものも全部出さなきゃならない。

Two and a half hours

Two and a half hours
帰宅したのが4時過ぎで、旅支度をしたり何だかんだで寝たのが5時近く。起きられるかどうかが不安で寝られない(泣)。

目覚ましをかけて起きたのが7時半。約2時間半の睡眠。眠くてだるくてたまらない(泣)。

おまけに昨夜から背中が痛む。筋肉痛になる原因がさっぱり分からないが、夕方、銭湯のジェットバスを使ったのが原因だろうか(爆)。

仕方ない…。

宮崎に着いたらホテルのスパで垢すりマッサージでも頼むとするか(笑)。

2010/09/17

At a loss what to do

とりあえず、ゆうべ3時過ぎまでかかって一つの原稿は終了。


さぁ、次だ次ぃーっ!!
(-_-;)


で、明日から宮崎に行くわけだが、そのまま19日に宮崎→浜松、さらに20日日には浜松→名古屋なので、荷造りが問題だ。

来週の木曜日まで岡山に戻らないので、その間に必要な荷物を2つのキャリーバッグに詰める。

本当は2つとも宅急便で送りたいが、1つには毎晩使うCPAPが入っているので、持ち歩かねばならない。おまけに今回はスーツも入れなくてはならないので、普段より大きいキャリーバッグを持ち歩き、小さなキャリーバッグをとりあえず浜松のホテルに送ることにした。

つまり、

〈18日→19日〉
大:岡山→宮崎→浜松
小:岡山→→→→浜松

となるわけだ。

そして、日曜日に浜松のホテルで荷物を入れ替えて、大きいキャリーバッグを名古屋のホテルに送り、小さなキャリーバッグを持って浜松から名古屋に移動することになる。

嗚呼、ややこしや(泣)。

さて、宅急便を出しに行くか…。

今日はこれから宅急便→某社に原稿提出→郵便局→SES→執筆…


そして僕は途方に暮れる…(泣)。


ひゃっほほう!
  _ _
  ( Y )
  / | 丶∩
 / / ̄ ̄ 丶
`/ /●  ●|
( | (_●_)ミ
| 彡、|∪|ノ
|   丶ノ ⌒\
丶     /\ \_
 \   /  (___)
  \  |  (  _)
   \ \_/ /
    \__/

2010/09/16

No time to lose

24分遅れで岡山に到着。夕方からSESの授業だ。

21日〆切の原稿が山ほど(文字通り山ほど)あるが、18日から19日は宮崎で、19日にはそのまま浜松に移動し、20日は浜松で授業になるので、今日・明日中に何とかケリをつけなくてはならない…。

ぐずぐずしている暇はない…(泣)。

After all…

結局、25分遅れで名古屋を出発。

遅れの余波か、車内は結構混んでいる。

京都には24分遅れで到着。

とりあえず、岡山まで原稿ひと仕事。

It can't be helped.

It can't be helped.
仕方がないので、名古屋駅で買った「ジンジャー焼き弁当」をホームのベンチに座って食す。鶏肉の生姜焼き。美味し。栗ご飯と梅じゃこご飯もしみじみ美味し。

さて、そろそろ来るかな…。

Delayed about 26min.

Delayed about 26min.
新幹線の名古屋駅ホーム。「小田原駅にて車両点検を行ったため、一部の列車に10〜40分の遅れが生じています」の表示。

僕が乗る予定ののぞみは11:53発だが、改札で尋ねたら26分の遅れだとか。

今日、移動がある皆様、お気をつけて。

2010/09/15

雨の水曜日

雨の水曜日
雨の水曜日
昨日は一日中、名古屋校舎で授業。

今朝も9時から名古屋校舎で3コマ。

まだ2週目で体が慣れていないせいと、ゆうべは3時まで原稿と格闘して寝不足なので、ちょいと頭がぼんやりする(泣)。低気圧のせいもあるかもしれないが。

こんな時は…


そう…


喰うべし!!(爆)

花月でラーメンとにんにく豚ご飯を喰らう。

美味し!!


ラーメンにも生搾りにんにくを入れた…

…あ。
(-_-;)


ごめんなさい…


四日市の皆様、今日はにんにく臭いかも(泣)。

2010/09/14

速報

民主党代表に菅直人が再選。党員・サポーターが51対249。地方議員が40対60、国会議員が400対412。

2010/09/13

プレイボーイ

プレイボーイ
…といっても石●純一さんとか、●●●●さんのことではなく(汗)。

先週、秀英予備校でご一緒させていただいている、英語の三浦淳一先生からメールが届いた。

「次の月曜日発売の『週刊プレイボーイ』に登場します。現代文の鶴見先生も出ます。」


おお!!三浦先生、とうとうグラビアデビュー!?おまけに、鶴見先生と一緒…

…ってことは…


…ひょっとして、二人で絡みのグラビア!?(爆)

先ほど、新神戸駅で乗り換えた際に売店で入手した。

…さて 、どの記事だ…?目次に目を通す。


「小沢一郎が目論む『民主党解体』『政界再編シーズン2』」

…なわけないし(笑)。


…おっ!これか!?


「ヌルトーク!!」
「帰ってきたOL萌え萌え倶楽部」
「残暑スッキリ風俗ルポ」


…いやいや、違う違う(笑)。
(-_-;)

ふと目に留まったのが「職業選手名鑑」(76ページ)。

開けてみると…


おお!!ビンゴ!!

「職業選手名鑑2010 第36回【予備校講師】」

7名の先生方が登場している。何と年収まで公表(笑)。へぇ〜…予備校講師ってこんなに稼ぐのかぁ(爆)。

おまけに、禁断の覆面アンケート「生徒に告白されたことがある?」で7名中6名が“YES”と回答。へぇ〜…予備校講師ってこんなにモテるのかぁ(爆)。

思わず、“NO”の一人が誰なのか考えてしまった(笑)。

なかなかシビアな現実も書かれていて興味深い。

是非ご一読下さい。

岡山→浜松、そして原稿地獄(泣)

岡山→浜松、そして原稿地獄(泣)
今週は秀英予備校での後期第二週目。暑さはだいぶ和らいだものの、まだ汗だく(泣)。

今週は原稿地獄のため、空き時間もひたすらパソコンや原稿と睨めっこの予定(泣)。

はひぃ。
(-_-;)

来週の火曜日〆切の原稿が3種類もあって、ゆうべも遅くまでファミレスでパソコンに向かっていたが終わらず…(泣)。

おまけに今週末は宮崎に行き、日曜日にはその足で浜松に向かうため、来週の火曜日〆切と言っても、実質的には金曜日が〆切みたいなものだ。
(-_-;)

やらねばならぬ。


写真は、岡山駅のスパーで買い物をしていた時にみつけた謎のドロップス(汗)。


「ホルモンうどん風ドロップス」

「デミカツ丼風ドロップス」


他にも「吉備団子風」「讃岐うどん風」「広島焼き風」など中四国の名物料理を名前に使ったものがあった。

残念ながら味見はしていないが、とりあえず、誰かに被験者となっていただこう(爆)。


ただ、惜しいのは、この販売者が何故か北海道石狩市の会社である、ということだ。

何故、こんなに面白くてシンプルな企画(勿論、製造には工夫が必要だと思うが)が、ご当地岡山の企業から出てこないのだろうか…?

2010/09/12

続々・坂元昭二ライブ in スタジオ・ザ・ブーン(総社市中央)

続々・坂元昭二ライブ in スタジオ・ザ・ブーン(総社市中央)
続々・坂元昭二ライブ in スタジオ・ザ・ブーン(総社市中央)
いやはや、坂元さんのギター、相変わらずの凄さ…。何時もながら、ギター一本で飯を食う、ということの意味を、まざまざと見せつけられる。

残念ながら、途中、機械のトラブルで『ミストラル』がほんの少し中断してしまったが、それでもその後の演奏は、その中断をフォローするかのように、一層、指使いに凄みが感じられたように思える。坂元さん御自身が作られたとは言え、あの複雑な曲をよくあれだけの速さで正確に弾けるものだとつくづく思わされる。


僕と坂元さんの出会いは今から14年前。1996年の春だったと思う。実家に帰省した時に、近所にある行きつけのショットバーで飲んでいたら、そこに坂元さんがひょっこり現れた。

Σ(・◇・;)

もうその時は驚いたの何の…。


「さ…坂元昭二さん…ですよね?」
「そうです。」
「ええええぇ!!」
(@_@)

…という感じだった(笑)。

僕は中学生の頃からさだまさしさんのファンになり、コンサートにもよく行っていたから、当時、さださんのバックでギターを弾いていた坂元さんのことはよく知っていたし、さださんに憧れてギターを弾き始めたから、坂元さんの弾くフレーズも当然コピーした。もっとも、今思えばコピーした「つもり」になっていただけで、到底ご本人の音には足元にも及ばないが(笑)。

坂元さんの書いた本(『明日風が吹いたなら』)も買ったし、その出版記念サイン会にも行った。1986年の3月に、千葉のヤマハホールで、さださんのバックバンド「亀山社中」が単独ライブを行った時には、坂元さんがポール・サイモンの『アンジー』というインストゥルメンタルの曲を演奏し、それに感動して、その曲の楽譜を探して買い、僕も挑戦した。

このヤマハホールでのライブの時に、亀山社中のメンバー全員に書いていただいたサイン色紙が実家にあったので、慌ててそれを実家に取りに行き、坂元さんに見せたらご本人もビックリされたご様子(笑)。

10年前に書いたサインをいきなり見せられたら、そりゃ驚くだろう(爆)。

坂元さんはその時、既にさださんのバックからは退いて、ソロ活動を始めていた。また、TSUKISHINというシンガーソングライターと一緒にライブをやるというので、大阪までそのライブを見に行って、打ち上げにも参加させていただいた。それ以来のお付き合いになる。

それから坂元さんが岡山県内でライブを行うことになり、そのブッキングやらチケット販売やらを手伝うようになり、ある時にはPAまでやるようになり(笑)、客兼スタッフのようなお付き合いをさせていただいている。

僕は、今回のライブの運営には一切タッチしてはいないが、たまたまスケジュールの都合がついたのと、近くということで、足を運ぶことが出来たのだ。


アンコールでは客電を灯し、坂元さんの演奏に合わせて、お客さんみんなでフォークソング大合唱。写真はその時の風景だ。


終演後は撤収作業をお手伝いし、坂元さんと機材を乗せて倉敷に移動し、かたつむりさんで打ち上げ。

オープニング・アクトを務めたLU-NAさんと妹尾美穂さん、スタジオ・ザ・ブーンのオーナーご夫妻も参加しての賑やかな打ち上げだった。また素敵な人たちとの人の輪が広がった。


皆様、お疲れ様でした!
(o^∀^o)

2010/09/11

続・坂元昭二ライブ in スタジオ・ザ・ブーン(総社市中央)

今回のオープニング・アクトは、ボーカリストのLU-NAさんとピアニストの妹尾美穂さん。

19時、開演。

まず、ピアノの妹尾さんの演奏から。

グランドピアノの美しい音色が会場内を包み込むと、空気が一変する。

続けて、LU-NAさんの歌。伸びやかな歌声だ。

妹尾さんの伴奏で4曲歌って終了。MCが初々しかった(笑)。

そして今から坂元さんの演奏開始。

坂元昭二ライブ in スタジオ・ザ・ブーン(総社市中央)

坂元昭二ライブ in スタジオ・ザ・ブーン(総社市中央)
坂元昭二ライブ in スタジオ・ザ・ブーン(総社市中央)
坂元昭二ライブ in スタジオ・ザ・ブーン(総社市中央)
地図と睨めっこしながらようやく会場に到着。

着いたらリハーサルの真っ最中。

会場はこのように高低差があって、すごく新鮮な印象を受けた。

間もなく開場だ。

2010/09/10

天一・倉敷店

天一・倉敷店
ようやく行けた、天下一品・倉敷店。

うむ。美味し!!

…ただ、一つ思ったのは、店の雰囲気。新しいせいもあるけれど、明るくて上品すぎる(笑)。BGMはジャズだし…何だか落ち着かない(爆)。
(^_^;)

あと、カウンター席がかなり狭苦しい感じがするのが難点か。

2010/09/09

坂元昭二ギターソロライブのお知らせ

僕のお友達(というよりギターの師匠(^_^;))で、さだまさしさんのバックバンドで17年に渡ってギターを弾いていたギタリスト・坂元昭二さんのソロライブが、今週末、岡山県内2ヶ所で開催されます!


▼9月11日(土)総社 スタジオ・ザ・ブーン
 18:30開場 19:00開演
 予約・前売り2.500円 当日3.000円 高校生以下1.000円引き(1D込)
 総社市中央3-13-117  tel 0866-93-9781
 OA:Lu-na(昨年度岡山エンターテイメントチャレンジのグランプリ受賞ボーカリスト)&妹尾美穂(ピアノ)


▼9月12日(日)津山 たる
 19:00開場 20:00開演 
 予約・前売り3.000円 当日3.500円(D別)
 津山市戸川町46-1(邪美館さんの真向かい) tel 0868-32-9322
 OA:K・Y (keiちゃん&いけだぁ君)

心を洗われる美しい音色と、卓越したギターテクニックを是非ご堪能下さい!
(o^∀^o)

モツ鍋

モツ鍋
モツ鍋
昨夜は新栄にてモツ鍋祭。しこたま飲んで喰って語る。楽しいひととき。

お付き合い頂いた皆様、ありがとうございました。
m(_ _)m


今は岡山に移動中。昼飯は名古屋駅で買った出汁巻き卵弁当。ゆうべ飲み食いしすぎたので、今日・明日は控え目に…。
(-_-;)

夕方からはSESの授業なので、岡山に戻ったらすぐ倉敷に向かう予定だ。

2010/09/08

四日市へ!!

四日市へ!!
台風の進路、気がつけばかなり名古屋に近くなっていた。

先ほど静岡で熱帯低気圧に変わったと報じられていたが、関東では雨はまだ降り続き、浸水などかなりの被害が出ているようだ。

==========
今朝も9時から名古屋校舎で卒生の授業。午前中はかなり風雨が強かった。

午後の授業が終わる頃には雨も止んで、かすかに青空も見え始めた。

千種駅前の日の出らーめんでガッツ麺を食べてから、宿に戻ってシャワーを浴び、着替えて四日市へ。名古屋駅では、東海道新幹線が一部不通とのアナウンスが流れていた。

今日からいよいよ四日市校舎でも後期授業開講だ。さあ、気合い入れて頑張ろう!!

2010/09/07

名古屋へ!!

名古屋へ!!
昨夜は、浜松校舎での授業が終わり、新幹線で名古屋へ移動。

浜松駅前のコンビニで枝豆1袋、カニかま1つ、食べるラー油で仕上げる蒸し鶏サラダ、おにぎり1つ、野菜スティックを購入し、車中にて食す。

夜は極力、粗食にせねば…。

名古屋で在来線に乗り換えて千種へ。途中、通り魔事件があったばかりの金山駅を通った。亡くなられた方のご冥福をお祈りした。


==========
今朝は9時から卒生の授業が3コマ。

昼は千種駅近くの韓国料理店で照り焼きピピンバとミニ冷麺のセット。美味し!

夕方から現役生の授業を2コマ。


靴擦れが痛くて辛い(泣)。

さて、今から夕食。今夜はコンビニの冷凍枝豆3袋の予定(爆)。

2010/09/06

浜松へ!!

浜松へ!!
浜松へ!!
今日から秀英予備校での後期レギュラー講座開始。

受講生の皆様、スタッフの皆様、よろしくお願い致します。
(o^∀^o)

浜松に向かう新幹線の車内で教材を仕上げてメールで浜松校舎と四日市校舎へ送信。
ε=ε=┏( ・_・)┛

ちなみにこれが昨日フォーエルで買った「訳あり品」大特価のスーツ。
(^_^;)

ね、地味でしょ?
(-"-;)

2010/09/05

添削と洗濯

添削と洗濯
「添削と洗濯」

早口言葉みたいだ。試しに早口で3回繰り返そうと思ったら噛んだ(泣)。


いよいよ明日から秀英予備校での授業が始まる。後期全12回。毎回、命と体重を削りながら(爆)、全力で行くぞ!

今日はその準備。必要な荷物をケースに入れて送らねばならないので、まずは洗濯から(笑)。

洗濯の間に、フォーエルで買い物。地味なスーツ(笑)を2着とスラックスを2本。スーツは1着のつもりだったが、「難あり商品」(裾上げ済み)で安く売られていたものを試着したらぴったりだったのですかさず購入(爆)。だって、上下で5,250円だったんだもん(笑)。
(^_^;)

その後、英作文の添削。夏期講習の文法応用クラスで行った演習課題で、明日から返却の予定になっている。

後期は、文法の応用クラスで毎回、英作文の添削課題を出す予定なので、その準備も着々と進行中。

文法の標準クラスでも復習用の課題を用意し、読解クラスでも演習課題や解説補充プリントを出すつもりでいるので、準備におおわらわ(汗)。作業を急ピッチで進めねばならない。

某社の原稿も沢山あるし、テーマゼミの原稿やら冬期講習の教材やら作らねばならないものが山ほどある。気づけば今月は毎日が自転車操業だ(爆)。

どうしよう…
(-_-;)


まずは…


寿司でも食って気持ちを落ち着けねば(爆)

2010/09/04

英語力補完計画・更新(2010/09/04)

英語力補完計画の記事を更新しました。

英文読解力補完計画[003-1](2010/09/04)
http://eigohokan.blog112.fc2.com/blog-entry-47.html
英文読解力補完計画[003-2](2010/09/04)
http://eigohokan.blog112.fc2.com/blog-entry-48.html
英文読解力補完計画[003-3](2010/09/04)
http://eigohokan.blog112.fc2.com/blog-entry-49.html
英文読解力補完計画[003-4](2010/09/04)
http://eigohokan.blog112.fc2.com/blog-entry-50.html

是非ご一読ください。
(*^-^)b

決戦、第3新東京市

決戦、第3新東京市
決戦、第3新東京市
決戦、第3新東京市
昨日、SESの生徒さんからいただいた箱根土産のお饅頭。


…(^_^;)


スゴい…


包装紙だけでも感動モノ(笑)。

箱にもこだわりがあり、蓋にはNERVのロゴ、箱本体はDVDのパッケージと同じデザインになっている。

いつも思うのだが、エヴァの関連グッズって本当に洒落たデザインだなぁ。

シンプルだけどインパクトがある。

2010/09/03

講師-園・結果発表

アルス工房主催の講師発掘オーディション・「講師-園」の結果が発表されました。


【優勝】
英語部門…徳村秀樹先生
数学部門…中村一郎先生


徳村先生・中村先生、優勝おめでとうございます!

また、参加された全ての先生方、審査してくださった皆様、アルス工房のスタッフの皆様、お疲れ様でした!


実は、結果については既にアルス工房さんから電話で連絡を受けていたのですが、英語については一位・二位・三位とも全て得票率が数%以内の僅差であったとのことでした。

もちろん、僅差であっても負けは負け。それは厳然たる事実ですが、三割もの方が自分を支持して下さったということは、本当に有り難く、心から御礼申し上げます。

また、今回のイベントで、自分がこれからやらねばならない課題もはっきり見えてきましたし、これからも更に勉強を続けて新しいものを作り上げる意欲がわいてきました。

実は、途中、精神的にものすごく落ち込んだ時があって、見かねた親しい知人から「そんなに胸を痛めるのであれば、出なければ良かったのに…」と慰められたこともありました。

もちろん、出たことに後悔はしていませんが、もっとやっておくべきこともあったとあとから反省したことも多々ありました。

とは言っても、それはこれからやっていくべき新たな課題になったわけですから、そういう意味では、あえて自分を厳しい立場に追い込むことで得られたものも大きかったと思います。多分、講師-園に応募していなければ、自分は現状を正当化するだけで前に進むことがなかなかできなかったでしょうから。

何より、秀英予備校の講師・スタッフ・生徒の皆さんや、SESの生徒さん・OB・OGの皆さんから温かい励ましを頂戴し、自分は何と幸せ者なのだろうかとつくづく感じました。


また、メルマガにも書きましたが、ファイナリストの徳村先生・山下先生には深く感謝申し上げます。お二人にひけをとらぬようにという一心でここまで頑張ることができましたし、ぐうたらな僕にお二人の存在が喝を入れて下さったのだと思っています。


唯一、優勝できなかったことに対する心残りは…


仲間の皆さんと焼肉祝勝会ができないことです(笑)。

(・_・;)あ。


焼肉残念会やりましょう(爆)。

レジュメ完成!!

19日に行う宮崎産業経営大学での講演レジュメがようやく完成!!どうにか今日の〆切に間に合った。
(^_^;)

今回は、講師-園のメルマガの原稿に書いた内容も組み込んだりしたので(もちろん、アルス工房さんにはちゃんと許可を取ってある)、講演レジュメとしては異例の、A4全44ページという大著になってしまった…(笑)。
(-_-;)

また、これまで書こうと思っていたことや作ろうとしていた語彙リストも新たに作成して組み込んだため、いつもより相当時間がかかってしまったが、その分、良いものが出来たのではないかと思っている。

このリストなどについてはいずれ授業でも活用することになるだろうし、いずれ英語力補完計画にアップするつもりだ。

さて、今日もこれからSESのレギュラー授業。頑張ろう!!

2010/09/02

今日からSESレギュラー授業

今日からSESレギュラー授業
今日からSESレギュラー授業
今日からSESレギュラー授業が再開。


コピー機の調子が悪いので、業者さんに来てもらうことにした。B4やA3の大きな紙をコピーしようとすると、何故か紙詰まりになってしまうのだ。


明日は、宮崎産業経営大学オープンキャンパスのレジュメが〆切なので、今日はおそらく授業の後も残業となるだろう。
(・_・;)


昨日、機種を変更した携帯は、以前と同じメーカーのものなので、割と使い勝手は良いが、まだ文字変換など慣れないところがある。また、携帯サイトの表示が前の機種に比べてぎこちないようにも思えるが、これも慣れれば解決するであろう。

それにしても、技術の進歩は凄まじい。前の携帯の三分の二ほどの厚さなのに、遥かに高性能になって、画面も綺麗なのだ。


もっとも、僕が撮るのはたいていこうした食べ物ばかりなのだが(爆)。

2010/09/01

ガナリーズ7周年おめでとうございます!

ガナリーズ7周年おめでとうございます!
行きつけのスナック…?バー…?よくわからんお店(笑)。


岡山市は中央町にある「ガナリーズ」が今日で7周年!!


おめでとうございます!!


わっしょい!
 わっしょい!//
   /■\
   ( ´∀`)
  //ニニニニ\
`/ /-((神輿))-\
@。@。。。。。。。。。。。@
∩ミ∩丶XXXXXXXX/∩
从 从‖=¥][¥‖从
 [幵幵幵¶¶幵]
`/■\ /■\/■\
(´∀`)□´∀)□∀`)
‖祭)]つ⊂L(ノ ))つ
〓二ノ) /(L〓|〓〓丶
し(_)(_(_)し"(_)

写真はマスターの中平さん。

ギター好きで、ガナリーズにはマーチンのD-18が置かれていたり…。
(・_・;)

だから、お客さんも音楽好きな人が多いし、カラオケもあるけれど、中平さんが生演奏でギターの伴奏をつけてくれたりもする。中平さんが忙しい時は僕が弾くこともあるが(爆)。


ちなみに、中平さんは、僕が通うスポーツジムのインストラクターでもあるので、ダイエットのお目付役になっていただいている(笑)。

これからも益々のご発展をお祈り申し上げます!

いよいよ9月

今年も3分の2が過ぎて、あと3分の1…。早いものだなぁ…。

SESの平常授業は明日から。秀英予備校の授業は来週からなので、今週は岡山に滞在(笑)。

今日は、19日に宮崎産業経営大学で行われるオープンキャンパスでの講演レジュメ作り。

気分転換に近くのスーパー銭湯でひと風呂浴びて、携帯の機種変に向かう。この携帯で書く日記も今日が最後か…。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »