« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006/09/26

東海型

東海型

そう言えば、この時間は東海型の車両だったな…確か昔は165系だった。

座席も空いていたが、見送る。嗚呼、あと10分…。


お!


え?


もう来た!?

なぜか次の普通は定刻に来て定刻に発車した…(笑)。

うげ

21:54発の普通が10分遅れでやって来るが、グリーン車がついていなかった…。グリーン券買ったのに…。

ということは、次が22:08発の10分遅れだから、まだ15分も待たにゃならんのか。
(-_-#)

強風

授業が終わり、外に出ると台風なみの暴風。

藤沢駅に着くと、茅ヶ崎⇔平塚間強風のため徐行運転中で、上りは10分遅れとのこと。

まぁ、急ぐ旅でもない。あとは帰宅するだけだから、のんびり行けばいい。

2006/09/25

緊張感

23日はベネッセコーポレーション本社地下にあるホールにて講演。

『医療・福祉系学校の傾向と対策』という題であったが、実質的には現代文と小論文の勉強の話に終始した。

30分という短い時間にあれこれ詰め込んだので、些か消化不良気味で、果たしてきちんと伝わったかどうか心配だ。

100名程の受験生が熱心に聴いてくださり、あっという間に終わった。

やはり、30分は短い。実は8分ほど延長したのだが、それでもまだまだ話し足りない事だらけだった。

今は新幹線で静岡に向かっている。連休で心身ともにある程度リフレッシュしたけれど、山のようにたまった原稿はまだまだ減りそうにない。

昨日は子どもを連れて、映画『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』を見に行った。

ウルトラマン40周年記念の映画で、ゾフィー、ウルトラマン、ウルトラセブン、ウルトラマンジャック、ウルトラマンA、ウルトラマンタロウが登場し、ウルトラマンメビウスを助けるのだが、懐かしいヒーローが勢揃いした上に、ハヤタ、モロボシ・ダン、郷秀樹、北斗など、往年のキャストが登場して懐かしくなり、泣いてしまった(笑)。最近、涙脆くなったが、ウルトラマンを見て泣くとは思わなかった。もちろん、いい映画であったことは言うまでもないが。

さあ、また一週間、頑張ろう!

2006/09/23

五弦

五弦

前から五弦のジャズベースが欲しかった。

いつも練習しているスタジオで販売していたのだが、買手がつかず、とうとう半値になったので購入(笑)。

8月終わりには予約していたのだが、ようやく昨日、授業のあとにスタジオに寄って受け取り、早速試し弾きをした。いい音だ。

30分ほどチョッパーを弾いていたら人指し指にマメができた…鍛えねば。

別にバンドで弾くわけでもなく、単にチョッパーの音色が好きなだけで、ダラダラ弾いているだけだが、いい気分転換にはなる。

さて、そろそろ仕事するか(苦笑)。

2006/09/21

講演のお知らせ

来る9月23日(土)に、岡山市南方にあるベネッセコーポレーション本社にて開催される、下記のフォーラムにて講演をすることになりました。

フォーラム
医療福祉・看護・介護の道をめざそうとしている貴方へ
『進路、進学について考える』

 日時:9月23日(土) 12:30~15:30
 会場:ベネッセコーポレーション本社
  岡山駅前(東口)から三野行き又は妙善寺行きバス
  (4番乗り場)にて約10分、南方交番前下車すぐ )

 詳しい内容は、

 http://www.bellgakuen.ac.jp/bellsen/forum/index.html

 を御覧下さい(※事前にお申し込みが必要です)。

私は、15:00~15:30に、「医療・福祉系入試の傾向と対策」と題し、なんと、〈国語現代文〉と〈小論文〉についてお話しします。

「…あれ?山添は英語講師じゃなかったの?」と思われた方もいらっしゃると思いますが、実は、一番最初になりたかったのは現代文と小論文の講師なのです(笑)。

というわけで、お時間がございましたら是非お越し下さい。

2006/09/20

天晴

天晴

天晴

天晴

ようやく巡り逢えた。

束の間の逢瀬だったけれど、その美しい姿を見られて安心したよ。

でも、全てを見せてはくれなかったね。

またいつか、今度は全てを見せてくれることを願っているよ。

2006/09/18

嵐が過ぎて

ゆうべ泊まったホテルはチェックアウトが11時だったが、今夜のホテルにチェックインするまで時間もあり、重い荷物を雨の中持ち歩きたくも無かったので、思い切ってチェックアウトを15時まで延長した。

ギリギリまで部屋で仕事をして移動し、授業に向かった。

いまは授業も終わり、部屋でニュースを見ながら仕事をしている。

ニュースで延岡の被害の様子を見た。町中が暴風で破壊され、信号や電柱がねじまげられている。

どうやら竜巻が発生していたようだと報じられている。竜巻は南延岡付近で発生し、6キロほど北上して、延岡駅を過ぎた辺りまで直線に進んだらしい。

もし、昨日、予定通り延岡で仕事をしていたら、講演が終わって14時過ぎの列車に乗る予定だったので、間違いなく竜巻に巻き込まれていたはずだ。

40トン以上もある電車を薙ぎ倒した圧倒的な自然の猛威に、我々は為す術も無い。

亡くなられた方々のご冥福をお祈りするばかりである。

2006/09/17

嵐の夜に…

台風が甚大な被害をもたらしながら、九州に上陸した。

本来は、明日、静岡に向かう予定であったが、今日の夕方には既に新幹線の〈広島―博多〉間が運休になっており、台風が岡山に最接近する明日の朝、万が一、岡山からの新幹線が不通になっては困るので、止むを得ず、今日のうちに静岡に向かうことにした。

幸か不幸か、溜りに溜った様々な原稿があるので、今夜は静岡のホテルで缶詰となり、仕事をする予定である。勿論、ホテル代は自腹だが…。

岡山からの「のぞみ」は、6〜7分遅れで出発したが、名古屋に着く頃にはすっかり遅れを取り戻し、ほぼ定刻に到着した。今は名古屋で「こだま」に乗り継いで静岡に向かっている。

本来は、ゆうべのうちに延岡に入り、今日は九州保健福祉大学で講演をして夜には岡山に帰る予定だったが、仮にその通りになっていたら、今頃はまだ延岡か小倉のホテルで悶々としていたことであろう。何しろ、新幹線は止まるわ、延岡で特急は脱線するわで、到底無事には帰れなかったであろうから…。

自然災害は避けようが無いとは言え、既に死者・負傷者も出ている。亡くなった方々のご冥福をお祈りすると共に、これ以上の被害・犠牲者が出ないことを祈るばかりだ。

2006/09/16

敗北

昨日の朝、九州保健福祉大学での講演について、仲介しているエージェントの担当者から連絡があった。

「台風のための対応を検討中」とのことで、延期に備えて都合を知らせてほしい、とのことであった。

10月1日は外せない用事があるので、9月24日で、と連絡したところ、暫くしてから電話があった。

「申し訳ありません。9月24日は模試と重なるため、10月1日になりました。」


あぅ。(>_<)


仕方なく、代講をお願いできる講師を手配することになった。ある方にご無理をお願いして、幸い、ご快諾頂いた。

ただし、11時からだとどうあがいても間に合わないため、12:30からに繰り下げてもらい、何とかスケジュールの都合もついた。

ただ、怪我の功名というか、今日と明日がまるまる空いたので、たまっていた原稿を書く時間が取れたのは不幸中の幸いであった。

手配していた宿も、新幹線もキャンセルした。

嗚呼、台風恨めしや。

しかしながら、これで心配の種がなくなったわけではない。

台風の速度が増しているのだ。

18日の午前には、中国地方付近にいるという予報が出ている。

ということは、今度は18日に岡山から静岡への移動が出来なくなる恐れが出たわけだ。

糞ったれの台風め(-_-#)

今後の台風の進路によっては、17日のうちに静岡に移動せざるをえないかもしれない。

くぉら!この糞ボケ台風がぁ!何さらしとんじゃぁ!(`ε´)

…と叫んでも始まらない。

とにかく、最悪の事態を想定して準備するしかない。

2006/09/15

嵐を呼ぶ男…?

この数日、やけに涼しくなった。まるで太陽のスイッチを〈最強→弱〉に切り換えたかのように急激に気温が下がった。僕にとってはこれぐらいが快適だが、それにしてもあまりの激変に異常ではないかと思ってしまうほどだ。

さて、前にも書いたように、9月17日(日)の午前11時から午後1時まで、宮崎県延岡市にある九州保健福祉大学にてセンター英語対策講演を行う予定である。

土曜日には現地入りしておかねばならないのだが、ここに来て大問題が発生した。


来ているのである。

…台風13号が。

当初の予想では、中国大陸の方に進むと思われていた。しかし、進路予想図を見て「マジかよ!」と叫んでしまったほど大きく右折し、見事なヘアピンカーブを描いて17日の夜に九州を直撃しそうなのである。

無論、自然災害であるからどうにもならないし、仮に中国大陸に向かえば、当然、中国で大きな被害が出ることになる。それはそれで問題である。かと言って日本を直撃されるのも困る…。

実は、7月の九州保健福祉大学での講演でも台風に出くわしている。この時は福岡からの飛行機が飛ぶか飛ばないかでやきもきさせられた。

そう言えば、以前、台風で名城大学の講演が中止になったこともあった。オープンキャンパスが台風シーズンに重なるので仕方がないのかもしれないが…。

今回はせめて、講演が終わり、聞きに来られた皆さんが無事に帰宅するまでは、台風が海の上で立ち往生していてくれることを祈ろう。

願わくば、そのままどこにも被害を出さずに力尽きて消え去ってほしい。

ふと空を見上げる。今宵の岡山は星が綺麗だ。オリオン座が東の空低く輝いていた。もう、そんな時期なのか…。

2006/09/12

連敗

ここ暫く、日記を書く精神的余裕が無く、時間的にもあれこれ追われていた。かと言って、仕事がひと段落してケリがついたわけでもなく、悶々としたままである。

今日は静岡の授業を終えてから藤沢に移動。この数日で急に冷え込んだ。僕にはこの位が丁度良いのだが(苦笑)。

毎週、新幹線で静岡→藤沢を移動する時に期待しているのが、富士山を拝むことである。

…が、今日も結局、富士山を見ることはできなかった。先週も、天気は良かったのに、富士山のところだけまるで噴煙のように雲に包まれていた。

夏期講習の第6タームでは、5日間毎日静岡と藤沢を往復したにも関わらず、結局一度も富士山の姿が拝めなかった。

先週の水曜日は東京から浜松に移動するので、それにも期待したが、結局曇りで見えず、富士山とのかくれんぼ対決は富士山の連勝、僕の連敗である。

明日は東京から浜松に向かうが、多分この分だと期待は出来ないであろう。

今週は、明日浜松で授業をしてから木曜日に倉敷に戻り、木曜日・金曜日とSESの授業。土曜日は宮崎の延岡に移動し、17日の日曜日は九州保健福祉大学でセンター英語対策講演である。

色々調べた結果、〈岡山⇔延岡〉は〈新幹線+日豊本線〉が最も便利だと判明したが、片道5時間半かけての移動となる。

…ということは、今週は金曜日を除き、月曜日〜木曜日と土曜日〜日曜日の6日間、新幹線に乗ることになるわけだ。いくら「鐵」好きでも流石に辛い…。

7月末にJR東海のExpress Cardを作った。新幹線の乗車区間に応じてポイントがたまり、1000ポイントでのぞみのグリーン車に普通料金で乗れるのだが、入って2ヶ月もしないのに既に1300ポイント近く貯まった(爆)。

このペースなら、年内に5000ポイントぐらい貯まりそうだ。

今は藤沢から帰宅途中。車窓は小雨模様。

明日も富士山の勝ちだな。

2006/09/04

新学期

新学期

先週からSESの新学期が始まり、そして本日より秀英予備校の新学期が始まる。

夏期講習はあっという間に終わったような気がする。年をとった証拠なのかもしれない。

この時期は受験生の目の色が変わり始める頃で、精神的にも追い詰められ始める時期だが、焦らずに、目の前のハードルを着実にクリアしよう。

もうすぐ、静岡に着く。さあ、頑張ろう!

週末

週末

金曜日は畏友のモルゲン氏と久々に会食。お互い仕事のあとなので、待ち合わせてからまずは某スーパー銭湯にて入浴。さっぱりしてから食事へ。

土曜日は夕方から岡山駅西口にある居酒屋・未完成に赴く。ここでは毎月第一土曜日に「地酒の会」が開かれている。以前は毎月のように参加したが、今年に入ってからは一度も行けなかったので、久しぶりに顔を出した。

未完成では、簡単なライブが出来るので、以前はよく地酒の会でオリジナル曲を歌わせてもらったが、昨日久々に顔を出したのでマスターから請われてオリジナル曲・『吉備路』を歌った。

全く歌っていなかったのに、どういうわけか、「以前よりずっと巧くなったよ!」とお誉めに預かる。

いやいや、巧く聴こえたのはきっと、「嘉美心(かみこころ)」さんの素晴らしい地酒で皆さんが気持よく酔っていたからでしょう。

この嘉美心さんでは、「99%消費者」をスローガンに、消費者の立場となって酒造りを行っているそうだ。

製造者と言えど、日常生活においては消費者であり、消費者として口に入れられないようなものは造らない、という決意である。

僕は、嘉美心さんの出している「米米酒(こめこめしゅ)」がお気に入り。白桃酵母を使って発酵させたこのお酒は、アルコール度数が7〜8%と低く、かつ甘口なので、食前酒にはもってこいである。

この日は他にも「樹の上の猫」という不思議な名前のお酒(これも甘口で、まるで白ワインのようである)や、純米大吟醸などを頂いた。

岡山は、実は酒どころであり、有名な酒米・山田錦の源流である雄町米(おまちまい)の発祥の地でもある。未完成の地酒の会は、毎月、岡山の様々な造り酒屋が代わる代わる自慢のお酒を持ち寄って行われる。今年はスケジュールの関係でなかなか出られないが、今後も続いて欲しいと思う。

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »