« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007/04/26

再生

再生
再生
昨日は静岡で朝から晩まで授業。終わったあとはホテルで夏期講習のテキスト作り。全身クタクタになってベッドに潜り込み爆睡する。

今は新幹線で岡山に移動中。

毎週、月曜日から水曜日は秀英予備校で、木曜日と金曜日がSESでの授業なので、この木曜日の移動は一つの区切り目のように感じる。

車内では大抵睡魔に襲われ、名古屋から岡山までは爆睡しているが、これが週の前半の疲れを癒して後半に向かうための「再生の儀式」となっているように思える。

幸せなことに、仕事そのものにはストレスは全く感じないが、だんだん体が衰えてきているのは感じている。特に腰がおかしくなっている。以前から腰は弱い方で、軽いヘルニアもあるが、体を騙し騙しどうにかやっている。

さて、今からまた爆睡するか。

2007/04/24

浜松の夜景

浜松の夜景
オークラアクトシティホテル42階からの夜景。

浜松を俯瞰

浜松を俯瞰
昨日は浜松校舎の授業。普段は授業ののち、新幹線に飛び乗って東京に向かうが、昨夜は生徒さんの質問を受けられるように浜松に泊まることにした。

たまのことでもあり、奮発して、オークラアクトシティホテルに泊まる。

部屋は42階。兎に角、見晴らしが良い。夜景も美しかった。

そして今日は藤沢で授業。明日は静岡。今週が終わると休みになるけれど、テキストやら何やらで原稿に追われていて全く休めない(苦笑)。

5月13日(日)には、児島競艇場で行われる「倉敷まつり」でSee Ya!の演奏もある。練習もせにゃおえん。

1日が48時間あればどんなに助かるだろうかとも思ったが、きっと48時間あっても倍忙しくなるだけだろう(爆)。

2007/04/21

悲しみも癒えないまま。

昨夜、マイミクの一人から「ギタリストの浅野さんが亡くなった」と聞いた。

浅野祥之さん。

「ブッチャー」の愛称で知られ、僕の大好きなミュージシャン・角松敏生さんのバックをつとめていた。

つい昨年、やはり角松さんのバックで素晴らしいベースを弾いていた青木智仁さんが亡くなったばかりで、その悲しみもまだ癒えていないのに…。

最後に浅野さんのギターを生で聞いたのはもうかなり前のことになるけれど、ビデオやDVD、CDではしょっちゅう浅野さんのプレイを見たり聞いたりしているから、とても身近に感じていた。

C型肝炎の治療中だったが、肺炎を起こし、肺気腫、そして呼吸不全になって亡くなられたとのことだ。享年48歳。

プレイも風貌も「職人」と呼ぶにふさわしいギタリストの、余りにも早く突然の死に言葉を失った。

今はただ、ご冥福を心からお祈りいたします。

合掌。

2007/04/16

ソースせんべい

ソースせんべい
今日は浜松校舎での授業。

終了後は雨の中慌ただしくタクシーに乗り、浜松駅へ。

閉まる間際の売店で食べ物を探していて目についた「ソースせんべい」を購入。

新幹線の車中で麦酒のあてとして食す。

「このおせんべいのたれは、野菜、果実などをじっくり煮込み、十八種類の香辛料を加えた体に良いソースで作っています。」

とのこと。

口に含むとソースの香りが広がり、郷愁を誘う味わいで、かといってしつこくもなく、あっという間に完食。

美味し!

2007/04/12

さくら

静岡のホテルにチェックアウトぎりぎりまで滞在して、新幹線に乗った。

ゆうべのマッサージのおかげか、体はだいぶ楽になったが、足はまだ痛む。

新幹線の車窓から美しい桜並木が見えると、下りて散策したくなるが、一瞬で通りすぎるので、どこなのかもわからない。

そう言えば、鈍行に揺られて気の向くままに途中下車し、まち歩きをする、という旅をしなくなった。スケジュールがいっぱいいっぱいだから、新幹線ですら途中下車できない。

仕方なく、車窓をめまぐるしく過ぎ行く桜をただぼんやり眺めるのみ。

ハードな一日

昨日(火曜日)は藤沢校舎の授業、今日(水曜日)は静岡校舎の授業だった。

今朝、品川を出て新幹線で静岡に向かい、ホテルに荷物を預けて授業に向かう。

11:30〜12:50の2時限目(英作文)・13:40〜15:00の3時限目(難関国公立二次英語)のあと、17:00から立て続けに3コマ連続、合計5コマの授業で、足腰にガタがきた(苦笑)。

新調したばかりの靴で立ちっぱなしというのはかなり辛く、足が締め付けられるようだった。履き慣れるまでの辛抱だろうが…。

ホテルに着くと、疲労感が全身を包んだ。靴と靴下を脱ぐと、右足親指の付け根にマメができて破れていた。道理で痛いわけだ。

ホテルでマッサージを頼む。心地好く、ついうとうとしてしまう。だが、右腕の違和感は残ったままだ。多分、久々にハードな日々の中に身を投じたせいだろう。指のチョークだこも擦り切れて痛む。

明日は、チェックアウトぎりぎりまで休んで岡山に帰るつもりだ。明日・明後日とSESの授業があり、土曜日にはライブがある。元気を出さねば。

2007/04/09

綱渡り

今日から秀英予備校の1学期レギュラー講義が始まった。

17時から21時40分まで授業で、そのあと最終の新幹線で東京に向かうことになるのだが、最終は22時01分発。21時40分に授業が終わったら、速攻で駅まで行かねばならない。

行きに時間を計ったら、15分位かかった。何しろ家財道具一式担いで移動する遊牧民のような大荷物だから、速くは歩けない。

授業は21時40分丁度に終わるわけではなく、1〜2分は延びることもあるから(実際、今日は21時42分に終わった)、少しでも信号にひっかかったりしたら、もうお手上げである。

止むを得ず、タクシーを呼んでもらうことにした。

ワンメーター程度なので申し訳ないが、乗り遅れたら洒落にならないので、苦渋の決断である。

…というわけで、どうにか最終の新幹線に乗れた。やれやれ。

去年は浜松の翌日に岡山に帰ったので浜松のホテルに泊まったが、今年は月曜日が浜松、火曜日が藤沢なので、無理しても月曜日のうちに東京に移動して東京の実家に泊まるのが最適である。

ただ、体がもたなくなったり、授業が延長せざるをえなくなったら浜松に泊まることもあるだろうし、何より気掛かりなのは、授業後に生徒さんの質問を受けられないことであるから、月に1〜2度は浜松に泊まることにしよう…。

2007/04/05

THE LIVE!!

来る4月14日(土)に、僕の所属するバンド・See Ya!(CHAGE&ASKAコピーバンド)のライブがあります。

●日時:4月14日(土) 19:00開場/19:30開演

●会場:デスペラード(http://www.desperado-okayama.com)

●チケット:前売り1000円/当日1300円
(※当日、ドリンク代500円が別途必要です。)

この日はコピーバンドの特集で、See Ya!を含めて3バンドが演奏の予定です(演奏の順番は未定)。

お時間がありましたら是非お越しください。

チケットの予約はメールで、sesあっとmbj.nifty.com(あっと→@に直して下さい)まで。

2007/04/04

静岡春期講習終了!

静岡での3日間の春期講習が終わった。

TとHSの2クラスで、特にHSの人数が多かったのと、レベルの性質上、説明しなければならないことが多いため、最後はやや駆け足になってしまったが、どうにか予定の範囲を終えた。

受講生の皆さん、お疲れ様でした。
m(_ _)m

明日は朝に静岡を出て岡山に戻り、夕方からSESの春期授業がある。

早く寝なくてはならないが、まだ原稿もあって寝ることもままならない。

とりあえず美味しもの食って元気出してから、原稿に取り掛かろう。
(-"-;)

2007/04/02

黄砂に追われて

揖斐川を過ぎてもまちは霞んでいる。岡山でタクシーの運転手さんが「黄砂は中国地方が酷いらしい」と話していたが、こちらもも激しい。

桜はうららかに咲いている。

そう言えば、静岡は昨日、真夏日を記録したそうだ。

季節がどんどんおかしくなっていく。

黄砂に抱かれて

黄砂に抱かれて
今日から3日間は秀英予備校静岡校舎で春期講習。英文法の講座だ。

今日の岡山は中国大陸からの黄砂でまちが霞んでいる。まるで霧がかかったように、まち全体が乳白色に包まれている。

岡山駅に早目に着いたので土産物屋をひやかしていると、「ぼっけゑラーメン」を発見。ここのラーメンは時々やたらと食べたくなる。スープは一言で言えば「激しく濃厚」。粘度が高く、ポタージュのようにどろりとしている。

この店の特徴は、キムチ食べ放題であること。ラーメンが来るまでキムチをつまみながら待ち、ラーメンが来たらキムチを入れて味わう。新陳代謝が異常に良すぎる僕は(苦笑)、辛さと熱さでいつも汗だくになりながら食べる。

こういう地元ならではの土産物がもっと増えるといい。いつも言っていることだが、岡山は「食」が弱く、それが土産物にも如実に反映されている。

岡山でありながら何故か讃岐うどんやら四国や広島の菓子が売店に売られている。「岡山の食べ物」と言えば、桃、マスカット、ままかり、キビ団子で、最近は鰆(さわら)の売り出しに躍起になっているが、決して芳しいとは言えないだろう。

そもそも、食材の名前だけで人を集められるのは、ふぐ(下関では「ふく」)や蟹か、松坂牛のように地域の名前がブランドとして確立したものだけであり、それ以外は食材名ではなく、「お好み焼き」「讃岐うどん」「餃子」のように料理名で人が集まるのだ。

その点が、鰆では弱いと言わざるをえない。確固たる調理法も確立しておらず(何しろ岡山県が「料理法募集」のイベントを開いたくらいだから)、さりとて岡山ブランドの鰆があるわけでもないし、鰆は岡山の専売特許というわけでもない。

それに比べると、「カキおこ(お好み焼き)」「えびめし」「ドミカツ丼」の方が名物料理として全国に売り出せる可能性が高いと言えるし、この「ぼっけゑラーメン」のようなご当地ラーメンのようや、地元の有名店の料理を売り出す方が手軽に岡山をアピールできるだろう。

他にも岡山を売り出す料理はあるが、これは別の機会に。

新幹線が、黄砂のまちからゆっくりと動き出した。

さあ、東へ向かおう。

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »