« 慌てた | トップページ | 逃避行 »

2007/07/08

落ち込んでる場合じゃない

二週間前に入院した祖母が、肺癌だと診断された。

高齢なので、手術に耐える体力もなく、副作用を考えると抗癌剤も使えず(本人も抗癌剤は拒否している)、放射線治療もできない。

薄々判ってはいたが、昨日、改めて精密検査の結果を知らされ、とても落ち込んでいた。

両親共働きの自分にとって、祖母は母親同然の存在で、僕は同級生からマザコンならぬ「バチャコン」と言われたぐらいのおばあちゃん子だから、祖母の身が心配で心配で堪らず、ただうろたえるばかりだった。

だけど、落ち込んでる場合じゃない。

友人から、「後悔のないようベストを尽せ」と励まされた。いまの僕にできることをしなければ。

授業に穴を開けるわけには行かない。親の死に目にも遇えない仕事をしているという覚悟はできている(それは家族にも伝えている)。

だからこそ、いついかなることがあってもいいように、悔いを残さぬようにしなければならないのだ。

« 慌てた | トップページ | 逃避行 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 慌てた | トップページ | 逃避行 »