« Can it be true? | トップページ | これだからマイクロソフトは…(-_-#) »

2007/02/27

つける薬は無い

あれからネットに接続して書き込むことができなかったが、今日、ようやく続きが書けた。

2月24日に3通目の返信が届いた。結局、暖簾に腕押し、糠に釘、である。

以下、2月24日に届いたメールの文面(一部、伏字にした)である。


=========================
blogランキングに参加しています。続きをご覧いただく前に、
よろしければ、ぜひ↓の画像のクリックもお願いいたします。m(_ _)m
Banner_02_1


=============
山添様

Amazon.co.jpをご利用いただき、ありがとうございます。

このたびは、ご注文(#***-*******-*******)として承りました商品の入荷の遅れにより、お客様には大変ご迷惑をおかけいたしておりますことをあらためまして深くお詫び申し上げます。

前担当者からのご案内と重複し誠に恐れ入りますが、入荷が遅れております商品『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟 メモリアルボックス (初回限定生産)』につきましては、現在入荷の手続きを引き続き進めております。できる限り早急に商品をお届けできるよう努めさせていただいておりますが、2月中に入荷されるとの回答が担当部署より得られており、これ以上の詳細な情報は現在のところ届いておりません。お急ぎのところ大変恐縮ではございますが、商品の入荷まで今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。

なお、発送予定日を更新させていただくべきではございますが、発送予定日の更新により、発送が遅れる可能性がございますため、発送予定日はそのままの状態とさせていただきます。この件につきまして、正しい発送予定日をご案内することができず、ご不便をおかけいたしておりますことを重ねてお詫び申し上げます。

もし、お伝えしております予定よりも早く商品を入荷できた場合には、アカウントサービスの表示にかかわらず、早急に発送手続きを開始させていただきますので、何卒ご容赦の上、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

当サイトでは商品の在庫管理や受注数には細心の注意を払っておりますが、当サイトでの注文状況の他、取次店の入荷数やメーカーでの生産数など、様々な要因により在庫状況には予期せぬ変動が生じる場合もございます。そのため、当サイトでは商品の確保に関する確約につきましては、発売済み商品、予約商品ともにいたしておりませんことをご理解いただきますようお願い申し上げます。しかしながら、可能な限りそのような事態が発生しないよう商品の確保に最善の努力を尽くして参りますので、何卒ご理解いただき、入荷まで今しばらくお待ちくださいますよう重ねてお願い申し上げます。

(中略)

また、重ねてのご案内となり恐縮ではございますが、以前ご登録いただいておりましたEメールアドレス:********@***.*****.ne.jp宛に、2月22日午前8時半過ぎに入荷遅延のご案内を送信させていただいております履歴が確認できております。念のため、その際に送信いたしましたご案内を以下に添付いたします。

----------------------------------------------------------------
誠に申し訳ございませんがご注文いただいた以下の商品がまだ確保できておりません。

五十嵐隼士 (アーティスト), et al
"ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟
メモリアルボックス (初回限定生産)" [DVD]
商品の発送が1~2週間ほど遅れます。

当サイトの規約により、商品の代金は発送時に請求させていただくため、現時点でこの商品に関するお客様への請求は行われていません。他のご注文商品がある場合は、入荷済みのものから発送させていただきますが、発送回数が増える事による追加の配送料および手数料のご請求はございませんのでご安心下さい。

お客様のご注文についての最新情報をご覧になるときや、発送が遅れている商品の注文をキャンセルするときは、Amazon.co.jpサイトの「アカウントサービス」(http://www.amazon.co.jp/your-account)にアクセスしてください。Amazon.co.jpサイトの各ページの右上にあるリンクをクリックして「アカウントサービス」に移動することもできます。

今回の発送の遅れにより、ご迷惑をおかけしたことを深くお詫びいたします。

English: We wanted to let you know that there has been a delay with some of the item(s) in your order indicated above. We apologize for any inconvenience caused by this delay.

Amazon.co.jpをご利用いただき、ありがとうございました。またのご利用をお待ちしております。
----------------------------------------------------------------

この件に関しましてお客様にご迷惑をおかけしておりますことを重ねてお詫び申し上げます。当面は現状のシステムにてサービスをご提供させていただくことになるかとは存じますが、現時点ではすべてのお客様にご満足いただけるまでに至っていないことを肝に銘じ、お客様にとって使いやすく便利なサイトをご提供できるよう、また、お客様の立場に立ち、お客様のご満足がいくようなサービスをご提供することができますよう、懸命に努力して参りますので、今後ともご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

その他にもご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。Amazon.co.jpをご利用いただき、誠にありがとうございました。

(以下省略)
===============

そもそも、品物も確保できていないのに注文をさせることが根本的におかしいということをまったく認識していない。「当サイトでは商品の確保に関する確約につきましては、発売済み商品、予約商品ともにいたしておりません」とあるが、それならば商売を止めたほうがよい。

以前にも私の友人が同じ目に遭って、その時は品物を入手できなかったので、結局Amazon側からキャンセルしてくれ、と連絡があったそうだが、そのころから何も改善されていないようだ。

おまけに、これまでに届いた3通のメールは、いずれも異なる担当者からのものであり、どう考えてもマニュアル的な対応に終始している(おまけに誤字まであった)。

以前、携帯電話の件でAUのお客様相談窓口とやり取りしたことがあったが、その時は担当者が一本化されており、かつ、非常に誠実な対応をしてくれた。

クレームの処理とは、対人関係の問題である。担当者がコロコロ変わるようでは「たらいまわし」にされているとしか思えない。こちらの

で、肝心の品物だが…。

==============
Amazon.co.jpからのお知らせ

お客様からご注文いただいた 商品 を本日発送させていただきました。

ご注文の処理が完了しましたのでお知らせします。

Amazon.co.jpをご利用いただき、ありがとうございました。またのご利用をお待ちしております。

今回発送する商品は以下のとおりです。
---------------------------------------------------------------------
数量 商品
価格 発送済み 小計
---------------------------------------------------------------------
1 ウルトラマンメビウス&ウルトラ ¥6,552 1
¥6,552

---------------------------------------------------------------------
小計: ¥6,240
配送料: ¥0
合計: ¥6,552
クレジットカードでのお支払額: ¥6,552 : *************
--------------------------------------------------------------------

これは以下のお届け先にお送りしました。

山添 玉基

(中略)

現在の配送状況を確認するには、Amazon.co.jpサイトの「アカウントサービス」(http://www.amazon.co.jp/your-account)でお調べいただけます。
なお、配送状況が反映されるまで少し時間がかかることがありますので、ご注意ください。

「アカウントサービス」(http://www.amazon.co.jp/your-account)ページに移動すると、お客様の注文状況をオンラインで確認したり、まだ発送作業が開始されていない他の注文内容を変更することができます。

ご不明な点がございましたら、「ヘルプデスク」
(http://www.amazon.co.jp/help)をご参照ください。必要な情報が見つからない場合は、「ヘルプデスク」内の「Amazon.co.jpへのお問い合わせ」にリンクしてEメールにてお問い合わせください。

Amazon.co.jpでは、お客様の好みに合わせて選んだ新しい商品、お勧めの商品、情報満載の記事などを取り揃えてみなさまのお越しをお待ち申し上げています。

Amazon.co.jpをご利用いただき、ありがとうございました。

---------------------------------------------------------------------
このEメールアドレスは、配信専用です。このメッセージに返信しないようお願いいたします。今後ともAmazon.co.jpをよろしくお願いいたします。
---------------------------------------------------------------------
Amazon.co.jp
and you're done
http://www.amazon.co.jp
==============

というメールが25日に送られてきた。その翌日、つまり昨日、無事に届いた。

だが、上のメールの文面を見ても明らかなように、

「遅くなって申し訳ありません」

の一言も無い。恐るべき厚顔無恥。

ひょっとして、「クレームに対して謝罪メールを送ったからもうお詫びの必要は無い」と判断したのだろうか。

きっと、これについて文句を言っても、「そういうシステムですから」で終わるのだろう。

何という傲慢さなのか。

毎日、何万もの注文件数を処理しなければならないのだから、私のような弱小顧客に対していちいち気を使う必要などないと感じているのだろう。

だが、いかなる商売も、常に人とのやり取りであって、それを忘れて安易に金を生むシステムに依存していてはいつかしっぺ返しを食らうことになるだろう。

くわばらくわばら。

« Can it be true? | トップページ | これだからマイクロソフトは…(-_-#) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Can it be true? | トップページ | これだからマイクロソフトは…(-_-#) »