« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009/03/31

初日終了。

初日終了。
17:00〜18:20が英文読解応用、18:35〜19:55が英文読解標準で、まだ明るいうちに授業が始まり、こんな早い時間に終わるのは実に違和感がある(笑)。

授業のあとはコンビニで買い物をしてホテルに戻り、どん兵衛といなり寿司の夕食。

窓から名古屋の夜景が見える。テレビ塔も綺麗に見える。

ひと休みしたら、原稿に取りかかるか…。
(*´Д`)=з

いざ!!名古屋へ!!

いざ!!名古屋へ!!
3月は去る。

結局、巻き爪の手術もできず、人間ドックにも行けず…ただし、歯の治療だけは終わったのが救いだった。

さて、今日から4日間は名古屋のホテルで缶詰めの予定(苦笑)。

今日は暖かく穏やかな春の日。新幹線で弁当を食べたら眠くなった(もっとも、眠いのは年中だが)。

今、姫路に到着。今日はひかりで移動なので、ただいま通過待ち。

さて、寝るか…。


【あと15日】

2009/03/30

明日から名古屋

明日から名古屋
明日から名古屋
明日から名古屋
明日から4日間、秀英予備校の名古屋校舎で春期講習。分量の多い読解なので、機関銃のごとくひたすらしゃべり、ひたすら板書することになる。

ホテルに帰れば原稿が山ほど待っている。馬車馬のごとく働かねばならぬ(泣)。

夜は数学の某先生と飲みに行く予定になっているので、夜は夜でこれまた忙しくなる(笑)。

名古屋校舎の受講生の皆さん、スタッフの皆さん、よろしくお願いします!
o(^▽^)o

2009/03/29

久々の練習

今日はSee Ya!の練習に久しぶりに参加。

新曲も1〜2回さらっただけだったけれど、どうにか演奏できた(曲を聞き込んだり、イメージトレーニングはしていたけれど…)。
(^_^;)

今日はアコースティックギターとエレキギターを両方使わねばならず、機材運びも大変だったが、今日はまだマシなほうで、演奏する曲目によっては、この2本に加えて、ガットギター、12弦アコースティックギターが入ることもあるし、さらに予備のエレキギターやらカホンまで含めると、とんでもない量の荷物になる。

だから、ライブ用の曲目を選ぶ時には「頼むからギターが1本で済むように選曲してくれ〜」と祈るのだが、なかなかそうはいかない(泣)。

まあ、いい運動になるからいいか(苦笑)。

2009/03/28

スーツケース

昨日、ヤマト運輸から電話があり、スーツケースの修理が済んだとのことなので取りに行った。

家に届けてもらうこともできたのだが、配送の都合にあわせるとこちらの身動きが取れなくなるため、近所の営業所まで取りに行ったのだ。

壊れたロックの部分はきれいに取り替えられていた。念のために鍵の開け閉めをしたが、特に問題はなかった。

これで31日からの講習に間に合った。

やれやれ。

2009/03/27

シャブ

シャブ
うへへへへ。

2009/03/26

進路

今年はSESから11名(現役10名・浪人1名)が大学を受験した。現段階で進学先が判明している大学は以下の通り(各1名ずつ・順不同)。

ノートルダム清心女子大学
広島大学
明治学院大学
川崎医科大学
龍谷大学
京都外国語大学
神田外国語大学

他は、浪人3名、未確認1名(浪人する3名のうち、1名は岡山市内の医学系予備校、1名は福山の予備校、1名は大阪の予備校に通うことになった)。

もちろん、英語だけで合否が決まるわけではないので、これはSESの「合格実績」ではない。

あくまでも、一つの覚え書きとして記しておきたいと思う。

2009/03/25

今日からSES春期授業

今日からSES春期授業
ゆうべはホテルに戻ってから泥のように眠り、朝、ホテルを出て、昼過ぎに岡山に戻った。

帰宅すると、頼んでおいた本が届いていた。そのうちの一つがこれ。


土田世紀『俺節』(小学館)全9巻


たまたま3巻まで古本屋でみつけて購入し読んでいたのだが、続きが気になってあちこち探したものの既に絶版で見つからず、ようやくアマゾンで全巻セットをみつけて購入した。

早速、続きを読破する。

ははぁ、なるほど…こういう終わり方だったのか、と納得。

夕方からはSESの春期授業。今日は文法、明日は読解。土曜日も文法。

さあ、元気出していくぞ!

2009/03/24

静岡での講習終了!!

静岡校舎での4日間の春期講習が終わった。

受講生の皆さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました!!

初の遠隔ライブということもあり、トラブルにも見舞われたが、3日目・4日目はトラブルもなく、どうにか最後まで終えられた。

画面の向こう側の沼津・富士・藤枝校舎ではどんな風に受講していたのだろうか。教室のモニター映像を見ながら授業を進めたけれど、自分の声がどんな風に聞こえていたのかはわからないから、一度、自分の授業をテレビで生で観てみたいものだ(笑)。

それにしても、今日のWBCはつくづくプロの凄さを思い知らされた。

いま、ホテルで荷造りをしながらダイジェストを観ているが、10回表のイチローの打席は、神懸かり的な奇跡だとしか思わざるを得ない。

10回表に、しかもツーアウトで打順が回ってきたことも奇跡ならば、ツーストライクまで追い込まれてセンター前ヒットを放ったのもドラマ以上にドラマティックである。

今日はあちこちでこの勝利を喜び合う風景が繰り広げられたことと思う。

見ず知らずの人同士が、この勝利を通して喜びを分かちあい、幸せな気分になれたのだ。

そして、プロの仕事とはこういうものなのだ、と教えてくれた。

海の向こうで戦った選手たちに、心から祝福の拍手を送りたい。

勝ったぁ!!

おめでとう!!サムライジャパン!!

感動したぁ!!

暗い話題ばかりの日本。

でも、これだけの素晴らしい人材を輩出できる環境があるのだと教えてくれた。

まだまだ絶望しちゃいけない。

頑張ろう!

う、動けん…

8回裏、韓国に1点を返された。現在、3-2で日本が1点リード。

現在、ホテルに篭城中(爆)。

試合が終わるまで出るに出られず、正装も断って荷造りしながらテレビに釘付け(笑)。

2009/03/23

先輩!何やってんですか!(爆)

我が母校・明治学院大学が排出…もとい、輩出した(いや、全員中退だから「排出」でいいのかw)、偉大なる先輩・THE ALFEEの面々。

この動画を見て、あらためてその凄さに驚愕してしまった…。

高見沢さんの『防人の歌』の替え歌を聞きながら、ホテルの部屋で一人爆笑…。あひ。

2009/03/22

初日終了〜クシゾー一周年!

初日終了〜クシゾー一周年!
初日終了〜クシゾー一周年!
昨日は静岡校舎から初めての遠隔ライブ授業だった。

セッティングの確認は念入りに行われたはずなのだが、1コマ目の授業の冒頭で、配信先の各校舎に音声が届かなくなる原因不明のアクシデントがあった。とはいえ、担当職員さんが迅速に対処してくれたので、どうにか授業を進めることができた。

2コマ目は特に大きな問題もなく終わった。

複雑な機械にはトラブルがつきものだから、これからも不測の事態が生じるかもしれないが、そのために予備の映像も収録しているし、焦らずに冷静に対処する術を身につければ良いと思う。僕にとっても良い勉強になった。

授業のあとは、数学のA先生と一緒に串カツのクシゾーさんの一周年のお祝いに伺う。

写真は頂戴したクシゾーオリジナルグッズ。写真のうつりがあまり良くないのだが、白いのはなんとガムで、非常に鮮やかな印刷がなされている。

昨日はたまたま常連さんを集めての貸し切りだったが、よく考えたら僕も常連なので(爆)、問題なし(笑)。

楽しく飲み食いし、ホテルに戻って泥のように眠った。

今日の静岡は雨。ちょっと気分が滅入るけれど、頑張ろう!

2009/03/21

今日から静岡

今日から静岡
今日から4日間、静岡校舎で春期講習。

今回から初めて「遠隔ライブ」講義になる。

静岡校舎の授業を、オンライン回線を使って生中継で沼津・富士・藤枝の各校舎に配信するのだ。

これまで秀英予備校では藤沢校舎からの遠隔ライブ授業はあったが、静岡校舎からの遠隔ライブ授業は今回が初めてで、しかも自分がその最初の授業になるのだから、プレッシャーは大きい。

それにしても、栄えある初遠隔ライブで、オレンジ色のスーツを着たヤ●ザを写しても大丈夫なのだろうか…(苦笑)。

ワラタ\(^o^)/

2ちゃんのあるスレッドを見ていたら、僕の名前があった(笑)。

【自習室】秀英予備校藤沢校【広すぎ】
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/juku/1235545342/

どうやら、去年、藤沢校舎で受講してくださった生徒さんが書き込んだらしい。

「2010年度の藤沢校の英語で(中略)山添の名前がなくなったからさてっきりクビになったのかと」
「山添はラストの授業で遠回しにクビになったっていってたかと」


…(・_・;)


これを読んで、あー、なるほど…あのことか…誤解されてしまったのだなぁ…、と苦笑いした。
(^_^;)

僕は、秀英予備校には週3日お世話になっているが、SESの授業もあるため、これ以上、秀英予備校に出講する日数は増やせない。

ただ、毎年、名古屋近郊の大学のオープンキャンパスで講演をしているので、せっかくだから名古屋校舎に行かせてもらえないだろうかと打診したところ、僕が岡山在住ということもあり、西側を中心に回ることになって、結果的に、藤沢校舎での授業がなくなったのである。

しかしながら、新年度(上の書き込みでは「2010年度」になっていたが、正しくは「2009年度」)の予定がまだ正式に公表されていない時点で、そのことを僕が勝手に授業でしゃべるわけにはいかない。

かといって、これまで一生懸命受けてくださった生徒さんが藤沢校舎に顔を出してくださっても、僕はそこにはもういないわけで、最後にお別れの挨拶もしておきたい。

そうした心苦しさから、去年の最後の授業で「もしかしたら、皆さんに藤沢校舎で会えるのはこれが最後かもしれない。予備校も組織である以上、もしかしたら僕は他の校舎に移っているかもしれない。だけど、僕は秀英予備校には居るのだし、死んじゃうわけじゃないのだから(笑)、僕に何か伝えたいことがあれば、秀英予備校の職員さんにそう伝えてくださいね」といった主旨の話をしたのだが、どうやらこの書き込みをした生徒さんは「会えるのはこれが最後」のところだけで勘違いをした可能性がある。

ひょっとしたら、僕がクビになったのかと心配してくださったのだろうか。だとしたら、ありがたいことである。

それにしても、この一件で、自分の気持ちを上手く伝えるのは難しいものだとあらためて痛感した。自分ではわかりきっていることでも、相手にはわかっていないことなのだから、慎重に言葉を選ばねば、と思わされた。

まあ、これで授業のネタが一つ増えたのが救いだが(笑)。

2009/03/20

こ…、これが…S2機関実験中にNERV第2支部と共に消滅した…

こ…、これが…S2機関実験中にNERV第2支部と共に消滅した…
幻の4号機か!!

てりーずてりー

ラーメンを食べたあと繁華街に移動して「てりーずてりー」へ。

ここは以前にも書いたが、ギター職人のテリー中本さんの経営するスナックで、ギターフリークの集まる店。

実は、いつ来ても、テリー中本さんはいなかったのだが、今回初めてテリー中本さんご本人にお目にかかれた。
o(^▽^)o

職人肌の豪快な方で愉快なひとときを過ごせた。

本当は、テリーさんの写真を撮ってアップしたかったが、「帯状泡疹で顔が変わっているから、写真は次回」とのことなので、写真はいずれ(笑)。

てりーずてりーの定休日は月曜日で、昨年はほとんど行けなかったが、今年は毎週水曜日が浜松校舎なので楽しみである(笑)。

2009/03/19

徳島ラーメン

徳島ラーメン
浜松校舎での春期講習が無事終了。受講生のみなさん&校舎スタッフのみなさん、ありがとうございました。

授業のあと、飯を食いに町に出る。昨日までは、授業のあとはコンビニに寄ってからホテルに直帰し、ひたすらコンビニ弁当とカップラーメンでしのいでいたのだが、今日締切の某社の原稿も無事に提出したので、ささやかなご褒美として外食する(笑)。

あちこち歩いていたが、ふとラーメンが食べたくなり、遠鉄ガード下のべんがら横丁に向かう。

徳島ラーメンの店があったので、そこに入り、肉盛りラーメン(900円)を頼む。

生卵が1つ付いてきて、これをラーメンの上に割り落として食す。

スープはややこってりで味も濃いが、豚バラ肉を甘く煮たものがチャーシューがわりにのっていて、中太ストレート麺と一緒に食すと実に美味し。

あふ。
(*´Д`)=з

疲れた体に染み渡る(笑)。

千秋楽

千秋楽
無我夢中で授業と原稿と格闘していたら、いつの間にか最終日。

今日はマオカラーのスーツ。

しかし、暑い(笑)。

2009/03/18

せっかくなので

Image

3つ並べてみた(爆)。

中に着ているシャツの色の問題もあるけれど、こうしてみるとピンクは意外と地味だなぁ(笑)。


スーツケース騒動

昨日、ヤマト運輸が壊されたスーツケースを修理するために引き取りに来たが、結局、直るのに数日かかるため、ヤマト運輸側が今日、代替品を持ってきた。

仕方がない…。しばらくはこれで我慢するしかない。

ニューアルバム

ニューアルバム
本日発売、角松敏生のニューアルバム『NO TURNS』、早速購入。宿に戻って聴いてみた。


イイ!!
(*´Д`*)


こんな曲が作れたらなぁ…。
(*´Д`)=з

今日のヤカラ

今日のヤカラ
これにて打ち止め(笑)。

カツ・勝つ・喝!!

カツ・勝つ・喝!!
今日の昼飯はアクトタワー地下の「ごんまる」で「まるカツ定食」。

店内に入ると昼休みのサラリーマンが一様にある方向を見上げている。

視線の先には液晶テレビ。

そう、WBCに見入っているのだ。

1回裏でダルビッシュが3点取られ、今は0-3のまま3回表、日本の攻撃。1アウト1塁。さあどうなる!?

嗚呼…ダブルプレー…
orz

頑張れ!!

2009/03/17

異様なクローゼット

異様なクローゼット
とてもスーツが掛かってるとは思えんな(爆)。

今日のヤカラ

今日のヤカラ
昨日は緊張してうまくしゃべれなかった…。
orz

今日はだいぶ口が回ったが、テキストの分量が多くてだんだんペースを上げねばならぬ。
orz
orz
orz

浜松二日目

浜松二日目
浜松二日目
今朝、ヤマト運輸がスーツケースを引き取りに来た。とりあえず修理に出すそうだが、明後日にはまた荷物を送らねばならないので、それまでに間に合うのだろうか。

清掃のため宿を出て、健康ランド「バーデンバーデン」に向かう。

ちょうど芝居の始まる時間なので、食事をしながら芝居を見た。

今日は劇団神楽という劇団で、助っ人として劇団戸田という劇団も一緒に出ていた。外題は『時代人情夢芝居・金看板の甚九郎 情の三日』。病気の母に会いたいという罪人を三日だけ見逃した人情味ある十手持ちの親方と、親方の信義に忠実に必死に戻ってくる罪人・房吉の話だった。

時代劇版・『走れメロス』といったところか。

記念に劇団グッズのタオルを購入。森川劇団もこれと同じデザインのタオルを売っていたから、製造元は同じ業者なのだろう。

芝居と舞踊ショーを観てから入浴。以前来たときにも張ってあった扉の張り紙に思わず尻の穴を引き締める(爆)。

さあ、今日も頑張って授業だ!!

2009/03/16

デビュー

デビュー
ヤマト運輸から連絡があり、明日、スーツケースの修理をしに来るとのこと。


…修理?


無理だと思うが…。

さて、今年の新作スーツ、初披露。以前、上半身だけ写真を撮ったが、これが全身。


ヽ(゜▽、゜)ノ
あひゃひゃひゃひゃ

ショック…orz

ショック…orz
ショック…orz
ショック…orz
昨日送った荷物をホテルで受け取り、スーツケースを開けようとしたら…ツマミが折れている…(怒)。

orz

昨日はふつうに鞄を閉じて送ったので、輸送中に壊されたのは間違いない。おそらく、何かの拍子にツマミが上がって、どこかに引っかかって折れたのかもしれないが、これだけ破断しているということは、相当強い力が加わったに違いない。

反対側のツマミは無事で、真ん中のダイヤルロックも使えるから、今回のツアーでは継続して使えなくはないが、このままではどうにもならないので、とりあえずヤマト運輸に電話を入れて対応を待っている。

ざけんなゴラァ!!
凸(-_-メ

いざ浜松!

いざ浜松!
今日から秀英予備校での久しぶりの授業。

今は新幹線で浜松に移動中。

この前新幹線に乗った時には、まだ冬だったのに、もう春か…。早いもんだ。

ダイヤ改正で、いつも乗っているひかりの出発時刻が2分早くなったが、ひかり自体が残ってくれて助かった。

浜松まであと2時間とちょっと。さあ、気合い入れて…

…寝るか(爆)。

2009/03/15

表紙

Image001_2

明日からの授業用の補助プリントの表紙、今年は昨年とうって変わってこのようにしてみた。



明らかに、『エヴァンゲリオン 破』の影響丸出し(爆)。

浜松校舎の皆さん、よろしく!

荷造り

荷造り
いよいよ明日から春期講習会が始まる。

明日から4日間は浜松校舎、1日空いて21日〜24日が静岡校舎。名古屋校舎は3月31日〜4月3日。

そのため、浜松と静岡での滞在に必要な荷物をまとめてホテルに送った。とは言っても、ギリギリに送ったため、明日必要なスーツなどは持参しなければならないが。

最高のスタートをきれるように、頑張ろう!!

2009/03/14

切ない別れ

ずっと憧れていた。

いつか、君と一晩過ごせることを夢に見ていた。

でも、もうそれもかなわなくなるんだね…。

君のその美しい姿を、最後にひと目でも見ておきたかった…。

運よく君がそばを通り過ぎたとき、僕は君が愛しくて愛しくてたまらなくなって…。

君を抱きしめることが出来ないのはわかっている。

でも、君のその姿を見ていると、いてもたってもいられなくなって、君に触れたいと何度思ったことか。


嗚呼、もう君の姿を見ることは出来なくなるんだね…。

さよなら…。


==========
さらばブルトレ、拍手・涙で見送る人の波
2009年3月13日(金)20時31分配信 読売新聞

 ブルートレインの愛称で親しまれ、14日のダイヤ改正で姿を消すJRの寝台特急「はやぶさ」(東京-熊本)と「富士」(東京-大分)の下り最終便が13日夜、東京駅を出発した。

 両列車の廃止で、東京駅を発着するブルートレインはすべてなくなるため、最終便の乗車券が発売された先月13日は、寝台席券320枚が10秒で完売した。

 この日は、夕方から両列車が出発する10番ホームや隣接するホームなどに、カメラを手にした約3000人もの鉄道ファンが詰めかけた。

 午後6時3分、汽笛とともに両列車が出発すると、ホームは「ありがとう」「お疲れさま」などという声と拍手で包まれた。

 東京・大田区の多摩川河川敷でも午後6時18分、鉄橋を通過する両列車に向かって、約100人のファンが「ありがとうブルートレイン」と書かれた長さ約20メートルのボードを掲げ、ペンライトを振って別れを惜しんだ。

 このイベントを企画した神奈川県相模原市の大学3年、三宅諒さん(20)は「小学1年の時からのあこがれの列車。さびしいですね」と涙ながらに話した。

(http://news.nifty.com/cs/domestic/societydetail/yomiuri-20090313-00913/1.htm)
==========


原因は不明。でも、うれしくなる気持ちはよくわかるのが下のニュース。

続きを読む "切ない別れ" »

2009/03/13

歯医者

今日で歯の治療がひと段落した。先にかぶせた左上の奥歯に加えて、右上の奥歯にかぶせて完成。

とりあえず、来週から始まる春期講習には間に合ったが、歯茎の麻酔あとの炎症はまだ完治していないため、薬を塗らねばならないし、メンテナンスのためあと1回は歯医者に行かねばならない。

やれやれ。(-"-;)

2009/03/12

他山の石か

以前にも書いたことがあるが、僕の母が幼かった頃、日本は戦後の混乱期で、街のいたるところに「浮浪児」がいたそうだ。

母が祖母と大阪に出かけたとき、母は、祖母の手作りのおやつをバスケットに入れて持参した。おやつといっても、小麦粉を水で溶いたものを焼いて、手作りのジャムをまいただけのものだったが、当時としてはご馳走だったことだろう。

大阪を歩いていると、10歳前後と思しき少年がお腹をすかせて横たわっていた。横たわっている、というよりも、飢えで動けない、といったほうが正しいのだろう。

祖母はその子どもを見て、母の持っていたバスケットからおやつを取り出し、その少年に握らせたそうだ。

この話を思い出したり聞いたりするたびに「決してこのような状況を繰り返してはならない」と思う。

だが、平和で裕福な国(無論、表面上は、と言うべきだが)においても、60年前、母が目撃した日本と同じ風景が広がりつつあるのだ、と思わざるをえない記事を読んだ。

==========
米調査「子供50人に1人がホームレス」の現実 42%が6歳未満
2009年3月12日(木)10時0分配信 MONEYzine

 世界一の経済大国である米国でホームレスの子供が50人中1人にあたる150万人に上り、その42%を6歳未満が占めていることが、10日に発表された支援団体の統計でわかった。

 世界金融危機の震源地である米国で、住む家がなく、いわゆるホームレスの状態にある子供が50人中1人にあたる150万人に上ることが、支援団体が10日に発表した統計で分かった。米タイム誌などが報じている。

 支援団体「National Center on Family Homelessness」は2005年から06年にかけての統計を州ごとに分析し、ホームレスの子供の数を150万人と推計した。サブプライムローン市場が崩壊と不景気で住宅の差し押さえ件数が増える中、団体関係者は「景気の悪化とともに、ホームレスの子供の数はさらに増えるだろう」と予想している。

 米国では1980年代から離婚率の上昇や賃金格差の拡大、または住宅が手に入りづらくなったことで、家を失う人が増えている。ホームレスの子供は6歳未満が42%を占めており、アフリカ系米国人と先住民系に偏る傾向があった。また7人に1人はぜんそくなどの健康問題を抱えており、学校を卒業する割合も低かった。

 とくにホームレスの数が多かった州は、テキサス、カリフォルニア、ジョージア、フロリダ、ルイジアナなどの各州で、貧困問題と関連が指摘されている。また05年8月末にルイジアナなど米国南東部を襲った大型のハリケーン「カトリーナ」もホームレス増加の要因となったとみられている。

 世界一の経済大国である米国で、ホームレスの子供の数がここまで増えている現実に対し、米タイム誌は「危険水域に達している」と報じ、支援団体は調査結果を受けて、家を失った子供の通学支援やトラウマ対策など、連邦と州政府による対策が必要だと訴えている。

(http://news.nifty.com/cs/economy/economyalldetail/moneyzine-20090312136748/1.htm)
==========

「現在のアメリカが、未来の日本の姿」だとするならば、日本もいずれこのような状況になる可能性は決して否定できない。いや、既にそうした状況になりつつあるのではないか。

子どもたちには何の罪も無い。いつの時代も犠牲になるのは弱き者である。それは老人とて同じことだ。だとすれば、これから年老いていく僕たちの未来にも、「絶望」の文字しか見えないのだ。

母が幼い頃に見た風景を繰り返さぬようにするためにも、このままアメリカと同じ轍を踏むことだけはなんとしても避けねばならない。

2009/03/11

予習

予習
いよいよ来週から秀英予備校の春期講習が始まる。


テキストの予習をしながら、どのように授業を展開させるかを考える。

今年は自分の「型」をつくることにこだわってみたいと思う。そうなると、この春期講習がスタートであると同時に、今年の授業の方向性を決める重要な意味を持つ。

楽しくもあり、緊張感も溢れる。

2009/03/10

『芝居の神様』

『芝居の神様』
大衆演劇について興味を持ち、あれこれ調べているうちに出会った一冊の本。

吉川潮『芝居の神様 島田正吾・新国劇一代』(新潮社・2007年)

日本近現代の演劇史に燦然と輝いた劇団「新国劇」を支え続けた名優・島田正吾の一代記である。

題字と装画は、先頃亡くなった俳優・緒形拳によるもので、この本を読んで、緒形拳も新国劇出身であることを恥ずかしながら初めて知った。

島田正吾は96歳まで役者を続け、役者のまま逝った。

いま、大衆演劇で演じられている作品の中にも、新国劇で演じられた作品がかなりあるはずだ。

新国劇設立者で、島田正吾の師匠に当たる澤田正太郎が、亡くなる前にしたためた「澤田の七訓」と呼ばれる役者の心構え。

「芸に極みなし」
「芸に怠りは禁物」
「慢ずる者、やがて溺るる者」
「端役に生きよ、しからば大役に生きん」
「汝につらき者は汝を玉にする者なり」
「団体運動の威力を示せ」
「神は汝を愛す、汝は人を愛せよ」

これを生涯の心得とし、半世紀以上に渡って新国劇を支えてきた島田正吾の熱い生き様が伝わってきた。

この本を、森川劇団の役者である森川竜馬さんに見せたら、「ぜひ読みたい!」とのことなので、一気に読み終えた(笑)。

春の海

春の海
@瀬戸大橋

2009/03/09

眼鏡、めがね、メガネ…

眼鏡、めがね、メガネ…
眼鏡、めがね、メガネ…
僕はコンタクトレンズを怖くてつけられない(おまけにずぼらなのでコンタクトレンズの手入れも面倒くさい)ため、眼鏡をかけている。

これまでに何本も作ってきたが、いま、メインで使っているのはこの6種類と、ここには写っていないがサングラスがもう1種類ある。ふと思い立って6種類を並べてみた。全て度が入っている。

左から3番目のサングラスは、もう一枚の写真のように黒いレンズが開くようになっている。

服装や気分により使い分けているが、眼鏡も重要な衣装の一部だと思う。

2009/03/08

最上稲荷→稲荷山健康センター→焼肉だるま

最上稲荷→稲荷山健康センター→焼肉だるま
国分寺を出て再度備中高松に向かい、最上稲荷へ。

最上稲荷に参拝ののち、隣にある稲荷山健康センターへ。ここでひと風呂浴びる。名物・励明薬湯に入ると、体中に火がついたようになる。

その後、岡山市田町にある焼肉だるまで肉三昧(笑)。

蛙が鼻築堤跡

蛙が鼻築堤跡
蛙が鼻築堤跡
蛙が鼻築堤跡
秀吉が水攻めの際に築いた堤防の跡がわずかながら残されている。

備中高松城址

備中高松城址
備中高松城址
備中高松城址
秀吉の水攻めで攻略され、城主・清水宗治が切腹した高松城の城址を訪問。

備中高松駅足守方ホーム

備中高松駅足守方ホーム
備中高松駅足守方ホーム
備中高松駅足守方ホーム
備中高松駅の足守方ホームは1904年の開業当時のままらしい。

木造跨線橋の手すりも木製のまま。

「参道駅」の赤い灯籠がかわいらしい。

2009/03/07

ちらほらと…

昨日はSESのレギュラー授業。そして、国公立前期試験の合格発表の日。

昼過ぎに、携帯にメールが届いた。一昨年の3月までSESに在籍し、それ以降は神戸の予備校で浪人していた生徒さんからだった。

「○○大学医学部医学科に受かりました。先生の英語指導あっての合格です!」

ここ2年はSESに通っていなかったのに、律儀にも報告してくれたのが嬉しかった。

また、去年から通っている生徒さんからも電話があった。

「△△大学合格しました。今日、御礼にうかがいます。」

夕方、わざわざ菓子折りを持って来てくれた。

まだ全ての結果がでたわけではないし、来週行われる後期試験に賭けている生徒さんもいる。更なる朗報を期待すると共に、後期試験での健闘を祈りたい。


…考えたら、SESもこの春で満7年を迎える。僕のようないい加減な人間でも7年続けられたのは、ひとえに、こうした熱心な生徒さんと親御さんのおかげである。心から感謝申し上げたいと思う。

2009/03/06

【鐵】本2冊

【鐵】本2冊
昨日、授業の前にSESの近くにある書店であれこれ購入。そのうちの2冊。

▼佐藤美知男『鉄道物語 はじめて汽車に乗ったあの日』(河出書房新社・2002年)

著者の佐藤さんは交通博物館(当時)の学芸員。昭和時代を中心に、明治期からの鉄道の変遷について、駅・列車・旅の3つの側面から描いた本。

写真をふんだんに使い「読む博物館」といった趣のある本だった。

▼小西伸彦『鉄道遺産を歩く 岡山の国有鉄道』(吉備人出版・2008年)

著者の小西さんは吉備国際大学准教授。産業考古学の視点から、歴史的に価値のある建造物・遺構を紹介している。

岡山県内のJR路線が中心だが、身近にこれほど貴重なものがたくさんあるのかと気付かせてくれた。

2009/03/05

モーニング

モーニング
さすがは讃岐。

喫茶店のモーニングに「讃岐うどんセット」がある…。
(・_・;)

2009/03/04

駅弁

駅弁
駅弁
駅弁
『さよなら 急行つやま弁当』

という、あまりにも哀しみ溢れる名前の駅弁を発見したので、購入。何だか、可哀想な子犬を拾ったような心境だ(苦笑)。

中身は「鏡野町で育った吉備高原どり」の唐揚げを使った鶏飯で、「岡山産しいたけ」を甘く煮たものと、山菜煮、錦糸卵がのっている。汽車形のビニールの飾り切りがかわいらしい。

味はまずまず、といったところで、唐揚げの味付けがもう少し濃い方がご飯に合うと思ったが、薄味が好きな人には丁度良いかもしれない。

急行列車がどんどん廃止されていくのは実に悲しいが、時代の流れには逆らえないのか…。

2009/03/03

ようこそ!

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

【これまで本ブログをお読みくださった皆様へ】

いつから始めたのか正確にはもう覚えていませんが、おそらく2006年ごろからこのブログを書いてきました。といっても、ここ数か月は更新しておらず、Twitterなど他のSNSに軸足を移動してきました。

このブログを書き始めたのは、何かを毎日書くことを日課とすることでぐうたらな自分を少しでも改善しようと思ったことがきっかけです。ぐうたらは相変わらずですが、何かを書くことについていろいろ考えるきっかけにはなったと思います。

今後、このブログを更新する予定はありません。

英語や小論文の講師なのに仕事のことはほとんど書いておらず、「どうでもいい」内容ばかりになってしまったかと思いますが、これまでお読みくださり、ありがとうございました。

【2015年5月15日】

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

2009/03/03

名残雪はやがて雨へと変わり…

朝、カーテンを開けると、雪がちらついていた。

雨だと陰鬱な気持ちになるのに、雪だとうきうきしてしまうのは子どもじみているのだろうか。

修理に出していた眼鏡が戻ってきたと、馴染みの眼鏡屋から電話があった。11時半から歯医者があったので、終わってから眼鏡を取りに行く。

左のつるが折れたので修理に出したのだが、古いフレームだったのでメーカーにもスペアはなく、他の眼鏡のフレームからつるだけ流用したため、結局、1万円近くかかったが、気に入っている眼鏡だったので仕方がないと諦める。

眼鏡屋を出て、書店に向かい、何冊か本を購入。

買った本を読みながらラーメン屋でチャーシュー麺を食す。

雪は歯医者を出た頃から雨に変わっていた。陰鬱な午後。

2009/03/02

春眠…

歯医者の予約が12時半だったので、昼過ぎに家を出て、とりあえず歯医者に向かう。

麻酔の針の痕が膿んで痛みがあるため、前回、塗り薬を処方してもらうはずだったが、医者が忘れたので、今回処方してもらう…はずだったのにまた忘れられた(泣)。

そのことに気づいたのは歯医者を出て、洗濯物をコインランドリーに入れたとき。

仕方なく歯医者に電話すると、昼休み中なので15時以降に来てほしいとのこと。

洗濯している間に食事をして、洗濯物を畳み終えてから再度歯医者へ。ステロイド系の軟膏を処方された。

帰宅してから原稿に取りかかる…が、1時間ほどしてから猛烈な睡魔に襲われてあえなく撃沈(泣)。座ったまま2時間ほど夢の中(苦笑)。

春眠何とやら…。

2009/03/01

クハ112-1

クハ112-1
【クハ112-1=モハ112-1=モハ113-1=クハ113-1】

トップナンバーから構成された編成。
Σ( ̄□ ̄;)!!

鐵
鐵
鐵
鐵
鐵。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »