« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009/07/31

千秋楽

名古屋校舎での5日間の講義が終了。

受講生・スタッフの皆様、お疲れ様でした!

ゆうべの肉祭りにも関わらず、今朝はどうにか起きて朝食を食べることができた(苦笑)。

よって、昼は軽くパンを4つほど(笑)。

今日は何だか緊張感が少し緩んだ感じがした。うーむ…。何故だろう。

明日はいよいよ、愛知学院大学オープンキャンパス。

晴れてくれることを祈ろう…。あ、でも、暑いのは勘弁してくれ〜(泣)。

2009/07/30

肉祭り@名古屋

肉祭り@名古屋
肉祭り@名古屋
ヽ(゜▽、゜)ノ

4日目

今日も…


orz

2009/07/29

3日目

また朝食食べそびれた…

orz
orz


仕方がないから昼前に千種駅地下の蕎麦屋で「ざるきしめん大盛」(920円)を食す。

実はこの店、昨日の昼に入ろうと思ったが満員で断念したのだ。

今日は11:20頃行ったのだが、後からどんどん人が入り、満員になった。10人も座れない小さなカウンターだけの店とは言っても、昼前にこの繁盛ぶりはなかなかのものだ。

そして、少し待たされはしたが、きしめん登場。うっかり写真を撮り忘れたが、駅の立ち食いのきしめんしか食べたことがなかったので驚いた。


太いのだ。とにかく。


幅は百円ライターより少し狭い程度で、厚さは透き通りそうなほど薄い。

口に含むと、ぴらぴらした食感が実に官能的で、噛むとコシもある。


美味し!!


完食。ざる2枚分を平らげた。

う〜む…これが本物のきしめんなのか…と感動した(笑)。


是非、また行ってみようと思う。

2009/07/28

訃報

シンガーソングライターの川村カオリさんが乳癌の転移により亡くなられた、とニュースで知った。享年38歳。

自分と同じ年齢で亡くなられたということにショックを受けた。まだやり残したこともいっぱいあるだろうし、何より、愛しい娘さんを遺して逝くことは、悔しかったことだろう…。

ご冥福をお祈りいたします。

2日目

ゆうべは1時半まで仕事をした後、就寝。

朝食を食べるために朝8時半にアラームをセットして起床

…してから二度寝…

目覚めれば9:50。朝食は9時半に終了。

…食べそびれた(泣)。
orz


近くでパンを買って校舎で食し、授業へ。

16:00〜16:30の休み時間に、目の前のド●ドムへ特攻(爆)。

ふぅ。落ち着いた。
(*´Д`)=з


あと2コマ。
頑張れ、俺(泣)。

2009/07/27

久しぶりの5コマ連チャン

久しぶりの5コマ連チャン
無事に名古屋に着き、校舎に向かう。荷物を置いてから喫茶店で予習の続き(笑)。


▼13:05〜14:25 設問形式別英文法…名古屋校舎では普段、読解の担当なので、生徒さんも僕も、お互いに新鮮だったかもしれない(笑)。

…が、初日だからと気張ってYシャツを着たら、汗だくつゆだく(泣)。あえなく1コマで着替えざるを得なかった(泣)。

▼14:40〜16:00 センター英語…BBS、講演と何度もしゃべった内容だけに、かえって中身が濃すぎるかも!?というくらい細かくしゃべったが、果たして生徒さんは受け止め切れたであろうか…(汗)。

この時点で、いつものごとくチョークだこがぷつりと避けて激痛が走る(泣)。コンビニで絆創膏を買って応急処置。

▼16:30〜17:50 読解応用…今日は言語論で客観式の問題。内容理解を重視した授業になる。

▼18:05〜19:25 読解標準…文法的精読の総まとめになる5日間。板書量も半端なく多く、指が(泣)。

▼19:40〜21:00 高2英文法応用…名古屋校舎では初めて受け持つ高校2年生。まだのんびりした雰囲気はあるが、やる気は十分ありそうだ。

授業のあと、宿に荷物を置いて、本郷亭でつけ麺大盛(950円)を食し、買い物をして宿に戻る。


さて…


明日の予習だ…。
(*´Д`)=з

3分の遅れ

結局、今朝4時半頃就寝。8時半に起床してシャワーを浴び、家を出る。

岡山駅に着くと、9:41発の上りこだまが9:43になっても出発していない。駅員に尋ねると、3分ほど遅れているとのこと。

下り線も遅れているようだ。

というわけで、僕の乗るのぞみも仲良く3分遅れ。やれやれ。
(*´Д`)=з

2009/07/26

明日から夏期講習

明日からいよいよ夏期講習に突入!

明日から金曜日までは名古屋校舎。土曜日と日曜日は愛知学院大学で講演。来週の月曜日から金曜日は沼津校舎と静岡校舎。

各校舎の受講生ならびにスタッフの皆様、よろしくお願いいたします!

今夜はこれから愛知学院大学のレジュメ作りと授業の予習。

さあ、頑張ろう!

練習

練習
東京ライブまであと2ヶ月を切った。

ライブの練習やら荷物の手配やら曲順決めやらあれこれやらねばならぬ。
(*´Д`)=з

でも、こうしてあれこれ準備しているときの高揚感がまた楽しいのかもしれない。
o(^-^)o

2009/07/25

ふと思い出して…

先日、久しぶりに、批評家・東浩紀さんの『郵便的不安たち』(朝日新聞社・1999年)を取り出して読んでみた。

その中にあるエヴァンゲリオンについての論考を読んでみたくなったからだ。この本を買った頃はまだエヴァを見ていなかったので、その論考を読んでもさっぱりわからなかったが、これほどハマった今ならよくわかるであろうから、と(笑)。

実は昔、大学院生の時に働いていた某予備校で、東さんと同じ曜日に同じ校舎だったことがある。

東さんも僕も英語の非常勤講師で、年齢もほぼ同じということで、講師室では何度か話をしたが、英語の話は全くせず、現代思想について語っていた。

…と言っても、僕は所詮、耳学問程度で、かたや東さんはジャック・デリダに傾倒しているバリバリの専門家。しかも、大学生の時から『批評空間』に原稿を書いている気鋭の論客だから、僕はといえば、背伸びをして知ったかぶりをするか、東さんがデリダについて熱く語るのをただ頷いて聴くだけだったけれど。

思えば当時はエヴァンゲリオンの最初のテレビ版が放映されたばかりで、きっと東さんはエヴァについて熱く語りたかったかもしれないが、当時の僕は全く関心がなかったので、今思うと実に残念だった(笑)。

東さんのスタンドポイントは、タコツボ化した趣味の共同体に風穴を開ける、というものであり、当時(1990年代)「面白い文化的な出来事は、むしろあちこちで起きていたと思うんですね。ただそれら乱立する趣味の共同体を横断し、俯瞰する視点がない」(前掲書、p.26)ことを何とかしたい、というものだと言える。

だから、彼の興味の範囲はエラく広く、かつ深い。

さて、同書の中で東さんは、1997年公開の映画・『THE END OF EVANGELION』の論評をしているが、この映画で最後に残ったのがシンジとアスカであることについて次のように述べている。


「彼女(=アスカ)は本当に重要なキャラなの。だってあの子は本来物語的にも形式的にも、『エヴァ』世界にとって唯一の異質な存在なんだぜ。」(同書、p.225)

「逆にレイはシンジ=庵野の分身にすぎない。彼女を選ぶということは、想像的に補完されること、アレゴリカルには『エヴァ』を見てオタク的自閉世界に止まることを意味する。ファンに綾波萌えが多いのは、結局そういうこと。だから『エヴァ』というのはいま振り返ってみれば、どうやってアスカ=外部に到達するかという物語だったわけで、その展開は庵野の自己否定/オタク否定と深く連動している。この点から言うと、『EoE』はもう感動的大団円。シンジも庵野も他者へ到達した。」(同書、p.225)


僕は、『エヴァンゲリオン』が「他者性」を巡る物語である、ということは理解していたが、アスカが「外部」であるということには気付いていなかった。その点だけでも、東さんの論考を読み直したことに大きな意味があったと思う。

だが、そうなると、現在上映されている『ヱヴァンゲリヲン』は、いったい何を巡る物語なのか、という疑問が湧いて来ざるを得ない。

二十世紀後期のエヴァンゲリオンを「旧世紀」だとすれば、この二十一世紀の「新世紀」ヱヴァンゲリヲンは何を主題としているのか。

共通して言えるのは、シンジ少年の成長を描いた物語である、ということなのだろうが、旧世紀が「他者との関わり」を主題としてシンジ少年の成長を描いたとすれば、新世紀では、他者との関わりがある程度解決されたものとして、シンジ(ならびにアスカとレイ)が描かれていると考えられる。

『破』でエヴァ初号機が暴走する契機となったのは、綾波レイを救いたいというシンジの強い願いであり、使徒に乗っ取られた参号機を倒すことを躊躇う場面では、アスカが中にいることを自覚していた(旧世紀では「人が乗っている」というだけで、それが誰なのかは後からわかった)。かたや、レイやアスカも他者のために何かを行う。

つまり、旧世紀では困難であった他者との心の交流が、既に『破』の段階で、ある程度クリアされているのだ。

だとすると、次に描くべき主題は何か。

旧世紀では使徒として描かれたカヲルが口にした「シンジ君、今度こそ君を幸せにしてみせる」という台詞。これは、裏を返せば、旧世紀のシンジが幸せにはなりきれなかったことを意味している。

何を幸せと思うか。それは人により様々であり、絶対的な幸せのかたちなどない。シンジにとっての幸せとは…?

例えば、漫画『碇シンジ育成計画』で描かれている、ほのぼのとした家族や友だちとの触れ合いなのか。

あるいは、大人になったシンジが誰かと所帯を持って育児に奮闘し、父親のゲンドウがお爺ちゃんとして孫を可愛がる風景なのか。

次作を観ないことには何とも言えないが、これが成長物語だとすると、大人になるときに誰もがぶつかる壁があり、それをいかに克服するかが描かれるのではないだろうか。

もちろん、一つの壁を乗り越えたところで、それだけで幸せになれるわけではないのだが。

新世紀版は、旧世紀版の「ループ」だという説がある。『THE END OF EVANGELION』の終わりから、あたかもロールプレイングゲームをリセットしたかのようにまた最初に戻り、物語が始まっている、という見解だ。僕自身もそれはある程度納得している。

ただ、それだけだと、シンジは永遠に14歳のままだ。これではまるで「ピーターパン症候群」である。

出口があるとすれば、シンジが大人になる、ということぐらいしかないのではないだろうか。そう、『ドラえもん』で、のび太が成長してしずかちゃんと結婚した姿を描いたように。

ただ、エヴァで描かれている大人は全員、子どもと対立する、「汚れた」姿である。

シンジにもっとも近いミサトですら、加持との関係において大人であることが描かれ、その狭間には厳然たる壁がある。

その「汚れ」を引き受けるのか、あるいは拒否した新たな大人の姿を描くのか…?

いずれにしても、次回作を観ないことには、何とも言えない。嗚呼、待ち遠しい(笑)。

2009/07/24

フライパンピラフ

フライパンピラフ
フライパンにバターを入れて、米3合を炒める。米全体が油を吸って透き通ったら、水600cc、固形コンソメ1つ、塩・胡椒少々、ミックスベジタブル・冷凍えび・ハムを適量入れて沸騰させる。

沸騰したら蓋をして弱火で20〜25分。火を止めて5分ほど蒸らして完成。

実はこのレシピ、昨日買った『食漫』という雑誌に載っていたもの。米2合での作り方だったので、分量を変えたが、水600ccだと少し米が固かった。とは言え、なかなか美味く仕上がった(笑)。

2009/07/23

タイムマシン

日本では46年ぶりの皆既日食。前回は昭和38年(1963年)。

僕はもちろん生まれていなかったが、僕の両親や祖父母は目にしたのかもしれない。

今度日本で皆既日食を見られるのは26年後。

その時僕は65歳。今の僕の母の年齢になっている。

昨日、一緒に日食を観察した長男は、その時38歳。今の僕の年になっている。

26年後の彼は、どこでどんな風に皆既日食を目にするのだろうか。

26年後の僕は、どこでどんな風に皆既日食を目にするのだろうか。

26年経てば、父は92歳、母は91歳。ひょっとしたら、既に鬼籍に入っているかもしれない。僕は、父や母をきちんと送ることが出来るのだろうか。

全てが移ろいゆき、変わり往く。太陽と月と地球の営みだけは、変わらずに続いているというのに。

2009/07/22

宇宙の神秘

宇宙の神秘
奇跡的に薄曇りの空から日が覗いた!!

ピンホールカメラ大活躍!!

せっかく作ったのに…orz

せっかく作ったのに…orz
せっかく作ったのに…orz
ダンボールで、ピンホール式観測器を作ったけれど…

岡山は分厚い雲に覆われとるがな…。

orz
orz
orz

2009/07/21

移動距離

18日…576km
19日…660km
20日…2km(笑)
21日…320km

この4日の合計
…1,558km

(*´Д`)=з

到着

数分遅れで岡山に到着。

僕はここが終着駅だからまだいいけれど、西に向かう人たちは大変だ…。皆、憔悴しきった顔で在来線ホームに急いでいた。

停止信号

「岡山駅下りホームに列車が停車中です。しばらくお待ち下さい。」


なら、上りホームにぶち込め!!(爆)

嫌な予告

のぞみ車内アナウンス。


「…なお、この先、天候、運行状況により、行き先が変更となる場合もございます。あらかじめご了承ください…」

新手のミステリー列車か!?

Σ( ̄□ ̄;)!!


どうせ変更になるなら、和歌山とか高知とか宮崎行きになってくれりゃいいのに(爆)。

行き先変更。

行き先変更。
行き先変更。
下り「のぞみ」は、どうやら新大阪で折り返しの上りを確保するために、軒並み新大阪で運転を打ち切っているらしい。

19:29発の博多行き「のぞみ49号」がどうにか岡山で運転打ち切りになったので、それに乗ることになった。

京都駅の窓口の若い男性係員に「乗る予定の列車が新大阪打ち切りになった」旨を告げたところ、その列車の発車時刻を過ぎていたにも関わらず、すぐさま岡山まで行く列車を調べて対処してくれた。

窓口の電光掲示板には、各列車の正規の行き先しか表示されていなかったので、事務室の裏に駆け出して、のぞみ49号が岡山まで行くことを確認して戻り、切符を変更してくれた。手数料もかからなかった(この状況で手数料を請求されたら間違いなくブチ切れたが(笑))。

ようやく列車が来た。僕の大嫌いなN700系だが、今日ばかりは我慢せざるを得ない(泣)。

岡山まで1時間…で着くかな?(苦笑)

さあ、トラブルの始まりです(泣)

さあ、トラブルの始まりです(泣)
ただいま京都駅に到着。

新幹線は「広島以西で不通」と掲示。ということは、岡山までは行けるはず。そう思って、福井で「京都→岡山」の「のぞみ」特急券を買って、京都に着いたら…。


乗る予定ののぞみが、「新大阪」行きの表示になっていた。

orz


駅員に相談すると、確実に座って帰るには、列車を変更するしかないとのこと。

そこで、とりあえず窓口に並ばされた。

さて、どうなるか。

「極」(きわみ)

「極」(きわみ)
「極」(きわみ)
カツ丼の「小川家」。チェーン店なのだろうか。

「極」は自慢の逸品とのこと。

福井豚と福井県産コシヒカリを使ったものらしい。おろしそばとのセット+ご飯大盛りで1230円。

肉にやや固い筋が混じっていたのが残念だったが、味は美味し。

…確か、5時間ほど前にも同じようなメニューを別の店で食べたな(笑)。

続・隠密行動

続・隠密行動
続・隠密行動
続・隠密行動
今日もこれから隠密行動…終了後、岡山に帰還予定。

2009/07/20

隠密行動

隠密行動
本日の移動距離、2km(笑)。

2009/07/19

がおー。

がおー。
がおー。
がおー。
昨日の移動距離、576km。
今日の移動距離、660km。

しめて1236km(笑)。

今夜の宿では恐竜がお出迎え。こんなのに襲われたらひとたまりもないな(笑)。

明日はこれだな…

明日はこれだな…
明日はこれだな…
店は違うかもしれないけれど…。

リッチ?

リッチ?
リッチ?
敦賀市「立地企業募集!」というポスター。

脳内で思わず「リッチ企業募集!」と変換してしまったwww

豪雨

豪雨
夕立だ!!雷もスゴい!!

暴走モード、突入

暴走モード、突入
暴走モード、突入
暴走モード、突入
宮崎空港で軽く食事をしていたら、あっという間に搭乗時間。


Σ( ̄□ ̄;)!!
お土産買ってない!


…。


orz


ま、次に行った場所のお土産で我慢してもらうか…(汗)。


さて、今日、ちょっとがっかりしたのが、この宮崎空港内の食事。

あの強烈な「炭火焼き」が味わえるかと思っていたが、出てきたのは鉄板焼き…。あれ?昔はごうごうと炎をあげて炭火で網焼きしていたのに…。

そう思って尋ねたら、「火災報知器が反応してしまって、炭火では焼けなくなった」とのこと。

うーむ…仕方がないけれど残念だ(鉄板焼きも美味かったことは美味かったが、やはりあの強烈な炭臭い味わいに比べると物足りなかった…)。

去年ほどではないが、今年もギリギリで飛行機に飛び乗り、伊丹空港へ。

ここから暴走モード突入予定。

宮崎産業経営大学講演終了!!

宮崎産業経営大学講演終了!!
宮崎産業経営大学講演終了!!
宮崎産業経営大学オープンキャンパスでの講演が無事終了!!ご来場の皆様、スタッフ・関係者の皆様、ありがとうございました!

今年は去年よりやや人数が少なかったものの、反応は良く、後半のリスニングでも集中力が途切れずに聴いて下さったようだ。

毎年、この講演が自分にとっての「季節の変わり目」のようになっている。これが終わると、僕の夏が本格的に始まるのだ。


…そう思いながら校舎を出ると、もうトンボが飛んでいた。もう秋の走りなのか?

今から飛行機で東に向かう。

宮崎の青い空ともしばしのお別れだ。また来年、来れることを祈りつつ。

いざ出陣!

ゆうべはしこたま飲んで宮崎の夜を堪能。実に賑やかで、岡山の夜なんて目じゃない(笑)。

今朝は6時半に起床。少し寝不足気味だが、2時間ほど部屋で支度をしたりぼぉっとテレビを見たりして過ごし、先ほど宿を出た。

今朝の宮崎は、雲がやや出ているけれど晴れている。

暑い(+熱い)一日の始まりだ。

2009/07/18

にくまき

にくまき
にくまき
…といっても、肉を巻き散らかすわけではなく。

肉巻き。宮崎発祥のおにぎり。

ホテルに着いたのが早くて、まだ部屋の支度が出来ていなかったので、ぶらりと散歩をしていて発見(※実は、宮崎名物「冷や汁」を食べたくて町をさまよったが、この時間帯に開いている店が見つからなかった…)。

堅めに握ったおむすびを、海苔の代わりに、焼いた薄切り豚肉でくるんだシンプルなものだが、なかなか美味し。普通の「にくまき」と「チーズにくまき」があって、いずれも一つ300円。写真はチーズにくまき。

宮崎は、他に、チキン南蛮、レタス巻きの発祥の地でもある。

さあ、今夜は何が食えるかな(笑)。

着いたぁ!

着いたぁ!
着いたぁ!
着いたぁ!
離着陸の時はかなり揺れたが、小さな機体でよく飛んでくれたね。お疲れ様!

空港出口では話題の知事がお出迎え。心なしか肩身が狭そうに見えた(笑)。

空港を出ると椰子の木。南国だぁ!!

うわ(・_・;)

うわ(・_・;)
ちっちゃ…

今から

今から
搭乗。

南へ

南へ
福岡空港。ただいま35℃。

西へ

西へ
岡山を出て、まずは博多に向かう。

ゆうべは結局、寝たのが4時半過ぎ…もう5時近かったと思う。

完璧に寝不足だが、気が張っているためかあまり眠気を感じない。

もっとも、しばらくしたら寝てしまいそうだが(笑)。

夏休み最初の連休だけあって、新幹線には家族連れがたくさん乗っている。

博多まで2時間弱の移動。しばしの休息。

あと7時間半…

あと7時間半…
今日はいよいよ宮崎に乗り込む日。あと7時間半後には新幹線に乗っている…

…のに、まだ平食で飯を喰ってる(笑)。

遠足の前の日は眠れない、ってのと一緒か(笑)。

先ほどまでSESで授業のあとひたすら明日の準備したり調べものしたりで、こんな時間になったわけで…。

さて、そろそろ帰って寝るか。

2009/07/17

流浪の民

先日、日本史の某先生から「コロニーな生活」という携帯サイトを紹介していただいた。

携帯のGPS機能を使ったゲームで、移動した距離に応じて「お金」(もちろん、ゲーム内でしか使えない)が支給され、それを使って自分の領土を拡大したり、設備などを購入してまちを作るというものだ。

SNSの要素もあり、あれこれ使い方も複雑だが、自分が移動した距離を記録できるという点で、僕のような人間にはうってつけである。

別に勝ち負けがあるわけでもなく、ペナルティがあるわけでもないので、急かされることもない。


15日は69km。
16日は406km。
17日は今のところ13km。

明日から宮崎なので、どれだけ移動するか楽しみだ(笑)。

複雑な心境と腹具合

SESからの帰り道、某ラーメン屋に立ち寄り、チャーシュー麺とチャーハンを注文。先にチャーハンが出てきた。チャーハンを食べ終える直前に、チャーシュー麺が運ばれてきた。

チャーシュー麺を食べようと思い、何気なくチャーシューの下にあるもやしをつまんだら、もやしの豆の皮が一つついていた。色が黒いからすぐにわかったのだが、箸でつまみ上げると…

Σ( ̄□ ̄;)!!

豆の皮のはずなのに、手足と触角らしきものが見えて、何やら縞模様が…。

(-"-;)

小さなゴキブリだった…。

orz
orz
orz

幸い、口をつける前だったから良かったものの、食欲半減…。


orz
orz
orz

すぐさま店員を呼んで指摘する。

「ちょっと、これ…」

丼の中を見てすぐに店員の顔色が変わり「すみません!すぐに作り直します!」となった。

カウンターに座っていたので、「さっき見たときはいなかった」と厨房でひそひそと話しているのが聞こえた。だから、「もやしの中に隠れてたよ」と教えてやった。こっちのせいにされてはたまらない。
(-_-#)

少し待って、二杯目が到着。やれやれ。これでもう一度入ってたらブチ切れるぞ(怒)。

先ほどの一杯目がトラウマになって、念入りにかき混ぜながら食す。うむ。今度はいないようだ。

途中、お詫びのつもりなのか、店員がウーロン茶を持ってきて「よかったら飲んでください」と置いていった。

ただ、やはり食欲は半減していた。いつもならスープまで飲み干すのだが、今日は無理だった。


そして、食べてからふと、あることに気付いた。


さっきのゴキブリは、果たしてもやしの中に潜んでいたのか…?スープの中だったらどうしよう(泣)。二杯目にも、もやしは入っていたけれど、しまっている所が同じだったら意味ねぇよなぁ…。

そんなことを思ったら気分が悪くなった。

orz

つまり、「作り直します」と言われた瞬間に、断って店を出れば良かったのだ。

そうすれば、こんな不快な気持ちにもならずに済んだのだから。


食べ終え、勘定をしてもらったら「ラーメンの分は(お代は)結構です」と言われた。「いや、それは申し訳ないから…」と言って固辞しようとしたら、「いや、本当にチャーハンの分だけで結構ですので」とのことだったので、そのようにさせてもらった。

ただ、さっきの謎が解明されていないのだから、いくらラーメン代をチャラにしてもらったところで気分が悪いのには変わりはないのだが…。


飲食業は、こういう事態があるのが怖いなぁ…。


実は、どういうわけか、僕はこの手のトラブルにしょっちゅう見舞われる。以前(かなり前だが)、静岡の某中華料理店では、チャーハンについてきたスープの中に半分になったハエが浮かんでいたことがあったし、以前ブログにも書いたが、セブンイレブンのソーセージおにぎりを食べたら、ソーセージの中から毛が生えていたし…。

orz

ひょっとして、「食わずにダイエットせよ」という、天の思し召しなのか…?

2009/07/16

三連チャン

1227124434_183
ゆうべは浜松での前期最終講義。

これにて秀英予備校での前期講義は全て終了!受講者の皆さんならびにスタッフの皆さん、お疲れ様でした!


ゆうべは兼ねてより数学のY先生を誘っていた「てりーずてりー」にて痛飲。残念ながらテリー中本さんにはお目にかかれなかったが、お店に置かれているテリーズカスタムギターを、Y先生と交替で弾いて満喫。写真はちょっと暗くて見づらいが、Y先生が撮ってくださったもの。

Y先生「いやぁ〜、こんなにイイ音が鳴るんだから、欲しくなっちゃいますよ」
山添「買っちゃえ買っちゃえ!」
テリーさんの奥様「申込用紙、持ってきましょうか?」(笑)

ちなみに、テリーズカスタムギター、今は一本117万円〜とのこと。

宝くじにでも当たらぬ限り、僕には買えそうにない。
(*´Д`)=з


…てなわけで、この三日間で三ヶ月分の酒を飲んだのではないかというくらいの勢いだった。


今週末はいよいよ毎年恒例の宮崎産業経営大学オープンキャンパスだ。梅雨明けの南国の空気を満喫してこようと思う。

今は新幹線で岡山に戻る途中。夕方からはSESの授業だ。

さあ、頑張るぞ!


2009/07/15

北の楽園からの誘惑

北の楽園からの誘惑
北の楽園からの誘惑
北の楽園からの誘惑
…と言っても、「我が偉大なる●●●指導者同志」の国にご招待…というわけではなくて。

ゆうべは、もとい、ゆうべ「も」授業の後、痛飲。どこで飲むか悩んだ挙げ句、クシゾーに集合(笑)。♂ばかりだったので、話が凄い(爆)。

今朝は授業が無かったので、チェックアウトぎりぎりまでホテルに滞在し、先ほどホテルを出て浜松に向かった。

静岡の松坂屋の地下で、つい心を奪われたのがこれ。

「かに・うに・いくら」


北の楽園が誇る最強の「三種の神器」である。

超一流の肥満児としては喰わないわけにはいかぬ。

散々迷った挙げ句、どうせ喰うなら蟹が一番多い「デラックス弁当」に、ということで購入。

新幹線車内にて食す。


美味し。

…ただ…


・うにが生ではなく蒸したものだった(持ち帰り弁当で生うには無理だが…)
・醤油が付いてなかったのでやや物足りない
・かにの身やご飯の味付けにもう一工夫欲しかった

という難点はあったが。


そして、当然と言えば当然だが、小樽の青塚食堂で食べた生のバフンウニのうに丼や、三陸の漁港で水揚げされたばかりの割りたての生うにの濃厚な美味さにはかなわないし、札幌の寿司屋で食べた、まるまる一匹を釜茹でしたたらば蟹にはかなわない。

こうしたデパ地下の弁当は、北の楽園に思いを馳せて食べる「代用品」なのかもしれない、と悲しくもなった…。

2009/07/14

おさんぽ

おさんぽ
おさんぽ
携帯のニュースで「関東甲信地方梅雨明け」との報。

道理で暑いわけだ…。

浅間神社まで歩いてそこからタクシーで美肌湯へ。

さあ、汗流すぞ!

おさんぽ

おさんぽ
おさんぽ
駅前〜大村洋品店で買い物〜浅間通り

Σ( ̄□ ̄;)!!…いつの間に!?

静岡でよく通っていた「魚とよ丸」という居酒屋が…無くなっていた…(泣)。

あそこのマグロのカマ、安くてデカくて美味かったのに…(泣)。これからはどこで食べれば良いんだ!?(泣)

Σ( ̄□ ̄;)!!…いつから!?

Σ( ̄□ ̄;)!!…いつから!?
今週は午前の授業がないので、ゆうべは授業の後、痛飲。実に楽しいひとときだった。

今朝は若干、酒が残っているようだったが、10時にはホテルを出なければならないので、朝食を済ませ、荷造りをしてチェックアウト。

千種駅でいつものように名古屋駅までの切符を買い、名古屋駅に着いたら、特急券を買って、途中下車扱いの〈岡山→静岡〉間の切符と3枚合わせて有人改札に向かう。

いつもならここで「はい、お通りください。静岡で下車の際も有人改札をご利用ください」と言われるのだが、今日は…

「3枚重ねて自動改札にお通しください」


え!?
(・_・;)


本当に通るの…?


…通らなかったら何て文句言ってやろうか…(笑)。


…通った…。
( ̄○ ̄;)


今まで有人改札を通っていたのは何だったんだ!?いつからこんなことができるようになったんだ!?

そもそも、何故、今まで他の係員は気付かなかったんだ!?
(-"-;)


うーん。釈然とせぬ。
(-"-;)

今日は夕方から静岡校舎で最終講義。終わったらまた酒(笑)。

ま、たまにはこんな週があっても良いよね…。
(^_^;)

2009/07/13

味覚

味覚
年とともに味覚ってぇのは変わるもんで。

あっしゃぁ、小せぇ頃は高野豆腐ってダメだったんですよ。何だか、お袋の化粧スポンジかじってるみてぇでさ(笑)。

それが今じゃぁ「食欲の無いときはまず高野豆腐をかじって、中にたっぷり染み込んだ出汁を味わえば腹の虫も動き出す」ってな調子で、オードブル代わりに高野豆腐ってくれぇで。

元は、凍った豆腐を、寺の坊さんが勿体ねぇってんで食べてみたら美味かった、そっから「凍み豆腐」になった、なんてェ話も聞いたことがあるけれど、まあ、昔の人の知恵ってぇのは、てぇしたもんだぜ。


…てなわけで、暑くて食欲のない今日のような日は、まず高野豆腐を一口。

それから「春雨サラダ」。梅雨時なのに春雨ってぇのはいかがなもんかと思いきや、これがまた、酸味とごま油の香ばしい香りで食欲に火をつける。

具は、千切りにした薄焼き卵、胡瓜、水菜、煎り胡麻と至って単純だけど、春雨のつるりとした滑らかさと、野菜のシャキシャキした食感が絶妙で、これまたさらりと完食だ。

さあ、これでオードブルはおしめぇだ。いよいよメインの「生姜焼き弁当」だ。

やっぱりね、生姜焼きって言ったら、豚肉ですよ。豚肉。共食いだぁ?ふざけたこと言っちゃあいけねぇよ。

あっしは豚じゃなくて牛だからね(笑)。いや、カバかもしれねぇが…。

濃い目の味がついた生姜焼きを一口含み、白い飯をほおばると…口ん中はもうパラダイスってなもんだ。

冷えた白い飯ってぇのも実に美味いもんだ。甘みがあってさ。

ああ、美味かった。


さて…

…デザートのサラミでも喰うか。

ほんの出来心だったんです…

ほんの出来心だったんです…
ほんの出来心だったんです…
だって…だってさ…。あの番組がいけないんだ…。頭の中が親子丼…。おまけにその後の番組で「京料理」で「ダシ」がどうのこうの…って(泣)。だから…だからさ…。それに、調べたら「な●卯」って24時間営業だから…(泣)。

2009/07/12

鍋は揺すらない。

「どうしても食べたい!日本の丼BEST 10」を見ていたら、第5位で「玉ひで」の親子丼を紹介していた。まだ食したことがないので、いつかは…と思うのだが。

もも肉6貫と胸肉4貫。煮卵と半熟卵は8:2。ふわとろ。

第6位では、小樽の料理民宿「青塚食堂」のうに丼が。ムラサキウニ(時価・6月25日=2,580円)とバフンウニ(時価・6月25日=3,380円)の二種類がある。

実は、数年前に青塚食堂でバフンウニのうに丼を食したことがある。感動的な美味さであった。確かその時の値段も3,000円前後だったように記憶している。

だが、それ以上に驚いたのが、「にしんの丸焼き」である。腹に数の子を入れたまま、炭火でじっくりあぶったもの。

これこそ、北海道ならではのダイナミックな食べ方と言える。

この番組では他にも「はちきょう別亭」のイクラ丼、帯広の豚丼などが紹介されていた。

三島にも、行列のできる鰻丼の店・「うなよし」があるそうだ。


嗚呼…食べたくなってきた(笑)。

久しぶりの練習

5月3日のSee Ya!ライブ以来、久しぶりに練習に参加。

す〜っかり曲を忘れてる(泣)。

3時間延々と弾いていたら徐々に思い出した。

本番までに完璧にしなければ…。
(^_^;)

2009/07/11

隠密行動

隠密行動
隠密行動
ニンニン。

2009/07/10

YH

今朝は雷の音で目が覚めた。

土砂降りの雨。晴れの国も梅雨には勝てぬか。

10時から歯医者の予約をしていたので、雨の中、外出する。

歯医者の後、所用で市内を車で走っていたら、ある風景が違っていたのに気がついた。

以前、岡山県青年会館ユースホステルがあった場所に、住宅が建っていたのだ。

調べてみると、既に去年の春に営業を停止していたらしい。

僕はこの岡山県青年会館ユースホステルには宿泊したことはないが、中学生から高校生の頃はユースホステルを使ってよく旅をしていた。

特によく訪れたのが、仙台の道中庵YHだった。多分、通算で30泊近く泊まったと思う。

もともと「鉄」だったので(笑)、最初は鉄道乗り歩きが目的だったが、ユースホステルに泊まるようになってから、旅の他の楽しみも知るようになった。

ユースホステルが他の宿泊施設と異なる最大の点は「他の人との交流」が気軽にできることである。

「ミーティング」といって、夕食の後、宿泊者が集まってお茶を飲んだりゲームをして交流を深める、というのがユースホステル独特のスタイルだった。

また、外国人の宿泊客も多く、世界中にユースホステルのネットワークができているから、日本を旅行する海外からのバックパッカーにとって信頼できる宿でもある。

だが、時代とともに「他者との交流」を煩わしく感じる人が増え、ミーティングは下火になったと聞く。

宿泊費が1泊3,000円前後と安い代わりに、飲酒禁止(現在は節度ある範囲内で解禁)、個室ではなく相部屋(現在は個室が増加)、夫婦でも男女別室(現在は「家族部屋」があるところもある)、寝具や配膳はセルフサービスが基本、と様々な制約もあり、ユースホステル離れが続いたようだ。

確か僕が中学生の頃は500以上あったはずだが、現在は約300程まで減少している。

ただ、新しく現代人のニーズに応えるようなユースホステルもできているようだし、逆に、不景気で殺伐とした時代だからこそ、ユースホステルの良さが見直されてきているのではないだろうか。

岡山市内に唯一のユースホステルが無くなったということは、外国人バックパッカーが岡山で泊まれる宿が無くなったことに等しい。

寂しいが、仕方が無いのかもしれない。

2009/07/09

つゆだく

今朝はどうにか起きて、ギリギリで朝食バイキングにありつけた(苦笑)。

朝…と言っても昼に近いが…からガッツリ喰らう。

チェックアウトギリギリに宿を出て、岡山に戻る。

ねっとりとした空気が体を包み、ホームに立っているだけで体がじめじめしてくる。まるでミストサウナに入っているようだ。

元来汗っかきなので、おでこは汗だく。むしろつゆだくか。

僕のおでこは、どうやら汗腺が右側に集中しているようで、左右非対象な汗のかきかたをする。右のおでこは、まるで蛇口が壊れた水道のように、汗がとめどなく流れ出てくるのだ。

新幹線に乗ったらようやく落ち着いた。

やれやれ。
┐(´ー`)┌=3

誤訳と愛情

昨日は、テレビでMichael Jackson氏の追悼式典の様子が繰り返し報じられていた。

その中でなされた娘のParisさんのスピーチは、

"Ever since I was born, Daddy has been the greatest father you could ever imagine, and I just want to say I love him so much"

だった。

日本語に訳せば、「私が生まれたときからずっと、パパは想像しうる限り最高の父親で(あり続けま)した。そして、私がただ言いたいのは、私がパパのことを大好きだ、ということです」ぐらいになるだろうか。

今朝のワイドショーで、you could ever imagineの部分をコメンテーターが誤訳し、「想像以上に」と言っていた。そして、「世間で思われている姿とは違っていたのでしょうね」などとコメントしていたが、これは誤訳と思い込みに基づいたまったく見当違いの恣意的なコメントとしか思えなかった。

無粋かもしれないが、文法的な解説をすると、以下のようになる。

the greatest fatherという〈最上級形容詞+名詞〉の後に関係代名詞thatをつけてS + Vというかたちをつなげたとき、このthat S + V~は「SがV~する中で」という意味になる。

たとえば、

This is the best book [that] I've ever read.

であれば、「これは、私が今まで読んだ本の中で最高の本です」という意味になる。

つまり、

the greatest father you could ever imagine

という表現は、「あなたが想像しうる中で最高の父親」という意味なのだ(ちなみに、couldは仮定法過去、everは「仮に(も)」という意味である)。

人により、思い浮かべる父親像はさまざまである。そうした想像上の父親を比べてみて、その中で最もすばらしい父親、という意味であって、「想像しているよりも」という意味ではない。

だから、「世間で思われている姿とは違っていたのでしょうね」というコメントは、故人を思う娘さんの気持ちを全く無視した大変失礼な暴挙であると言えよう。これではまるで娘さんが世間の人々を非難しているかのように受け止められてしまうのだから。

娘さんのコメントは、父である故・Michael Jackson氏への深い愛情にあふれていた。"Daddy has been the greatest father you could ever imagine"という短いフレーズの中に、それが凝縮されているのだ。彼女は決して、「想像以上に」などと世間を非難するようなコメントを出してはいないのだ。

2009/07/08

お口の中がインド洋やぁ〜!!

お口の中がインド洋やぁ〜!!
お口の中がインド洋やぁ〜!!
静岡校舎で英作文の授業が終わり、浜松に移動。

静岡校舎の近くにある店がいつも気になっていたのだが、今日、ようやく昼飯を食いに行けた。

「まぐろ丼SP」大盛り1100円也。

ネギトロと、ヅケにした赤身・中トロ・ビントロののった丼。酢飯か普通のご飯かを選べるので、酢飯にした。酢飯は熱いかと思いきや冷えており、ちょっと意外に感じたが、美味し。

マグロだからマクロでも撮ってみた…。

2009/07/07

卒生前期最終週

今週で卒生(浪人生)の平常授業は最終週となる。

夜が遅いから朝はかなり辛かったけれど(泣)、どうにか寝坊することもなく(笑)、今日は名古屋校舎で読解の最終授業。

今年は、応用と標準のクラスで特製の小テストを実施した。かなり面倒ではあったが、みんなが頑張っている姿に励まされてこちらも必死に作った。

今後は、補充問題+紙上解説講義を毎週配布できるようにしたいと思うのだが、果たしてそこまで手が回るだろうか…。

疲れると気力も萎えてしまうが、まだまだやれることがあるはずだし、気力を振り絞ってやらねばならないのだ。

少しでも、前に向かえるように。

馬車屋のビーフカレー

馬車屋のビーフカレー
昨日の昼は、たまたま通りかかって発見した「馬車屋」でビーフカレー中辛・大盛り920円也を食した。

具は牛肉・ジャガイモ・枝豆。

ジャガイモは粉ふき芋にした時のように芋そのものの香りが際立っているが、土臭さは全く無く、また、さっくりした歯ごたえも保っている。

牛肉も、口に入れたらふうわりとほぐれるものの、肉の旨味がしっかり味わえる。

美味し!

2009/07/06

わんだほくん

わんだほくん
わんだほくん
昨日の会場で活躍していた、東海テレビのキャラクター・わんだほくん。

「暑くないですか?」と尋ねたら、手を横に振って答えてくれた(笑)。

もう一枚は、いただきものの、昨日の講演風景。
真ん中のオレンジの物体がσ(^_^;。

2009/07/05

講演終了!!

5分ほど延長したけれど、無事に講演が終了した。

聴講者の皆様、ありがとうございました!

このあとはやることもないので(笑)、食事をして、あとは質問の受付をする予定。

講演会場

講演会場
講演会場
こんな感じ。

大学フェア2009、開幕!!

大学フェア2009、開幕!!
大学フェア2009、開幕!!
大学フェア2009、開幕!!
あと5分で開場!!

2009/07/04

あったまいてぇ

うーん…疲れてるんだろうなぁ。目の周りが重くて、軽い頭痛気味。

名古屋駅でマツキヨに寄ってバファリンでも買おうかと思ったら、閉まってた…(泣)。

我慢せにゃならんか…。この時間ならまだ校舎も開いてるだろうから、寄って「薬ありますか?」って聞いてみようかなぁ。
(-"-;)

慌てるとろくなことがない。

タクシーを降りて、携帯でエクスプレス予約を確認すると、20:09発ののぞみと20:33発ののぞみの両方を予約していた…。

orz

20:09発ののぞみに間に合わないかもしれないから…と思って、携帯で20:33発に変更したつもりが、実は変更ではなく新規の申し込みになっていたのだ(泣)。

とりあえず、20:09発に間に合ったので、その特急券を購入してから、20:33発の分を7日(火)に名古屋から静岡に移動する特急券に変更。これでキャンセル料を取られずに済んだ。
(*´Д`)=з

乗車券と特急券を持って改札へ。

切符を入れる直前に、乗車券が復路(静岡→岡山)のものであることに気付く。

やれやれ、と思って往路の乗車券に取り替えて、特急券と重ねて自動改札機に入れたら…


エラー


間違えて、乗車券と領収書を重ねて入れていた(泣)。


はぅ。
(*´Д`)=з

慌てちゃいかん。

背に腹は代えられぬ

明日の講演が11時半からと判明したので、急遽、前乗りすることに決定。


仕方が無い。


用事を済ませて慌ただしく荷造りをしてからタクシーで岡山駅へ向かう。

駅に着く直前に、忘れ物をしたことに気付く(泣)。


明日の衣装を忘れた…(泣)。


泣く泣く、自宅まで引き返す。


仕方が無い。


疲れが溜まっているせいか、頭が回らないのだろう。

何だかなぁ…。

今夜はぐっすり寝て、明日に備えよう。

…あ、荷物、校舎に置けないかも(泣)。

仕方が無い(泣)。

処分

不要になったDVDデッキとビデオ付きテレビを処分しようと思い、近所のハー●オフに持参する。

DVDデッキは500円で買い取ってもらえたが、テレビは古くて買い取り不可能とのこと。2001年製造の品だが、テレビは2005年以降に製造されたものしか買い取れないとのこと。

仕方無く、別のリサイクルショップに持ち込んだ。

「リモコンありますか?」

残念ながらリモコンは紛失したのでその旨を伝えると、

「リモコンが無いと無料になってしまうのですが…」

電器店に持ち込んで処分を頼むと2000円以上取られてしまう。それに比べればタダでも引き取ってもらえるだけマシだから、承諾。

いったいこれが幾らで売られるのか…(笑)。

講演のお知らせ

明日、7月5日(日)に名古屋の吹上ホールで行われる「大学フェア2009」におきまして、「センター英語攻略法」の講演を行います。

以前、15時からとお伝えしたのですが、何と、【11時半】からと先ほど判明(爆)。

お越しの際はご注意ください。

ちなみに明日はオレンジの予定です(爆)。

2009/07/03

金曜ロードショー

授業が21:45に終わって、慌ててワンセグで試聴。

DVD持ってるんだから慌てなくても良いものを(笑)。

うむ。最高だった(笑)。

最後にプレゼントの告知をしていたが、どうやらアクセスが集中しすぎてつながらないようだ。

視聴率はどれくらいだったのか…。

それにしても、日テレはジブリに加えてヱヴァンゲリヲンさえも手中におさめたわけだ…。最強だな(笑)。

肉祭り

肉祭り
肉祭り
肉祭り
わっしょい!
 わっしょい!//
   /■\
   ( ´∀`)
  //ニニニニ\
`/ /-((神輿))-\
@。@。。。。。。。。。。。@
∩ミ∩丶XXXXXXXX/∩
从 从‖=¥][¥‖从
 [幵幵幵¶¶幵]
`/■\ /■\/■\
(´∀`)□´∀)□∀`)
‖祭)]つ⊂L(ノ ))つ
〓二ノ) /(L〓|〓〓丶
し(_)(_(_)し"(_)

2009/07/02

浜松→岡山

浜松→岡山
今朝も寝坊して朝食バイキング食べそびれた…(泣)。


orz


ゆうべは授業のあと、19日の宮崎産業経営大学での講演レジュメを作成した。いつもならば一週間前ぐらいが〆切だが、今回は「3日に印刷に出しますので、2日までに下さい」とのことなので、間に合わせた。

作業の途中、2時半過ぎに力尽きて、テレビも電気もつけたまま、おまけにメガネもかけたまま討ち死に(爆)。

…で、今朝は11時に起きて(それまでにも何度か目覚めてはいたが)、気づけば朝食バイキング終了(泣)。

原稿をメールで送り、シャワーを浴びてチェックアウト。
(*´Д`)=з

今は岡山に向かう車中で作業中。寝ようかとも思ったが、閃いたことがあるので忘れぬうちに記録しておこうと思うから…。

2009/07/01

直感と裏付け

今朝は静岡校舎で英作文2コマ。現在、浜松に移動中。

今日から7月…早いものだ。


静岡の町を歩いていてふと思ったことがある。それは、中華料理店がよく目に付く、ということだ。

たまたま自分が歩いているコース上に何軒か見ただけかもしれないが、その直感が正しかったのかどうかを統計的に確認してみた。


まず、「iタウンページ」で「中華料理」と検索し、中華料理店と中国料理店の軒数を調べる。

次に、人口を調べ、人口当たりの軒数を計算する。一人当たりにすると数値が小さくなりすぎるため、一万人当たりにする。

すると…

静岡市…中華料理店171軒・中国料理店50軒(合計221軒)・人口717,532人→10,000人当たり3.08軒


となった。これを他の市と比較してみる。

横浜市…中華料理店767軒・中国料理店259軒(合計1026軒)・人口3,668,939人→10,000人当たり2.796軒

神戸市…中華料理店363軒・中国料理店155軒(合計518軒)・人口1,536,125人
→10,000人当たり3.372軒

名古屋市…中華料理店438軒・中国料理店290軒(合計728軒)・人口2,256,761人→10,000人当たり3.225軒

長崎市…中華料理店165軒・中国料理店28軒(合計193軒)・人口444,582人→10,000人当たり4.341軒

長崎市が突出しているものの、静岡市の数値は中華街のある横浜市よりは大きいことが判明した。

もちろんこれは単純計算であり、中華料理店と中国料理店に重複もあるだろうし、細かく数えれば数値が変わるであろうが、大まかに見て、やはり直感が正しかったと言えよう。

ちなみに、我が岡山市はと言うと…


岡山市…中華料理店73軒・中国料理店37軒(合計110軒)・人口703,293人→10000人当たり1.563軒


なんと、静岡市の半分程度しかない。静岡市と岡山市の人口がほぼ同じであると考えれば、普段、岡山市でいかに中華料理店を見かけないのかがよくわかる。

逆に、焼肉店の軒数では、

静岡市…102軒
岡山市…206軒

となり、岡山市の方がほぼ倍近く多いことになる。

実に面白いものだ。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »