« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008/06/30

雨と共に

雨と共に
今日は浜松校舎での授業。早いもので、前期の授業も来週で終わりになる。

…が、一息ついている暇はない(笑)。

そして、今宵も浜松の宿で原稿と格闘…。

    |
  \ _ /
 _ (m) _
    目  ピコーン
  / `′ \
   ∧∧
   (・∀・)
  ノ( )ヽ
   < >

  \   /
 _ `゛・;` _
   `゛`・;` バチュ--ン
  / `′ \
   ∧∧
   (・∀・)
  ノ( )ヽ
   < >

   ∧∧
   (・∀・) 何だっけ
  ノ( )ヽ
   < >

2008/06/29

ライブ

…というわけで、急遽、MARCY(マーシー)さんのライブを見に行くことになり(笑)、会場のCRAZY MAMA KINGDOMに向かった。

まだ頭の中に『MORE』のイントロが鳴り響いている(笑)。

大半が昔からのファンのようで、小心者の僕は最前列の隅っこで小さくなっていた(爆)。

さすがにベテランのプロシンガーだけあって、おそらく50歳近いお年であろうが、ハードな曲も軽々歌いこなすだけでなく、しゃべりも軽妙でついつい引き込まれる。

最初にオープニングをつとめるバンドが3つ出て、そのあとMARCYさん登場。

はじめはソロで弾き語り。その後、今日誘って下さったスタジオのオーナーを含む「岡山スーパーバンド」が登場。

このバンドは地元のファンにより結成されたものだそうで、MARCYさんのライブでは各地でこうした試みを行っているらしい。

皆、アマチュア(セミプロ!?)らしいが、実に素晴らしい演奏だった。

スタジオのオーナーのYさんから、ライブハウスのオーナーのHさんを紹介され、バンドをやっている旨を告げると、「ぜひ出てくださいよ〜!!」とのこと。

機会があれば是非!!

…と言いたいが、果たして日程と練習時間の都合がつくのだろうか…。
(-"-;)

Earthshaker!!

Earthshaker!!
今日はSee Ya!の練習のため、いつものスタジオへ。

駐車場に着くと、スタジオのオーナーで自らもギタリストのYさんが車に機材を積んでいた。

「今日は、EARTHSHAKERのボーカルのマーシーさんのライブでセッションするんで、そのリハをやってたんですよ」とのこと。

スタジオの中には、マーシーこと西田昌史さんの姿が…。


Σ( ̄□ ̄;)!!


写真は記念にスタジオの入口にサインをするマーシーさん。

ちなみに、オーナーのYさん、ハードロックバンドを組んでいるのだが、そのバンドのドラマーはなんと、イングヴェイ・マルムスティーンのツアーに参加したこともあるほどの凄い方(イギリス人)である。

そう言えば、Yさん、SING LIKE TALKINGの佐藤竹善さんとも仲良しだとか…。

いったいどんな人脈を持っているんだ!?(笑)

2008/06/28

休みと仕事

今日は一日のんびり過ごした。


…が、原稿はまだ残っている…。
(^_^;)

7月の過酷なスケジュールに向けて準備もしなければ…。

2008/06/27

もうすぐ7月

早いもので6月もあと3日。

今日は市県民税を納めてきた。と言っても、昨年から飛躍的に上がったため、貧乏金無しの僕にはとても一括で支払う能力も度胸も余裕もなく、分納にした。一括で払うといくらか安くなるそうだが、ここで一括で払うと破産しかねないので(爆)。

せめて、有効に使われることを願うばかりである。

さて、7月は、SESと秀英予備校のレギュラー授業に加えて、イベント目白押しである。

まず、4日から6日は、「坂元昭二ギターソロライブ」津山・岡山・倉敷がある。

坂元さんはかつて、さだまさしのバックバンドで17年に渡りギタリストをつとめた凄腕のギタリストで、ドラマ『北の国から』で流れるギターは、坂元さんの演奏であるから、坂元さんの名前は知らなくても、そのギターの音色は必ず一度は耳にしたことがあるはずだ。

僕は今回も付き人として3日間同行させていただく予定。

ギターがお好きな方、さだまさしファンの方、北の国からがお好きな方、ぜひお越しください。

9日の水曜日は、秀英予備校静岡校舎で、夏期体験授業の追加講座。タイトルは


〜Y's Boot Camp special Edition〜
『リンク〈文法⇔読解〉』


『リング』ではないので、貞子も呪いのビデオも登場しない。
(^_^;)

次いで12日は、岡山のライブハウス「デスペラード」でSee Ya!ライブがある。今回はコピーバンド大会への参加のため時間は短いが、なんと助っ人ドラマーが急遽乗り込み決定し、迫力あるライブになりそうだ。

翌13日は東京に移動して藤沢校舎で体験授業の追加講座。こちらのタイトルは


『山添のセンター英語【特盛】』


である。
(^_^;)

19日は宮崎に移動して、翌20日に宮崎産業経営大学オープンキャンパスで『センター英語対策講座』という講演を行う。今回は午前中に筆記対策、午後にリスニング対策のダブルヘッダーである。


26日は、半月ほど早いが、祖母の一周忌のため東京へ。


28日から8月1日までの5日間は静岡校舎で夏期講習。

(・_・;)

こんな過酷なスケジュールを無事に乗り切れるのだろうか…。

2008/06/26

静岡→岡山

静岡→岡山
昨夜はホテルで泥のように眠り、昼前の新幹線で静岡から岡山に移動。

車内ではBBSのバックに流す音楽をパソコンで作成。ソフトは高性能だが、使いこなせず難儀している。
(-"-;)

岡山に着いたら自宅に荷物を置いてSESへ移動だ。

2008/06/25

疲労のピーク

水曜日はいつも、16時に浪人生の授業が終わってから休憩を兼ねてホテルにチェックインしに行く。

次の授業は18時40分からなので、ホテルでシャワーを浴びて着替えてから校舎に向かう。

今日は、ベッドに横になって17時45分にアラームをセットし、仮眠した…


気づいたら、18時23分…

あばばばばばば
  ∩___∩
  |ノ   丶/⌒)
  /⌒)(゜) (゜) /
 / / (_●)ミ /
( 丶 |∪| /
 \  丶ノ /
  /    /
 |    /
 | /\ \
 | /  ) )
 (_ノ  ( \
     \_)

大慌てで校舎に向かった。何とか授業には間に合ったが…。起きた時には寝坊したという事態が飲み込めず、おまけにカーテンを閉め切っているから、一瞬、「え!?朝6時!?新幹線に乗り遅れる!」とわけのわからぬ考えすら頭をよぎった(笑)。


うーん…疲れてる。

「しかなく」

「しかなく」

「日本にしかなく、
 奈良にしかなく。」

(・_・;)…?


Σ( ̄口 ̄)

「奈良に鹿鳴く」かぁ。

品川駅から新幹線に乗るとき、いつも目に入るのが奈良や京都の観光ポスター。季節ごとに変わるのだが、いつも実に巧みなコピーで、ついつい引き込まれて見てしまう。

今回はおそらく「掛詞(かけことば)」なのだろう(そう言えば、掛詞ってのは古人のオヤジギャグなのだろうなぁ…)。

写真も美しく、是非実物を生で一目見てみたいと思わせる。

昔、奈良大学の説明会で講演に行ったことがあるけれど、時間が無くてとんぼ返りだったから、一度はゆっくりと散策してみたい。

2008/06/24

今日の通勤風景♪

今日の通勤風景♪
写真のタイトルは…

「何見よんじゃワレェ。ブチ喰らわしたろか!?」


昼過ぎ、藤沢校舎に着いたら、ある職員さんが「注目の的ですね」とおっしゃった。


…いえ、誰も目を合わせてくれませんから…。
orz

迷惑電話

実家に帰ったら「あなたあてに●●さんから電話があったよ」と母に言われた。

名前に覚えはなく、メモしてあった局番にも心当たりはない。

まして、親しい人ならば、僕に直接連絡するはずなので、もしかしたら…と思ってネットでその番号を検索したら…。


案の定、某不動産会社のセールス電話だった。他にも同じ局番からかかってきて不快な経験をした書き込みがあったのだ。

会社名を出したら断られるから個人名で…、という何とも安直な発想である。

そうした馬鹿な手法で電話をすることで、その会社に対する信用度を低下させていることに気づいていないのだろうか(その会社の株は今年に入ってからストップ安になったことがあるようなので、これ以上評判が落ちたら倒産するかもしれないが…)。

会社名を名乗らず、個人名を電話すれば、高額なマンションを買ってくれるとでも思っているのだろうか。そんな卑劣な真似しかできないセールスマンを誰が信頼できるというのか。

早速、着信拒否にした(笑)。

2008/06/23

原稿→移動→授業→移動→撮影…

原稿→移動→授業→移動→撮影…
今日は浜松校舎での授業のため、今から新幹線で移動。

ゆうべは4時まで原稿と格闘し、今朝は9時半に起きて旅支度。

ゆうべは、明日から藤沢校舎で秀英BBS(ブロードバンドスクール)の撮影が始まるので、それに備えて教材を作成した。…と言っても、とりあえず、明日の収録分だけだが…(苦笑)。

今週も全力で頑張ろう!

2008/06/22

役者魂

昨日は、ひょんなことから大衆演劇・森川劇団の役者さんである、森川竜馬(もりかわ・りょうま)さんと飲みに行くことになった。

竜馬さんの舞台は何度か拝見したことがあるが、実にカッコ良く、男役は切れ味鋭く、女形は女性以上に女性らしく、とても艶やかに演じる。

竜馬さんは身長185cmと大柄で、和服がよく似合う。森川劇団の団員さんはみな芸達者で、それぞれに個性があり、魅力的で惹きつけられるが、竜馬さんはまずその背の高さに圧倒される。そして、動きは優美かつ切れ味が鋭い。

「大衆演劇」というと、「健康ランドでお年寄りが見る時代劇」という印象が強いが、実は若い人にも根強いファンがいるし、この森川劇団のように、役者さんたちも世代交代が進み、若い役者さんが増えているから、動きも派手だし、音楽や踊りにもパラパラなど現代的なものがどんどん取り入れられ、進化を続けている。

伝統的な日舞と現代的な音楽・踊りの融合であり、これから若い人にもどんどん見て欲しいと思う。

普段は白塗りで和服の竜馬さんしか目にしていないが、飲み会では当然、素顔でスーツ姿。素顔は歌舞伎役者の中村獅童さんに似ており(竜馬さんも「よく、『似ている』と言われる」と言っていた)、なるほど、化粧映えする顔とはこういう顔なのか、などと思った。

幼い頃から演劇と関わり、骨の髄まで「役者魂」を持つ竜馬さん。今後の更なる活躍が楽しみだ。

2008/06/21

散髪とストラップ

数ヶ月ぶりに散髪に行った。

少し待ち時間があったので、床屋の隣にある煙草屋の自販機でお茶を買った。

ストラップがおまけについている、というのでJTの「辻利」500mlを購入。

おまけよりコストのかかっていそうな頑丈なプラスチックのふたを開けると…。


Σ( ̄口 ̄)

何も入ってなかった…。
orz

「も れ な く」

って書いてあるのに、

「漏 れ 有 り」

じゃろうがぁ!!


別にストラップに拘りはないのだが、騙されたようで実に不愉快である。

散髪が終わってから、製造元のJTに電話したら、「景品についてはキャンペーン担当係まで電話を」とのこと。


で、キャンペーン担当係は…


土日祝日は受付なし。
orz


仕方ない、月曜日に電話するか…。

まあ、考えようによっては、きわめて珍しいケースにあたったわけだから、よしとすべきなのだろうが(苦笑)。

2008/06/20

ツバメ三兄弟

ツバメ三兄弟
軒先の居候の燕さん一家が卵を生み、孵化したのは知っていたが、いつの間にかこんなに大きくなっていたとは…。

(・_・;)

2008/06/19

永遠平和のために

今日から始まった「第31回岡山戦災の記録と写真展」(7月3日まで、岡山市デジタルミュージアム)を見に行った。

今朝、静岡を出て、昼頃に岡山駅に着いたらポスターが目に入り、ちょうど今日からだったので、旅の荷物を引きずったままデジタルミュージアムに向かった。

写真展示が中心で、実物の焼夷弾なども展示されており、戦後すぐに進駐軍が撮影したカラーの動画映像も見られた。中に「岡山県議会議事堂」と紹介されていた石造りの建物が写っていた。空襲のため半壊していたが、おそらくは国会議事堂のような堂々たる建造物だったのだろうと思われる。

緑川洋一氏による、戦後間もない頃の岡山市内の風景写真も印象的だった。

闇市の様子や、バラックで開店している喫茶店の写真もあり、人々がうちひしがれながらもたくましく生活を復興させていく様子がうかがえた。

その後、家に向かうタクシーの車中で、ラジオから「硫化水素による自殺者は今年に入ってから517人にのぼる」というニュースが流れてきた。そのうち、二十代と三十代が過半数を占めるそうだ。

硫化水素だけでなく、自殺者全体も過去10年で毎年3万人を超え、年々増加しつつあるとネットのニュースで読んだ。

みんなが貧しく、仕事だってろくになかったであろうし、衣食住をまかなうことすらままなかったであろう戦後間もなくの頃。

それでも人は必死に生きていた。敗戦からわずか2〜3年で、焼け野原になった岡山市内には数多くの家が再建されている様子がわかる写真もあった。

戦争で平穏に生きる権利を奪われながらも、生きることに必死にだったあの時代。

豊かで何不自由なく暮らせるはずなのに、軽々しく生きることを放棄してしまうこの時代。

いったい、どちらが幸せなのだろうか?

2008/06/18

博多方運転手、応答せよ!!

今朝は7時の新幹線で静岡へ。

品川駅で車掌がしきりに「博多方運転手、応答してください!!」としゃべっているのが車内に流れていたが、きっと彼が放送のスイッチを切り替え違えていたのだろう(笑)。

午前から午後にかけては浪人生の平常授業。

夜は体験授業。

1コマ目のHyper Vocabularyは200名を越す大入り満員。実に有り難いことだ。

どの校舎でも職員の方々が走り回り、生徒募集から教材の手配、授業の運営に至るまで、至れり尽くせりでお世話して下さる。その期待に応えるべく、更に精進せねば…。

これから宿に戻り、泥のように眠ろう。明日のために。

2008/06/17

次だ!!次ーッ!!

〆切を大幅に過ぎたテキストの原稿を、ゆうべようやく出し終えてひと安心…




じゃなかった…。

orz

来週から始まるBBS用の原稿と、何より明日の授業用(爆)の原稿を作らねば…。

嗚呼、人生即ち自転車操業哉。

富士宮焼きそば

富士宮焼きそば
ゆうべ、コンビニで見かけた「うるおいてい 富士宮焼きそば」というカップ焼きそば(298円)。

具の肉カスがレトルトになっていて、味はなかなか良かったが、あえて難点を言えば、湯切り口が小さく、液体ソースとレトルトの具の汁とでかなり水分が多いこともあり、焼きそばというよりは油そばを食べている感じだった。

せめてソースは粉末にして、少しでも水分を飛ばせるようにすべきだろう。

体験授業・一日目終了

体験授業・一日目終了
浜松校舎での体験授業が無事終了。

最後の授業は普段とは異なって三人掛けのキツキツ状態で、受講者の皆様には大変ご迷惑をおかけしました。

明日…というかもう今日だが、火曜日は藤沢校舎での体験授業が待っている。

さあ、元気出していこう!

2008/06/16

今日から体験

今週は、秀英予備校の夏期講習向け体験授業週間。一種のプレ夏祭りのような感じで、気分転換になりそうだ。

日程は変わらないが、授業内容に若干の変更があり、教材を準備して各校舎にメールで送る。

今日の浜松校舎は、センター英語→読解応用→読解標準の3種類で、標準クラスは100名を超える受講者とのこと。ありがたい話である。

あと5分ほどで最後の授業が始まる。頑張ろう!!

2008/06/15

忙しいうちが華、ということにしておこう。

今日は午前中に明日の体験授業用の教材を作成してメールで送り、午後からはSee Ya!の練習。

終わってから、SESに忘れ物をしたことを思い出し、倉敷まで取りに行く。それがないと水曜日の体験授業の教材が作れない。
(・_・;)

何とか、今週中にたまりにたまった原稿にケリをつけて、早く楽になりたい…。
(T_T)

来週からはBBS用の撮影も始まるので、さらに忙しくなる。

あばばばばばば
  ∩___∩
  |ノ   丶/⌒)
  /⌒)(゜) (゜) /
 / / (_●)ミ /
( 丶 |∪| /
 \  丶ノ /
  /    /
 |    /
 | /\ \
 | /  ) )
 (_ノ  ( \
     \_)
あびゃば
 あびゃあばばば
   ∩――、
  /(゜)丶_ 丶
  / (● (゜)|つ
 | (入_ノ ミ
 | (_/  ノ
  \___ノ゛ー-、
  /\    _ \
(⌒O /\   (_ノ
 \ノ  /  、  )0

2008/06/14

たまには

たまには
大衆演劇も乙なもので…。

2008/06/13

酷暑一歩前

今日の岡山は摂氏30℃の真夏日になると天気予報で言っていた。

湿度か低いからか、あまりべたつくような暑さではないが、日差しはきつく、車の中は蒸し風呂状態だし、近所の風呂屋で露天風呂にはいると足下の石が焼けていて熱い。

田圃には水が張られ、苗が植えられていた。実りの秋まで、この太陽と水と空気に育まれ続けるのだ。

ただ暑くなった、というだけでなく、こうした目に見える季節感が感じられるのが嬉しい。

奇遇

奇遇
昨日は授業のあと、食事を兼ねて仕事の打ち合わせをしていたら珍しい人に会った。

某予備校の講師をしている元教え子のM君である。

最初は全く気づかずにピザを貪り食っていたら、彼から電話がかかってきた。

だいたい、滅多にかかってこない相手なので、もしかしたら…と思ってあたりを見渡すと、すぐ斜め後ろで携帯を耳に当てているロン毛の男性がいた…。

「ブログに載せてよ」とのことなので、この通り載せた(笑)。

2008/06/12

いぬ

いぬ
わんわん。

先週の土曜日からうちで飼い始めた豆柴の「かじつ」(♀) 。

人なつっこいし、無駄吠えしない。

息子たちのいい遊び相手になるだろうし、命を育てることの苦労と喜びを学んでほしいと願っている。

2008/06/11

うひー。

疲れたー。

足いてー。

ねみぃー。

原稿終わんねー。

あばばばばばば
  ∩___∩
  |ノ   丶/⌒)
  /⌒)(゜) (゜) /
 / / (_●)ミ /
( 丶 |∪| /
 \  丶ノ /
  /    /
 |    /
 | /\ \
 | /  ) )
 (_ノ  ( \
     \_)

2008/06/10

原稿地獄(笑)

既に締切を大幅に過ぎた二学期テキスト原稿…。

来週の体験授業用原稿[読解×3種類][文法×1種類][ハイパーボキャブラリー×1種類][センター英語×1種類]…。

24日から撮影する映像授業用の原稿…。



つわぁああぁ
   メ_|\_ ヾ
  メ/ u 。 `ー、__
 /// ゜。⌒ 。゜ u /
"///u゜(●) u ゜ヽil
|||。゜r-(、_,)(●)/i
ヾi //「エェェ、) ゜u/ ノ
//rヽir-r、//。゜/く
メ/ ヽ`ニ"ィ―-′ヾヾ
/((‖))___i |
ヽ_⌒) ̄ ̄ ̄(_ノ\
//______ヽ \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ガリガリガリガリッ


      アウアウアー
   __ ___
(⌒/  三   丶⌒)
||(゜/⌒)゜) (゜)| |
丶  / / (__)  /
 \( 丶 |∪| /
((  \  丶ノ/ ))
   /   /
‐=≡/  /  ∧∧
-=≡(_⌒丶  ( >д)
-=≡| へ |  / つつ
=≡ ノノ `J 人 Y
=≡ ソ    (_(_)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

2008/06/09

とばっちり

とばっちり
名古屋までは比較的スムーズに来たが、ここに来て遅延のとばっちりを喰らう。

本来は停車しないはずの豊橋に止まり、通過列車を待つことになった。

ドアは開かないので乗り降りはない。

ホームにいる乗客も「仕方がない」という表情だ。

ひかりは東へ

新山口駅構内で信号機の故障があり、博多からの新幹線が大幅に遅れている。

僕の乗るひかりは岡山始発なので定刻に出発したが、今後、どこかでとばっちりを喰らうかもしれない。

そうなったらなったで仕方ないと腹を括るしかあるまい。

2008/06/08

開くとこんな感じ。

開くとこんな感じ。
昨日買ったPA機材。両端がスピーカーで真ん中がミキサー。

これでどこでもライブができる(笑)。

2008/06/07

PA機材

PA機材
7月の坂元さん3-DAYSのために、PA機材を購入。
(^_^;)

…と言っても前々から欲しかったので、坂元さん云々はきっかけに過ぎず、今後はSee Ya!ライブでも使うことがあるかもしれないし、別の機会でも活躍するだろう。

2008/06/06

雑談・2

昨日の雑談の続き(笑)。

==========

いま、日本はすべてにおいて行き詰まっています。

かつて日本が経験した高度経済成長は、戦後の復興、つまり、焼け野原となった日本を立て直し、当時のアメリカ並の豊かさを実現しようとする中で生じた現象であり、工業製品を中心とした「ものづくり」を中心として成し遂げられたものでした。

しかし、バブル崩壊後、今日に至るまで、状況はゆるやかに悪化しています。

工業製品については韓国や中国などアジア諸国が台頭し、安い労働力を背景とした価格競争の中では、賃金が相対的に高い日本は敗退せざるを得ません。

農業や漁業はと言えば、これまで産業を工業中心に切り替え、さらに、海外からの輸入に頼りきった結果、食料自給率が40%を切る有り様で、回復の見込みはありません。

21世紀に入ってからは情報産業が盛んになりましたが、これとて飽和状態で、これ以上の発達は望めません。

国土は狭く、資源も乏しく、食料すら満足に自給できず、ものづくりもかげりを見せ、人口が多い上に生活水準が高くなりすぎて貧しかった時代にも戻れず、産業も行き詰まり、政治家は無能、官僚は公僕としての立場を忘れ、企業は個人を食い物にしてひたすら利潤追求する…。年金だって、このままではどう考えても破綻します。日本の借金は900兆円を超えて、1秒刻みで数百万円ずつ利子が増えています。返すあてもありませんし、そんな金額は返しようがありません。豊かに見えるのは表面だけで、たとえて言えば、ブランド物を身につけていながら実はカードローン地獄の中にいるようなものです。


そう、日本には、希望などないのです。僕たちには絶望しか残されていないのです。


先ほど、自分の労働力を高く売るために勉強して下さい、と言いましたが、これは何も、企業に勤めることだけを想定しているわけではありません。

企業というのは基本的に「安く仕入れ、安く大量に作って高く売る」ことを第一に考えます。つまり、コストを抑えるために労働力も安く仕入れようとします。

ですから、大卒と言えども、卒業してすぐいきなり何十万も貰える仕事などありませんし、企業からすると社員は使い捨ての駒のようなものですから、いつクビになってもおかしくはないし、逆に、企業そのものが倒産してしまう恐れもあります。また、年功序列・終身雇用が崩壊しつつあるこんにちにおいては、たとえ優良企業に入っても、昔のように定年まで勤めあげることも難しいのです。

ですから、企業に勤めようと勤めまいと、何があっても自力で生きていけるだけの力を身につけねばならないのです。

大学で学ぶことそのものは、実社会に出たら、あまり役には立たないかもしれません。「理屈ばっかりこねるな」と喝破されることもあるでしょう。

しかし、情報の集め方と処理の仕方、レポートの書き方、発表の仕方、ものの見方・考え方など、その根底にある学びの方法は間違いなく役に立ちます。

絶望社会・日本においては、社会にも企業にも依存しすぎてはいけないのです。

生きる希望を見いだせるのは、他ならぬ君自身の努力にあります。残念ながら、努力が必ず報われるとは言えませんが、努力しなけるば報われることは絶対にありません。入試と同じですね(笑)。

多分、君たちはいままでこんなことを言われたことはないはずです。

だからこそ僕はあえて、厳しい現実を知って欲しいと願うのです。

2008/06/05

雑談

このところ、授業の内容が年々緻密になってきたので、脱線して伝えたいことを思うように伝えることが難しくなってきたが、年度はじめの早いうちにこんな話をするようにはしている。

==========
君たちはなぜ勉強しているのかわかりますか?

もちろん、大学に進学するためでしょうが、では、なぜ大学に進学するのですか?

中には「自分の好きなテーマの研究をしたいから」という人もいるかもしれません。

しかし、僕たちが勉強をする根本的な理由は、「お金」のためなのです(笑)。

いや、何かね、お金の話っていうのはどうも下品に思われるかもしれませんが、お金がなければ生きていけないわけですから。

別に、億万長者を目指す、という話をしているわけじゃないんです。

ごくあたりまえに生活をするために必要なお金の話をしているんですよ。

いま、君たちは18歳前後。日本の平均寿命からすると、嫌でもあと70年近く生きなければなりません。つまり、それだけの長い間、死ぬまで自分の生活費を稼がねばならないのです。

たとえば、家賃、水道光熱費、食費など、一日に必要な生活費が6000円だとします。

時給800円の仕事なら8時間働かないといけませんが、仮に時給10000円の仕事なら1時間働けば済みますね。

では、時給800円の仕事と時給10000円の仕事、どっちをやりたいですか?

そう、もちろん時給10000円の仕事ですよね。

では、時給800円の仕事と10000円の仕事、どっちのほうがやりやすいですか?

こう聞くと、ほとんどの人が「それは時給800円の仕事に決まってる」と答えます。

では、この二つの仕事の間にある違いは 何でしょうか?

まず、仕事に対する責任の大きさがあります。時給が高いということは、それだけの責任が求められていて、失敗したときのリスクも大きくなるわけです。そして何より、求められる能力や技術、資格などの違いが挙げられますね。

時給が安い仕事が悪いとは言いません。しかしそれはいわば、自分の労働力がやすく買い叩かれていると同時に、自分に対してはその程度のことしか期待されていないということの現れであり、さらには、自分でなくても誰にでもつとまる、「取り替えのきく仕事」なのです。

君たちは、あと数年で社会に出て、自分の労働力を売って生活しなければなりません。

その時に、できるだけ高く自分の労働力を買ってもらい、「取り替えのきかない自分」として働くためにも、いま、勉強しなければならないのです。

学ぶことは、生きるための手段であり、生きることそのものなのですから。

2008/06/04

朝も早よから。

いつもと同じ新幹線で静岡に向かう。

今日のある読解の授業では、英文のテーマが「労働」だったので、それに関連して、マルクスの疎外論について説明した(笑)。

実は疎外論について書かれた英文が、以前、明治大学の政治経済学部に出題されたことがあるのだ。

今時マルクスなんて、と思う人もいるかもしれないし、僕自身、共産主義者でも社会主義者でもないが、マルクスが指摘した疎外という概念は、現代社会にも通じるものだと思う。

そして、これから大学で学ぶためにも、とにかく貪欲に様々な知識を吸収して欲しい。

英語、とりわけ英文読解の勉強は「異種格闘技」のようなものだ。文法だけ覚えてもダメ、単語や熟語だけ覚えてもダメ。

どんなテーマの英文が出されても瞬時に内容を把握し、それに従って適切な訳語を選ぶための総合的な教養の蓄積が必要とされる。

だから、僕の授業の「脱線」は、実は「脱線」ではないのだ。

2008/06/03

折り返し地点

今日は家でギリギリまで原稿と格闘してから藤沢校舎へ。

二学期のテキスト、12講座中7講座まで完成したので、夏期講習のテキストの修正分とともにとりあえずメールで送る。

あと5講分。今週末までには完成させねば…。

来週は、再来週の体験授業用の教材を出さねばならない。

あひー。

((((;゜д゜)))
ガクガクブルブル

2008/06/02

初体験

初体験
…と言っても×××のことではなくw


かなり前に紹介した、JR東海のEX-ICカード。

今日、ようやく使うことができた。

このカードは、今は東海道新幹線の乗車券+特急券をまとめて購入する際にしか使えず、いつもは岡山→東京の通しで往復乗車券を買うため、このカードを使う機会がなかったが、今日はたまたま品川⇔浜松の往復だったため、復路に使ってみた(往路は「こだまグリーン早特切符」という、+1000円でグリーン車に乗れる割引券を使ったため、EX-ICカードは使えなかった)。

ひとつ、疑問だったのが、車掌さんはどうやって検札を行うのかということ。

EX-ICカードを読み取る機械でも持っているのかと思いきや、何のことはない、改札でカードをタッチすると、座席の番号が書かれた紙(写真参照)が出てくるのだ。

疑問氷解。

マンゴープリン

マンゴープリン
今日は浜松校舎での授業。

いつもなら岡山から直行だが、土曜日から東京に滞在しているため、今日は品川駅から浜松に向かった。

品川駅で買ったマンゴープリンを車中で食す。美味し。

東海地方も梅雨入りしたらしく、雨が降り続いている。

あと1コマ、頑張ろう。

終わったら新幹線に飛び乗って東京に向かい、車中でテキストと格闘せねば…。
orz

2008/06/01

出港前。

出港前。
昨日の結婚式の会場になった船。

残念ながら天候が悪くてあまり遠くまでは行けず、湾内をぐるぐる回るだけに留まったが、久しぶりの船旅を楽しんだ。
親族は14時15分までに集合、とのことだったので、そぼ降る雨の中、日の出桟橋に向かう。

既に大勢の人がいて、挨拶を交わす。

新郎新婦は船内かどこかで支度をしているらしい。

15時頃、船内に案内される。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »