« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007/07/30

蝉時雨

今日から浜松校舎で講習会。

1日5コマ連続の強行軍。

ゆうべはそれに備えるべく、某健康ランドで垢擦りとマッサージをしてもらった。

男湯の入り口に張り紙が…。


「ホモ行為は警察に通報します。」


…(^_^;)

痴漢に襲われることもなく、どうにか入浴&垢擦りを済ませ、宿に戻って予習ののち爆睡。

今は2コマ終わり、あと3コマ。

朝方の雨も止み、外は蝉時雨。

2007/07/29

講演終了→移動

講演終了→移動
愛知学院大学オープンキャンパスでの講演にご来場下さり、ありがとうございました。

今朝は8時半に起きて、9時半に栄を出発し、10:15頃に会場入り。

簡単な打ち合わせののち、着替えて講演へ。

人間は、思いがけないものを見ると黙りこんでしまうようで(苦笑)、黄色いスーツは今日もドン引きの様子(苦笑)。

前半は600人ぐらいで、後半は30人弱。落差が凄い。

今日は模試や他大のオープンキャンパスとも重なったようで、昨日は午前が2000人(!)というから、600人でもまだ少ない方だ。

午後の講演には、マイミクのほたるさんも来てくださった。

講演は無事終わり、今は浜松に移動中。

明日からは浜松校舎1日5コマ連続だ。

2007/07/27

お知らせ

▼愛知学院大学講演

来る7月29日(日)に、愛知学院大学(http://www.aichi-gakuin.ac.jp/)で小論文対策講演を行います。

 第1回目 10:50~11:50
 第2回目 13:40~14:40
 ※2回とも同一の内容です。

プログラムは
→ http://agu.yonet.jp/oc/img2007summer/program.pdf
をご覧ください。

なお、去年の風景は、
→ http://agu.yonet.jp/oc200607.htm
に写真があります(第2回目のものなので、聴講者が少ないのですが)。


▼浜松校舎夏期講習会

7月30日(月)~8月3日(金)は、秀英予備校浜松校舎で夏期講習に出講します。予定は以下の通りです。

 13:05~14:25 入試英文読解H-1
 14:40~16:00 ハイレベル入試英文読解T-1
 16:30~17:50 基礎力完成!英文読解S
 18:05~19:25 夏からの記述英作文T
 19:40~21:00 センター試験完全攻略!英語

あっぷあっぷ(-"-;)

23日からの静岡校舎での講習も今日で千秋楽を迎える。

毎日一定の生活リズムを保ってはいるが、やはり相当疲労が溜り、昨日あたりから、朝起きるのが辛くなった。

今日を乗り切れば、明日は移動日だからゆっくりできる…と思うのは大きな間違いで(苦笑)、溜った原稿と、来週の授業の予習が待ち構えている。

無論、もっと早くからやれば良いのだが(苦笑)。

今週は、寝ている時以外は片時もテキストを離さず、予習したりプリントを作っていた。

今後のための蓄積となってくれるであろうことを願いつつ。

明後日は、朝から愛知学院大学で小論文対策講演がある。

また例のスーツで…。

2007/07/24

一日の流れ

昨日から静岡での講習会が始まった。

昨日は授業のあとホテルに戻り、食事ののち原稿書き→3時就寝→今朝は9時起床→原稿書き→12時にホテルの部屋の清掃を頼み、その間に昼食へ→13時から部屋で原稿書き。

そして今日も15時〜21時半まで授業。

どうやら今週はこのペースで進みそうだ。

洗濯物もだいぶたまったので、明日か明後日辺りにホテルのコインランドリーで洗濯するか。

2007/07/23

イッパイイッパイ

今日は朝からホテルでひたすら教材作成。相変わらずの自転車操業で、もうイッパイイッパイ。
(ToT)

今はホテルの部屋の清掃をたのみ、食事中。

このあとは部屋に戻り、ギリギリまで教材作成をして、校舎に向かう。

他の原稿も山積みで、嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼…(苦笑)。

2007/07/22

御礼

本日は、宮崎産業経営大学オープンキャンパスでの講演にお越しいただき、ありがとうございました。

拙い話ではありますが、少しでも皆さんに「お土産」を持ち帰っていただけるように、精一杯お話させていただきました。

近いうちに、講演に来ていただいた方のためにシークレット・ページを開設します。このブログ上で発表しますので、今日の講演に来られた方は、今日の資料を大切に保管して、このブログを時々チェックしてください。

末筆ながら、宮崎産業経営大学スタッフの皆様、代理店の皆様、設営の皆様、炎天下の中、本当にお世話になりました。お疲れ様でした。

またお目にかかれる日を楽しみにしております。

宮崎産業経営大学での講演

宮崎産業経営大学での講演
今朝は7:00に起床。ホテルで朝食ののちシャワーを浴びて、8:30に大学に向けて出発した。

今日の宮崎は快晴で暑く、実に南国らしい天気だった。もっとも、人一倍暑がりで、人の5倍くらい新陳代謝の良すぎる僕にとってはかなり辛かったが(苦笑)。

先週の台風のせいで進研模試が今週に延期された高校がかなりある、ということもあって、例年より受講者は少なかったが、それでも70人ほどが受講してくださった。

今日は例年通りセンター英語攻略法ということで、これまた例年通り(苦笑)、あがり性の僕は相変わらず緊張しまくりながら話をした。

終わったあとに質問を受け付けたところ、皆さん熱心に質問に来られた。

講演終了後は控室でパソコンに向かい仕事をした。寝不足のため、少し昼寝も(苦笑)。

本当はここで着替えたかったが、着替えを代理店さんの車の中に積んだままにしていたので、あきらめた。

15時に、毎年ペアで数学の講演をされるT氏が控室に戻り、片付けをして15:30に大学をあとにした。

16:15発の飛行機で羽田に向かう。土産物を買っていたら、結局またまた着替える暇もなく、東京に向かう。

実家で病気療養中の祖母を見舞い、親と一緒に夕食をとり、今から新幹線で静岡に向かう。

さすがにこんな時間の下りに乗る客は少なそうだ。

静岡には23:28到着予定。

新作(爆)

新作(爆)
この格好で宮崎→羽田に移動…
(-"-;)

2007/07/21

ようこそ

ようこそ
…(^_^;)

博多到着

博多到着
今日から二週間に渡る講演・講習会ツアーが始まる。

明日は朝から宮崎産業経営大学で講演ため、今朝、岡山を出て新幹線で博多へ。

博多から地下鉄で福岡空港に向かう。今の気温は28℃。博多は曇っていて、蒸し暑い。

今から飛行機で宮崎に向かう。

2007/07/15

サービスサービスぅ♪(爆)

サービスサービスぅ♪(爆)
いつも家にいないので、たまには罪滅ぼしと、二人の息子を連れて映画に。

本当はハリーポッターかダイハードを見たかったが、息子たちの希望は「ポケモン」…。僕は全く興味がない(笑)。


orz

ま、仕方がない。昼寝でもするか、と覚悟し、TOHOシネマズ岡南に向かう。

超満員…。

14:10からの回を見ようとしたが、16時台からしか空いていないとのこと。

仕方なく、岡山駅前のメルパに電話すると15時からの回があるというので、急遽駅前に向かう。

メルパの場合、駐車場のチケットがあれば映画の料金が割引になる。


……


コインパーキングしか空いてない。チケットが発行されないから、割引にならない…。


…orz


1,800円払って昼寝か…(苦笑)。

ヱヴァンゲリヲンの予告編でも見られればしめたものだったが、それもなし。

映画が始まる。



……


結局、ほとんど寝ることなく最後まで見てしまった(苦笑)。

これで少しは息子と共通の話題ができるだろうか。何しろ、ポケモンのことを息子が話してもさっぱりわからなかったのだから。

今日は台風一過の澄んだ青空がまぶしかった。台風が汚れた空気を運び去ったお陰か、飛行機に乗って雲の上に出たときに見るのと同じ空の色だった。

家族サービスとはよく言うが、僕の場合、息子たちに癒されているのだから、サービスされているようなものなのかもしれないなぁ。

2007/07/13

開店⇔閉店

うちの近所には、24時間営業の大型スーパーがある。開店は確か今年のはじめか去年だったと思うが、広い駐車場を備え、かなり繁盛している様子だ。

この敷地内には、飲食テナントが4軒入れる別棟があり、オープン当初からそのうちの3軒には定食屋、ラーメン屋、回転寿司屋が入っていた。

先程、前を通ると、そのうちの2軒が閉店し、回転寿司屋だけが営業していた。

定食屋が既に閉店していることは知っていたが、ラーメン屋も閉店したとは思わなかった。

まだできて1年足らず、おまけに新築の建物に入ったのだから、おそらくは初期投資に金がかかりすぎて回収できなかったのであろう(もちろん、他に理由があったのかもしれないが)。

飲食に限らず、テナントを借りる場合は、相当な金額の敷金又は保証料を取られる。だいたい、家賃6〜12ヶ月分が相場であろう。

だから、たとえば家賃20万のテナントを借りるには、最低120万の「死に金」が必要になる。

また、飲食の場合、居抜きで借りるならともかく、まっさらの物件の場合、厨房設備から内装にいたるまで全て自前で整えるのだから、たとえ厨房設備を中古にしても相当な費用がかかる。

また、たとえそれをすべてまかなえたとしても、仕入れや人件費、光熱費、家賃など、毎月出ていく経費をまかなわねばならない。

だとすれば、安定した集客と平均客単価が一定以上なければ赤字がかさむばかりだが、これだけ競争が激しい世の中では安定した集客はなかなか難しい。

今回閉店した2軒は、ラーメン屋と、いま流行りの定食屋だが、近隣には既に同種の店があり、後発参入するとなれば、余程、味やサービスなどで特色を出したり、他より優らねばならない。

この2軒のうち、僕は定食屋にしか行ったことがないが、フランチャイズで名は知られていたものの、とりたてて大きな特長があるようには思えなかった。

ラーメン屋に至っては、足を踏み入れたことすらない。と言ってもこれは僕の好みの問題なのだが、近くに気に入ったラーメン屋があることや、隣に回転寿司屋があるので、どうしてもそちらに目が行ってしまうためである。

ただ、その店に入らなかったのは、店構えのセンスの問題もあっただろう。要するに、ラーメン屋として魅力を感じるような店構えではなかった、ということだ。

僕は、人気のある料理店に共通するキーワードは3つあると思う。それは、

「塩」
「スミ(炭/墨)」
「アブラ(油/脂)」
だ。これは店だけでなく、料理そのものについても言える。

たとえば、コンビニに並ぶ品物を見ていると、「塩焼きそば」のように「塩味」であることを売りとする品物が結構目につく。「モンゴル産の岩塩」を使っていることを売りにしたラーメン屋もある。

「スミ」は、炭火焼きの炭の他に、お品書きや品名を墨で書いている、ということだ。

同じ紙に書いても、マジックで書くと安っぽく見えるが、たとえ筆ペンでも、墨と筆で書かれた書体にすれば忽ち高級感や遊び心が生まれ、見栄えもする。

「アブラ」は、油と脂だが、基本的には「脂」の方が大きいだろう。

トロであれ、霜降り牛であれ、サンマであれ、脂ののった食べ物に心を惹かれるものである。

「脂」ののった「炭」火焼きのチャーシューがトッピングされたラーメンに「墨」書の品書き。

3つの要素のうち、2つだけでも揃えば、これだけで食欲をそそる。

もし、手頃な広さの物件があって、時間と金があれば、やってみたい飲食店がある。

が、今は内緒にしておこう。先立つものも無いのだから(苦笑)。

何だったんだ…?

再セットアップせねば…と思いつつ、いま、パソコンの電源を入れてみたら…。

起動した…。

(-"-;)

理不尽

塾のパソコンの調子がまたおかしくなった。

そして、きっかけはまたまた「更新」である。

自動アップデートにしているので、ネットに繋いだままにしておくと勝手に更新される。更新しなければ良いのかもしれないが、セキュリティの問題があるから、更新せざるをえない。

数分おきに再起動を促すメッセージが出たので再起動させたら…。

初期画面の「NEC」の文字が出たままフリーズ…。


はぁ…また再セットアップか…。
orz


幸い、前のクラッシュで学習したので、必要なデータは全てDドライブに入れてある。だが、再セットアップにかかる時間と労力を考えると気がめいる。

やれやれ。

USBの接触も悪いので、もしかしたら買い換え時なのかもしれないが、そんな余裕はない(苦笑)。

何十万、とまではいかないが、十何万もの品物が、耐用年数わずか3〜4年というのは理不尽である。

まして、パソコンは車と同様に維持費が馬鹿にならない。何だかんだと金がかかる。

メーカー側からすれば、どんどん買い換えさせたいのであろうから、耐用年数が少ないものを作れば良いのかもしれないし、パソコンのような複雑な機械は何がきっかけで壊れるかわからないから、素人であるユーザーからすれば、いったんおかしくなったら自分では直せないのだから、仕方がないと言えば仕方がないのだが…。

「耐用年数50年保証」なんていうパソコンが出ないものか。


…まず無理だな。
orz

2007/07/12

雑踏

今朝、ホテルをチェックアウトしてから、新幹線に乗るため静岡駅に向かった。

いつも通る地下道は通勤・通学客でごったがえしていて、皆、早足に駅から職場や学校に向かっていた。

新幹線の時間が迫っていたので、重い荷物をひきずりながら、向かいから来る人の間をすり抜けて早足で駅に向かうと、地下道の壁際にビニールシートらしきものを引いて座っている老婦人が目に止まった。丸眼鏡をかけた白髪混じりの女性で、多分、僕の母親と同じくらいか少し年上ではないだろうか。

彼女の前には空き缶が置かれていて、どうやら物乞いをしている様子だった。だが、とりたてて汚い格好をしているわけでもなく、空き缶が置かれていなければ疲れて座り込んでいるだけだと思えただろう。

通り行く人は、彼女には目もくれず、ただ一目散に自らの方向に向かっていた。

彼女の前を通り過ぎる時、空き缶の中が見えた。いくばくかの小銭が入っているようだった。

一瞬、足を止めて小銭を、とも思ったが、新幹線の時間が迫っていたこともあり、何より、こんな風景に出くわしたのがあまりにも珍しかったため、自分の中でどう判断して良いかわからず、結局、駅に向かう人の流れに乗ったまま、通り過ぎた。

そう言えば、昨日、静岡駅からホテルに向かう時にも彼女は同じ場所に座っていた。だが、昨日は遠くから見ただけだったので、何か物売りでもしているのかと思っていたし、老婦人であることすら気付かなかった。

乞食(こじき・こつじき)、ということばは放送禁止用語になっている。最近は「ホームレス」と言い換えているようだが、これはあまり正確ではないだろう。

いわゆる「ホームレス」の場合、社会との縁を切り、自ら積極的に物を乞うことをしないように思える(もちろん、物乞いをするホームレスもいるが)。何故ならば、そのような行動をとれば、すぐ警察に通報されてしまうからだ。現に、軽犯罪法第1条22項で「こじきをし、又はこじきをさせた者は、これを拘留又は科料に処する」と規定されている。

まして、何の罪もないホームレスに危害が加えられる事件も起きている以上、下手に物乞いをすれば、危害が加えられるおそれもある。

藤沢駅のペデストリアンデッキにも、ホームレスらしき老婦人がいる。藤沢校舎に行く度に見掛けるが、彼女はゴミ箱をあさりはするものの、物乞いをしている様子はない。

それに比べると、今朝見掛けた老婦人は、かなり大きなリスクをおかしながらも物乞いをしていることになる。もちろん、彼女は通り過ぎる人々に声をかけることもなく、ただじっとそこに座り込んでいるだけであるが、駅には常に警察官が見回りをしており、誰かが通報すればすぐに捕まってしまうだろう。

そう考えると、無関心を装って通り過ぎることは、まだましな方なのかもしれない。

昨日のニュースでは、北九州市で生活保護を打ち切られた男性が餓死したと報じられていた。最後の日記には「おにぎりが食べたい」と書かれていたそうだ。

かたや、京都では、生活苦から3人の子どもを殺害した父親が逮捕され、つい先日も甲子園口駅で幼い子ども2人を道連れに電車に飛び込んだ母親がいた。

うわべだけの豊かさと、その背後にうごめく人々の不満と欲望。その不満と欲望は、爆発させることが出来ずに、次々と歪んだかたちで顕在化している。

実力主義・刹那的・安直・格差社会…。どこを見渡しても絶望しか見えない。出口を求めようにも出口は見えない。

僕は、自分の子どもに夢も希望も与えられない社会に生きているのか。

2007/07/11

悲しき雨音

今日は静岡校舎の終講日。いまは新幹線で静岡に向かう途中。

梅雨時らしく、小雨混じりのじめじめした天気だ。

身の周りで悲しくなるようないろんなことがありすぎて、なおかつこんな天気が続くのだから、本当に憂鬱になる。

おまけに今週末〆切の原稿もあって、尚更追い詰められる。もっとも、仕事は好きだし、ここまでやらなかった自分が悪いのだから自業自得だが(苦笑)。

それでも授業だけは胸を張って、明るく元気にいかねばならぬ。何しろ、それで飯を食わせてもらっているのだから。

最近、この日記で愚痴をこぼしてばかりいる。だいぶ疲れているようだ。

2007/07/09

前期終講日

藤沢校舎の授業は先週が前期の終講日だった。今日は浜松校舎の授業の前期終講日で、今度の水曜日が静岡校舎の終講日となる。

終講日にあたって、生徒さんにコメントを書いてもらった。

その中で、「先生のブログで勉強の質問をしても良いか」という問い合わせがあった。

結論から言えば、「誠に申し訳ありませんが、ブログ上での勉強についてのやりとりは出来ません」と言わざるを得ない。

これは、第一に「公平性」の問題である。

確かに、教室や講師室での質問は大歓迎だし、質問が出るということは、自分の授業で説明が不十分であったことの指摘でもあるのだから、僕としても勉強になり、ありがたいことではある。

だが、校舎を離れていつでも質問ができる、というのは、いわば家庭教師と同じ状態であり、同じだけの授業料を払っている他の受講生に対して公平性を欠くことになりかねない。

また、「ネットでいつでも聞けるから、いま校舎で聞かなくてもいい」という甘えが生じてしまう可能性もある。

浜松校舎については、授業後に新幹線で東京に戻らねばならないので、最後の授業後に質問を受ける時間が無いが、せめてもの罪滅ぼしに、毎月1度は浜松に泊まり、その際は遅くまで待機しているので、是非その機会を活用していただきたい。

第二に、ブログ上での質問にお答えするだけの手間を割けない、という事情もある。また、このようなオープンな空間で質問に答えるとすれば、受講生以外の方からも質問がなされるであろうが、その全てに回答することは不可能である。受講生だけに限定したとしても、受講生を装った書き込みが無いとは言えない。

仕事として、お金を頂戴してブログ上での質問に答えるとすれば、責任が伴う以上、きちんと答える義務がある。

だが、仮にブログ上で勉強についてのやりとりをするとなれば、それは無償であり、今の僕にはそれに十全に回答するだけの精神的・時間的余裕はない。

ということで、ブログ上での勉強についての質問はご容赦願いたい。
m(_ _)m

逃避行

岡山は昼過ぎから雨が降り始めた。

駅に入った時にはパラパラという感じの小雨だったが、15分ほどしてホームに上がったら、本格的に降っていた。

いつも乗る新幹線は岡山始発のため、かなり早い時間からホームに入線しているのだが、7月1日のダイヤ改正で入線時刻が遅くなったようだ。いつもなら出発25分前には入線しているはずなのに、今日、ホームに上がったら姿がなかった。

先週は土曜日に上京したために気付かなかったが、これは非常に残念である。

雨からの逃避行。東へ。

2007/07/08

落ち込んでる場合じゃない

二週間前に入院した祖母が、肺癌だと診断された。

高齢なので、手術に耐える体力もなく、副作用を考えると抗癌剤も使えず(本人も抗癌剤は拒否している)、放射線治療もできない。

薄々判ってはいたが、昨日、改めて精密検査の結果を知らされ、とても落ち込んでいた。

両親共働きの自分にとって、祖母は母親同然の存在で、僕は同級生からマザコンならぬ「バチャコン」と言われたぐらいのおばあちゃん子だから、祖母の身が心配で心配で堪らず、ただうろたえるばかりだった。

だけど、落ち込んでる場合じゃない。

友人から、「後悔のないようベストを尽せ」と励まされた。いまの僕にできることをしなければ。

授業に穴を開けるわけには行かない。親の死に目にも遇えない仕事をしているという覚悟はできている(それは家族にも伝えている)。

だからこそ、いついかなることがあってもいいように、悔いを残さぬようにしなければならないのだ。

2007/07/05

慌てた

慌てた
先程流れた、新幹線車中の文字ニュース。

「お知らせ:9時50分頃、福知山線○○〜○○駅の間で、人が列車と衝撃し…」


…( ̄◇ ̄;)?


…「衝撃」?

それを言うなら「衝突」だろ…。余程慌てたのだろうか。写真は揺れてブレているが、明らかに「衝突」ではなく「衝撃」になっている。

ただ、「人が列車に衝突し」と書いたとしても、これではまるで人が列車に向かって突進したかのようだ。猪じゃあるまいし、「人身事故が発生し」「人が列車にはねられ」といった記述が妥当だと思うが…。ひょっとしたら、本当に人が列車に向かって突進したのかもしれない。

ちなみに、その後運転再開を告げるニュースでも「人が列車に衝撃しましたが…」と書かれていた。

自分の知らない用法かと思い、慌てて広辞苑をひいたが、「衝撃」はやはり「与える」ものであって、「する」ものではなさそうだ。

実に衝撃的なニュースであった。

2007/07/02

訂正

先程、金城学院大学のホームページでオープンキャンパス情報をチェックしたら、8月4日は「小論文講座」の文字が…。

あれ?金城学院大学は英語の講演だったはず…?

そう思い、代理店の担当者に電話で尋ねたら、「先生には10月20日の英語の講演をお願いしたのですが…」とのこと。
(^_^;)

どこでどうこんがらがったのか、どこでどう間違ったのかわからないが、結局、8月4日は何にも無いことが判明…。

ということで、予定を微調整(苦笑)。

7月21日(土)…岡山→宮崎に移動
7月22日(日)…宮崎産業経営大学オープンキャンパスにて講演→終了後、羽田空港経由で静岡に移動
7月23日(月)〜7月27日(金)…秀英予備校静岡校舎夏期講習会
7月28日(土)…静岡→名古屋に移動
7月29日(日)…愛知学院大学オープンキャンパスにて講演→終了後、浜松に移動
7月30日(月)〜8月3日(金)…秀英予備校浜松校舎夏期講習会
8月4日(土)…浜松→岡山に移動

でも、14泊15日に変化はない…(;_;)。

大雨

大雨
小田原駅停車中。東京は降っていなかったけれど、西に向かったら激しく降ってきた。でも、熱海では止んでいた…。

夏も近付く…

腰の痛みはだいぶおさまったけれど、まだ右の腰から右太股右側面部の筋肉に痛みが残っている。先週の今頃は、寝返りもうてない状態だったから、それに比べればかなりマシになった。

先週末は、いろいろと問題があって、本来は月曜日に岡山を出て浜松に向かうのだが、土曜日の夜から既に東京に来ている。

その関係で、ブログを更新する気力も無かったけれど、ようやく気持ちが少し落ち着いた。もっとも、問題が解決したわけではないけれど…。

今週は、火曜日の藤沢校舎と、水曜日の静岡校舎の浪人生の前期授業が終わり、来週は、浜松校舎と静岡校舎の現役生の前期授業が終わる。

その後、数日間の休みののち、激しいスケジュールが始まる(苦笑)。

7月19日(木)…SES平常授業
7月20日(金)…SES平常授業
7月21日(土)…岡山→宮崎に移動
7月22日(日)…宮崎産業経営大学オープンキャンパスにて講演→終了後、羽田空港経由で静岡に移動
7月23日(月)〜7月27日(金)…秀英予備校静岡校舎夏期講習会
7月28日(土)…静岡→名古屋に移動
7月29日(日)…愛知学院大学オープンキャンパスにて講演→終了後、浜松に移動
7月30日(月)〜8月3日(金)…秀英予備校浜松校舎夏期講習会→最終日、授業終了後、名古屋に移動
8月4日(土)…金城学院大学オープンキャンパスにて講演

ということで、7月21日〜8月4日まで、14泊15日のホテル暮らしとなる。もう笑うしかない(爆)。当然、各講演のレジュメ作りや、夏期講習会のテキスト予習&プリント作成もある。

SESの夏期授業は8月7日〜8月11日で、その後、8月13日(月)〜17日(金)は秀英予備校の藤沢校舎で夏期講習会。

からだがもつかどうか心配だが、まぁどうにかなるだろう(苦笑)。
(^_^;)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »